屋外イベントに!スピーカーのレンタルサービスおすすめ5選|格安・即日も

スピーカーやマイクのレンタルサービスがあるのをご存知でしょうか?会議や屋外イベントなどの短期間だけスピーカーを使用し、管理の手間を避けるにはレンタルがおすすめです。本記事では東京や大阪など全国でレンタルできるスピーカーのレンタルサービス情報をまとめました。

2022/01/10 更新

編集部おすすめの記事

大勢の人を相手にスピーチをしたり、音楽を演奏したりする際にスピーカーとマイクは必需品です。しかし、スピーカーの準備・設営・管理は決して楽ではありません。

 

大きなスピーカーを運搬するには相応のサイズの車が必要ですし、現地でのセッティングにも手間がかかります。また、ホコリや湿気の多い場所だとスピーカーの故障に繋がるため、保管に適したスペースを確保する必要があります。そこで役立つのが、スピーカーのレンタルサービスです。

 

スピーカーのレンタルサービスを利用する際には、規模・マイクの有無・使用電力・その他について事前確認するのがポイントです。本記事を最後までお読みいただき、確認すべきポイントを把握して、スピーカーのレンタルサービスを上手に活用してください。

レンタルできるスピーカーは用途やシーン別に大きく分けて4種類あります。どんな種類があるのか確認しましょう。

 

※クリックすると各見出しへジャンプします

主に法人向けのサービスとして、オフィスや会議に適したスピーカーの提供をしています。具体的な用途としては、社内会議・ディスカッション・プレゼンテーションなどの場面が挙げられます。

 

従業員が数人程度であればスピーカー不要の場合もありますが、50人以上の規模になるとスピーカーが必要です

セミナーや講演会など大勢の参加者を招く中規模イベントでは、ある程度高出力の業務用スピーカーを用意するのが望ましいです。そのため、会場にスピーカーが備わっていない場合は、外部から調達する必要があります。

 

そんなときこそレンタルサービスの出番です。また、スピーカーの品質がセミナーや講演会の成功を左右する可能性もあります。

野外ライブやフェスといった屋外での大規模イベントでは機材の搬入が必須です。しかし、屋外イベント用の大がかりな機材を全て自前で揃えるのは難しいです。

 

短期間で設営と解体をし、なおかつ持ち帰らずに返却できるレンタルはうってつけのサービスです。機材の設営や解体を有料で代行するオプションも、大規模イベントでは有用な選択肢になるのでぜひチェックしてください。

法人向けやイベント向け以外に、家庭向けのスピーカーを提供する運営会社があります。自宅に音楽用スタジオを持つ世帯や、自宅でカラオケを楽しむ層に需要があります。また、大きいホームパーティーを行う際にもぴったりです。

レンタルサービスは、不慣れな方にとって敷居の高いものだと思います。ここからは、スピーカーのレンタルサービスを使う際に役立つ条件の絞り方や、判断のポイントなどを紹介します。

 

スピーカーを使うシーンは、スペースや人数が一定以上ある場面のはずです。そこでスピーカーを使う会場の広さがどの程度で、何人程度の参加者が見込まれるかといったデータを収集しましょう。数値化できるデータがあれば、条件にマッチするスピーカーの機種やタイプも絞り込めます

マイクの要、不要をチェックしましょう。例えば、スピーカーで音声を聴くだけであれば、マイクをレンタルする必要はありません。一方、講演会やライブ会場のMCなどを前提とするならマイクは必須です

 

運営会社によってはスピーカーとセットでマイクも提供するプランがあるので、料金に大差がなければ併せてレンタルすると安心ですね。

会場の規模と併せて、使用可能な電力量をチェックしましょう。オーバースペックのスピーカーを投入すると思わぬトラブルを招く可能性があります。

 

また、パワー不足のスピーカーでは音声が小さすぎることもあります。なお、消費電力を計算する際は同時に使用する機器の電力も勘定に入れましょう。

規模や用途などある程度の情報が揃っても、スピーカーの機種を決めきれないケースはあります。そんなときはプロの力を頼りましょう。電話相談でおすすめの機種などのアドバイスを得られる場合もあります。

 

また、見積もりを依頼するのも有効です。見積もりの費用は無料が一般的で、HPのメールフォームやチャットで対応している会社もあります。

スピーカーレンタルの基本的な流れは、大きく3つのパターンに分けられます。例として、全国対応している「アークベル(東京)」のレンタル方法を取り上げます。

 

①ストア店頭で直接依頼

アークベル本社ストアを直接訪ねて、料金支払や機材の受取/返却を行う方法です。

手続きには下記の条件を満たす必要があります。

  • クレジットカード利用
  • 保証金3万円(現金払い)
  • 身分証明書の提出
  • 住所登録
  • 電話番号登録(固定電話+携帯電話)

 

②アークベル自社便による配達

アークベル社のスタッフが利用者の指定場所まで機材を配達し、用件終了後に回収する方法です。

  • 料金:片道1,500~
  • 配達時間帯:10:00~19:00(土日祝も対応)

 

③運送業者による配達

運送業者の宅配便を介して機材を発送し、利用者の指定場所に配達する方法です。機材返却の際は、宅配便同封の指定伝票でに返送手続きを行います。

手続きには下記の条件を満たす必要があります。

  • クレジットカード利用(※法人の場合は事前振込も可)
  • 身分証明書のコピーの提出
  • 住所登録

 

運営会社によって異なる点もあるので、サービス利用の前にHPをチェックしましょう。

スピーカーに限らず、商品のレンタルサービスには特有のルールや仕組みがあり、確認した上でサービスを利用する必要があります。代表的な確認ポイントを押さえましょう。

 

レンタル日数の数え方は、起点と着点の位置づけがポイントです。オーディオ機器レンタルの場合、利用開始日の前日に現地で荷物の開封や機器設定をするため料金の発生しない予備日があります。予備日が終了したら、正式な稼働日として料金の起点が発生します。稼働日からは1泊単位で日数をカウントし、返却時は営業時間内での商品到着を着点とするのが一般的です。

商品を店頭でレンタルするとき以外は、配達が前提となるため納期と送料のチェックが必要です。納期と送料は、基本的に発送元から配達元への距離に応じて決まります。なお、送料は往復分発生するので注意しましょう。

 

当日発送ができるか判断する基準としては、「正午まで」や「14時まで」といった期限を設定してあるのが一般的です。細かくは運営会社によって異なるため、やはりHPでチェックするのがおすすめです。

レンタルサービスにおけるキャンセル料金は、運営会社の準備や作業がどの程度進行しているかという点で左右されます。一般的に多いのが3日前までならキャンセル料金なしで、1~2日を境に10~50%程度のキャンセル料金が発生するパターンです。

 

なお、運営会社の共通点として、利用開始当日のキャンセルだと利用者の負担割合が100%となることが多いので注意しましょう。

レンタルサービスの初回利用時には身分証明の書類が必要になる場合があります。配達先もしくは契約者の住所が正しいことを確認する目的や、急な注文キャンセルの際に請求先が追跡できなくなるリスク回避が目的です。

 

特に、スピーカーのように大型の商材を取り扱う場合、梱包や配送などの準備に手間と時間がかかります。初回契約時からトラブルなく取引を行うためにも、証明書が必要と考えられています。

エージーエーコーポレーションは、映像機器や音響機材をメインに取り扱うレンタル事業会社です。オフィス向けに音声会議システムや電話会議システムの機器などを提供するほか、イベント向けにマイクとスピーカーのセットをお得な価格で提供しています

 

有料オプション「設置調整サービス」ではレンタル商品の設置・調整・撤去作業のサポートを受けられ、機材の選定や設営に不慣れな初心者から大変好評です。

 

レンタル料金(1ヵ月) 36,000円~  レンタル期間 1日以上 
送料 1,000円~  保証 補償制度加入で対応 
お試し なし  レンタルできるメーカー JBL、Roland、BOSE、YAMAHA、TASCAMほか 

ダスキンレントオールは、小規模~中規模のイベントや催し物に対応できる音響機材を揃えています。催事用のカラオケ機材、中規模なパーティーや屋内ライブなどのイベントホール向けPA機器が豊富です。

 

全国112店舗のネットワークと多彩なアイテムで、町内会など地域レベルのニーズにも対応します。また、専門プランナーによるサポートも充実。イベントの目的などを伝えればプランナーが基本プランと見積りを案内します。

 

レンタル料金(1ヵ月) 33,000円~  レンタル期間 1泊以上 
送料 要見積り  保証 修理・代替品対応 
お試し なし  レンタルできるメーカー AMCRON、YAMAHA、BOSE、Electro-Voice、 WRAPSOUNほか  

ビデオエイペックスは、「本当に使えるレンタル」を謳い文句にした企業です。元々はカメラ店として創業し、ビデオカメラの貸出し業をきっかけにレンタル事業に参入しました。

 

撮影とセットで使う音響機器が得意で、ワイヤレスヘッドセット付きのワイヤレスアンプや、Bluetooth対応のポータブルPAシステムなどを中心にナインナップしています。送料の規定が明快なのも大きな魅力です。

 

レンタル料金(1ヵ月) 5,000円~  レンタル期間 2泊3日~ 
送料

下記条件で無料

・レンタル期間2泊3日以上

・レンタル料金3000円以上 

※条件外は1,080円~

保証

補償制度加入で対応

お試し なし  レンタルできるメーカー SHURE、Electro-Voice、BOSE、JBL、TOAほか  

e-TAMAYAは、法人向けのPCレンタルやリース事業をメインとする企業です。法人向けの機材を提供しているだけに、ライブ配信やテレビ会議用の機器が充実。会議用マイクスピーカーのほか、ライブ配信や収録までをカバーするオールインワンAVミキサーも網羅しています。

 

HP上で対象の規模に応じた区分を明示しているのも良心的。1~50人までに対応した音響機器を紹介しています。

 

レンタル料金(1ヵ月) 4,500円~ レンタル期間 1週間~ 
送料 商品・配送地域によって異なる  保証 安心補償プランで対応 
お試し なし  レンタルできるメーカー Anker、ソニー、BOSE、サンワサプライ、オーディオテクニカほか 

イベント21は社名の通りイベント全般を事業媒体として扱う企業です。音響関係のラインナップも、イベントシーンに適した機器が揃っています。演劇・ミュージカル・コンサート・野外ライブ・フェスなど、用途に応じてさまざまな機器の組み合わせが可能。また、機材のレンタルだけでなくイベントの企画運営代行や看板制作、さらにはイベントを盛り上げる芸人やパフォーマーのコーディネートまで行うという徹底ぶりです。

 

レンタル料金(1ヵ月)

応相談

(基本料金は1週間まで) 

レンタル期間 1日~ 
送料 案件ごとに決定  保証 修理・代替品対応 
お試し なし  レンタルできるメーカー SHURE、ソニー、BOSE、YAMAHA、JBLほか 

スピーカーのレンタルは意外に奥深いサービスです。運営会社によって得意な機材があったり、ターゲットにしているユーザー層が異なったりするため、十分に情報を集めてベストな機器をレンタルしてください。

関連する記事

縦型Bluetoothスピーカーの特徴と魅力を徹底紹介!【おすすめ商品も】のサムネイル画像

縦型Bluetoothスピーカーの特徴と魅力を徹底紹介!【おすすめ商品も】

2021/10/22

【徹底解説】中古スピーカーの選び方と注意点|おすすめの中古スピーカーものサムネイル画像

【徹底解説】中古スピーカーの選び方と注意点|おすすめの中古スピーカーも

2021/10/22

【2022年最新】通話できるBluetoothスピーカーおすすめ8選|ハンズフリーで楽々のサムネイル画像

【2022年最新】通話できるBluetoothスピーカーおすすめ8選|ハンズフリーで楽々

2021/10/22

【2022年最新】おしゃれでかわいいBluetoothスピーカーおすすめ16選!のサムネイル画像

【2022年最新】おしゃれでかわいいBluetoothスピーカーおすすめ16選!

2021/10/22

【2022最新】高級スピーカーのおすすめ12選|メーカーの違い・選び方・Bluetoothモデルも!のサムネイル画像

【2022最新】高級スピーカーのおすすめ12選|メーカーの違い・選び方・Bluetoothモデルも!

2021/10/22

Bluetoothスピーカーでキッチンの時間を楽しく過ごそう!のサムネイル画像

Bluetoothスピーカーでキッチンの時間を楽しく過ごそう!

2021/10/22

1000円以下のBluetoothスピーカーのおすすめ3選!安い商品でも大丈夫?のサムネイル画像

1000円以下のBluetoothスピーカーのおすすめ3選!安い商品でも大丈夫?

2021/10/22

【2022年最新】Bluetoothスピーカー対応のおすすめレコードプレーヤー8選のサムネイル画像

【2022年最新】Bluetoothスピーカー対応のおすすめレコードプレーヤー8選

2021/10/22