CB缶バーナーのおすすめ5選|メリットや選び方、メーカーも紹介

アウトドアで調理するときに必需品のバーナーですが、種類も多くどれを選べばいいのか悩みますよね。そこで本記事では、手軽に手に入るCB缶を利用するバーナーにスポットを当てました。CB缶バーナーの選び方のポイントや、おすすめ5選についてご紹介します。

2021/10/22 更新

キャンプやアウトドアで、調理したりお湯を沸かしたりと活躍するバーナー。その中でも、CB缶バーナーはOD缶バーナーと比べてどこでも安価で購入できる上に、家庭のガスコンロで利用している方も多いので、気軽に利用できます。

 

手軽なCB缶バーナーですが、種類が多く、どれを選んだらいいのか悩みますよね。本記事でCB缶バーナーの選び方のポイントを抑えることで、自分の使用シーンに最適なCB缶バーナーを選べます。

 

この記事では、CB缶バーナーの魅力や選び方、おすすめ商品5選についてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!おすすめCB缶バーナー5選

CB缶はOD缶と比べて、家庭でもガスコンロの燃料として利用している人が多いですよね。そのため、使い慣れている方も多く扱いやすいのが特徴です。また、CB缶バーナーは比較的五徳の高さが低いものが多く、安定感があり安心して利用できます。

 

OD缶はアウトドア専門店でしか購入できないのに対し、CB缶はスーパーやホームセンターなど、身近にあるお店で購入できる手軽さも魅力のひとつ。値段が低価格なのも嬉しいポイントです。

CB缶バーナーには、バーナーと五徳・ガスカートリッジが直結する一体型と、バーナーと五徳・ガスカートリッジが分かれている分離型の2種類があります。それぞれの特徴を見てみましょう。

登山やソロキャンプには一体型

一体型のCB缶バーナーは、コンパクトに折りたためる軽量モデルが多いため、登山やソロキャンプなどで荷物を減らしたいときにおすすめです。クッカーの中に五徳を収納できるモデルもあり、携帯性が高いのが特徴です。

 

しかし、コンパクトさゆえに五徳部分が小さい物も多く、大きい鍋が置けないため、手の込んだ調理に向きません。即席ラーメンやカップスープなどの簡単な調理や、お湯を沸かす使用をメインで考えている方におすすめです。

大人数での利用は分離型

分離型のバーナーは五徳が地面に近いので、重心が低く安定しているのが特徴です。大きな鍋を乗せても安定するため、大人数分の調理や本格的な料理をしたい方におすすめ。本体とガス缶が離れており、輻射熱によるガス爆発の心配も少ないです。

 

しかしホースがある分、一体型に比べて広めの設置場所が必要なのがデメリット。また、収納する際に嵩張るモデルもあるので、購入する際は収納時のサイズを確認しましょう。

今すぐ見る!おすすめCB缶バーナー5選

続いては、CB缶バーナーを取り扱っているおすすめメーカー3社をご紹介します。

  • ユニフレーム
  • SOTO
  • スノーピーク

それぞれのメーカーの紹介や、CB缶バーナーの特徴について見てみましょう。

ユニフレーム

ユニフレームは、新潟県の燕三条市を拠点としたアウトドアメーカーで、高いクオリティとコストパフォーマンスの高さが魅力です。

 

ユニフレームのバーナーは、すべて適合性検査に合格しており、PSLPGマークを取得しているので安心して利用できます。バーナーの周辺アクセサリーも豊富なので、快適な調理環境でアウトドア料理を作れるのもポイントです。

soto

SATOは、愛知県に本社を構えるアウトドアブランドで、「炎の総合メーカー」をキャッチコピーに、アウトドア用のランタンやバーナーを中心に展開しています。

 

SATOのCB缶バーナーは、外気温に左右されやすく火力が落ちがちなCBバーナーの弱点を、マイクロレギュレーターを搭載することで克服しています。どんな環境下でも安定した火力を保てるのは、大きな魅力です。

スノーピーク

スノーピークはオートキャンプ用品を中心に、ハイエンド製品を製造・販売しているアウトドアメーカーです。デザイン性の高さから世界中で人気があり、おしゃれなバーナーを探している人にぴったり

 

シンプルな一体型のシングルバーナーや分離型バーナーなど、ラインナップが豊富なので、自分のスタイルに最適なバーナーを選べます。厳しい環境下でのテストをクリアしているので、クオリティの高い製品ばかりです。

ユニフレーム(UNIFLAME)

テーブルトップバーナー

価格:11,900円 (税込)

安定感◎

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

五徳の高さが低く、4つ足で安定感が高いのがポイント。最大出力が3,900cal/hと高火力で調理することができます。分離型なのでガス缶との距離があり、輻射熱を気にせずプレートを乗せても調理することができるので、様々な料理をすることができます。専用の収納袋が付属しているので持ち運びしやすいのも特徴です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー名 ユニフレーム 商品名 テーブルトップバーナー
サイズ 20×20×9cm 重量 880g
スノーピーク(snow peak)

HOME&CAMPバーナー

価格:17,500円 (税込)

デザイン性◎

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納時のデザインがまるでインテリアのようでデザイン性が高く人気があります。直立して置くことができ、さらに五徳部分を本体に収納することができるのでコンパクトに収納することができます。アウトドアだけでなく室内でも利用することができるので、使い勝手がいいのもポイントです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー名 スノーピーク 商品名 HOME&VCAMPバーナー
サイズ 30.1×34.6×12cm 重量 1.4kg
ソト(SOTO)

レギュレーターストーブ FUSION

価格:9,000円 (税込)

マイクロレギュレーター搭載

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マイクロレギュレーターを搭載しているので、CB缶の弱点である外気温に左右され火力が落ちてしまうのを防ぎ、どんな環境下でも安定した火力を保つことができます。炎口が約300個あり、そこからでる火足の短い炎と、すり鉢状のバーナーヘッドにより耐風性に優れているのも嬉しいポイントです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー名 SOTO 商品名 レギュレータ〜ストーブFUSION
サイズ 41×12×9cm 重量 250g
岩谷産業

ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

価格:4,180円 (税込)

コンパクトに収納可能

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

熱効率のいいバーナーで1Lの水をわずか4分で沸かすことができます。本体は折りたたむことができ、専用のハードケースに収納することで約8×6×10cmとコンパクトに収納することができます。五徳はバーナーを囲むように配置されているので風防の役割もあり、風の強い環境下でも安心です。

メーカー名 イワタニ 商品名 ジュニアコンパクトバーナー
サイズ 15×15×12cm 重量 274g
ユニフレーム(UNIFLAME)

ミニバーナー

価格:5,500円 (税込)

組み立ての必要なし

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなデザインで、三角形をしているため安定感があります。組み立ての必要がなく、取り出すだけですぐに利用することができます。CB缶を本体に直接横から接続させるだけなので、準備に時間がかからないのも嬉しいポイント。今回ご紹介したなかで最もコンパクトで設置場所にも困らないモデルです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー名 ユニフレーム 商品名 ミニバーナー
サイズ 9.3×7.7×11.5cm 重量 320g

以下は上記5商品の比較表です。参考にしてください。

 

商品名 テーブルトップバーナー HOME&CAMPバーナー レギュレーターストーブFUSION ジュニアコンパクトバーナー ミニバーナー
サイズ 20×20×9cm 30.1×34.6×12cm 41×12×9cm 15×15×12cm 9.3×7.7×11.5cm
重量 880g 1400g 250g 274g 320g
火力 3900kcal/h 2100kcal/h 2,500kcal/h 2,300kcal/h 3,000kcal/h
分離型 一体型 分離型 一体型 一体型 

CB缶を使う際には、使用するバーナーと同じメーカーのCB缶を利用しましょう。メーカーによってガス缶と接続部の形が違うため、ガス漏れを起こす可能性があります。また、テントや車内のような密閉された空間で利用する場合には、換気を忘れないよう心がけましょう。

 

また、CB缶は暑い場所で保管すると破裂の恐れがあります。夏の車内や日向は高音になりやすいので、特に注意しましょう。捨てる時は必ずガス缶に穴を開け、ガスを出し切ってから捨ててください。

 

安全のため、利用する前にはガス缶やガス機器に破損がないかチェックしてください。破損したままの使用は思わぬ事故につながり非常に危険です

CB缶バーナーの選び方や、おすすめの商品をご紹介しました。CB缶バーナーはなんといってもその手軽さが魅力です。ぜひ購入時の参考にして、CB缶バーナーで充実したアウトドアを過ごしてください。