【DIY】エアコンを目隠しするメリット・方法・おすすめカバーを紹介

お部屋にエアコンをそのまま設置すると、生活感がでてインテリアの邪魔になる、というお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。ここではエアコンを目隠しするための方法について、室内機・室外機ともにカバーの選び方などを紹介します。是非参考にしてください。

2022/01/14 更新

エアコンには室内機と室外機がありますが、生活空間の一部なので、できればお部屋やお家の外観に溶け込むように設置したいですよね。エアコンを使用しないオフシーズンや、お家の外観に合わない室外機などは、目立たなくしたいという方が多いです。

 

エアコンの目隠しには設置費用がかかりますがハウスメーカーに依頼したり、市販されているカバーを掛けたりする方法があります。また、エアコンカバーにはエアコン本体の劣化防止・省エネ効果・圧迫感を軽減するなどのメリットがあります。

 

しかし、設置方法によっては逆にエアコンの効率を下げてしまいます。ここではエアコンの目隠し方法や注意点、おすすめ商品を紹介していきますので、目隠しを検討している方はぜひ参考にしてください。

オフシーズンのエアコンにカバーをすることで網目や天板部にホコリや花粉が入り込むのを防ぎ、油汚れの防止にもなります。デザイン性があがるのも人気で、キャラクター物・花柄・動物などおしゃれな柄のカバーがあります。洗えるタイプならオンシーズンに洗濯機で丸洗いできて清潔に保てます

 

また、室外機なら直射日光を避けられ排熱効率もよくなり、外から見たときに無機質な印象がなくなります。ガーデンに合う茶色の木目調も人気で、どちらも雰囲気が明るくなるという意見が多いです。

ここからはエアコンを目隠ししたとき冷却能力やインテリアに及ぼすデメリットを、「室内機」と「室外機」に分けて紹介します。重厚感があるように見えたり、熱の排出を妨げたりすることがあるので確認しましょう。

 

※クリックすると各見出しへジャンプします

室内機のデメリット

オフシーズンに使う室内機カバーは、目隠しの他にホコリを防げます。しかし、事前に寸法を確認しないと、ゴムを掛けてもダブつきがありしっかり装着できない場合があります

 

後で詳しく述べますが、そのような場合は簡単なDIYでカーテンを掛けたり、シールを貼って目隠ししたりする方法もあります。

室外機のデメリット

デメリットの1つにエアコンの排気口を塞ぐと熱を排出できず、熱排出の効率が悪くなることが挙げられます。冷却能力が落ちたなと感じたら隙間を確保してください。

 

また、お家の外観に室外機カバーが合わないという意見がありますが、木製やアルミなどの庭の雰囲気に合うおしゃれなものはいろいろあるので、違和感のないものを探してください。

室内機のエアコンを目隠しする方法は主に

 

 

の3つです。費用が発生したり節約できたりするので、適したタイプを選んでください。

プロに依頼して家具内に設置する

エアコンは天井などの高い場所に設置されていたり、サイズもそれぞれ違ったりするので、室内機用の目隠し用品はカバー以外手に入りにくいです。そこでハウスメーカーや建築関係の工務店などに依頼する方法があります。その際は取り付け工事が必要です。

 

吊り棚や飾り棚の中にエアコンを設置します。使用する時だけ扉や壁をはね上げれば全面がオープンにできます。使わないときは閉めればいいだけなのでスタイリッシュです。デザインは白色や木製もあるので、インテリアに馴染ませることもできます。

DIYで自分でつくる

簡単にできる目隠しを紹介します。 エアコンの下部にある吹出し口を避けて、カフェカーテンを天井からピンで留めるか、突っ張り棒を横に通して掛けるかをして自作目隠しを作れます。イメージを一新できますし、花柄のレースカーテンにしたり北欧風にしたりしておしゃれさを演出できますよ。

エアコンカバーという方法もある

CoiTek

エアコンカバー 室内機用

価格:1,199円 (税込)

ゴムで取り付け簡単

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伸縮性のあるニット生地を使用しているので、5cmほど伸ばして被せられるエアコンカバーです。取り付けは簡単で、端に引っ掛けてから全体を包み込むようにするだけです。落ち着いたデザインで簡単にホコリ対策ができます。

サイズ 約80×30×25cm 質量 170g
材質 オックスフォード布 側面素材:弾力のあるニット生地

エアコンを夏のみ使用する人はオフシーズン時に仕舞っておく、という方が多いです。そこでカバーを掛ければホコリ対策になりますし、お部屋の中で目立たなくでき部屋の雰囲気と合わせられます。ただデメリットはエアコンの形がそのまま表に出てしまうことです。

 

エアコンのサイズはそれぞれありますが、カバーは伸縮性があり上下左右に5cmほど伸びるので合わせやすく、お持ちのエアコンサイズに適したものを選べます。使用後は洗濯できるタイプとできないタイプがあるのでチェックしましょう。

ここからは室外機カバーを目隠しするために必要な3つの項目を紹介します。

 

室外機カバーを購入する

ここでは室外機カバーを購入する際に重要な、風向きに影響する「逆ルーバー型」と、所有している室外機の「素材やサイズ」について紹介します。

ルーバー型なら逆ルーバーがおすすめ

エアコンのルーバーとは、排気熱の風向を調整する板のことです。板が斜め上を向いた逆ルーバー型なら、排気熱を上方に逃がす働きがあります。庭やベランダでガーデニングをしている方なら、正面から出る排気熱によって植物に影響がでないように配慮できます。

 

また、ベランダやバルコニーなどの狭い空間に、エアコンの排気口がある場合は、その場所に熱をこもりにくくします。ルーバーは下向きや、向きを調整できるタイプもあるので、チェックしてみましょう。

素材やサイズを確認して選ぼう

室外機カバーの素材を紹介します。おしゃれなガーデンを演出したいなら、木製の茶色や白色の室外機カバーが合っていますが、劣化しやすいのがデメリットです。錆びにくさならアルミが耐久性に優れています冬の落雪などによる衝撃に最も強いのがスチールです。

 

そしてサイズ選びも大事です。室内機の横幅や奥行きもいろいろですから多少は寸法に余裕をもって、熱がこもらないようにカバーできるタイプにしましょう。また、伸縮できるタイプもあるのでチェックしてください。

室外機カバーを自分でつくる

すのこを使った洋風のガーデンにピッタリな室外機カバーの作り方を紹介します。用意するのは100均のすのこと板で、サイズに合わせてノコギリで切り、釘を打ち繋ぎ合わせるだけです。後はヤスリを掛けて、ガーデンに合うようにお好みの色でニスや塗装で仕上げてできあがりです。

室外機カバーの設置で気をつけること

室外機の本体と室外機カバーの距離は、余裕を持って置くようにしましょう。前述した通りに室外機の本体に熱が溜まると、熱排出の効率が悪化して、冷却能力が低下します。そのため、熱の逃げ道をつくり適度に隙間をあけるように設置してください。

 

室外機カバーについては、以下の記事でも紹介しているので、ぜひ併せてご覧ください。

前述したようにカフェカーテンを掛ける方法もありますが、ここでは壁紙かウォールステッカーを使うDIYを紹介します。目隠しというよりは、おしゃれにお部屋の雰囲気を変えてくれるDIYです。

 

まずエアコンのサイズに紙を切ってから、マスキングテープと両面テープで貼ります。裏面がシールの場合はそのまま貼るだけという簡単さです。どちらも木目調・インダストリアル風・ポップでカラフルなカラーなどあります。いろいろな空間を演出できますよ。

エアコンは冷房を使わないオフシーズンにそのままにすると、上部は驚くほどホコリが溜まります。また、ホコリを防止するだけでなく、無機質な室外機もカバーによってガーデンをおしゃれに装飾できます。機能的にも視覚的にもメリットが多いので、ぜひエアコンカバーを上手に生活に取り入れてください。