寒い冬には充電式湯たんぽがおすすめ!人気商品10選を紹介します!

寒い季節には温めるグッズが必須であり、手軽に温まるなら充電式の湯たんぽがおすすめです。充電式の湯たんぽは便利で魅力的ですが、火傷などの危険がないか正直不安だと思います。今回はそんな購入しようか悩んでいる方に向けて、危険性やおすすめ商品を解説していきます。

2021/10/21 更新

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

充電するだけで繰り返し使うことのできる「充電式ゆたんぽ」は一般的な湯たんぽよりもコスパが良く、お湯を入れ替える必要がないので非常に便利なアイテムです。最近ではUSBで充電できるタイプも多く販売されており、オフィスや外出先でも使用することができます。

 

ですが充電式湯たんぽには「すぐ壊れた」「危険!」など、安全性について心配になるような情報も。そんな情報を見て不安を感じたり、購入を躊躇している方も多いのではないでしょうか?

 

そこでここでは、充電式湯たんぽの安全性や寿命について詳しく解説していきます。さらに、購入する前にチェックするべきポイントとおすすめの製品をご案内していきますので、購入を躊躇している方や気になっている方はぜひご覧になってみてください。

充電式の湯たんぽの一番の魅力はその手軽さであり、普通の湯たんぽのようなその都度お湯を入れ替える手間が省けるメリットがあります。またお湯を使用しないので、水道代を節約することもできるのでお得です。

 

加えて約10分の充電時間で数時間の利用が可能となっており、1回にかかる電気代も数円で済むのでコスパも良いと言えます。お得に始めたい方はぜひ充電式の湯たんぽを検討してみてはいかがでしょうか。

 

また普通の湯たんぽの場合は温まる速度が速く火傷の危険がありますが、充電式の湯たんぽは蓄熱量が抑えられているので、徐々に温まり安心してご利用いただけます。特に普通の湯たんぽで火傷の経験がある方は、充電式湯たんぽへの切り替えをおすすめします。

今すぐ充電式湯たんぽのおすすめ10選も見る

充電式の湯たんぽの仕組みはとてもシンプルとなっており、内部にあるヒーターで水や蓄熱液の加熱を行い、発生した温熱を利用して温かい温度を保っています。利用する水に関しては、初回の充填のみなので廃棄・再充填の必要もありません。

 

このように充電式の湯たんぽは主にヒーターで温めるのが特徴であり、電気ストーブと同じように温度の強弱も調整することも可能となっています。なので急激な温度上昇による火傷の事故も起こりにくいように設計されています。

充電式の湯たんぽは電気製品にあたり、当然利用するにあたって覚えておくべき注意点があり、実際に事故が起こってしまった事例もあります。誤った利用をすると、火事などの命に関わる事故に発展する可能性があるので注意が必要です。

 

充電式湯たんぽは前述した通りヒーターを利用した電気製品となっており、電気ストーブなどと同様に間違った置き方をすると、不具合による故障・爆破に繋がります。またカバーを付けたまま充電する使用方法も、かなり危険なので必ず外すようにしましょう。

 

とはいえ充電式の湯たんぽは危険性が高いという訳ではなく、取扱説明書やマニュアルにある注意点をしっかり守ることで、ほぼ確実に故障・爆発の可能性はなくなります。充電式の湯たんぽを利用する場合は、今回の注意点を厳守して安全に利用することをおすすめします。

今すぐ充電式湯たんぽのおすすめ10選を見る

充電式の湯たんぽは電気製品なので当然寿命もあり、主に充電ができなくなった・以前より温まらないなどが寿命のサインとなっています。また寿命を過ぎても利用可能ですが故障しやすい傾向があり危険なのでおすすめはしません。

 

充電式の湯たんぽはすぐに壊れるという口コミも一部ありますが、注意点を守り正しく利用すれば、故障による火事などの事故が起きることは極めて少ないのでで気にする必要はありません。

 

充電式の湯たんぽで故障した経験がある方や安全に使いたい方は必ず、注意点をしっかり確認するようにしましょう。また安全性が高い商品を選ぶことも重要であり、安全性が高い商品に関しては後述していますので、そちらから検討することをおすすめします。

ショップで販売されている充電式の湯たんぽは多数の種類があり、それぞれ機能などが異なるので目的・用途にあった商品を選ぶことが大切です。

充電式湯たんぽのタイプは2種類

充電式の湯たんぽはパソコンなどのUSB端子を利用するUSBタイプと家にあるコンセントを利用するコンセントタイプに分類されます。

オフィスで使うならUSBタイプ

充電式の湯たんぽにはUSBタイプのものがあり、USB端子から接続できるので、パソコンなどがあるデスク周りで活躍します。オフィスでの仕事が中心の方はぜひ、仕事をしながら温められるUSBタイプの湯たんぽを検討してみてください。

 

またUSBタイプの充電式湯たんぽはモバイルバッテリーとしても利用でき、スマホの充電もできるので便利です。特にデスク周りはパソコンなどによりコンセントの余りが少ない場合がよくあるので、代わりに充電できる充電式の湯たんぽは重宝すると言えます。

自宅で使うならコンセントタイプ

充電式の湯たんぽにはコンセントタイプもあり、主に自宅などの家庭用コンセントでの利用が可能となっています。なので寝室でコンセントを刺して、就寝する前に取り外して利用することも出来ます。

 

自宅で利用したい方はコンセントタイプの充電式の湯たんぽを検討し、後述している他の購入時のチェックポイントも参考にするようにしましょう。またコンセントタイプのおすすめ充電式の湯たんぽも紹介しているので必見です。

目的に合わせたサイズを選ぶ

充電式の湯たんぽには商品によってサイズが異なっており、目的に応じたサイズの商品を選ぶことで、より快適に利用できるメリットがあります。

室内で使うなら大きめサイズ

布団やソファなどの室内での利用なら、大きめサイズの充電式の湯たんぽがおすすめとなっています。大きめサイズにすることで、より温まりやすくなるメリットががあり、基本的には持ち運びしないので、大きいサイズでも問題ありません。

 

またサイズが大きめの充電式の湯たんぽを選ぶことで、お子様などと一緒に利用も可能なのでおすすめです。ただし大きめサイズは持ち運びが不便なので、室内で利用したい方向けとなっています。

持ち歩くなら小さめサイズ

屋外に持ち歩くのであれば、ミニサイズの充電式の湯たんぽがおすすめとなっています。小さめのサイズにすることで、持ち運び可能なメリットを最大限に活用できるので、購入する前に一度確認してみましょう。

 

ミニサイズの充電式の湯たんぽを選ぶことで、キャンプなどのアウトドアでも問題なく利用できるのでおすすめです。特に冬の時期の屋外は気温が低いので、持ち運びできるミニサイズの充電式の湯たんぽは必須アイテムと言えます。

安全機能付きの製品も

充電式の湯たんぽには安全機能が付いている商品が多数あり、より安全に利用するために、なるべく安全機能が付いているものを選びましょう。今回は3つの安全機能について紹介しますので、購入前にぜひ参考にしてみてください。

 

充電式の湯たんぽは過熱防止機能と過充電防止機能の2つの安全機能があり、主に急激な温度上昇による火傷を回避・充電しすぎによる故障を回避する役割がそれぞれあります。また充電式の湯たんぽには、温度調整機能が付いている場合もあり安心して利用できます。

充電時間と蓄熱時間は必ずチェック

充電式の湯たんぽを購入する場合には、充電時間と蓄熱時間を必ずチェックする必要があり、商品によって異なるので注意が必要です、特に屋外での利用では長い利用時間が大切なので、使用シーンや使用場所を考えて選ぶようにしましょう。

 

充電式の湯たんぽは機種によって充電時間と蓄熱時間に大きな差があり、失敗しないためにもより高性能の充電式の湯たんぽを選ぶ必要があります。充電時間と蓄熱時間に関しては、商品ページで事前に確認できるので、購入する際は覚えておきましょう。

肌触りやデザインにもこだわって

充電式の湯たんぽを購入する際には、商品自体の肌触りやデザインにもこだわることが大切となっています。特に就寝時に充電式の湯たんぽの肌触りが悪いと、返って寝付けなくなるデメリットがあるので注意が必要です。

 

また充電式の湯たんぽは汚れを落とすために定期的なお手入れも必要なので、洗える素材であることも購入する際にチェックするべき項目です。加えて充電式の湯たんぽはカラーやロゴなどのイラストも多彩なので、お好きなものを選ぶようにしましょう。

充電式の湯たんぽには前述した通り、様々な機能が付いている商品が多数あり、購入する際にはどれが良いかわからず悩む方が多いです。今回はそんな悩んでいる方におすすめの充電式の湯たんぽを10選選びましたので、ぜひ参考にしてみましょう。

ANKIPO

大阪ブラシ 充電式ゆたんぽ QL001

価格:2,000円 (税込)

温度表示で安心利用

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大阪ブラシ 充電式の湯たんぽは、15分の充電で約12時間の利用が可能です。また一定の温度で電源オフになる安全機能を搭載しており、安心して始められるのも魅力と言えます。

 

大阪ブラシ 充電式の湯たんぽは一回の充電で約2.5円の電気代とお得であり、水道代やガス代もかからないで節約ができるメリットがあります。他にも持ち運びが可能な特徴があり、屋外で利用したい方にもおすすめとなっています。

蓄熱時間 15分の充電で約12時間 1回の充電あたりの電気代 約2.5円
安全機能 過熱防止・ 防爆
プロモート

PROMOTE PH-1 やわらか~湯たんぽ ローズピンク

価格:2,480円 (税込)

耐久性がよく長持ち

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロモードの充電式湯たんぽは柔軟性が高いカーボンファイバーヒーターを採用しており、手触りの良さが人気を集めています。また4層構造の高い耐久性にも注目です。

 

プロモードの充電式湯たんぽは、1回の充電で約1.8円の電気代で済むので、お得に始められるのも魅力と言えます。加えて約15分の充電で約8時間の利用も可能であり、屋外での利用も問題なくできます。

蓄熱時間 15分程度の充電で約8時間 1回の充電あたりの電気代 約1.8円
安全機能 なし
スリーアップ

スリーアップ 蓄熱式エコ湯たんぽnuku2

価格:1,900円 (税込)

温度を切り替えるスイッチ機能つき

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリーアップの充電式の湯たんぽは、柔らかくふわふわした素材を採用しており、就寝時には睡眠をサポートしてくれるメリットがあります。

 

また温かいぬくもりを長時間キープしてくれるので、就寝時に足元において朝まで温度を下げずにぬくぬくと利用が可能となっています。加えてスリーアップの充電式の湯たんぽはデザインもシンプルであり、部屋にインテリアとしても馴染みやすいのが魅力です。

蓄熱時間 20分の充電で約8時間 1回の充電あたりの電気代 約1.8円
安全機能 なし
スリーアップ

蓄熱式湯たんぽ ヒツジ EWT-1544HJ

価格:1,978円 (税込)

可愛いデザインが人気

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

充電式湯たんぽ ヒツジは肌触りが良い保温カバーが特徴となっており、就寝時にもぬくぬく利用できるメリットがあります。

 

充電式湯たんぽ ヒツジは、動物の可愛いデザインが人気を集めており、お子さんの利用もできるのでおすすめとなっています。また1回の充電で8時間のバッテリー性能を誇っており、就寝時に利用すれば朝までぬくもりを感じることができます。

蓄熱時間 20分の充電で約8時間 1回の充電あたりの電気代 約1.7円
安全機能 なし
ユニバース

蓄熱式 湯たんぽ 充電式 ECO-TANPO エコロジー湯たんぽ (ベージュ)

価格:1,335円 (税込)

保温性が抜群!

Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ユニバースの充電式湯たんぽは、高い保温性がある商品となっており、約10分の充電で布団の中で6時間の利用が可能です。

 

またユニバースの充電式湯たんぽは、1回の充電で約2円程度の費用で済むので、お得に始めたい方におすすめとなっています。カラーの種類も多数あり、お好きなデザインを選べることができるのも注目ポイントと言えます。

蓄熱時間 約10分の充電で最大6時間 1回の充電あたりの電気代 約2円
安全機能 なし
卓仕朗

卓仕朗 USBミニ充電式湯たんぽ

価格:3,340円 (税込)

モバイルバッテリー機能搭載

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

卓仕郎の充電式湯たんぽはモバイルバッテリー機能が特徴となっており、スマホの充電などができるので、オフィスでの利用でも活躍できるメリットがあります。

 

加えて卓仕郎の充電式湯たんぽは親しみやすいデザインも特徴があり、カラーも多数の種類があるので、お好きなデザインを選択できるのも魅力となっています。機能性が高い卓仕郎の充電式湯たんぽに興味がある方はぜひ、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

蓄熱時間 約10分の充電で最大7時間 1回の充電あたりの電気代 約1.8円
安全機能 過・短絡・過電流・過放電
Foshan Shunde Lexueer Electric Appliance Co.,Ltd.

充電式湯たんぽ OCOOPA

価格:2,580円 (税込)

安全機能つき

Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

充電式湯たんぽ OCOOPAは過熱防止や温度調整などの安全機能が充実しており、初めて利用する方でも安心して始められるメリットがあります。

 

充電式湯たんぽ OCOOPAで利用するカバーは洗濯も可能であり、気軽に手入れができるのも注目ポイントと言えます。加えて最大10時間の保温性能があるので、長時間の利用したい方はぜひ、充電式湯たんぽ OCOOPAの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

蓄熱時間 約10分の充電で最大10時間 1回の充電あたりの電気代 約1.9円
安全機能 通電・温度調節・温度ビューズ
Pousutong

Pousutong 充電式 電気湯たんぽ

価格:2,050円 (税込)

長時間の保温が可能

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Pousutongの充電式の湯たんぽは長時間の保温が特徴となっており、就寝時にも温かい温度を保ってくれるメリットがあります。

 

Pousutongの充電式の湯たんぽは6層構造で水漏れの心配もなく、安心して利用したい方におすすめとなっています。加えてPousutongの充電式の湯たんぽはミニサイズなので、オフィスなどでも活躍できるので、興味がある方はぜひ購入を検討してみましょう。

蓄熱時間 12分の充電で最大8時間 1回の充電あたりの電気代 約1.5円
安全機能 自動電源オフ
IKICH

IKICH 充電式湯たんぽ

価格:1,399円 (税込)

肌触りが良い

Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

IKICHの充電式湯たんぽは、ソフトな肌触りが特徴であり、就寝時の布団の中で利用すれば快適な睡眠を体験することができます。

 

加えてIKICHの充電式湯たんぽは、一定の温度になると電源オフになる安全機能も搭載しており、安心して充電式湯たんぽを使用したい方におすすめとなっています。価格もリーズナブルなので、お得に始められるのも注目ポイントと言えます。

蓄熱時間 約10分の充電で最大8時間 1回の充電あたりの電気代 約1.8円
安全機能 過熱防止
iYIBABAO

iYIBABAO 充電式湯たんぽ

価格:1,299円 (税込)

過熱防止の機能付き

Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

iYIBABAO 充電式湯たんぽは、急激な温度の上昇を防ぐ過熱防止の安全機能を搭載しており、故障や火傷の心配をすることなく利用できるメリットがあります。

 

iYIBABAO 充電式湯たんぽは、数十分の充電で最大8時間の利用が可能なので、就寝時でも温かい温度を維持することができます。また一回の充電で利用する電気代は2円程度であり、費用も抑えられるのでお得になります。

蓄熱時間 約10分の充電で最大8時間 1回の充電あたりの電気代 約2.5円
安全機能 防爆

充電式の湯たんぽは捨てる際にいくつか注意点があり、事前に処分の方法などを把握することが大切です。充電式の湯たんぽの捨て方については、基本的にほとんどの商品で共通なので参考にしてみましょう。

 

充電式の湯たんぽの内部にある液体は流しに捨てることが可能であり、充電式の湯たんぽの本体に関しては各自治体ごとに捨て方が違うので注意が必要です。誤った処分をしてしまうとトラブルに発展する可能性があるので覚えておきましょう。

充電式湯たんぽは持ち運び可能が可能であり、屋外で利用したい方におすすめです。また正しい利用方法を守ることで故障・火傷のリスクを回避できます。なので興味がある方はぜひ、今回紹介したおすすめ商品の購入を検討してみてはいかがですか。

# おすすめ