アイロン代わりに使える代用品はこれ!アイロンがない一人暮らしにもおすすめ

服のシワを取るのに欠かせないアイロン。そんなアイロンですが、古くて処分したり、意外と持っていなかったりしますよね。今回はアイロンをドライヤー・フライパン・ヘアアイロン等で代用する方法や、裾上げができるのかについて紹介します。ぜひ参考にしてください。

2021/10/22 更新

アイロンは日々の生活に何かと欠かせないアイテムです。衣類のシワ取り・裾上げや、ワッペンの貼り付けにもアイロンを使用します。しかし、壊れたり処分したりして必要なときに手元にないこともあります。また、購入を検討しているけどまだ買えていない方もいるのではないでしょうか。

 

アイロンの代わりになるものはないのか疑問に思った方もいますよね。じつは、身の回りにあるアイテムでアイロンの代用として使えるものがあります。身の回りのものでアイロンの代用ができることを知っていれば、緊急で必要になったときでも安心です。

 

本記事では、アイロンの代用になる身の回りのアイテムや具体的な使用方法を紹介します。さらに、使用の際に注意すべき点も詳しく解説。ぜひ参考にして日々の生活に役立ててください。

身の回りのものがアイロンの代用になれば緊急時でも対応できるので、いざというときのために覚えておきましょう。アイロンの代用品の詳しい代用方法を紹介します。

 

フライパン

アイロンの代用になるものでまずご紹介したいのが、フライパンです。フライパンならどこの家庭にもありますよね。使い方によっては、シワ取りだけではなく、ワッペンも付けられます。

 

【代用方法】

  1. コンロで直接熱するか、熱湯を入れてフライパンを温める
  2. フライパンの底を服にあててシワを伸ばす

 

フライパンを直に服にあてるのに抵抗のある方は、あて布をしましょう。フライパンをアルミホイルで包めば、あて布をせずに使えます。簡単にできるのがメリットですが、細かい部分のシワ取りができないのがデメリットです。

やかん

やかんはアイロンと同じような形をしているので、とても使いやすいです。また、フライパンよりも熱が冷めにくいメリットもあります。シワ取りだけでなく、裾上げにも使えるのがポイントです。

 

【代用方法】

  1. やかんに水を入れてコンロにかけ、沸騰させる
  2. やかんの水が沸騰したら、底面を服にあてる

 

フライパン同様、そのままあてるのに抵抗のある方は、あて布を敷いてから使いましょう。注意点は、やかんの水を入れすぎないことです。水の量が多いと、熱するまでに時間がかかったり、やかん自体が重くなって動かしづらかったりします。

ドライヤー

ドライヤーは髪を乾かすときに使いますが、服のシワを伸ばすときにも使用できます。ドライヤーをあてるときは、服をハンガーにかけてから使用するのがおすすめです。

 

【代用方法】

  1. シワの気になる部分を水で濡らす
  2. 水で濡らした部分をしっかり伸ばし、ドライヤーの温風をあてる
  3. 濡れた部分が乾いたら、ドライヤーの冷風をあててシワが戻らないようにする

 

注意点はドライヤーを服から20㎝くらい離し、近づけないようにすることです。ドライヤーはホテルや旅館にもあるので、旅行先でも代用ができます。

ヘアアイロン

ヘアアイロンもアイロンの代用品になります。ストレートアイロンが平面で使いやすいのでおすすめです。一般的なアイロンは180~200℃程度で、ヘアアイロンも同等の温度になるので代用品として最適です。細かい部分のシワ取りができて持ちやすいので、やかんやフライパンより楽に使えます。

 

【代用方法】

  1. ヘアアイロンを温める
  2. シワが気になる部分をはさみ伸ばす

 

デメリットは、温度の高くなる部分が狭いのと、シワを伸ばすのに時間がかかることです。とくに、広い面積のシワ取りには向きません。

シワ取りスプレー

シワ取りスプレーもアイロンの代用品になります。シワ取りスプレーは、本来はアイロンの前に吹きかけてシワを取るものですが、中には、シワ取りスプレーをかけてハンガーに吊るすだけでシワが取れるものもあります

 

【代用方法】

  1. 服をハンガーに吊るして、シワ取りスプレーを吹きかける
  2. 30分ほど放置する

 

シワをしっかり取りたい場合は、完全に乾くまで待つのがポイント。注意点は、服の生地によっては使えないものがあることです。公式サイトや注意表示を確認しましょう。

おすすめのシワ取りスプレー

LION(ライオン)

お洋服のスタイルガード しわもニオイもすっきりスプレー

価格:307円 (税込)

シワ取りだけではなく、消臭や除菌機能も

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「お洋服のスタイルガードしわもニオイもすっきりスプレー」は、シワ取りだけではなく、衣類の消臭・除菌・防臭もできるシワ取りスプレーです。スーツやジャケットなど衣服を選びません。デオドラントグリーンの爽やかな香りです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー LION(ライオン) 商品名 お洋服のスタイルガード しわもニオイもすっきりスプレー
内容量 300ml つめかえ・携帯 ○/○

霧吹き

アイロンの代用で最も簡単な方法が霧吹きです。シワ取りスプレーやアイロンがなくても、十分に代用がきくので、時間がないときにおすすめの方法です。お出かけ前でも手っ取り早くシワ取りができます

 

【代用方法】

  1. 服をハンガーに吊るして、シワの部分に霧吹きを吹きかける
  2. シワの部分を適度に手でたたく
  3. 乾くまで干す

お風呂の蒸気

お風呂の蒸気もアイロンの代用としておすすめの方法です。お風呂の蒸気がアイロンのスチームのような働きをしてくれます。入浴前の浴槽にお湯をためている時間を利用すれば、効率よくシワ取りができます。

 

【代用方法】

  1. 浴槽にお湯をためる
  2. シワを伸ばしたい服を干す
  3. シワがある程度伸びたら、風通しのいい場所で乾燥させる

 

お風呂にそのまま服を干すだけなので、旅行先でもできるのがポイントです。デメリットは、服を干すスペースが必要なことです。また、長時間干すと服が湿りすぎて乾くのに時間がかかるので注意してください。

上記でご紹介したアイロンの代用グッズや代用方法は、主にシワ取りであれば可能です。しかし、裾上げやワッペンの貼り付けであれば話は別です。なぜなら、裾上げやワッペンの貼り付けはシワ取り以上にアイロンが高温でなければいけないためです。

 

上記の代用品の中では、ヘアアイロン・フライパン・やかんが裾上げやワッペンの貼り付けに代用ができます。しかし、ヘアアイロンは高温ですが挟む部分が狭かったり、フライパンややかんはすぐに冷めてしまったりするので、これらの代用品では難しいです。

座布団やマットをアイロン台代わりに使う方も多いかと思いますが、これらはアイロン台としての硬さが足りず、逆にシワが付きやすいです。アイロン台の代用であれば、ベッドや布団の上・アイロンマットがおすすめです。

 

アイロンマットはコンパクトなものが多いので収納にも困らず、1つ持っておくと便利です。100均にも売っているのでぜひチェックしてください。

アイロン後の服をパリッとさせるアイテムがアイロンのりです。Yシャツの襟や袖をきれいに伸ばすのに欠かせません。アイロンを代用している場合、アイロンのりを持っていないことも多いと思うので、自作方法を紹介します。

 

  1. 片栗粉や洗濯のりなどのでんぷん質のものを水で溶かす(6~7倍程度に希釈する)
  2. スプレーボトルにいれる
  3. アイロン前にふきかける

 

市販のアイロンのりとは違い、保存は効かないため作り置きは厳禁です。1度で使い切れる量だけを作りましょう。

軽くシワを取りたいだけなら代用品でも問題ありませんが、しっかりとシワを取りたいならアイロンを購入するのがおすすめです。安いモデルなら3,000円程度で購入できます。また、最近はコンパクトなモデルも増えているため、収納場所にも困りません。

 

とくに、ハンディアイロンはハンガーにかけたままシワを伸ばせるので、1台持っておくととても便利です。収納時にかさばるアイロン台も必要ありません。ハンディアイロンや安いアイロンについてはこちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

元々アイロンは持っていたけど壊れて使えない場合もあると思います。買い換えるまでの間は、身の回りの代用品でしわ取りをしましょう。壊れたアイロンは邪魔になるので、早めに処分するのがおすすめです。

 

アイロンの処分方法がわからない方は、以下の記事を参考にしてください。また、買い替えを検討している方に向けて、おすすめのアイロンも紹介しているので、そちらの記事もぜひご覧ください。

アイロンが壊れた、新生活が始まったばかりでまだ購入できていない方は、ぜひ本記事を参考にして、代用品で服のしわを伸ばしましょう。しかし、代用品は使い勝手が悪いので、早めにアイロンを購入するのがおすすめです。最近はコスパの高いモデルやコンパクトなモデルも充実しています。

# 代用