ユニフレーム製バーナーのおすすめ3選|アウトドアをより満喫しよう

アウトドアにバーナーは必須ですよね。ユニフレームのバーナーは、機能性や安全面に優れ、シンプルなデザインで使いやすいと評判のあるアイテムです。本記事では、アウトドアにぴったりなユニフレーム製バーナーのおすすめ3選と、一緒に使える便利なアクセサリーを紹介します。

2021/10/22 更新

ユニフレームは、初心者からベテランキャンパー、アウトドア愛好家など幅広い層が愛用するメーカーです。バーナーの種類も豊富で、スタイリッシュなデザインが多く揃っています。バーナーはちょっとした調理に使えて便利ですが、液体燃料を使うのは心配…という方も多いです。

 

ユニフレームのバーナーは、初心者でも安心して使える「カセットボンベ式」のバーナーのみ。身近で手に入るカセットボンベなら、安心して気軽に使うことができますよね。

 

また、ユニフレームはバーナーだけでなく、一緒に使えるアクセサリーが豊富なのも魅力です。本記事では、ユニフレームのおすすめのバーナーと、サブアクセサリーを詳しくご紹介します。

今すぐ見る!ユニフレームのおすすめのバーナー3選

ユニフレームは、1985年に設立された国内アウトドアメーカーで、「ユニークな炎(フレーム)を創造する」という意味合いからこのメーカー名になりました。幅広い年齢層から愛され、その人気ぶりはアウトドア好きなら1つは持っているというほど

 

ユニフレームのバーナーに使う燃料は、他メーカーとは異なりカセットボンベ式(CB缶)のみ。カセットボンベなら、取り扱いに注意が必要な液体燃料よりも、安全かつ簡単に火をつけることができます。また、錆に強く耐久性にも優れているステンレス素材を使用しているのが特徴です。

バーナーに使う燃料は、基本的にガスとホワイトガソリンの2種類です。それぞれ特徴があり、保存の仕方や使い方が異なるので事前に確認しましょう。

 

商品名 仕組み メリット デメリット
ガス 液体化したもの

・ホームセンターで購入できる

・簡単に着火が行える

・価格が少し高い

・外気温度の低下とともに火力が落ちる

ホワイトガソリン ガソリンを精製したもの

・コスパがいい

・外気温度に左右されず火力を維持できる

・「ポンピング」という作業をしなければならない

 

ガスは、手軽に使えるのが特徴で、家庭用のカセットコンロにも使われます。また、保存方法も、火のそばに置かない・直射日光を避けるだけなので手間がかかりません。キャンプで使う方が多く、簡単操作で着火できるのが人気の理由です。

 

ホワイトガソリンは、古くからキャンプ用品の燃料として使われ、ベテランキャンパーが使うことが多いです。タンク内のホワイトガソリンを、ポンピングという作業で気化させる必要があるのが特徴です。ポンピングにはコツが必要で、慣れるまで時間がかかるという声もあります。

ユニフレームのバーナーは、コンパクトなものから本格的な調理ができるものまで種類が豊富です。使用するシーンに合ったものを選びましょう。

ユニフレーム(UNIFLAME)

テーブルトップバーナー US-D2

価格:11,900円 (税込)

コンパクトなのに火力抜群!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ユニフレームのテーブルトップバーナーは、コンパクトなのに機能性や耐久性に優れていて人気の商品です。直径約20cmの受け皿が付いており、吹きこぼれを防いでくれるんです。また、テーブルへの熱の伝導も防いでくれるので、焦げることもなく安心して使うことができます。

 

小さめのバーナーですが、ツインバーナーと同等の3900kcalという火力なので、本格的な料理を作ることも可能です。耐荷重も約15kgまでとあって、重いダッチオーブンを乗せて使うことができるため使い勝手がいいと評判です。コンパクトでも火力は強いものが欲しいという方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

収納サイズ 20×20×90mm(ホースの長さ35cm) 重量 880g
最大火力 3900kcal 耐荷重 15kg
ユニフレーム(UNIFLAME)

セパレートバーナー US-S

価格:8,680円 (税込)

コンパクトで持ち運び簡単

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セパレートバーナーは、4本のステンレス鋼の五徳があり、安定性が高く安心して使える形状になっています。ガスを取り付ける部分は、金属ではなくワイヤーを使用という工夫が施されており、約450gという軽さを実現しています。五徳部分は、折りたたんで収納することができるので、登山やツーリングをする方におすすめのコンパクトバーナーです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

収納サイズ 125×130×75mm(ホースの長さ350mm) 重量 450g
最大火力 3000kcal(プレミアムガス)/2400kcal(レギュラーガス) 点火方法 圧電点火
耐荷重 5kg
ユニフレーム(UNIFLAME)

ツインバーナーUS-1900

価格:22,500円 (税込)

本格的な料理が楽しめる!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ユニフレームのツインバーナーは、シンプルデザインで機能性に優れています。使用するカセットボンベは、外気温度が下がると火力も低下してしまいますが、ツインバーナーには缶を温める機能があるんです。「パワーフーズ」という加温してくれる機能が付いていて、火力が下がるのを防いでくれます。

 

五徳部分は、重量のあるダッチオーブンも置けるほど頑丈に作られており、本格的な調理をすることができます。また、汁受けが前方に斜めに傾いているので、簡単にお手入れすることができます。ツインバーナーはさまざまな工夫が施されており、折り畳み式で収納や持ち運びが簡単なのが特徴です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

サイズ 540×325×290mm 収納サイズ 540×325×115mm
重量 3.9kg 最大火力 3900kcal(プレミアガス)/3000kcal(レギュラーガス)
点火方法 圧電点火 分散耐荷重 15kg(一口当たり)

バーナーパッドは、熱に強い「特殊耐熱鋼FCHW2」という素材で作られており、熱を拡散し燃焼範囲を広げることができます。バーナーのみで鍋を温めてみると、一点にしか熱が伝わりませんが、バーナーパッドを上に乗せることで範囲が広がり、鍋全体に均一に熱が伝わります。熱が広範囲に広がる分、火力は弱くなってしまいます。

 

チタンやステンレスといった熱の伝導率が弱いものや、焦げやすい素材のものを温めるに適したアイテムです。注意すべきなのが、輻射熱です。燃焼範囲が広がることで輻射熱の範囲も広がってしまいます

 

バーナーパッドを使う際は、ガスとの距離をあけ、周りに燃えやすいものがないかを確認しましょう。また、輻射熱が心配な方は、輻射熱をカットすることができるユニフレームのバーナーシートも一緒に使いましょう。

シェラカップで米炊く時などや、冬ソロキャンで焚き火が安定するまでの間、暖を取るのなんかに使っています。 ユニフレームのロースターも持っていて、サイズ感はS同士が同じくらいです。ロースターは炙ったりパン焼いたりできますが、こちらはとにかく薄くてコンパクトで荷物になりません。どちらも利点があるので、目的に合わせて使い分けています。 メスティンでもそうですが、外で炊飯すると、風にトロ火を消されたり、中心だけ炊けて周りが硬かったりと、色々と細かな面倒くささがあります。 バーナーパッド(かロースター)があれば、軟らかい火が広い範囲をむらなく暖めてくれるので、少量炊飯がうまくいかないという方はぜひ使ってほしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ユニフレームには、バーナーと一緒に使える便利なアイテムが揃っています。一つ加えることで、さらに使い勝手が良くなるアイテムばかりなので、機能性を確認して選びましょう。

UNIFLAME(ユニフレーム)

クッカースタンド 350

価格:3,300円 (税込)

安定感抜群で使いやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クッカースタンドは、耐荷重が約20kgと耐久性に優れた便利なアイテムです。折り畳み式で、脚部分をだすとスタンドになる仕組みです。バーナーの上に直接鍋を置くよりも安定感があるので、安心して調理することができます。また、重量のあるダッチオーブンを置くことも可能です。

 

バーナーと合わせて使う以外にも、耐荷重20kg未満のクーラーボックスや、キャンプで使うウォータータンクを乗せることもできるので、いろいろな使い方ができると評判です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

サイズ 445×165×135mm 収納サイズ 350×165×25mm
重量 595g 耐荷重 20kg
素材 ステンレス鋼
ユニフレーム(UNIFLAME)

バーナーパット S

価格:1,018円 (税込)

燃焼範囲を広げる人気のアイテム

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バーナーパッドは、熱を広範囲に伝えることができるアイテムです。ユニフレームのバーナーのアクセサリーのなかでも人気があり、ユニフレームのバーナー以外を使用している方でもバーナーパッドを使っているのを見かけます。

 

特殊な素材である「特殊耐熱鋼FCHW2」を使用しており、燃焼範囲を広げ熱を均一に伝えることができます。メスティンで調理したら焦げてしまったり、弱い火力で調理したい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

サイズ 120×120mm 重量 50g
素材 ステンレス鋼/特殊耐熱鋼FCHW2
鉄板広場

ツインバーナー US-1900専用グリルプレート

価格:6,010円 (税込)

美味しく仕上がる極厚鉄板

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ユニフレームのツインバーナー専用のグリルプレートです。ご紹介しているのは、4.5mmという厚みですが、他に6mm・9mmのグリルプレートも販売されています。市販のグリルプレートとは異なり、4.5mmという極厚鉄板で蓄熱に優れていて熱を均一に伝えることができます。そのため、食材本来の味を損なうことなく調理することができます。

 

また保温性に優れており、長時間使っても歪んだり反ることがないので、長く使うことができます。ファミリーやBBQを楽しみたい方におすすめです。

サイズ 48×27×3.5cm 焼面サイズ 39×23cm
板厚 4.5mm 重量 4kg
素材 黒皮鉄板 付属品 サポートハンドル1セット(2個)
ユニフレーム(UNIFLAME)

バーナーシート 小

価格:1,833円 (税込)

焦げ跡防止のアイテム

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バーナーシートは、バーナーを使用する際に発生する「輻射熱」を約70%カットしてくれる機能があり、テーブルを傷めてしまわないよう保護してくれます。「ラスタン」という特殊アクリル繊維を原料とした素材を使用しており、軽量でソフトな感触なんです。

 

サイズは小・大とあり、どちらもコンパクトに折りたためて、収納や持ち運びの際も邪魔になりません。テーブルに傷を付けたくない方や、コンパクトなバーナーを使っている方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

サイズ 300×320mm 重量 60g
素材 ラスタン/アルミ蒸着フィルム接着加工

ユニフレームのバーナーは、優れた機能性やデザインを誇る根強い人気商品です。初心者でも簡単かつ安全に使えるので、アウトドアデビューにもぴったり。ユニフレームのバーナーを使って、さまざまな場所でアウトドアを楽しみましょう。