清都酒造場 勝駒の評価・レビュー・口コミ・評判・製品情報・価格比較

最安値:¥15,500
清都酒造場 勝駒 日本酒の商品概要、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他商品との比較、価格などをまとめ、清都酒造場 勝駒 日本酒がどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/06/23 更新

勝駒の通販サイト比較

Amazon ¥15,500

在庫 : ○

Amazonで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されている記事

日本酒「勝駒」のおすすめ5選|プレミアな日本酒!大吟醸・純米吟醸など種類を解説のサムネイル画像

日本酒「勝駒」のおすすめ5選|プレミアな日本酒!大吟醸・純米吟醸など種類を解説

2022/06/23

有限会社 清都酒造場

勝駒 純米酒 1800ml

価格:12,800円 (税込)
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

製造元
有限会社清都酒造場
商品名
勝駒 純米酒
内容量(ml)
1800
原産地
富山県高岡市京町12-12
特定名称
純米酒
原料米
五百万石
アルコール度数(度)
16
精米歩合(%)
50

加賀100万石の隠居城の城下町高岡にある清都酒造場は、明治39年創業の歴史ある酒蔵です。「不容偽」(偽りを容わず)を理念とし、酒質を第一にした酒造りをしています。小さな蔵なので大量生産はしていませんが、ひとつひとつ心を込めて造っています。

清都酒造場 勝駒のお酒は量産をしていません。たった5人で酒造りをしています。そのためなかなか手に入れることができません。そのため人気も非常に高いです。ラベルには「富山でいちばん小さな造り酒や」であることを「誇り」にしていると書かれています。

勝駒の純米酒は五百万石という酒米を使用しています。米の旨味が広がる純米酒らしい味わいが特徴です。日本酒の場合、米の精米歩合は70%前後が一般的とされています。そのようななかで「50%精米」というのは純米酒として驚きの精米歩合といえます。

清都酒造場 勝駒 純米酒は大量生産をしていません。そのためなかなか手に入らないので困ったという口コミがあります。やっぱりいつでも安く簡単に手に入り飲みたいときに飲めるお酒がよいという方には飲みにくいお酒ということができます。

清都酒造場 勝駒 純米酒の特徴として大量生産をしていないがゆえに高価であることが挙げられます。またどうしても飲みたいという人も多いため、転売され正式な値段と比較するとその何倍もの高さで売られることもしばしばあるそうです。言い方を変えればそれだけ人気があるのです。

勝駒 純米酒の味の特徴として、飲んだ後の余韻のキレは短いことが挙げられます。味の濃淡についていえばすっきりしていてアルコール添加によくある感じの味です。日本酒度は+3なのですっきりとしていますが、なかにはすっきりしすぎていると感じる方がいるかもしれません。

勝駒は少量生産なのでなかなか手に入りません。しかも特約店でもひとり1本までという制限付きです。でも富山の居酒屋なら比較的飲めるところが多いという口コミがあります。どうしても飲みたいというのであれば、富山まで足を運ぶのもいいかもしれません。

勝駒 純米酒は口に含んでもしっかりとした旨味があります。フルーティさだけでなく、後味にアミノ酸のような旨みだけでなく米の旨味も味わえます。辛味よりもまろやかな味わいです。酒米には五百万石を使用し、上質で上品な日本酒です。

米の素朴な旨味とすっきりした酸味が特徴です。やや辛口のお酒で香りがあります。食事の味を引き立ててくれるので食中酒として飲む方も多いです。温度は冷やしすぎず15℃ぐらいの冷酒で飲むのがおすすめです。純米だけど見事な香りがあります。

私にはちょっとアタックが軽すぎる。

出典: https://www.saketime.jp

人によって甘口がいいとか辛口がいいという差があります。なかには勝駒 純米酒はアタックが軽すぎて物足りないと思うかもしれません。このあたりは味の好みの問題です。日本酒度は+3なので参考にしてください。
正直、期待が大きかった。飲んでみれば極めて普通の日本酒。手に入れるのが喜びなのかな?

出典: https://www.saketime.jp

なかなか手に入らないお酒なので実際に手に入れて飲んでみると「あれっ?」と思うことになるかもしれません。おいしいお酒ですが、過剰に期待してしまうと期待ハズレになってしまうかもしれません。
開栓したばっかりなので米の旨みはあまり感じられませんが、開栓直後でもこれだけ澄んだ酒なので明日以降に期待が高まります。

出典: https://www.saketime.jp

日本酒は開栓した2日目以降が美味しいといわれています。2日目以降は飲んだ分だけ瓶の中の空気の量が増えます。お酒が空気に触れることで隠れていた香味が表れます。しかし開栓後時間が経過しすぎると味が劣化してしまいます。1週間経つと別のお酒のように感じることがあります。
いまでや銀座の特別販売に朝イチから並び、購入出来ました。美味いんだから、もっと簡単に買えたら最高なんだけどな。

出典: https://www.saketime.jp

ある情報によると人気があるお酒なので転売をして儲けている人がいるそうです。また実際の価格よりも高い値がついて取引されているという情報もあります。それで高くなってしまっているのです。
うまいうまい!そうだね、旨味とコク。雑味かと思うくらいコクがあるけど、磨いてるだけあってキレがきれい。

出典: https://www.saketime.jp

酒米は五百万石を使用しています。米は中心部分に近づくほど香り高くなります。純米酒なら精米歩合は70%が一般的といわれるなか、勝駒 純米酒の精米歩合は50%になっています。
ハードルは高いですが、やはり裏切らないこの旨味。これで終わりたくないのでまだまだチャンスを見つけて購入したいと思います。私のコメントいつも短いですけどこのお酒深いですね。

出典: https://www.saketime.jp

量産をしていないお酒なのでなかなか手にいれることができないのがちょっと残念です。しかし、それだけ酒造りにこだわりをもっていることを意味しています。一度飲むとまた飲みたくなるお酒です。
今まで飲んだ中で一番、バナナの香りを感じました。冷やで飲むと余計にそれを感じます。それでいて、フルーティさだけでなく、後味にアミノ酸とともに米の旨味も味わえます。

出典: https://www.saketime.jp

日本酒は酵母によって造られます。目に見えない微生物が日本酒の味と香り、バナナやメロンのような香りを作っています。勝駒 純米酒は控えめの味で主張しすぎず、かどもなく食中酒として抜群の旨さがあります。
澄んだ立ち香、薬草的な含み香も感じながら、優しい旨みに爽やかな辛みでキレていきます。それぞれが主張し過ぎずまとまったバランスは美術で言うところの黄金比かな。池田満寿夫氏のロゴデザインも素敵です。

出典: https://www.saketime.jp

酒米として使われる米のなかでも、五百万石は日本一の作付け面積を誇る酒米です。淡麗でスッキリとしたクセのないお酒をつくることができるのが特徴です。またラベルの手書き文字は「勝駒」を愛してやまなかった版画家の故・池田万寿夫氏の手によるものです。
清都酒造場

勝駒 特吟 大吟醸 720ミリ

価格:30,000円 (税込)
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

これまで勝駒 純米酒について紹介してきましたが、このお酒は「大吟醸」です。勝駒 純米酒と大吟醸 特吟の違いのひとつは精米歩合です。純米酒の精米歩合は50%ですが、大吟醸の精米歩合は40%とさらに米を磨いています。

 

日本酒の中では最高ランクは大吟醸です。しかし勝駒 大吟醸 特吟は「大吟醸」という言葉でももはや言い表せません。そこで「大吟醸 特吟」という名前がつけられました。

 

勝駒 大吟醸 特吟は勝駒 純米酒以上に入手するのが難しいお酒です。これは毎年10月頃に年1度だけ出荷される限定酒です。そう簡単に購入することができない稀少品ですが、清楚に香り、澄んだ味わいと飲みごたえを両立しているお酒です。リーズナブルな価格のお酒とはいえませんが、お値段以上の価値があるお酒といっていいでしょう。

 

いつもコンビニで売っているワンカップしか飲んだことがない方にぜひ飲んでほしいです。勝駒 特吟を飲めば本物の酒がどのようなものかがわかるはずです。

有限会社清都酒造場

勝駒 大吟醸 720ml勝駒 純米酒と合わせてお試しいただきたいお酒です。 

価格:15,795円 (税込)
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

勝駒 純米酒は五百万石という酒米を使用していますが、勝駒 大吟醸は山田錦という酒米を使用しています。精米歩合は40%です。勝駒 純米酒と合わせてお試しいただきたいお酒です。

 

勝駒 大吟醸には日本酒特有のフルーティーな香りがあります。甘味と酸味のバランスが絶妙で、お米のようなフルーツのような香りがなんともいえません。

 

勝駒 大吟醸の日本酒度は+4で酸度は1.2です。淡麗辛口な味わいが特徴です。飲むと香りと甘味がふわっと広がります。しかも甘ったるさが残りません。上品な後味があります。1杯飲んだらもう1杯、さらにもう1杯と尽きることなく飲めてしまうお酒です。

(有)清都酒造場

勝駒 純米吟醸 1800ミリ

価格:16,300円 (税込)
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

勝駒 純米吟醸は山田錦を使用しやや甘口のお酒です。精米歩合は45%です。純米吟醸ならではの米の旨さと柔らかさを味わうことができるお酒です。吟醸香が穏やかに広がります。

 

このお酒は五百万石から造られた勝駒 純米酒とはまた違った味わいがあります。口コミでも「味わいは非常にスムーズ」、「清らかな水の様でありながら程良い旨味がある」と評判です。

 

飲むと口の中で香り、さっと引いていく味わいは可憐に散っていく花のようです。富山に流れる北アルプスの透き通った水と米の深みが合わさった感慨深い味のお酒です。本当に水のような飲みやすさがあり、あとから風味と匂いが来る上品なお酒です。

 

辛口なのに余韻は穏やか、しかも心地よいキレがあるお酒です。お燗にして飲むのもおすすめです。

有限会社 清都酒造場

勝駒 純米酒 1800ml

価格:12,800円 (税込)
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

清都酒造場 勝駒 日本酒の商品概要、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他商品との比較、価格などをまとめ、清都酒造場 勝駒 日本酒がどんな人におすすめなのかを評価しました。

 

清都酒造場 勝駒 純米酒は五百万石という酒米からつくられた純米酒です。このお酒は後味のキレも良く、日本酒がもつ米の持つ味わいがその特徴です。米のもつ素朴な旨味とすっきりした酸味があるのが特徴です。やや辛口のお酒で、食事中に飲む方が多いお酒です。適度な香りがあり、食事の邪魔をしません。

 

清都酒造場 勝駒は商業主義を捨て、本当においしいと思ってくれるお酒をつくることを考えています。その清都酒造場が造る純米酒は格別です。

 

純米酒は日本酒が大好きな方だけでなく、あまり飲まないという方にもぜひ飲んで欲しいお酒のひとつです。飲む人を魅了する飲み飽きないお酒です。