Jacklyのポータブル電源は頼もしい!アウトドアや災害時にパワフル電力

機能性・安全性・耐久性が高くてお手頃価格なJackeryのポータブル電源が、今人気を集めています。今回はそんなJackeryのポータブル電源を解説いたします!各モデルの具体的な性能やモデルごとの違い、バッテリーを長持ちさせるコツなど知って得する情報満載です!

2020/12/27 更新

少し前までのポータブル電源は値段が高いものばかりで、あまり身近な存在ではありませんでした。しかしJackeryを始めとしたバッテリーメーカーの努力によって、最近は高性能・高品質・大容量のポータブル電源がお手頃価格で手に入るようになりました

 

ポータブル電源は、アウトドアや野外アクティビティのシーンで大活躍してくれる優秀な存在です。また最近は自然災害が多発し、家庭での備えが必要になっています。ポータブル電源は災害や停電などの際に、非常用電源としても頼りになるのです。

 

「自宅が停電に見舞われたとき、これを持っていて良かった」という声も多く、ポータブル電源は困った時に非常に頼もしい存在です。今回は、そんな一家に1台持っておきたいJackeryのポータブル電源を徹底解説いたします!各モデルの具体的な性能や、モデルごとの違いもご紹介しますので、是非最後までご覧ください。

今すぐ見る!Jackeryのポータブル電源の現行全4種の詳細!

ここからは、Jackeryのポータブル電源が主にどのような場面で活躍するかご紹介します。

アウトドア・レジャー

当たり前ですが、テントにコンセントは付いていません。野外キャンプなどのアウトドアでは電源が全く無いか、電力を得る方法は非常に限られます。特に寒冷地ではバッテリーの消耗が激しくなるため、キャンプ中にスマホやモバイルバッテリーの充電があっという間に切れてしまうことも珍しくありません

 

こんな時はポータブル電源があれば安心です。大容量なポータブル電源ならスマホの充電テントの照明電気毛布に加えてクーラーボックスも稼働できるタイプもあります。ノートパソコンの充電も可能なので、キャンプを楽しみながらリモートワークをこなすワーケーションも夢ではありません

災害時の非常用電源

家庭での災害への備えは、目安として「家族が数日間過ごせる程度」が望ましいとされています。緊急時のために家庭でまず備えておきたいのは水と食料などですが、次に備えておきたいのがスマホのバッテリーなんです

 

緊急時の連絡手段として頼りになるのは、日頃使い慣れたスマホです。もしもの時にスマホからSOSを発信するために、充電する手段を備える必要があります。ポータブル電源なら家族のスマホを数日間充電できるので、災害対策グッズとして非常に優秀なのです。

絶大な人気を誇る米国のポータブル電源ブランド「Jackery」。ここからは、Jackeryのポータブル電源はどこが優秀なのか、そして何故これほど人気なのか、4つのポイントに分けて解説します

高い安全性・耐久性

ポータブル電源は、しっかりした安全な設計でない商品は発火・事故などのトラブルが発生する場合があります。ポータブル電源を選ぶときは安全性・耐久性が重要で、PSE認定などの安全基準をクリアしているかがポイントになります

 

Jackeryのポータブル電源はPSEを始めとする安全基準をクリアしており、高い安全性を認められています。また、BMSという高性能な制御システムにより、過充電・過放電・過電流・短絡・温度などを検知すると自動停止する設計になっています。価格が魅力なだけでなく、安全性も高いのが人気の秘密なのです。

豊富な出力端子とパワフルな電力

モバイルバッテリーでスマホを充電すると、コンセントを使うときより充電に時間がかかることがありますよね。それはモバイルバッテリーの出力不足が原因です。Jackeryのポータブル電源は、他社製のものと比較すると出力のパワーが高いため、さまざまな電気製品を快適に充電できます

 

AC出力のみならずDC出力もパワフルなため、電圧降下が起こりにくく野外でアマチュア無線機を動かすことにも適しています。また、出力端子が豊富なこともJackeryのポータブル電源の特徴です。出力端子は電源コンセント・USB・シガーソケット等に対応しており、USB-C対応モデルも登場しました。

安心して使える正弦波のAC出力

「日本で購入した電気製品を海外で使ったら、故障してしまった」という話を聞いたことはありませんか?電気製品は規格外の電力を供給されると故障したり、異常発熱・異常動作の原因になります。だからこそ、ポータブル電源を選ぶときは家庭用電源と同じ出力を出せるかが非常に重要なポイントなのです。

 

日本の一般家庭は、100Vの正弦波の電気が出力されています。ポータブル電源の出力には、正弦波・矩形波・修正正弦波の3種類があり、電圧も100V・110V・120Vなどの種類があります。Jackeryのポータブル電源は、日本の家庭と同じ100Vの正弦波で出力するため、安心して電気製品を接続できるのです。

ソーラーパネルで充電可能

Jackeryのポータブル電源は、ソーラーパネルで充電可能なのも大きな魅力です。アウトドアでポータブル電源を活用したいときや、ポータブル電源の電力が底をついて困ったときに追加で充電ができます。また停電がなかなか復旧しないときの備えとして、太陽光から給電できると非常に心強いです

 

アウトドアに出掛ける前日にソーラーパネルを設置し、ポータブル電源をフル充電させてから持って行くと電気を上手に節約することができます。万一のときの緊急給電方法や、電気の節約方法として、ソーラーパネルで充電可能というのは嬉しいところです

Jackery(ジャクリ)

Jackery 240

価格:25,800円 (税込)

1泊2日のアウトドアに最適!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「Jackery 240」の特徴は、軽量・コンパクトでありながら67200mAh/240Whの容量があり、しっかり充電ができるところです。目安としてはスマホ約24回分の充電容量がありますので、少人数・1泊2日などのライトなアウトドアシーンで、主にスマホ・タブレット端末の充電に使う方におすすめです。価格も非常に手頃なため、「モバイルバッテリーでは物足りない」という方に選ばれて好評です。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー Jackery(ジャクリ) 商品名 Jackery 240
タイプ リチウムイオン電池 バッテリー容量 67200mAh/240Wh
定格出力 200W 瞬間最大出力 400W
充電端子 AC出力、USB-A出力、シガーソケット出力 給電端子 DC入力
USBポート 2口 充電時間 約6.5時間
サイズ 約230×133.2×167.3mm 重量 約3.2㎏
Jackery(ジャクリ)

Jackery 400

価格:44,600円 (税込)

大家族でも安心!アウトドア&非常用に頼れる大容量

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「Jackery 400」の特徴は、本体が「Jackery 240」と同じコンパクトサイズでありながら、充電容量は2倍近く112200mAh/400Whと大容量なことです。スマホ約42回分の充電容量があるため、4~5人家族全員のスマホ・タブレット端末に加えて、ゲーム機・パソコンの充電もこなす余裕があります。

 

また、電気毛布なら消費が5Wの「弱」に設定した場合、約35時間温め続けることができるため、車内泊で一晩中使っていても平気です。多様な電気製品にたっぷり電力を供給できる、非常におすすめ度の高いポータブル電源です

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー Jackery(ジャクリ) 商品名 Jackery 400
タイプ リチウムイオン電池 バッテリー容量 112200mAh/400Wh
定格出力 200W 瞬間最大出力 400W
充電端子 AC出力、USB-A出力、シガーソケット出力 給電端子 DC入力
USBポート 2口 充電時間 約7.5時間
サイズ 230×153.2×167.3mm 重量 約4.1kg
Jackery(ジャクリ)

Jackery 700

価格:79,700円 (税込)

もはや「持ち運べるコンセント」と呼ぶべき圧巻の大容量

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電気製品の中でも熱を発生させたり冷やしたり、動力を発生させる機器は非常に消費電力が大きいです。そのため「Jackery 400」などで炊飯器・ドライヤー・スピーカー・ミニ冷蔵庫を使用すると、電力がもつか不安なところです。

 

「Jackery 700」は電動ドリルやサーキュレーターも長時間運転できるため、屋外でDIYの作業をするときの電源としても安心して使えます。バーベキューのシーンでも、ライト・ミニ冷蔵庫・スピーカーを長時間同時に動かせます。これがあるとアクティビティの幅がグッと増えますよ!

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー Jackery(ジャクリ) 商品名 Jackery 700
タイプ リチウムイオン電池 バッテリー容量 192000mAh/700Wh
定格出力 500W 瞬間最大出力 1000W
充電端子 AC出力、USB-A出力、DC出力、シガーソケット出力 給電端子 DC入力
USBポート 3口 充電時間 約8.5時間
サイズ 299.7×192.9×191.5mm 重量 約6.3kg
Jackery(ジャクリ)

Jackery 1000

価格:139,800円 (税込)

前人未踏、278400mAh/1002Whの比類なき大容量

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Jackeryは、世界で初めて278400mAh/1002Whの電気容量を搭載したポータブル電源を発売しました。万が一、災害時に停電やブラックアウトが発生しても、ドライヤー・電気ポット・電子レンジなどを使用して平常通りの日常が送れます。USB-A・USB-C・DC・AC出力に対応しており、合わせて最大8個の機器を同時に充電可能

 

家庭用コンセントに出来て「Jackery 1000」に出来ないことはないと言っても過言ではなく、全ての点において死角無しのポータブル電源です

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー Jackery(ジャクリ) 商品名 Jackery 1000
タイプ リチウムイオン電池 バッテリー容量 278400mAh/1002Wh
定格出力 1000W 瞬間最大出力 2000W
充電端子 AC出力、USB-A出力、USB-C出力、シガーソケット出力 給電端子 DC入力
USBポート 4口 充電時間 約7.5時間
サイズ 332×233×243mm 重量 約10.6kg
商品名 Jackery 240 Jackery 400 Jackery 700 Jackery 1000
バッテリー容量 240Wh 400Wh 700Wh 1002Wh
スマホ充電可能回数 約24回分 約42回分 約68回分 約100回分
AC出力 1口 1口 2口 3口
USB-A出力 2口 2口 3口 2口
USB-C出力 × × × 2口
DC出力 × × 1口 ×
シガーソケット出力 1口 1口 1口 1口
重量 約3.2㎏ 約4.1kg 約6.3kg 約10.6kg

Jackeryのポータブル電源は、頼もしいからこそ大切に使いたいですね。しかし使い方を間違えると内蔵バッテリーは寿命がすぐに縮んでしまいます。ここからはポータブル電源を長持ちさせる使い方のコツについて解説します。

給電させながら充電(パススルー対応)の使用を控える

Jackeryのポータブル電源は、本体バッテリーに給電させながら電子機器を充電する「パススルー」に対応しています。しかしパススルー機能は本体バッテリーの寿命を急速に縮める原因になりますので、多用は控えましょう。

 

バッテリーの寿命は主に「充放電回数」で決まります。充電と放電を繰り返すことになるパススルー機能は、バッテリーの寿命を短期間で大きく縮めます。ポータブル電源は一度完全に電力を使い切ってから給電するようにすると、充放電回数を節約できるのでバッテリーが長持ちするようになります

電池切れや満充電の状態で放置

ポータブル電源を電池切れの状態で放置していると、過放電状態が起こる可能性があります。過放電状態では、充電容量が急激に低下したり内部抵抗が上昇したりと劣化が起きます。そのためポータブル電源は電池切れの状態で長く放置しないのが、長持ちさせるコツです

 

また、充電を満タンにした状態はポータブル電源にとって電圧の高い状態なため、電池の素材に負担がかかって劣化が早まる原因になります。満充電の状態で長く放置しないことも、ポータブル電源を長持ちさせるコツです。ポータブル電源を満充電にするのは、アウトドアに出掛ける前日などがおすすめです。

高温での使用

Jackeryのポータブル電源には冷却ファンが搭載されているため、通常の使用で発生した熱は自力で排熱することができます。しかし極端に高温な場所や、直射日光の当たる場所にポータブル電源を長時間放置しておくのは避けましょう

 

アウトドアで使用している時に木陰に置いていたポータブル電源が、太陽が昇ってポータブル電源が直射日光に晒されてしまうこともあります。内蔵バッテリーが高温な状態で使用すると、バッテリーの寿命を縮める原因になりますので、ポータブル電源には直射日光が当たって高温にならないよう気を付けましょう。

緊急時の備えとして一家に一台の必需品とも言えるポータブル電源ですが、アウトドア・キャンプ・バーベキューなどのレジャーシーンに持って行くと非常に喜ばれます。現代人にとって、電池の余裕は心の余裕。さまざまなアクティビティにポータブル電源を連れ回して、快適にレジャーを満喫しましょう!