【2021年最新】電気あんかおすすめ8選|便利なコードレスタイプもご紹介!

電気あんかは省電力で使用できるため、コストを抑えながら暖を取りたい方におすすめです。電気あんかには、さまざまな形状や便利なコードレスタイプの製品もあります。今回は電気あんかの形状や機能に加えて、おすすめな電気あんかと使用する上で気をつける点についてご紹介します。

2021/10/22 更新

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

コンパクトで手軽に使える電気あんかは、冬に大活躍します。場所を選ばず電気代も安いため一人暮らしやオフィスでも使いやすいです。また、寒くて眠れない時は足下やお腹を電気あんかを使用して温めることで、心地のいい睡眠をとることもできます。

 

最近では、コードレスタイプのものや使用用途に合わせて使いやすい形状もさまざまで、バリエーション豊かです。自動で温度調節を行うサーモスタット機能付きの電気あんかもありますので、暑くなりすぎることもありません。

 

今回は電気あんかのメリットやシーンに合わせて、電気あんかを選ぶポイントおすすめ電気あんかをご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

今すぐ見る!【最新】おすすめ電気あんか8選

暖房を使う冬は電気代が高くなりがちです。電気あんかは比較的に省電力で使用することができますが、実際にはどれくらいの電力を消費するのでしょうか。また、電気あんかの温度についてもご説明します。

電気あんかは省電力

電気あんかは省電力で使用できます。電気あんかの種類により多少異なりますが、1時間あたりの消費電力量が約5Whの場合、発生する電気代は約0.1円です。1kWhあたり27円で計算)他の暖房に比べて電気代が低いことがわかります。

 

エアコンの設定温度をいつもより低く設定し電気あんかで身体を直に温めることで、トータルで発生する電気代を抑えることも可能です。

温度は高いもので60℃ほど

電気あんかの温度は、30℃〜60℃ほどです。弱30℃・中45℃・強60℃以下と設定している電気あんかが多く、それ以上はほとんどありません。中の設定で人の体温より10℃ほど温かいので、充分に暖をとることができます。

 

安全性が高い電気あんかですが、長時間温め続けると低温火傷の危険性がありますので、直接皮膚を温めることは避けてください。また、同じ場所をずっと温め続けすぎないように気をつけましょう。

さまざまな形状や機能が付いている電気あんかは種類が豊富です。電気あんかには便利な機能がありますが、自分に合った電気あんかを選ぶために何を確認すればいいか、ご説明します。

使用用途別に電気あんかを選ぶ

電気あんかには、平型や山型・大判タイプなど、使用用途によりさまざまな形状があります。電気あんかの形状は、自分が使いたいシーンに合わせて選ぶことがおすすめ。また、コードレスタイプは持ち運んで使用するのに便利です。

シーンを選ばない!持ち運びしやすい平型

平型の電気あんかは、コンパクトで持ち運びしやすいところが特徴です。また、デスク周りやソファーなど場所を選ばずに使えるので、仕事中や就寝時も使うことができます。ソフトタイプよりも厚みがあるので、抱えて使うこともおすすめです。

足置きや寝る時に最適な山型

山型タイプの電気あんかは傾斜がついているので、デスクの下で足を温めたい人におすすめです。また、就寝時に布団の中に入れて使用する場合は、隙間ができることで蒸れにくいので、快適に温まりながら寝ることができます。

 

特に、足下は冷えやすく血管も多いので、電気あんかを使用することで体全体を暖めることが可能です。

腰や太ももの上に置いて使いやすい大判タイプ

大判タイプは、冷えやすい腰や膝の上に乗せて使用可能です。平型とタイプ同様でどこにでも使いやすいので、触り心地で決めることもできます。肌ざわりがよく温められる範囲が広いので、布団の中での使用もおすすめします。

 

膝掛けのように使用すれば、電気代を抑えながら、こたつのような温かさを感じることができますよ。

コードレス!どこでも使いやすい蓄熱式湯たんぽ

充電して使用できる蓄熱式の湯たんぽを使用すれば、コンセントがない場所でも暖かくできます。コードレスタイプはでコンセントが邪魔にならないので、就寝時や車での移動中も使いやすい湯たんぽです。

 

電気あんかに比べると温度は低くなりますが、熱くなりすぎないので、長時間じっくり温めることに向いています。

温度調節やサーモスタット機能のついた電気あんかを選ぶ

温度調節機能がついた電気あんかなら、室内温度や自分の体温に合わせて温度を変えることができるため、さらに快適に使用することができます。電気あんかの温度が熱すぎると汗をかいてしまい、むしろ体を冷やしてしまうことがあります。

 

その為、自分に合った温度に調節するためにも、温度調節機能は付いていた方が便利です。

衛生的に使える抗菌・防臭機能もおすすめ!

体を温める電気あんかは、汗などで汚れる可能性があります。抗菌や防臭機能があれば、衛生的に使用できるためおすすめです。また、カバーを外して洗えるタイプを選ぶことで、定期的に洗濯をすることができ、衛生的に電気あんかを使用できます。清潔に使えるか確認することも、電気あんかを選ぶ上で重要です。

タイマーつきなら節電にもなる

タイマー付きの電気あんかを使用すると、自動で電源が切れて便利です。寝る時に電気あんかを使う場合は、一晩中電気あんかが付いたままだと熱くなり、布団をはね除けて、逆に風邪をひいてしまう可能性もあります。

 

また、オンタイマー付きであれば、起きる直前に温めるように設定することも可能です。タイマー機能をうまく利用し、温度調節することが大切です。

今すぐ見る!【最新】おすすめ電気あんか8選
小泉成器

コイズミ ソフト電気あんか KSA-0378

価格:2,148円 (税込)

柔らかくて使い心地いい 電気あんか

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

柔らかく使いやすい電気あんかです。温度調節機能が付いており、弱・中・強から、自分の好みに合わせて選ぶことができます。可愛いチェック柄で持ち運びにも便利なコンパクトサイズです。

 

軽い電気あんかなので、膝の上に乗せて使用することもできます。薄型なので椅子の間に挟んで、腰を温めることも可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー 小泉成器 商品名 KSA-0378
消費電力 30W 機能 温度調節
サイズ 約330(W)×370(D)×30(H)mm 重量 0.4kg
パナソニック(Panasonic)

パナソニック 電気あんか DW-78P-H

価格:7,962円 (税込)

5段階温度調節 電気あんか

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コントローラーが付いており、温度調節機能だけではなく、オンオフも手元でできるため、便利な電気あんかです。温かさは、5段階設定できるので、細かな設定も可能となります。カバーを取り外すことができ、ドライクリーニングが可能なので清潔に保ちたい方にもおすすめな電気あんかです。

 

柔らかい触り心地で、就寝時も気持ちよく使うことができます。

 

取扱説明書はこちら

メーカー Panasonic(パナソニック) 商品名 DW-78P-H
消費電力 30W 機能 温度調節機能、抗菌加工
サイズ 41.2 x 31.6 x 6.5 cm 重量 540g
山善(YAMAZEN)

山型電気あんか YDK-657YD

価格:1,480円 (税込)

サーモスタット付き 電気あんか

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自動で温度を調節してくれるサーモスタット付きの電気あんかです。手元で温度を調節することもできるため、便利に使用できます。また、就寝時に足を温めるのに使いやすい山型で、布団の中でも蒸れずに電気あんかを使うことが可能です。

 

1年間の保証付きなので、安心して電気あんかを使用することができます。

メーカー 山善(YAMAZEN) 商品名 YDK-657YD
消費電力 60W 機能 温度調節機能付き 、サーモスタット付
サイズ 幅22×奥行24.5×高さ8cm 重量 0.96kg
TWONE

TWONE 電気マット

価格:2,880円 (税込)

タイマー機能搭載 電気マット

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

6段階の温度調節が可能で、マット状になっているため使いやすい電気あんかです。また、タイマー機能付きで、設定した時間に電源がオフになります。マットのように下に敷いて使用したり、腰や足に巻いて使うことも可能です。

 

使いやすいコントローラーが付いているので、機械が苦手な人でも簡単に設定をすることができます。

メーカー TWONE 商品名 電気マット
消費電力 約15ワット 機能 タイマー機能、サーモスタット、6段階温度調節、
サイズ 60×30cm 重量 0.44 キログラム

USB電熱フランネル 電気あんか

価格:1,592円 (税込)

USB充電で持ち運び可能な 電気あんか

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

USBで充電できるため、モバイルバッテリーやパソコンなどからの充電も可能な電気あんかとなります。また、USBは防水仕様なので、手洗いであれば水洗いでき、清潔に保つことが可能です。

 

起動からたった10秒で温かくなり、3色のライトで簡単に弱・中・強を確認することができます。コンパクトで持ち運びしやすいため、外出先でも便利に使用可能です。

メーカー Nutopia 商品名 USB電熱フランネル
消費電力 - 機能 USB充電、3段階温度調節
サイズ 32×36cm 重量 -
株式会社ジェイ・エス・ピー

蓄熱式コードレス電気あんか ぬくぬく

価格:9,556円 (税込)

コードレスかつ2段階温度調節可能 電気あんか

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コードレスで仕様ができる蓄熱式の電気あんかです。車内や外出先でも使いやすく、安全に使用できるます。コンセントがなくても使用できるので、延長コードがなければ届かなかった部分にも使うことができ、就寝時もコードが絡まることなく、便利に使うことが可能です。

 

強・弱の2段階温度調節が可能で、充電時間も早いので、すぐにコードレスで使えるところも嬉しい点となります。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 株式会社ジェイ・エス・ピー 商品名 ぬくぬく
消費電力 95 W 機能 蓄熱式、コードレス
サイズ 35.3 x 19.6 x 4.7 cm 重量 1324 グラム
広電

広電(KODEN) 電気あんか VCH601PC

価格:988円 (税込)

コンパクトで使いやすい 電気あんか

Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすい平型の電気あんかで、一晩中温度を保ってくれます。コンセントに繋ぐだけで、簡単に使用でき、温度調節もできるので便利に使用可能です。コンパクトな形状なので、持ち運びもしやすく、抱きかかえるのにも、ちょうどいいサイズとなります。

 

可愛いチェック柄のデザインは、オフィスでも家でも大活躍です。

メーカー 広電(KODEN) 商品名 VCH601PC
消費電力 - 機能 -
サイズ 16 x 23 x 5 cm 重量 0.55 キログラム
株式会社広電

リフォン 電気あんか LWF157-B-C

価格:1,980円 (税込)

防菌防臭加工 電気あんか

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抗菌防臭加工がされており、嫌なにおいがしない電気あんかです。電気製品の安全のための第三者認証制度であるSマーク付きの製品なので、安心して使用することができます。布団の中で電気あんかに当たっても痛くないソフトタイプで、お子さんでも使いやすい製品です。

 

シンプルな設計なので、電源を入れて、すぐに温まりたいという方におすすめな電気あんかとなります。

メーカー リフォン 商品名 LWF157-B-C
消費電力 15W 機能 抗菌防臭
サイズ - 重量 540 g

電気あんかをつけっぱなしにしていると体温調節がうまくできず、肌が乾燥して脱水症状を起こすことがあります。また、気をつけて使用しないと火傷や火事になる可能性もありますので、気をつけて扱うことが大切です。

低温火傷には注意が必要

高温にならない電気あんかでも、長時間同じ場所に当て続けることで、低温火傷を起こす可能性があります。電気あんかを使う時は、同じ場所に当て続けずに定期的に当てる場所を変えることが大切です。

 

また、皮膚に直接電気あんかを当てずに、布を1枚挟むことも重要となります。タイマー付きの電気あんかを使用すれば自動で電源が切れるため、寝る時に使用しても安心です。

火事を防ぐためにもコードの扱いは丁寧に

電気あんかで火事となる原因の1つは、コードの断線です。電気あんかを使うために無理にコードを引っ張ることにより、コードが弱っていく可能性があります。コードが完全に断線していなくても傷んでいるようであれば、コードを変えるか電気あんかの使用をやめましょう。

 

また、たこ足配線も危険となります。使わない時は電源を切りコンセントを抜くことをおすすめします。

長期の使用は危険!異常を感じたら使用を中止しよう

電気あんかを長期間使用すると、劣化により怪我をする可能性が高まります。メーカーにより耐用年数は異なりますので、購入してから年数が経っている場合は確認をしてから使用しましょう。

 

コードが熱を持ったり通電が不安定になったりする場合は、すぐに使用をやめてください。物を大切にすることは素敵なことですが、実際に事故も起きていますので、気をつけながら使用しましょう。

省電力で使用できる電気あんかは、冬場に大活躍します。電気あんかは、シーンに合わせて形状を選ぶことができ、温度調節やタイマー機能など便利な機能がたくさんあるので、使いやすいです。また、外出先や車内で使用する場合はコードレスタイプもあります。正しい使い方をすることにより、安全に注意しながら使用しましょう。

# おすすめ