【徹底解説】ブルーレイレコーダーの録画機能|録画できない時の対処法も

テレビ番組を録画する上で、ブルーレイレコーダーは重宝します。しかし、ブルーレイレコーダーの録画方法が分からない方もいるでしょう。今回は、ブルーレイレコーダーの録画方法について徹底解説します。おすすめのブルーレイレコーダー8選もご紹介するので、ぜひご覧ください。

2021/11/04 更新

主にテレビ番組の録画において重宝する、ブルーレイレコーダー。ただ、名前は知っているけれど、ブルーレイレコーダーで何ができるのかや、録画方法が分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、ブルーレイレコーダーの録画について徹底解説します。ブルーレイレコーダーにできること、録画方法などさまざまな角度から紹介します。録画できないときの対処法も解説するので、ぜひ参考にしてください。

 

また、実際におすすめのブルーレイレコーダー8選もピックアップします。商品ごとに値段や詳細を解説するので、ブルーレイレコーダーを探している方もチェックしてくださいね。

テレビとセットで使用するブルーレイレコーダー。そんなブルーレイレコーダーにはどんなことができるのでしょうか

番組録画

時間が合わないなどの理由で、テレビ番組をリアルタイムで見れないことがありますよね。そんなときにブルーレイレコーダーがあれば、番組を録画して後で視聴ができます

 

同じ時間帯に見たい番組が複数放送されていても、それらを同時に録画できて便利です。また、通常のテレビ以外に、ケーブルテレビの録画も可能。ブルーレイレコーダーとケーブルテレビチューナーを、ネットワークやLANケーブルで接続することで録画できます。

 

録画した番組は削除できるため、録画番組を見終わり次第削除することで、ブルーレイレコーダーの容量確保に繋がります。

ブルーレイディスクやDVDの再生

ブルーレイレコーダーにはCD・DVDディスクの挿入口が設けられています。その挿入口にディスクを挿入することで、DVDを視聴できます。DVDプレーヤーなどの再生アイテムを持っていなくても見られるので便利です。

 

また、ブルーレイディスクに保存した動画の再生も可能。ディスク内の録画番組や思い出の動画などをテレビ画面で楽しめます。

ディスクのダビング

ブルーレイレコーダーで録画した番組は、ブルーレイディスクなどにダビング(移行)することができます。ダビングしたディスクを他のブルーレイレコーダーで読み込めば、ディスク内の録画番組を視聴可能です。

 

ブルーレイレコーダーを買い替えたいけど録画番組は取っておきたい、そんなときにダビング機能が役立ちます

ブルーレイレコーダーに似たアイテムとして、外付けHDDが挙げられます。どちらもテレビに接続して使いますが、それぞれに明確な違いがあるのも確かです。

 

  ブルーレイレコーダー 外付けHDD
番組の同時録画 ×
ディスク保存 ×
DVD再生 ×
テレビ以外の機器との接続 ×

 

このように、ブルーレイレコーダーの方ができることが多いです。しかし、外付けHDDにも大容量・低価格という特徴があります。基本的にはブルーレイレコーダーで番組録画し、容量が足りなくなったら外付けHDDに移す、という使い方が望ましいです。

 

また、外付けHDDはPCなどのテレビ以外の機器とも接続可能。あらゆるデータのバックアップを取れるアイテムとして優秀です。

ブルーレイレコーダーは色々なモデルが販売されているので、選ぶ際に迷ってしまうかもしれません。そこでここからは、ブルーレイレコーダーの選び方を解説します。

HDDの容量を決めよう

HDDの容量によって、ブルーレイレコーダーが録画できる時間が決まります。容量ごとの録画目安時間は以下の通りです。

 

容量 録画時間
500GB 60時間
1TB 130時間
2TB 260時間
4TB 500時間

 

録画機能をあまり使わない・録画を見たらすぐに消す方は、500GBでも十分。ある程度録画番組を溜める方は、余裕を持って1TB・2TBを選びましょう。とにかく容量が大きいモデルがいいなら、4TBで間違いありません。

 

ただ、容量が小さいほどブルーレイレコーダーは安い傾向にあります。逆に大きいと値段が高くなるので気をつけましょう。

同時録画機能と全自動録画

同じ時間に放送されている番組を2つ以上録画したいときは、同時録画機能を持ったモデルがおすすめです。同時に録画できる数はチューナーの数で決まり、チューナーが2つなら2番組、チューナーが3つなら3番組を同時録画できます

 

お気に入りの番組が同じ時間帯に放送されている場合は、放送されている番組の数に合ったチューナー数のモデルを選びましょう。また、よく録画をし忘れる方は、自動で録画してくれる全自動録画機能を持ったブルーレイレコーダーがおすすめです。

4Kに対応しているかチェックしよう

4K放送は、通常の番組に比べて画質がいいのが特徴。しかし、ブルーレイレコーダーが4Kに対応していないと、そのままの画質で録画できません。4K放送を高画質で録画したい方は、4Kチューナー内蔵のモデルを選ぶのがベストです。

 

また、テレビも4Kに対応していないと高画質で映せないので気をつけましょう。ちなみに、4K対応のブルーレイレコーダー・テレビを用意することで、4K Ultra HD ブルーレイを楽しめます。4KのDVDも増えてきているので、それらを再生したい方も要チェックです。

便利なスマホ連動機能

今ではブルーレイレコーダーも進化しており、スマホと連動できるモデルもいくつかあります。その手のモデルは、スマホで録画番組を見たり、リアルタイムで放送中の番組を見たりできるので便利です。

 

また、外出先から録画予約が可能なので、録画のし忘れを防止できます。使い勝手のよさを重視するなら、スマホ連動機能を持ったブルーレイレコーダーがおすすめです。

SeeQVaultで録画を引き継ぐ

SeeQVaultとは、パナソニック・サムスン・ソニー・東芝の4社が開発した再生互換性に関する技術です。具体的には、地デジ番組などの著作権保護されたHDコンテンツを、機器をまたいで視聴・再生できるもの。

 

SeeQVaultに対応したブルーレイレコーダーで録画した番組は、他のSeeQVault対応のテレビに繋いで再生できます。通常は録画したテレビ・レコーダーでしか録画番組は再生できないので、使い勝手がいいです。

 

 

しかし、SeeQVaultの機能を使うには、またぐテレビのいずれもがSeeQVaultに対応している必要があるので注意しましょう。

ブルーレイレコーダーの世の中ランキング

  • ランク王独自のアルゴリズムで作成した商品ランキングのこと。世の中で本当に売れている商品がわかります。
1位 パナソニック

DMR-2CX200

価格:34,980円 (税込)

最大6chを16日間自動録画!全自動録画機能付きレコーダー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2020年3月に発売されたパナソニックの全自動録画ブルーレイレコーダーです。「おうちクラウド」機能、スマホアプリ「どこでもディーガ」で外出先からの録画予約・番組視聴に加え、最大6チャンネル16日分の自動録画が可能です。録り逃しの心配がない上に、自動録画した番組を自動振り分けしてくれるので、関連番組を見つけやすくなっています。

さらに録りためたドラマ・アニメが自動消去されるのを防ぐおとりおき機能を搭載。話題の番組をLINEからチェックできるなど、この1台があれば自分のタイミングで好きな番組を観れるので、普段忙しくてリアルタイム視聴が難しい方におすすめです。
タイプ ブルーレイレコーダー HDD容量 2TB
SeeQVault対応 ブルーレイ BD-RBD-R DLBD-R XLBD-REBD-RE DLBD-RE XL
DVD DVD-RDVD-R DLDVD-RWDVD-RAM 年間電気代【円】 742.5円
定格消費電力【W】 33W 待機時消費電力【W】 0.15W
重量【㎏】 2.7 kg㎏
2位 ソニー

BDZ-ZW1700

価格:26,980円 (税込)

録画番組が多い方に!シンプルなブルーレイレコーダー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニーのBDZ-ZW1700は録画機能に優れているブルーレイレコーダーです。ドラマやアニメを最長1か月前から予約できたり、「Video TV SideView」アプリを使ってスマホやタブレットで放送番組や録画した番組を好きなときに視聴できたりします

現行モデルの中では1番シンプルなタイプで、2番組同時録画に対応した1TBのHDD録画は地デジを約129時間~1400時間まで長時間録画が可能。録画する番組が多い方におすすめです。また、ワイヤレス転送を行うことで電波の届かない場所でも番組を観れるので、遠隔視聴機能にこだわる人にも適しています。
タイプ ブルーレイレコーダー HDD容量 1TB
SeeQVault対応 ブルーレイ BD-RBD-R DLBD-R XLBD-REBD-RE DLBD-RE XL
DVD DVD-RDVD-RW 年間電気代【円】 648円
定格消費電力【W】 25W 待機時消費電力【W】 0.04W
重量【㎏】 2.7 kg㎏
3位 シャープ

2B-C05DW1

価格:36,300円 (税込)

HDDの状態を診断してくれる!Wチューナー搭載レコーダー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダブルチューナー搭載の500GBタイプです。予約いらずで連続ドラマを自動で録画する「ドラ丸」や、AQUOSリモコンやスマートスピーカーで音声操作ができる便利な機能も搭載されています。また、シャープの独自技術のHDDの健康診断で、壊れやすいHDDを3段階でコメントして状態を知らせます。

容量が500GBなので録画番組を溜め込まない方、一人暮らしや少人数での利用がおすすめです。音声操作を搭載しているので、機械の操作が苦手な方も安心して使用できます。大手メーカーのブルーレイレコーダーの中でも最も安価なモデルで、コスパを求める方にもいいでしょう。
タイプ ブルーレイレコーダー HDD容量 500GB
SeeQVault対応 ブルーレイ BD-RBD-R DLBD-R XLBD-REBD-RE DLBD-RE XL
DVD DVD-RDVD-R DLDVD-RW 年間電気代【円】 594円
定格消費電力【W】 20W 待機時消費電力【W】 0.06W
重量【㎏】 2.2 kg㎏
4位 東芝

DBR-T1009

価格:20,980円 (税込)

お手頃価格ながら機能性抜群のブルーレイレコーダー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DBR-T1009は3番組の同時録画が可能な1TBのブルーレイレコーダーです。時短操作に特化したさまざまな機能があり、録画・ダビングはおまかせすることができます。また、「自動スキップ再生」機能を搭載することで早送りの手間を省き、リモコンの「時短」ボタンを押すと視聴時間に合わせた録画番組を再生可能です。

ゆっくりと録画番組を見る時間がないときでも時間を短縮して再生できたり、スマホでみることができたりと使いやすい東芝独自の機能も搭載しています。自宅以外のシーンでも使用したい場合に役立つこと間違いなし。お手頃価格のため、機能と価格を重視されている方におすすめです。
タイプ ブルーレイレコーダー HDD容量 1TB
SeeQVault対応 ブルーレイ BD-RBD-R DLBD-R XLBD-REBD-RE DLBD-RE XL
DVD DVD-RDVD-R DLDVD-RW 年間電気代【円】 521.1円
定格消費電力【W】 24W 待機時消費電力【W】 0.05W
重量【㎏】 2.5 kg㎏
5位 東芝

DBR-W1009

価格:33,568円 (税込)

時短機能で視聴可能!忙しい方に嬉しいブルーレイレコーダー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「時短」ができるさまざまな機能を搭載したブルーレイレコーダーです。「時短ボタン」を押すだけの「らく見・らく早見・飛ばし見」機能を使うと3種類の長さに番組を圧縮してくれます。ダビングや自動録画も、本体におまかせすれば手軽にディスクへの記録や好みの番組録画も可能です。

「スマホdeレグザ」アプリをインストールすることで、スマートフォンの録画リストや時短リスト番組を選び、テレビやスマホで最短時間で再生することができる機能を搭載しています。長時間録画番組が溜まっているが見る時間がほとんど取れないという方や、ちょっとした隙間時間に録画番組を見たい方におすすめです。
タイプ ブルーレイレコーダー HDD容量 1TB
SeeQVault対応 ブルーレイ BD-RBD-R DLBD-R XLBD-REBD-RE DLBD-RE XL
DVD DVD-RDVD-R DLDVD-RW 年間電気代【円】 483.3円
定格消費電力【W】 22W 待機時消費電力【W】 0.06W
重量【㎏】 2.4 kg㎏
6位 パナソニック

DMR-2X200

価格:54,800円 (税込)

最大6ch・16日間を自動録画!全自動録画機能付きレコーダー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2020年3月に発売されたパナソニックの全自動録画ブルーレイレコーダーです。「おうちクラウド」機能やスマホアプリ「どこでもディーガ」で外出先からの録画予約・番組視聴に加え、最大6チャンネル16日分の自動録画が可能です。録り逃しの心配がない上に、自動録画した番組を自動振り分けしてくれるので、関連番組を見つけやすくなっているのも嬉しいポイント。

さらに、録りためたドラマ・アニメを自動消去されるのを防ぐ「おとりおき機能」を搭載しています。話題の番組をLINEからもチェックできるため、普段忙しくてリアルタイム視聴が難しい方におすすめしたい商品です。
タイプ ブルーレイレコーダー HDD容量 2TB
SeeQVault対応 ブルーレイ BD-RBD-R DLBD-R XLBD-REBD-RE DLBD-RE XL
DVD DVD-RDVD-R DLDVD-RWDVD-RAM 年間電気代【円】 742.5円
定格消費電力【W】 33W 待機時消費電力【W】 0.15W
重量【㎏】 2.7 kg㎏
7位 ソニー

BDZ-FBW1000

価格:17,980円 (税込)

画質や使いやすさ抜群!4Kチューナー内蔵のブルーレイレコーダー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニーの4Kチューナー内蔵のブルーレイレコーダーです。HDDの容量は1TBで、4放送を7段階に圧縮した長時間モードで録画できます。操作のしやすい画面表示やレスポンスの速さが人気です。またスマホのアプリを使えば外出先でも視聴できたり、予約が簡単にできたりと便利な機能がたくさんあります。

本機では約1ヶ月前から番組予約ができるようになりました。ドラマを見逃したくない方にピッタリの機能です。そして、ソニーの4Kテレビ「ブラビア」をお持ちの方なら、テレビに合わせた4K画質モードで鮮明な映像を楽しめます。番組表のスクロール速度も向上し、画質や使いやすさにこだわりたい方におすすめです
タイプ ブルーレイレコーダー HDD容量 1TB
4K対応 SeeQVault対応
ブルーレイ BD-RBD-R DLBD-R XLBD-REBD-RE DLBD-RE XL DVD DVD-RDVD-RW
年間電気代【円】 688.5円 定格消費電力【W】 28W
待機時消費電力【W】 0.04W 重量【㎏】 3.5 kg㎏
8位 パナソニック

DMR-4X600

価格:148,800円 (税込)

最大で4番組を同時に録画できるブルーレイレコーダー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新4K衛星放送の2番組同時録画に対応しているブルーレイレコーダーです。最大で4番組を同時に録画できるため、同じ時間に複数の番組を録画したい需要に応えてくれます。HDDの容量が6TBあり、新4K衛星放送が最大約3120時間録画できるのも魅力です。

さらに、無料アプリを使えばスマホで録画した番組を見られたり、録画予約をできたりと便利なのも嬉しいポイント。4Kインターネット動画のコンテンツを楽しむこともでき、Youtube・Netflix・Amazon Primeも視聴できます。番組やコンテンツを高画質でたくさん楽しみたい方におすすめです。
タイプ ブルーレイレコーダー HDD容量 6TB
4K対応 SeeQVault対応
ブルーレイ BD-RBD-R DLBD-R XLBD-REBD-RE DLBD-RE XL DVD DVD-RDVD-R DLDVD-RWDVD-RAM
年間電気代【円】 1044.9円 定格消費電力【W】 44W
待機時消費電力【W】 0.15W 重量【㎏】 4.2 kg㎏

話題の商品

  • 世の中で多く検索されている定番の商品を紹介しています。
パナソニック

DMR-4W100

価格:24,980円 (税込)

「おうちクラウド機能」搭載で外出先でも楽しめる

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は4Kの長時間録画と2番組の同時録画ができ、スマートスピーカーの操作が可能なスマートな使い心地のブルーレイレコーダーです。また、スマホに録画番組・音楽・写真をためていつでも楽しめる「おうちクラウド機能」を搭載。外出先でも、スマホで録画した番組を視聴したり、ディーガにためた音楽CDを楽しむことができます。

新4K衛星放送対応チューナーを2基搭載。録りたい番組が重なっても録り逃しを防ぎ、高精細な新4K衛星放送の番組をおまかせ長時間モードで残せます。録画容量1TBで、最高約13倍の長時間モードにも対応。4Kの高画質を楽しみたい方や、おうちクラウドの便利機能を楽しみたい方におすすめです。
タイプ ブルーレイレコーダー HDD容量 1TB
4K対応 SeeQVault対応
ブルーレイ BD-RBD-R DLBD-R XLBD-REBD-RE DLBD-RE XL DVD DVD-RDVD-R DLDVD-RWDVD-RAM
年間電気代【円】 704.7円 定格消費電力【W】 28W
待機時消費電力【W】 0.15W 重量【㎏】 2.5 kg㎏
パナソニック

DMR-2W200

価格:38,183円 (税込)

スマホ連動も!BDや録画も4Kで楽しめるレコーダー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4Kダイレクトクロマアップコンバート方式を採用し、ブルーレイディスクや録画番組も4K映像で楽しむことができます。さらに「マスターグレードビデオコーディング」搭載で色彩・質感・奥行きまで豊かに表現。通常のブルーレイディスクの映像がさらに美しく写し出されます

さらにスマホアプリ「どこでもディーガ」を使えば、録画した番組や放送中の番組を好きなときにどこからでも視聴できます。スマートフォンで見ていた番組の続きをそのままテレビの大画面に映すことも可能。この1台があれば自分のタイミングで好きな番組を観られるので普段忙しくてリアルタイム視聴が難しい方にもおすすめです。
タイプ ブルーレイレコーダー HDD容量 2TB
SeeQVault対応 ブルーレイ BD-RBD-R DLBD-R XLBD-REBD-RE DLBD-RE XL
DVD DVD-RDVD-R DLDVD-RWDVD-RAM 年間電気代【円】 496.8円
定格消費電力【W】 19W 待機時消費電力【W】 0.15W
重量【㎏】 2.1 kg㎏
パナソニック

DMR-2CW200

価格:41,560円 (税込)

最大約2700時間番組を残せる大容量のDVDレコーダー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2番組同時録画機能搭載のDIGAシリーズ。最大約2700時間番組を残せます。スマホアプリ「どこでもディーガ」を使えば、録画した番組や放送中の番組を好きなときに視聴することが可能。スマートフォンで観ていた番組の続きを、そのままテレビの大画面に映すこともできます。

スマホやデジカメで撮影した写真や動画、音楽も、ディーガで保存・共有が可能です。音質にもこだわったレコーダーで、さまざまな楽しみ方を満喫できます。この1台があれば自分のタイミングで好きな番組を観れるので、普段忙しくてリアルタイム視聴が難しい方におすすめです。
タイプ ブルーレイレコーダー HDD容量 2TB
SeeQVault対応 ブルーレイ BD-RBD-R DLBD-R XLBD-REBD-RE DLBD-RE XL
DVD DVD-RDVD-R DLDVD-RWDVD-RAM 年間電気代【円】 496.8円
定格消費電力【W】 19W 待機時消費電力【W】 0.15W
重量【㎏】 2.1 kg㎏
パナソニック

DMR-4W200

価格:55,500円 (税込)

写真や動画を共有可能!臨場感も楽しめるブルーレイレコーダー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4k衛星放送に対応したチューナーを内蔵しており、衛星放送を高画質でお楽しみいただけます。音質に関しても臨場感を感じられる5.1 ch サラウンドも搭載しております。さらに写真や動画を共有することもでき、スマートフォンなどで撮影した映像をテレビで視聴することが可能です。そして興味に合わせた番組を随時知らせてくれる機能まで備わっております。

パナソニックのDMR-4W200は、4K番組に対応しているだけでなく、全ての動画配信サービスに対応しているため、どんな番組でも視聴したい人におすすめです。4Kチューナーを2個搭載しているため、4K番組の裏番組も録画できます。どこでもディーガを使えば、寝室でも動画配信サービスを見れるのが嬉しいですね。
タイプ ブルーレイレコーダー HDD容量 2TB
4K対応 SeeQVault対応
ブルーレイ BD-RBD-R DLBD-R XLBD-REBD-RE DLBD-RE XL DVD DVD-RDVD-R DLDVD-RWDVD-RAM
年間電気代【円】 704.7円 定格消費電力【W】 28W
待機時消費電力【W】 0.15W 重量【㎏】 2.6 kg㎏

ブルーレイレコーダーを初めて使う方だと、録画方法が分からないかもしれません。実際の録画で戸惑わないために、録画方法について確認しましょう。

 

  1. テレビの電源を入れる
  2. 必要に応じてブルーレイレコーダーにブルーレイディスクを入れる
  3. テレビのリモコンで番組表を表示する
  4. 方向・決定ボタンで操作し、録画したい番組を選択
  5. 番組予約を選択する
  6. 録画先を選び、予約を登録する

 

以上の手順を踏むことで、番組放送時に自動で録画が開始されます。複数録画をしたい場合は、別の番組に対して4~6を同様に行うだけでOKです。ただ、機種によって録画方法が違う場合があります。

 

もし先述した手順で録画できないときは、ブルーレイレコーダーの取扱説明書を参考にしてください

ブルーレイレコーダーの内蔵容量が足りなくなったときは、録画番組をBDディスクにダビング(移行)するのがベストです。実際にダビングする際は、以下を参考にしてください。

 

  1. ブルーレイレコーダーにBDディスクを入れる
  2. リモコンのホームボタン→ビデオ→ディスクダビングの順に進める
  3. DVDダビング選択し、決定ボタンを押す
  4. ダビングしたい番組を選択し、決定ボタンを押す
  5. 実行ボタンを押し、ダビングを開始する
  6. ダビングが終了するとホームメニューに戻る

 

機種によって異なりますが、1度にダビングできる番組数は30~99個までです。それより番組数が多い場合は、何回かに分けてダビングしましょう。また、上記手順でダビングできない場合は、ブルーレイレコーダーの取扱説明書を参考にしてください。

適切に操作しているのに録画が上手くいかない場合は、その原因を調べ解決するのが1番です。ここでは、録画できないとき・録画番組が再生できないときの対処法を解説します。

録画できない場合

番組の録画がそもそもできないのは、ブルーレイレコーダーの容量・状態が関係していることが多いです。それぞれ、原因と解決方法について解説します。

容量不足・予約が重なっている

ブルーレイレコーダーの残り容量を上回るデータ量の番組を録画しようとすると、番組が録画できない・途中までしか録画ができない問題が発生します。また、チューナーの数以上の番組を同時予約することはできません。

 

容量不足の場合は、保存している番組をBDディスクにダビングするのがベスト。そして、チューナーの数を把握し、その分だけ同時予約するようにしましょう。また、停電・番組変更があった場合も正しく録画されないことがあります

電波の接続と録画設定を確認

雪・大雨などの悪天候により、テレビが電波を受信できない状態だと録画できない場合があります。また、ブルーレイレコーダーの残り容量を上回るような録画設定をしていると、先述した容量不足により録画できません。

 

前者の場合は、天候が落ち着いてから録画を開始するのがベスト。後者は録画のクオリティをある程度下げて、小さい容量で録画できるようにするのがおすすめです。

ブルーレイレコーダーを再起動する

特に心当たりがないのに録画ができない場合は、ブルーレイレコーダーが不具合を起こしていることが考えられます。そんなときは、ブルーレイレコーダーを再起動すると録画できるようになるかもしれません。

 

しかし、再起動は録画番組が消える・新たな不具合が発生するなどのトラブルを引き起こすことがあります。あくまでも最終手段として考えましょう。

録画が再生できない場合

ブルーレイレコーダーを使っていると、録画はできるが再生できないというトラブルが起こることも。そんな時はアンテナや電波情報を確認しましょう。

アンテナに問題がある

録画した番組が再生できない場合は、アンテナを確認しましょう。アンテナが正しく接続されていなければ、取扱説明書などを参考に接続しなおしてください。接続部の緩みが原因の場合もあります。

 

適切に接続している・悪天候などアンテナの電波を妨害する要素がない場合は、アンテナが壊れている可能性があります。

電波を発する機器が近くにある

アンテナの電波を妨害するのは悪天候だけではなく、身近な電気製品も含まれます。例えば電子レンジなどのアイテムは電波を発し、アンテナの電波と干渉することで接続を妨害してしまうことも。

 

それを防ぐために、電波を発するアイテムをアンテナの近くに置かない、電磁波カットシールで電波の放出を抑えるなどの対策を取るのが適切です。

テレビ・HDDの異常

録画・録画再生は、テレビとHDDがセットになって機能します。どちらかが異常を起こしていると、録画・録画再生ができない原因に。そんなときはテレビとHDDをリセットし、不具合の解決を試みるのも手です。

それでも治らなければ故障かも

ここまで紹介した対処法を試しても録画・録画再生に関するトラブルが治らない場合、テレビやブルーレイレコーダーが故障しているかもしれません。業者に頼んで直してもらうか、買い換えを検討しましょう。

結論から言うと、ブルーレイレコーダーでYouTubeの録画はできません。ですが、YouTubeに対応しているモデルなら視聴することができます。また、再生リストに動画を保存することで簡単に動画を見返せるので、録画機能代わりに使ってみるのもおすすめです。

ブルーレイレコーダーは、簡単に番組を録画・録画再生できるのが特徴。お気に入りの番組を何回も見返せるので便利です。記事内でピックアップしたブルーレイレコーダー8選もおすすめなので、興味が沸いた方は購入を検討してはいかがでしょうか。

DVDプレイヤー ブルーレイ対応の全商品一覧

商品一覧を見る