おすすめのスマホ向け音楽プレーヤーアプリ11選|無料アプリも紹介

スマホは、音楽ファイルやストリーミングでの音楽再生も楽しめるデバイスです。これらの音源は、使用する音楽プレーヤーアプリによって高音質にしたり好みの音に変えたりすることが可能です。今回は、スマホで使える音楽プレーヤーアプリの選び方とおすすめアプリを紹介します。

2021/10/22 更新

スマホを購入すると、音楽を聴ける音楽プレーヤーアプリが最初からインストールされていることが多いです。このアプリを使用すると、スマホ本体に取り込んだ音楽が再生できます。

 

音楽プレーヤーアプリには、純正アプリのほかに外部のメーカーが提供しているものもあります。純正アプリにはない便利な機能を使用できたり、高音質なファイルの再生にも対応していたりするので、音楽プレーヤーアプリを導入することで、音楽ファイルを楽しむ幅が広がるでしょう。

 

この記事では、純正アプリを含めたおすすめのスマホ向け音楽再生アプリと、サブスクリプションサービスに対応した音楽プレーヤーアプリについて解説します。

パソコンやスマホで利用できる音楽アプリは、大きく分けてスマホのメモリに保存した音楽のみを聞くタイプと、ストリーミング再生にも対応したタイプの2種類があります。ここでは、それぞれのタイプの詳細について解説します。

自分好みの音楽を楽しめる便利な「音楽再生アプリ」

音楽再生アプリは、すでにユーザーが保存した音楽ファイルの再生に特化したアプリです。パソコンやスマホには音楽再生アプリがプリインストールされていますが、その他にもさまざまなアプリが公開されています。

 

スマホ向けアプリの場合はiPhone向けとAndroid向けが公開されており、両方のOSに対応したアプリもあります。パソコン向けのアプリも同様に、MacとWindowsそれぞれに対応したアプリに加えて、両方に対応したアプリも使用できます。

さまざまな楽曲を聴きたいなら「音楽配信アプリ」

定額料金を支払うことで提供されている音楽を聴き放題になるサブスクリプションサービスは、音楽を楽しむ方法の1つとして定着しています。「AppleMusic」や「Spotify」などがサブスクリプションサービスの代表的なサービスです。

 

これらのサービスを利用する際は、専用のアプリインストールが必要です。こちらもスマホ版ではiPhone用とAndroid用が用意されています。利用中のサービスで提供された音楽以外にも、スマホに保存した音楽も再生可能です。

スマホ向けの音楽再生アプリを探してみると、多数のアプリが見つかります。その中から目的に合ったアプリを見つけるには、以下に挙げるいくつかのポイントをチェックしましょう。

無料アプリでも購入前に料金をしっかり確認

各OSに対応した音楽プレーヤーアプリを探すと、有料のものと無料のものがあります。有料アプリはダウンロード時に購入が必要ですが、無料アプリは料金がかかりません。ただし、無料アプリの使用には注意するべきポイントがあります。

 

無料アプリは、アプリ内に広告が表示されることがあります。場合によっては広告がわずらわしいと感じることもあるでしょう。広告非表示やその他の追加機能などはアプリ内課金となることも多いです。そのため、ダウンロード後に料金がかかる場合もあることを覚えておきましょう。

バックグラウンド再生ができると便利

バックグラウンド再生とは、アプリを起動したまま一旦閉じて別のアプリを使用したり、スマホを自動ロック状態にしていたりする場合でも、引き続き再生ができる機能です。この機能がない音楽プレーヤーは、常に起動した状態でなければ音楽再生ができません

 

以上のことから、別の作業をしながら音楽を聴きたい場合は、バックグラウンド再生機能が搭載されたアプリがおすすめです。

高音質で聴きたいならハイレゾ対応

CDよりも高音質を再現できる「ハイレゾ音源」は、対応していない機器やアプリでは再生ができません。ハイレゾ対応のスマホをすでに持っている場合は、アプリもハイレゾ対応のものを用意する必要があります。

 

音楽プレーヤーアプリでハイレゾ音源に対応しているのはごく一部のアプリに限られます。音にこだわりがありハイレゾ音源をスマホでも聴きたい場合には、再生に使うアプリのハイレゾ対応可否を確認しましょう。

今すぐ見る!おすすめのスマホ向け音楽再生アプリ&音楽配信アプリ11選

音楽配信アプリを選ぶ際には、以下の4つのポイントをチェックしましょう。

 

  • 月額費用:固定費用ですべての曲が聴き放題になりますが、各サービスで費用が異なります。1年分をまとめて支払うことで月払いよりも安く済む場合も。
  • 利用できる楽曲数:音楽配信サービスによって、取り扱う楽曲数に差があります。月額費用とも照らし合わせて楽曲数が十分か、聴きたい曲が含まれているかを確認しましょう。
  • 機能:オフラインでも音楽が聴けるダウンロード機能のほか、プレイリスト公開、独自のラジオ局番組が聴けるなど、サービスによってさまざまな機能があります。
  • トライアルの有無と期間:多くの音楽配信サービスでは、無料ですべてのサービスが利用できるトライアル期間を用意しています。サービス内容を試してから本登録をするのがおすすめです。

スマホで音楽を再生するには、先述のように音楽ファイルを専門に再生する「音楽再生アプリ」と、ストリーミングサービスを主に使用する「音楽配信アプリ」の2種類があります。多数のアプリの中から、再生・配信それぞれのおすすめアプリを紹介します。

音楽再生アプリ

音楽再生アプリにはたくさんの種類があります。ここでは機能が満載のおすすめ音楽再生アプリを7本紹介します。無料アプリの場合は広告表示やアプリ内課金が発生する場合もあるので、事前に確認をおすすめします。

KaiserTone

iOS専用の、高音質音楽プレーヤーアプリです。音量調整やイコライザーなど細かな調整が可能で、自動音割れ防止機能や無音部分スキップ、ノイズリダクションなどの多彩な機能も搭載しています。ハイレゾ音源にも対応しているので、よりクリアで豊かな音をスマホで再生できるでしょう。音質にこだわる人におすすめのアプリです。

 

  • 開発:サイバーフォート
  • アプリ名:KaiserTone
  • 掲載時価格:1220円
  • 対応OS:iOS

iPhone用アプリはこちら

「LiveTunes」

音楽の再生時、ライブ会場にいるような音を楽しめる機能を搭載した音楽プレーヤーアプリです。通常の状態での再生も可能ですが、「ライブ会場」ボタンを押すとバーやコンサートホールなど、場所に合わせた音響効果をかけることができます。画面を上へスワイプすれば歓声が湧き、歓声の強弱もコントロールできます。ライブ感覚で音楽を楽しむのにぴったりなアプリです。

 

  • 開発:Rockstar App Solutions, LLC
  • アプリ名:LiveTunes
  • 掲載時価格:120円(アプリ内課金あり)
  • 対応OS:iOS

iPhone用アプリはこちら

Musixmatch

iOSとAndroid両方に対応するアプリです。スマホ内に保存した音楽を流しながら歌詞を取得して表示できる機能のほか、歌詞の翻訳機能も使用できます。別途ストリーミングサービスにも対応しており、サービス内の曲も歌詞表示とともに再生可能。歌詞を見ながら曲を聴きたい人、歌詞の意味を知りたい人などに適したアプリです。

 

・開発:musiXmatch srl

・アプリ名:Musixmatch

・掲載時価格:無料(アプリ内課金あり)

・対応OS:iOS、Android

 iPhone用アプリはこちら

Android用アプリはこちら

Poweramp

スタイリッシュな画面と操作性の良さが特徴の音楽再生アプリです。幅広いフォーマットの音楽ファイルに対応し、音質を細かく設定できるイコライザ機能も充実しているので、好みの曲を好みの音に調整しやすいです。無料版は15日間フル機能を使用可能なので、お試しで使用して気に入ったら有料版に移行しましょう。

 

  • 開発:Max MP
  • アプリ名:Poweramp
  • 掲載時価格:無料(15日間のみ使用可能・有料版:520円)
  • 対応OS:Android

Android用アプリはこちら

Onkyo HF Player

ハイレゾ音源に対応した、iOS・Androidで使用できる音楽再生アプリです。高精度のイコライザや多彩な再生機能を搭載し、高音質の音楽ファイルを最良の音質で楽しめます。有料版はさらに多彩な機能を利用でき、iPhoneの場合はMacからBluetooth経由でスマホへ直接ハイレゾ音源の転送ができます。

 

  • 開発:Onkyo
  • アプリ名:Onkyo HF Player
  • 掲載時価格:iOS無料版:無料(アプリ内課金あり)、iOS有料版:1220円、Android:無料(広告あり)
  • 対応OS:iOS、Android

iOS用アプリ(無料版)はこちら

iOS用アプリ(有料版)はこちら

Android用アプリはこちら

Sony | Music Center

ソニーが提供する音楽再生アプリで、iOSとAndroid両方で使用できます。また、ハイレゾ音源の再生や、ネットワーク上の音源再生にも幅広く対応しています。ヘッドホンやスピーカーなどのソニーの対応デバイスがあれば、Wi-FiまたはBluetooth経由でアプリのコントロールも可能です。

 

  • 開発:ソニー
  • アプリ名:Sony | Music Center
  • 掲載時価格:無料
  • 対応OS:iOS、Android

iOS用アプリはこちら

Android用アプリはこちら

Pulsar 音楽プレーヤー

無料アプリながら、広告が非表示という点がPulsarの最大の特徴です。さまざまなフォーマットのファイルを再生できるほか、バックグラウンド再生も可能です。デザインも見やすく使いやすいアプリといえます。有料版にアップグレードを行えばイコライザーなどの機能を追加できるので、さらに便利に利用できるでしょう。

 

  • 開発:Rhythm Software
  • アプリ名:Pulsar 音楽プレーヤー
  • 掲載時価格:無料(有料版:410円)
  • 対応OS:Android

Android用アプリ(無料版)はこちら

Android用アプリ(有料版)はこちら

音楽配信アプリ

続いて、ストリーミングサービスを利用する際に必須となる音楽配信アプリを紹介します。こちらは、加入するサービスによって使用するアプリも異なるので、サービス内容と併せて使用を検討しましょう。

Apple Music

Appleが提供する配信サービス「Apple Music」専用のアプリです。iOSにはプリインストールされており、Androidでもインストールの上で使用できます。スマホに入っている音楽を聴けるのはもちろん、Apple Musicに加入していれば7000万種類の曲をいつでも楽しめます。ダウンロード機能も搭載しており、オフラインでも音楽を再生可能です

 

  • 開発:Apple
  • アプリ名:Apple Music
  • 掲載時価格:無料
  • 対応OS:iOS、Android

iOS用アプリはこちら

Android用アプリはこちら

Spotify

4000万曲以上の曲を楽しめるサービス「Spotify」のアプリです。プレイリストの作成やシェアなどが可能で、SpotifyオリジナルのPodcastも楽しめます。フリープランを使用している場合は広告が再生されますが、有料プランのユーザーは広告なしでアプリを使用でき、楽曲をダウンロードしてオフライン再生も可能です。

 

  • 開発:Spotify Ltd.
  • アプリ名:Spotify
  • 掲載時価格:無料
  • 対応OS:iOS、Android

iOS用アプリはこちら

Android用アプリはこちら

LINE MUSIC

LINE MUSICは、通話アプリ「LINE」と連動した機能が魅力の配信サービスです。バックグランド再生のほか、好みに応じた曲を流せる自動再生機能や、聴き放題の曲でカラオケができるカラオケ機能などで音楽を存分に楽しめます。無料ユーザーでも全楽曲の視聴再生ができるのもうれしい点です。

 

  • 開発:LINE MUSIC CORPORATION
  • アプリ名:LINE MUSIC
  • 掲載時価格:無料
  • 対応OS:iOS、Android

iOS用アプリはこちら

Android用アプリはこちら

Amazon Music

「Amazon Music」は、聴き放題の配信サービス「Amazon music unlimited」とAmazonプライム会員向けの配信サービス「Prime Music」に対応したアプリです。ハイレゾ音源にも対応し、オフライン再生やジャンル別のステーション再生などの機能に加えて、Podcastの視聴も可能です。

 

  • 開発:AMZN Mobile LLC
  • アプリ名:Amazon Music
  • 掲載時価格:無料
  • 対応OS:iOS、Android

iOS用アプリはこちら

Android用アプリはこちら

音楽プレーヤーを活用すれば、高音質で音楽を聴いたり、さまざまな機能でより便利に音楽を楽しんだりできます。プリインストールのアプリ以外の音楽プレーヤーアプリも試して、お気に入りの音楽をさらに良い音で楽しみましょう。

# アプリ