BBQセットのおすすめ13選|種類や選び方も紹介!BBQを快適に楽しもう

キャンプや夏の行事といえばバーベキュー。しかし、バーベキューセットは種類が多く、購入の際に迷いますよね。本記事ではバーベキューセットの選び方やおすすめ商品を、初心者にも分かりやすく紹介します。シーンに合ったバーベキューセットで、バーベキューを楽しみましょう!

2021/10/22 更新

キャンプの醍醐味といえばバーベキューですよね。キャンパーでなくても、シーズンになるとバーベキューセットの購入を考える人も多いです。しかし、バーベキューセットは種類やサイズが豊富で、どれを選べばいいのかが悩みどころです。

 

バーベキューセットは主に3種類あり、利用シーンにあわせて最適なバーベキューセットを選ぶことで、より快適にバーベキューを楽しむことができます。本記事では、バーベキューセットの選び方やおすすめ商品についてご紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

バーベキューセットは大きく分けて、足つきタイプ・卓上タイプ・焚き火台タイプの3種類があります。シーンごとにおすすめのタイプがあるので、それぞれの特徴について詳しくみましょう。

まずは、バーベキューセットでスタンダードな足つきタイプです。立って焼くのにちょうどいい高さなので、コンロをみんなで囲って焼くスタイルに適しており、キャンプだけでなくレジャーでも人気があります。

 

足つきタイプには、高さが調節できるものや、炭を入れる部分が引き出し式になっていて炭の出し入れが簡単にできるものなど、機能性に優れた商品もあります。

続いてご紹介するのは卓上タイプです。卓上タイプは、コンパクトで持ち運びがしやすく、テーブル上の狭いスペースでも利用できるので、手軽にバーベキューを楽しめます。

 

コンパクトなので、大人数でのバーベキューには向きませんが、設置が簡単で火力の調節もしやすいので、少人数や女性だけのバーベキューにおすすめです。

最後にご紹介するのは、焚き火台タイプです。バーベキューだけでなく、焚き火もできる焚き火台タイプは、ロースタイルなのでゆったりとくつろぎながらバーベキューを楽しめます。ダッチオーブンを載せるのにも低重心でおすすめです。

 

キャンプで焚き火も楽しみたい方は、バーベキューセットと焚き火台を別々で用意する必要がなく、荷物を減らすことができるので特におすすめです。

バーベキューセットを選ぶ際は、サイズ・材質・燃料の3点に注目しましょう。ここでは、それぞれのポイントについて解説します。

バーベキューセットに必要なサイズは、使用する人数によって異なります。大きすぎると持ち運びが不便になり、本来必要な炭の量よりも多く用意しなければなりません。使用する人数にあわせたサイズを選ぶと、無駄なく快適に使えます。

 

大体の目安ですが、2〜3人の場合は30×20cm、3〜4人だと40×30cm、4〜6人の大人数だと60×40cmくらいが最適なサイズです。

バーベキューセットは、主にスチール・ステンレス・アルミのいずれかの材質でできていることが多いです。それぞれの材質によって特製が異なり、コストにも大きく関わってきますので、商品選びの際はぜひチェックしてください。

スチール製のバーベキューセットは、他の素材に比べて価格が安いものが多く、お求め安いのが特徴です。コストパフォーマンスの高いスチール製ですが、お手入れを怠ると錆びやすいいので注意しましょう。また、やや重たいので、持って移動する距離が長い場合は負担になります。

 

バーベキューの頻度があまり多くない方や、コストを抑えたいと考えている方におすすめなのがスチール製です。

ステンレス性のバーベキューセットは、スチール製に比べて高価ですが、軽量で錆びにくいのが特徴です。また、頑丈で耐久性が高く長持ちするため、長い目で見るとコストパフォーマンスに優れていると言えます。

 

バーベキューの頻度が多い方は、持ち運びのしやすさも考えると、スチール製のバーベキューセットがおすすめです。

アルミ製のバーベキューセットは、低価格な使い捨てタイプが多いため、あまりバーベキューをしない方や片付け・お手入れが面倒な方、収納場所がない方におすすめです。燃料がセットに含まれているため、準備に時間がかかりません

 

また、使い捨てではないアルミ製のバーベキューセットもあります。種類がまだ多くないので選択肢は少ないですが、軽量なので扱いやすく、持ち運びしやすいのが特徴です。

燃料は大きく分けて炭式とガス式に分けることができ、それぞれに良さがあります。手軽さを求める方や、本格的にバーベキューをしたい方によって好みが分かれると思うので、確認してください。

バーベキューをする上で、オーソドックスな燃料が炭です。火起こしや片付けに手間と時間がかかりますが、より雰囲気がでて本格的なバーベキューを楽しむことができます。炭の独特な香りや遠赤外線の効果によって、食材をより美味しく調理することができます。

 

炭式タイプの中には、炭を追加するのに便利な引き出し式のバーベキューセットなどの、バーベキュー初心者でも扱いやすい商品がたくさんあります。炭式だと焦げないか心配…という方には、火加減が調節できるタイプもおすすめです。

ガス式は、ガス缶を利用するため火力が安定するのが特徴で、炭式と比べて手間がかからず、手軽にバーベキューを楽しむことができます。火力を簡単に調節できるので、焼きムラや焦げの少ない焼き上がりにできます。商品によっては、専用のガス缶を使用する必要があるので、購入前にチェックしましょう。

 

本格的なバーベキューではなく、とにかく手軽に楽しみたい方におすすめです。火力が安定していて、一度にたくさん調理することができるので、大人数でのバーベキューで活躍します。

バーベキューセットの選び方や特徴について紹介してきましたが、それでもまだ悩むという方はメーカーで選ぶのもおすすめです。ここでは、メーカーごとの特徴について紹介するので、ぜひ参考にしてください。

コールマンは、アウトドアブランドの中でも認知度の高いメーカーです。バーベキューセットや食器セットだけでなく、テントやシュラフなどのさまざまなアウトドア用品を展開しているため、キャンプ用品すべてをコールマンで揃えることができます。

 

コールマンのバーベキューセットは、高火力や耐久性などの目的にあわせて選ぶことができます。デザインもスタイリッシュなものが多く使いやすい製品が多いのが特徴です。

ロゴスは、メイプルリーフのロゴが特徴的なメーカーで、ファミリー層で使えるアイテムや、リーズナブルなアイテムを多く扱っています。アウトドア向きのウェアやリュックも展開されているので、キャンプデビューをする方にもおすすめです。

 

ロゴスのバーベキューセットは、リーズナブルで機能面に優れているものも多いので、初めてバーベキューセットを購入する方でも手が出しやすいのが特徴です。コンパクトに収納しやすいアイテムが多く、焚き火台やダッチオーブンなどを1台で使える機能性の高いアイテムもあります。

尾上製作所は、1948年に兵庫県姫路市で操業されたメーカーで、操業当初はトタンのバケツやジョウロなどを製造していましたが、現在ではバーベキューセットを主力商品として製造しています。

 

尾上製作所のバーベキューセットは、主力商品として製造していることもあり種類が多く、自分のスタイルに合ったバーベキューセットを選ぶことができます。また、価格も手頃なものが多いので、安くて品質がいいとキャンパーに人気のあるメーカーです。

コールマン(Coleman)

クールスパイダープロ

価格:9,000円 (税込)

火力調節可能

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メッシュボディーを採用しているので通気性が良いので燃焼効率が高く、さらにオールステンレスなので耐久性の高さがポイントのバーベキューセットです。焼き網の高さを4段階に調節することができるので火力を調節することができます。炭を追加する時に便利な引き出し式ロストルなので、初心者の方でも簡単んい扱うことができます。鉄板と鉄網が付属しています。

 

スペック詳細はこちら

メーカー名
コールマン(Coleman)
商品名
クールスパイダープロ
サイズ
80×52×40-70cm
収納サイズ
73×34×15cm
重量
6kg
素材
ステンレス
尾上製作所(ONOE)

イクシードバーベキューコンロ-42 3way

価格:4,400円 (税込)

安全性が高い

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丈夫で錆びに強いステンレス製で、炭受けを取り外すことができるので後片付けを楽に行うことができます。炭受けは引き出し式で炭の追加がしやすく、さらにストッパーがついているので安全面でも優れています。別売のアクセサリーが豊富で、プレートやグリル、ピザオーブンなどがあり様々な料理を楽しむことができます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー名
尾上製作所(ONOE)
商品名
イクシードバーベキューコンロ-42 3way
サイズ
42.5x33.5x30・55・70cm
収納サイズ
-
重量
3.5kg
素材
ステンレス鋼板
ユニフレーム(UNIFLAME)

UFタフグリル SUS-600

価格:12,900円 (税込)

大人数におすすめ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人数で利用するのに最適な大きいバーベキューセットです。焼き網を2枚並べて利用するタイプで、1枚をプレートに変えることで焼きそばなどの料理も作ることができます。ステンレス製で頑丈なのも魅力的です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー名
ユニフレーム(UNIFLAME)
商品名
UFタフグリル SUS-600
サイズ
60×46×68cm
収納サイズ
60×46×13.5cm
重量
7.8kg
素材
ステンレス鋼
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

NEW エフェクト ツーウェイバーベキューコンロ

価格:4,120円 (税込)

足の高さを調節可能

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイスタイルとロースタイルの2Wayに足の高さを調節することができるので利用シーンに合わせた使い方をすることができます。最初から焼き網とプレートがセットになったコンロなので、焼きそばなどのプレートを利用した料理もしたい方やさまざまな料理を楽しみたいと考える方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー名
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
商品名
NEW エフェクト ツーウェイバーベキューコンロ
サイズ
60×30×71・26cm
収納サイズ
60×30×17cm
重量
4,9kg
素材
尾上製作所(ONOE)

ドラム缶コンロ1200

価格:19,999円 (税込)

キャスター付きで楽々移動

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャスター付きのバーベキューセットなので移動しやすいのがポイント。炭受けは引き出し式となっているので簡単に炭の追加をすることができます。コンロの下には棚があるので、調理道具を置いたりすることができます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー名
尾上製作所(ONOE)
商品名
ドラム缶コンロ1200
サイズ
76.5×40×70cm
収納サイズ
76.5×40×18.5cm
重量
7.5kg
素材
ステンレス
コールマン(Coleman)

クールステージ テーブルトップグリル

価格:5,480円 (税込)

2.5kgと軽量

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通気性の良いメッシュボディを採用しているので燃焼効率がいいのがポイントです。コンパクトで2.5kgと軽量なので持ち運びも楽々なのも魅力のひとつ。炭を入れる部分が三角形になっているので炭の量が少なくて済みます。コールマンらしいレッドカラーも人気があります。

 

スペック詳細はこちら

メーカー名
コールマン(Coleman)
商品名
クールステージ テーブルトップグリル
サイズ
40×28×16.5cm
収納サイズ
40×28×16.5cm
重量
2.5kg
素材
スチール
ロゴス(LOGOS)

テーブルグリルキューブ

価格:4,499円 (税込)

パーツを分解してお手入れも楽々

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キューブ型がかわいいグリルキューブは、デザイン性の高さだけでなくパーツを分解することができるのでお手入れしやすく機能性にも優れています。ソロキャンプでの利用がおすすめでグリルの上にケトルを置いてお湯を沸かすこともできます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー名
ロゴス(LOGOS)
商品名
テーブルグリルキューブ
サイズ
16.5×16.5×13cm
収納サイズ
16.5×16.5×13cm
重量
1.4kg
素材
アルミニウム・ステンレス。スチール
尾上製作所(ONOE)

鉄鋳物こんろ角型

価格:6,600円 (税込)

鋳物の熱伝導で食材を美味しく

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食品のうまさを引き出すことに注目して作られた鋳物のバーベキューセットです。ファイアードアを開けることで炭の出し入れを簡単にすることができます。また、グリルは両面焼きをすることもできるので使い勝手の良さもポイントです。重厚感のある見た目のかっこよさも人気の一つです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー名
尾上製作所(ONOE)
商品名
鉄鋳物こんろ角型
サイズ
40×26.5×18cm
収納サイズ
40×26.5×18cm
重量
9kg
素材
ユニフレーム(UNIFLAME)

ユニセラTG-III

価格:12,230円 (税込)

ケース付きで便利

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セラミックパネルを採用しているので、炭火とセラミックパネルのWの遠赤外パワーで食材を芯から美味しく焼き上げることができます。ご紹介しているのはナイロンのケース付きなので、持ち運びしやすくなります。

 

スペック詳細はこちら

メーカー名
ユニフレーム(UNIFLAME)
商品名
ユニセラTG-III
サイズ
35.5x26x13cm
収納サイズ
35.5x26x13cm
重量
3.6kg
素材
-
ロゴス(LOGOS)

エコセラ・テーブルチューブラル S

価格:7,480円 (税込)

嬉しい省エネ設計

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

環境を考慮して設計された省エネグリルで、セラミックプレートによって使用する炭の量が半減しさらに食材を美味しく焼き上げることができます。また、卓上で利用した時に焼き網がテーブル面に近いので食べやすいのも特徴です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー名
ロゴス(LOGOS)
商品名
エコセラ・テーブルチューブラル S
サイズ
41.5×33×11cm
収納サイズ
41.5×33×11cm
重量
2.6kg
素材
スチール
ロゴス(LOGOS)

LOGOS the ピラミッドTAKIBI M

価格:7,301円 (税込)

本格的な焚き火も楽しみたい人におすすめ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的な焚き火を楽しむことができ、さらにはバーベキューも楽しめます。串焼きプレートがついているので、自分で釣った魚を串焼きでたべることができます。耐荷性能を備えたゴトクを採用しているのでダッチオーブンを載せて利用することもできます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー名
ロゴス(LOGOS)
商品名
LOGOS the ピラミッドTAKIBI M
サイズ
36×35×22cm
収納サイズ
35×19.5×7cm
重量
2.2kg
素材
ステンレス・スチール・ポリエステル
ユニフレーム(UNIFLAME)

ファイアグリル

価格:6,820円 (税込)

炭の調節がしやすい

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

焼き網はファイアグリルのツメに乗せる形状となっているので炭の調整がしやすいのがポイントです。バーベキューやダッチオーブン、焚き火など様々なシーンで利用することができます。大きな穴の開いたロストルを採用しているので通気性が良く炭が燃えやすくなっています。

スペック詳細はこちら

メーカー名
ユニフレーム(UNIFLAME)
商品名
ファイアグリル
サイズ
43×43×33cm
収納サイズ
38×38×7cm
重量
2.7kg
素材
ステンレス
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

ヘキサ ステンレス ファイアグリル

価格:4,818円 (税込)

組み立て簡単

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本体とスタンドをセットするだけなので簡単に組み立てることができます。ステンレス製で錆びにくく耐久性がいいのがポイントです。薄型で軽量なので付属の収納袋に入れて楽に持ち運びすることができます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー名
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
商品名
ヘキサ ステンレス ファイアグリル
サイズ
47×41×30cm
収納サイズ
57×47×6cm
重量
3.8kg
素材
ステンレス
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

大型火消しつぼ 火起し器セット

価格:3,300円 (税込)

便利な火起こし器と火消し壺のセット

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大型の火起こし器なので、大人数でのバーベキューで活躍します。スタンドがついているので地面の上でも安全に火起こしすることができ、コンロの上でも火を起こすことができます。火消し壺とセットになっているので、利用後の炭も保管することができます。火消し壺で消化した炭は再利用することができますし、使う時に着火しやすくなります。火消し壺の中に火起こし器を収納することができるのでコンパクトに収納・持ち運びをすることができます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー名
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
商品名
大型火消しつぼ 火起し器セット
サイズ
火起こし器18×20cm・火消し壺21.5×20×29cm
収納サイズ
21.5×20×29cm
重量
1.7kg
素材
亜鉛めっき鋼板

バーベキューセットの選び方やメーカー、おすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?値段や特徴もさまざまなので、シーンや人数に最適な自分好みのバーべーキューセットを見つけて、バーベキューを楽しんでください。

関連する記事

アウトドア・自宅で使える燻製機おすすめ16選|お家にいながらキャンプ気分!のサムネイル画像

アウトドア・自宅で使える燻製機おすすめ16選|お家にいながらキャンプ気分!

2022/01/07

軽い!使いやすい!おすすめアウトドアテーブル10選|自宅でも使えるのサムネイル画像

軽い!使いやすい!おすすめアウトドアテーブル10選|自宅でも使える

2021/10/21

おすすめの輸入テント15選!|おしゃれでカブらない海外メーカーは?のサムネイル画像

おすすめの輸入テント15選!|おしゃれでカブらない海外メーカーは?

2021/10/21

【2022年版】Bluetoothスピーカーおすすめ14選と選び方|100均やゲオも紹介のサムネイル画像

【2022年版】Bluetoothスピーカーおすすめ14選と選び方|100均やゲオも紹介

2022/02/23

初心者におすすめなアウトドアテーブル8選!失敗しない選び方のサムネイル画像

初心者におすすめなアウトドアテーブル8選!失敗しない選び方

2021/10/21

本格スピーカーのおすすめ15選|スピーカーの種類・選び方を徹底解説!のサムネイル画像

本格スピーカーのおすすめ15選|スピーカーの種類・選び方を徹底解説!

2021/10/21

おすすめランタン10選!種類や選び方、おすすめメーカーを解説しますのサムネイル画像

おすすめランタン10選!種類や選び方、おすすめメーカーを解説します

2021/10/21

ノースイーグルのテントは個性的!おすすめ9選とキャンプグッズもご紹介のサムネイル画像

ノースイーグルのテントは個性的!おすすめ9選とキャンプグッズもご紹介

2021/10/21

コールマンランタンおすすめ17選!LED・ガス・ガソリンタイプ別に紹介のサムネイル画像

コールマンランタンおすすめ17選!LED・ガス・ガソリンタイプ別に紹介

2021/10/21