タイガー JPE-A100 炊飯器評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥14,680
JPE-A100は、JPE-A101の型落ちモデルで、2017年9月10日にタイガー魔法瓶から発売されたIH炊飯器です。新型と比べると、内ふたは「遠赤土鍋コーティング」ではなく、「押麦」と「もち麦」の2種類の大麦コースがありません。

JPE-A100の徹底分析

人数について

炊飯量(合)

5.5

  • 1〜2人
  • 3〜5人
  • 6人以上

解説

1合あたり、約350gのお米を炊くことができ、一般的にお茶碗1杯分は150gで0.4合と言われています。規定容量より少し少なめで炊く方が美味しいので、炊飯容量は日常で食べる杯数より余裕を持って選ぶと良いでしょう。

JPE-A100の炊飯器の容量は5.5合で、一般的に3〜5人向けと言われています。

最大で1度にお茶碗約12杯分のお米を炊くことができるため子供にお弁当を作る必要がある4人世帯でも十分使用可能であると言えます。

炊き上がり(味)について

タイプ

IH

  • ふっくらもちもち
  • 炊きムラができにくい
  • シャッキリ
  • 甘み

内釜

W銅入5層遠赤特厚釜&熱封土鍋コーティング

食感炊き

-

  • 硬さ、粘り調節可能

銘柄炊き

-

  • うまみを引き出す

炊飯メニュー

炊き込みごはん,おこわ,おかゆ,おこげ

炊飯材料

無洗米,玄米,雑穀米,麦ごはん

スチーム炊き

-

  • ツヤ
  • 粘り気

解説

IH炊飯器

IH炊飯器は電磁の働きにより、底から熱を温めるのではなく釜自体が発熱し、高火力で炊き上げるタイプです。全体にムラなく熱を伝えることが出来ます。

炊き上がりには炊飯方式と炊飯機能、釜の素材、構造が大きく影響します。

JPE-A100の炊飯方式は、IH式で内釜全体を発熱させ高火力で均一に熱を伝えることができるので、炊きムラが少ないことと、粒立ちが良いシャッキリとした食感になることに期待できます。

 

また、JPE-A100は、W銅入5層遠赤特厚釜&熱封土鍋コーティングを採用しており、土鍋素材のコーティングに加え、熱封中空ガラスビーズを練り込み蓄熱性をアップさせることでふっくらとしたおいしいごはんを実現する、という特徴があります。

そのほかにも、「剛火IH」を採用しており、 130℃の高加熱でお米のα化を促進し、本来の甘みを引き出します。

 

そして、栄養価の高い大麦を美味しく食べるための「麦めしメニュー」を搭載しており、毎日続けられるおいしさを実現します。健康志向で手軽に麦ごはんを食べてみたい方に向いていると言えるでしょう。

利便性について

保温時間

24時間

炊きあがりまでの時間

極うま白米:約43~約62分

  • 洗いやすい

お手入れ機能

内ふた丸洗い,クリーニング機能

  • 洗いやすい
  • 臭いにくい

解説

クリーニング機能

におい残りを抑える機能です。通常のお手入れを行う前にクリーニング機能を使うことで、炊き込みご飯などの後に残る内釜のにおいを抑えることが出来ます。

保温時間、炊飯時間を知ることで自分の生活スタイルに合った炊飯器を選ぶことができるでしょう。

炊飯時間は一般的に50〜60分が目安です。JPE-A100は、極うま白米モードで約43分~約62分かかるため、炊飯時間は標準に近いと言えます。

 

保温時間に関して、一般的な炊飯器だと5〜6時間までの保温が限界と言われており、それを超えると水分が抜けて風味が落ちると言われています。保温性能が高い炊飯器だと、長時間保温しても味を保つことが可能で、多くのマイコン式炊飯器は12時間、IH式や圧力IH式の炊飯器は24時間の保温が可能です。

JPE-A100は24時間保温できるのですが、お米がパサつく、という口コミが散見されたため、あまり保温機能を重視しない方に向いていると言えます。

 

また、内蓋の丸洗いが可能で、クリーニング機能が搭載されているので、臭いにくく、手入れがしやすい炊飯器を求めている方にお勧めしたい商品です。

保温時間が長いとご飯がパサつく感じがします。

出典:https://www.amazon.co.jp

調理機能(用途)について

パン

ケーキ

煮物・煮込み

蒸し物

-

温泉卵・ゆで卵

-

解説

炊飯器には、ご飯を炊く以外にパンや煮物を作ることができる機種もあります。JPE-A100ではパンやケーキを焼くことができるほか、煮込み料理を作ることが可能です。

手軽にパンやケーキを手作りしたい方やお子様のいるご家庭、忙しくておかずにあまり手間がかけられないご家庭におすすめしたい商品です。

コストについて

年間電気代

2457円

  • 安い
  • 標準
  • 高い

解説

炊飯器は、毎日使用する方は電気代に差がでるので、着目すべきポイントです。

経済産業省の「省エネ性能カタログ」によると、機種の数が最も多いIH炊飯器の5.5合以上8剛未満の炊飯器の年間消費電力料の平均値は82.08kwh(2018年)で、電気代は約2216円になります。(1kWh当たりの電気代を27円として計算)

JPE-A100の年間電気代は2457円なので、平均より高いと言えます。炊飯器の電気代にこだわらない方に向いていると言えるでしょう。

設置について

カラー

ホワイト

幅x高さx奥行き

272x211x329mm

蒸気

-

  • 蒸気の排出量大幅抑制
  • 蒸気の排出量抑制

タイプ

IH

解説

ほとんどの炊飯器は炊飯時に水蒸気を発するため天井に水蒸気があたって傷めたりカビが生えたりするのを防ぐため、上に物がなく、蒸気が当たっても問題のない場所に置く必要があります。

キッチンカウンターの上、ラックの一番上、冷蔵庫の上など設置したい場所を採寸して検討してみてください。どうしても配置場所がない場合は、上を50cm程度以上空けれる場所に設置すると良いでしょう。

キッチンなど見えやすいところに設置する際は、空間や設置場所とデザイン的に相性が良いかどうかという視点で検討してもいいかもしれません。

JPE-A100のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

タイガー JPE-A100の基本スペック

タイガー(TIGER)

タイガー 炊飯器 5.5合 IH ホワイト 炊きたて 炊飯 ジャー JPE-A100-W

価格:16,500円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー タイガー(TIGER) 商品名 IH炊飯ジャー 炊きたて JPE-A100-W(ホワイト)・JPE-A100-K(ブラック)
サイズ 27.2×32.9×21.1 炊飯量 5.5合(0.18L~1.0L)
タイプ(加熱方法) 剛火IH

タイガー JPE-A100ののおすすめポイント

便利な「少量早炊き」&「時短調理」

JPE-A100には忙しいときに便利な「早炊き機能」が搭載されています。中でも「少量早炊き」なら1合の白米を15分で炊き上げる設定も可能です。また、JPE-A100には調理機能もあり、多彩なメニューがWebで公開されているので、お料理のレパートリーが増えるでしょう。「時短調理機能」を使えば、美味しいおかずからスイーツまで15分で簡単に作れます

土鍋ご飯なみの美味しさ

ふっくらと炊ける土鍋ご飯の美味しさを追求し、JPE-A100では高加熱の「剛火IH」に加えて、内釜に工夫がこらされています。熱効率の良い「W銅入5層遠赤特厚釜」に「熱封土鍋コーティング」を施し、さらに蓄熱性を上げるために熱封中空ガラスビーズが練り込まれています。土鍋で炊いたご飯のような美味しさが実現しました。

「つや艶内ふた」で美味しく保温

親水性の良い素材を使ったJPE-A100の「つや艶内ふた」は、加熱時には不要な水分を取り除いてくれる優秀機能。加えて、保温時には内ふたに薄く水分の膜を張って、ご飯をしっとり保ちます。しかも水滴が付きにくく、ご飯に余計な水気を落としません。ご飯をつやつやの美味しさのまま保温してくれるのです。

タイガー JPE-A100の悪い点をレビュー

本体が重いため移動には不向き

炊飯器を移動させて使う人にとっては、JPE-A100の重さが気になるという口コミがありました。本体の重さは4.5キロです。移動時だけでなく、スライド式の引き出し部分に置く場合には傾いてしまったり、薄い板のワゴン上では板がしなる可能性もあります。

お米のとぎ方が不十分だと焦げる

JPE-A100にはおこげを作る機能があり、香ばしいおこげをいただけると口コミでも好評です。一方、普通に炊きたいときにお米のとぎ方が不十分だと、とぎ汁が沈殿して焦げるという口コミもありました。特に予約炊飯時にはとぎ汁が沈殿するため、注意が必要です。

保温時間が長くなるとご飯がパサつく

内釜が土鍋状のためか、JPE-A100では保温時間が長くなるとご飯が硬くなったり、パサつくという口コミも見られます。半日以上ご飯を保温するなら、冷凍にするほうが美味しくいただけるようです。長時間の保温を考えている場合には要チェックポイントでしょう。

内釜を外した状態で炊飯スイッチが入る

内釜が入っていないのに間違ってスイッチを押してしまうと、炊飯が始まってしまうという口コミがありました。これまでのタイガーの炊飯器ではなかったことのようですが、購入後でないと気づかない点だけに、使用時には注意するようにしましょう。

タイガー JPE-A100の良い点をレビュー

早炊きでも十分美味しい

便利な「少量早炊き」機能も付いているJPE-A100ですが、この早炊きでも十分に美味しいという口コミがいくつか見られました。もちろん普通の炊飯時の美味しさも高評価です。また、JPE-A100は種類豊富な炊き分け機能も重宝するという口コミが目立ちました。

調理機能が充実していて便利

JPE-A100には炊飯以外の調理機能もあって便利と口コミでも好評です。Webで公開されている調理レシピだけでなく、パン・ケーキメニューも活用し、子供のお弁当やおやつ作りが楽しくなったという口コミもありました。

洗いやすく手入れが簡単

JPE-A100は構造がシンプルなため、洗いやすくお手入れが簡単という点も高評価につながっています。各部が外しやすく、洗浄後も組み立てやすいという口コミも複数見られました。毎日のお手入れが負担にならないのは嬉しいポイントでしょう。

タイガー JPE-A100の口コミを集めました

出来れば、水の目盛りを1合単位ではなく、0.5合単位の目盛りがあれば、助かります。4.5合で炊くので、半分の位置に目盛りがあると、非常に助かります。

出典:https://review.kakaku.com

炊飯器は種類によって、内釜の目盛りが0.5合単位のものと1合単位のものがあります。JPE-A100は1合単位の目盛りのため、上記の口コミのように0.5合単位で炊く人は不便に感じるでしょう。

液晶画面は、フタを閉めた状態でしか見れません。液晶を時計がわりに見ていた私には、惜しく思えました。

出典:https://review.kakaku.com

炊飯器をキッチンの時計代わりに使う人は多いかもしれません。JPE-A100のメニュー画面は本体上部にあります。内ふたを洗浄のために取ると外ふたが閉まらないため、こちらの口コミのように、その間は時計が見られないということになります。

好みの問題だと思いますが、圧力があったほうがモチモチして美味しい気がします。この炊飯器で炊くと不味いというわけではありません。新品独特の臭いは1週間くらい続きました。今は気になりません。価格相応だと思います。見た目はスタイリッシュでいいです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

IH式のJPE-A100と比べると、美味しさは圧力IH式のほうが勝るという口コミです。食感は好みによるところも大きいですが、やわらかめが好きな人なら圧力IH式のほうが良いかもしれません。 新品特有の臭いについては、他にもいくつか気になるという口コミが見られました。使ううちに自然と消えるようです。

何より困っているのが音で、電源ケーブルを繋いでおくと「キーン」という高周波音がします。使わないときは電源ケーブルを外しておこうかとも思ったのですが、予約炊飯する時はそういう訳にも行かず困っています。

出典:https://review.rakuten.co.jp

コードをつないでいると音が気になるという口コミです。上記のように予約炊飯時はコンセントを抜くわけにもいかないため、静かな環境で暮らしている人は耳障りに感じられるかもしれません。

お焦げを作ったり、極うまや早炊きコース、エコ炊きなどのほか、ケーキや料理にも使えるよう細かくコース設定ができました。一番よいと思ったのは、残り時間が表示されること!これはありがたかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

JPE-A100のいろいろな炊飯機能や調理機能については多くの高評価が見られます。主食だけでなく、おかずやスイーツまで作れる時短調理メニューは、食卓を楽しくしてくれるでしょう。こちらの口コミのように残り時間が表示されるのも便利に感じられるはずです。

毎日使う使用頻度を考えれば冷蔵庫や洗濯機やテレビと同じくらいの炊飯器。”美味しい!”と独り言が出るような炊飯器ってすごいと感じますね。

出典:https://review.rakuten.co.jp

やはり炊飯器で最も重視したいのは、美味しくご飯が炊けるかどうかでしょう。炊き上がり方には好みもありますが、JPE-A100は「美味しい」という口コミが多数派です。

私としてポイントが高かったのはボタン音・仕上がり音の音量が選択できること!早朝の炊飯予約をするので、耳をすまさないと聞こえないほどの仕上がり音量にできることは本当にありがたいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

炊飯器のお知らせ音は、購入後に「大きすぎる」と気になる人もいます。JPE-A100は音量が調節できるため、こちらの口コミのように早朝に炊飯予約していても、家族を目覚めさせる心配がなく助かるポイントです。

移動させるため、取っ手があるのがいいですね。更に上の機種になると、取っ手が無くなりますから。。。充分満足できる製品です。

出典:https://review.kakaku.com

炊飯器で意外と見落としがちなのが、持ち手のあるなしです。上記の口コミのとおり、JPE-A100には持ち手が付いているため、炊飯器を移動させて使う人には便利でしょう。尚、JPE-A100には内釜にも熱くならない取っ手が付いています。

タイガー(TIGER)

タイガー 炊飯器 5.5合 IH ホワイト 炊きたて 炊飯 ジャー JPE-A100-W

価格:16,500円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー タイガー(TIGER) 商品名 IH炊飯ジャー 炊きたて JPE-A100-W(ホワイト)・JPE-A100-K(ブラック)
サイズ 27.2×32.9×21.1 炊飯量 5.5合(0.18L~1.0L)
タイプ(加熱方法) 剛火IH

JPE-A100とJPE-B100の違い

タイガー(TIGER)

タイガー 炊飯器 5.5合 IH ホワイト 炊きたて 炊飯 ジャー JPE-B100-W Tiger

価格:15,400円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

同じタイガーで、5.5合炊きのIH炊飯器の違いを見てみましょう。JPE-A100とJPE-B100はいずれも発売日が同じ2017年9月です。現在のところ価格もほぼ変わりません。
 
大きな違いは内釜にあります。JPE-A100は「熱封土鍋コーティング」、JPE-B100は「土鍋コーティング」です。内釜の厚さも前者は5層で25ミリ、後者は3層で15ミリです。IH炊飯器では内釜のコーティングによって美味しさが変わってきます。美味しさならJPE-A100に軍配が上がります。
 
また、JPE-A100は「オレンジクリア液晶」で文字が見やすいという点も好評です。一方、JPE-B100はオレンジの液晶ではないため、比較したときに多少見づらい感じがするかもしれません。

JPE-A100とJPE-A180の違い

タイガー(TIGER)

タイガー 炊飯器 1升 IH ブラック 炊きたて 炊飯 ジャー JPE-A180-K Tiger

価格:20,194円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイガーの「JPE-A」シリーズには2種類あります。今回ご紹介した「JPE-A100」と「JPE-A180」です。違いは炊飯量にあります。前者は5.5合炊き、後者は10合(1升)炊きです。機能や構造に違いはありません。
 
ただ、JPE-A180はJPE-A100より多く炊飯できるだけあり、サイズが多少大きくなります。また、消費電力も違ってくるため、年間の電気代にも差が出てきます。3〜5人暮らしならJPE-A100、6人以上ならJPE-A180が適当な炊飯量となります。1升炊けるJPE-A180はサイズも大きくなりますが、重くもなるため、設置場所に注意が必要です。

JPE-A100とJPE-A101の違い

タイガー

タイガー IH炊飯ジャー(5.5合炊き) ブラックTIGER 炊きたて JPE-A101-K

価格:18,980円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現在ではJPE-A100は生産が終了となりました。その後継モデルがJPE-A101で、2018年6月に発売されています。
 
この2つの機種を比較すると、機能面やサイズ、そのほかの仕様にも違いが見当たりません。唯一、新しいJPE-A101のほうはカラーがブラックの1色のみで、JPE-A100にあったホワイトがありません。また、お値段はやはり新しいJPE-A101のほうが現在のところお高くなっています。機能面で違いがないのであれば、JPE-A100のほうがお買い得と言えるでしょう。
タイガー(TIGER)

タイガー 炊飯器 5.5合 IH ホワイト 炊きたて 炊飯 ジャー JPE-A100-W

価格:16,895円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイガー IH炊飯ジャー JPE-A100の種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。
 
JPE-A100は豊富な炊飯機能に調理機能も付いているという点で、口コミでも非常に高い評価が見られます。機能面を考えると、価格とのバランスにも優れた炊飯器です。JPE-A100は現在は生産終了となりましたが、それゆえ後継モデルよりお値段が抑えられます。最先端の高機能でなくても、お手頃価格でそれなりの美味しさを求める人におすすめの機種です。
 
一方、ご飯はやわらかめが好きな人なら、圧力IH式の炊飯器も選択肢に入れると良いかもしれません。また、コストを抑えたかったり、5.5合も炊かない1人暮らしの人なら、マイコン炊飯器で十分な場合もあります。機能と予算のバランスを考え、ぜひ生活スタイルに合った炊飯器を選んでください。

関連する商品

炊飯器の人気商品