雪山登山に最適なおすすめバーナー10選|ドロップダウンに注意!

テント泊登山の必需品でもあるバーナー。雪山登山では氷点下でも使用可能なバーナーを選ぶことが大切です。SOTOやプリムス、MSRのガソリンバーナーやシングルバーナーなど雪山におすすめのバーナーに加え、ドロップダウンの防止対策もご紹介します!

2021/10/22 更新

テント泊登山にバーナーは欠かせません。日帰り登山でもバーナーを使って山ご飯を楽しむ人も増えていますよね。雪山においては、バーナーは水を確保するための必需品でもあります。しかし、夏山や低山で普通に使用しているバーナーをそのまま雪山に持って行くのは危険。

 

雪山では、氷点下でも使用可能なバーナーかどうかを確認した上で使用することが重要です。雪山の気温に適したバーナーを使用しなければ、火力が弱く使い物にならないことも。雪山でバーナーが使用できなければ、水の確保ができず命の危険に繋がります。

 

ここでは、雪山のバーナー選びのポイントやおすすめのバーナー、サブアイテム、さらに雪山でのバーナー事故を防ぐためのポイントもご紹介します。

今すぐ見る!雪山におすすめのバーナー10選

バーナーには、主にガソリンを燃料とするタイプとガスを燃料とする2タイプがあります。夏山や日帰り登山での需要が高いアルコールストーブとはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、それぞれのメリット・デメリットを解説し、雪山に最適なバーナーがどのようなものなのかご説明します。

マルチフューエル式

マルチフューエル式バーナーはガソリンを燃料とするバーナーです。メリットは、なんといっても火力の強さと安定性。火力が弱まりやすい雪山では、高火力のマルチフューエル式が最適です。安定して火力の強い状態を保てるため、雪を溶かして水を作る際にも重宝します。

 

一方で、マルチフューエル式はプレヒート(余熱)が必要な商品が多く、細かな火力調整がしにくいのがデメリットです。価格は高めですが、きちんとメンテナンスをすることで長く使用し続けられます。

冬用ガス缶のガスバーナー

ガスバーナーのメリットは、扱いやすいことです。ただし、火力が弱まるため、雪山で使用する際には冬用の低温下でも使用可能なガス缶を選ぶ必要があります。中には、火力の低下を防ぐために出力安定装置が付いている製品や、耐風性が高い製品も発売されています。

 

ガスバーナーの中には、本体と鍋が一体化しているタイプのものもあり、熱効率が良くより早くお湯を沸かすことができます。雪山でガスバーナーを使用する際には、燃費は悪くなりますが火力の強いものを使用するのがおすすめです。

火力強めの分離型

ガスバーナーでも、雪山では本体とガス缶が別になっている分離型ガスバーナーがおすすめです。分離型ガスバーナーは、下にガス缶がないため重心が低く安定し、雪の上でも使用しやすいのが特徴です。大人数での調理にも適しています。

 

ガス缶を直接雪の上に置くと火力低下の恐れがあるため注意が必要ですが、ガス缶が分離しているためガス缶を温めやすいメリットもあります。

アルコールストーブ

アルコールストーブは夏山や日帰り登山での軽量化には適しています。ですが、熱効率が悪いため雪山で使用する際には多くの燃料を持参する必要があり、結果的に荷物が重くなってしまいます。装備が多く荷物が重くなる雪山登山においては、あまり適していません。

ソト(SOTO)

レギュレーターストーブ ST-310

価格:6,380円 (税込)

マイクロレギュレーター搭載で火力低下を防ぐ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バーナーの定番メーカーでもあるSOTOのレギュレーターストーブは、マイクロレギュレーターが搭載されており低温化でのCB缶の低下を防ぎ、外気温が低下しても火力が落ちにくくドロップダウンの心配がありません。長時間安定して高火力を保つことができます。また、直径19cmまでの鍋を使用できる大きな五徳を装備しているため、大人数での調理にも適しています。

重量 350g(本体のみ) サイズ 幅170X奥行150X高さ110(使用時・本体のみ)
タイプ ガスバーナー
MSR

ドラゴンフライ ストーブ

価格:18,540円 (税込)

料理好きに最適

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カッコイイデザインが魅力のMSRのドラゴンフライストーブは、雪山でも強い火力を保てるガソリンバーナーです。2重バルブを装備しているため強火から弱火まで火力調整もしやすく、大鍋も置ける安定した五徳が装備されているため、大人数での調理や雪山でも料理を楽しみたい人に最適なモデルです。ホワイトガソリンや無鉛ガソリンに加え、灯油、軽油も使用可能です。

重量 680g サイズ -
タイプ マルチフューエル式
オプティマス

ノヴァ・ストーブ

価格:25,850円 (税込)

スウェーデン軍にも採用されるガソリンストーブ

Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

北欧らしい鮮やかなカラーとデザインが魅力のオプティマスのノヴァ・ストーブは、本国スウェーデン軍にも採用される優秀なガソリンバーナーです。堅牢性に優れたガソリンバーナーで、独特な五徳のデザインが目を惹きます。爆音とともに炎が燃え上がる火力の強さも魅力で、ホワイトガソリンの他に灯油や軽油も使用できます。

重量 460g サイズ 14×高8㎝(収納時)
タイプ マルチフューエル式
MSR

ウインドバーナー パーソナルストーブシステム

価格:28,600円 (税込)

荒天や強風下でこそ実力を発揮

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚きの耐風性を誇るMSRのウィンドバーナーは、普通のバーナーでは着火すらできない強風下でも無風時とほぼ変わらない短時間で水が沸騰する高効率ガスバーナーです。バーナーが生み出した炎が表に出ないラジエントバーナー機構を採用することで、無駄なく熱をポッドに伝えます。ポッドをバーナーに連結する際などMSRらしい操作性の高さも魅力。独特なデザインから使いこなすには慣れがいりますが、荒天時に心強いバーナーです。

重量 465g サイズ 幅11.5×奥10.7×高11.5㎝
タイプ ガスバーナー
プリムス(PRIMUS)

P-153 ウルトラバーナー

価格:7,890円 (税込)

雪山でも安定の高火力

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

登山用のガスバーナーでは定番のプリムスのウルトラバーナーは、雪山での使用を想定したハイスペックガスバーナーです。使用時の音が少し大きいですがそれだけ火力が強く、雪山でも安定した火力を保てます。弱火から強火まで火力調整も可能なため調理もしやすく、雪山でこそ機能を発揮する高火力バーナーです。

重量 110g サイズ 7.5×8.8×3.0㎝(収納時)
タイプ ガスバーナー
岩谷産業

ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

価格:4,200円 (税込)

軽量コンパクトで持ち運びに便利

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イワタニのジュニアコンパクトバーナーはネーミングの通り、軽量でコンパクトに収納できる持ち運びに便利なガスバーナーです。高熱効率で高い加熱能力を備えているため、短時間でお湯を沸かせます。五徳がバーナーを囲むように配置されており防風の役割も担ってくれます。耐風性もあるバーナーです。

重量 274g サイズ 幅82×奥行68×高さ109mm(収納時)
タイプ ガスバーナー
ユニフレーム(UNIFLAME)

セパレートバーナーUS-S

価格:8,680円 (税込)

軽量コンパクトな分離型ガスバーナー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ユニフレームのセパレートバーナーは、軽量コンパクトな分離型シングルバーナーです。ガス取付部にワイヤーを用いることで軽量化を実現しています。4本五徳のため安定性にも優れ、シェラカップから大鍋まで幅広く安心して使用できます。

重量 約450g サイズ 約125×130×75(厚さ)mm(収納時)
タイプ ガスバーナー(分離型)
エバニュー(EVERNEW)

チタンアルコールストーブ

価格:2,917円 (税込)

チタン製アルコールバーナー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トランギアストーブをチタンで再現したエバニューのチタンアルコールストーブは重量34gと軽量です。中央部分のみならず側面からも炎が上がる仕組みになっているため、アルコール30mlで約5分間燃焼して400mlのお湯を沸かすことができます。

重量 34g サイズ 7.1×高4.2㎝
タイプ アルコールストーブ
スノーピーク(snow peak)

HOME&CAMPバーナー

価格:17,500円 (税込)

スタイリッシュなデザインも魅力

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気アウトドアメーカーのスノーピークのHOME&CAMPバーナーは、スタイリッシュなデザインも魅力です。五徳部分をCB缶をセットする本体部分に収納することができるため、コンパクトで持ち運びやすく雪山でのハイキングやキャンプにおすすめ。大きめの鍋も使える安定感のある大きな五徳が装備されています。普段使いとの両立も可能なオシャレなバーナーです。

重量 1.4kg サイズ 90×120×255(h)mm(収納時)
タイプ ガスバーナー
ユニフレーム(UNIFLAME)

テーブルトップバーナー

価格:11,900円 (税込)

雪山でのキャンプにも最適

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐荷重が約15㎏もある強靭かつ安定性の高い五徳が装備されたユニフレームのテーブルトップバーナーは、ダッチオーブンも使用可能な雪山キャンプにも最適なガスバーナーです。直径約20㎝の汁受けが輻射熱と鍋の吹きこぼれを軽減してくれます。本体とボンベを離してファイグリル用鉄板を使用することも可能です。

重量 940g サイズ 200×200×90mm
タイプ ガスバーナー(分離型)

雪山でバーナーを使用する際には「ドロップダウン」に注意が必要です。ドロップダウンとは、ガスが気化する際にガスカートリッジが冷やされて火力が低下する現象で、気温の低い雪山で起こりやすいトラブルです。

 

ドロップダウンを防ぐためにガス缶をお湯につけて温める人も多いです。ですが、急激にガス缶の温度が上がることにより火柱が上がるといった事故も起こりうるため、細心の注意を払って行う必要があります。

事故を防ぐ対策方法

雪山でのドロップダウンを防ぐためには、雪山の温度に適したガス缶を選ぶことが最も重要です。また、ガス缶が冷えるのを防ぐことでドロップダウン防止にもつながります。使用前にはガス缶を手で温めたり、ガス缶カバーをつけたりするのも有効です。

 

就寝時には、ガス缶をシュラフに入れて寝るようにしましょう。万が一ドロップダウンでバーナーが使用できなくなった時に備えて、水を多めに持参しておくと安心ですよ。

ソト(SOTO)

フィールドチャッカー ST-Y450

価格:2,016円 (税込)

女性でも扱いやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

雪山で雪を溶かすのにも便利なSOTOのフィールドチャッカーは、点火直後に炎が安定するため女性でも扱いやすい製品です。カセットガスを燃料とし、点火直後に逆さにしても大きく燃え上がらないため安心して使用できます。空気調整レバーが付いており、集中炎からソフトな炎まで調整可能です。

サイズ 幅3.4×奥行12.2×高さ6.6cm 重量 153g
camping moon

互換アダプター&マルチガスホースライン フルセット

価格:3,380円 (税込)

両方利用できて便利

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

OD缶とCB缶の互換用ガスアダプターとホースです。このホースを使用することで、OD缶とCB缶両方の使用が可能となります。飛行機を使用した遠征登山などOD缶を持参できない時も、このホースとアダプターがあれば旅先でCB缶を購入して利用できるため便利ですね。

サイズ 60x4.55x4.55cm 重量 170g
ソト(SOTO)

ウインドマスター用4本ゴトク フォーフレックス SOD-460

価格:1,430円 (税込)

安定感のある大型4本五徳

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SOTOのウインドマスター用五徳は、17㎝までのコッヘルに対応した大型4本五徳です。シングルバーナーの五徳では小さくて不安定だという人におすすめです。グループ登山での調理や鍋料理などに最適です。

収納サイズ 47×77×44 重量 27g

雪山でも使用可能なバーナーをしっかりと選ぶことで、雪山登山やキャンプなど雪山アウトドアでの調理の快適さも高まります。火力の強い冬用バーナーを選ぶことでドロップダウンも防止でき、冬のアウトドアも快適に楽しめますよ。