登山・トレッキングにおすすめ方位磁針5選!気になる選び方も紹介!

登山やキャンプ、トレッキングに欠かせないアイテムの一つが方位磁針です。山道は整備されていますが時間帯や天候によって正しい登山道がわからなくなる事もあります。正しい道の選択に重要な方位磁針の使い方やおすすめの商品5選をご紹介します。

2021/10/21 更新

登山やトレッキングに出かける際に方位磁針が必要になった!けど馴染みのない方位磁針はどんな物があるのか、どう選べば良いのか、何もわからない、という方は多いと思います。最近では方位磁針の携帯アプリもあるので「アプリでいっか〜」となんとなくアプリをDLしてアウトドアに臨もうとしている方も多いのではないでしょうか。

 

本当のアウトドアを楽しみたいなら、方位磁針を選んでみるのもおすすめです!この記事をでは方位磁針の種類と合わせて失敗しない選び方をご伝授します!最後まで読めばアウトドアの方位磁針マスターになれること間違いなしです!

今すぐおすすめ方位磁針5選を見る

方位磁針とは方位磁石の内、内部の方位を示すモノが磁石ではない場合や針の形状のモノであったり、それ以外の形状をしているものを一括りに方位磁針と呼びます。コンパスや方位磁針の総称として方位磁石と呼ばれる事が多いだけで、方位磁針には様々な種類があります。

 

主に形状は円形であり、全周の360度に目盛を付けているのが特徴です。「羅針盤」と呼ばれる事もあり名称は物によってそれぞれ違いますが、目的は同じで、「磁石や磁針部分と360度の目盛りを利用して方位を調べる道具です。」 

方位磁針には豊富な種類があり、始めて購入する時にはどれを選べばいいか迷うのではないでしょうか。方位磁針は主に形とタイプに分けられることが出来るので登山先の環境や操作の難しさなどで選ぶ事が一般的です。

 

方位磁針と定規のように目盛りが書かれた物が一緒になっている便利な物も実際に発売されているので、軽量性を優先してコンパクトなものにするか、多様性を優先して磁針以外にも使用方法があるものを選ぶか、登山のシーンを想定して選ぶ事が重要です。では実際に方位磁針の選び方を説明します。

①形

方位磁針は形や形状によって操作性やが変わるので、見やすさや正確性にも違いが現れます。形にはノーマルタイプ」「ベースプレートコンパスタイプ」「レンザティックコンパスタイプ」といった3種類のタイプがあるので、自分にとって扱いやすい物を選ぶことが最も大切です。

 

特に険しい山行や悪天候の登山のシーンでは3種類のタイプを使い分ける事がとても重要であり、方位磁針の形状を見極め最適な物を選ぶ事が山行中の事故や遭難を防ぐ事に繋がりますので、しっかりと目的にあった物を選ぶことが必要です。

ノーマル

形状は円状で円盤に目盛りがあり中心に磁針が装着されている物がノーマルタイプの方位磁針になります。ノーマルタイプはとにかく見やすく使いやすいのが特徴的で、軽量性や操作性に優れており、真上から盤面を見るだけで方位がわかるので正確性もあります。

 

円盤の部分に方角を漢字やローマ字で記載している物が主流なので東西南北の見分けも瞬時にできるのがノーマルタイプの最大の良さでしょう。コンパクト性に優れている部分には勿論デメリットもあり、登山中に方位磁針を無くしてしまう事がないよう注意が必要です。

 

ノーマルタイプはリーズナブルな価格で販売されている事が多いので入手しやすいのも特徴の一つです。水平をきちんと取れば狂う事なく容易に方角を知るので山歩きのようなトレッキングのシーンには最もおすすめなタイプです。

ベースプレートコンパス

さまざまな環境で使用する事がベースプレートコンパスの最大の特徴です。正方形の定規のような形状をしており、台座が透明なので方位磁針以外にも定規として使用するための目盛りや拡大鏡がついているので方角を知る以外の用途にも使えます。

 

地面が平らであれば直接地面に置く事で簡単で正確性のある方角を知る事ができるので登山だけではなく屋外でのキャンプやハイキング、サイクリングなどにも適しています。透明なので地図上に直接置くことで目的地までの正確な距離や方角を知る事にも役立ちます。

 

形状はやや大きめなので見やすさも優れています。材質はアクリルを使った物が多く、この軽量性に優れており持ち運びに便利です。アウトドアシーンにおいて必要な機能がこれ一つに的確に揃っているのがベースプレートコンパスの良い所です。

レンザティックコンパス

レンザスティックコンパスは専用のケースに収納され、細かな目盛りを使用した形状が特徴的です。細かな目盛りを正確に読み取るためのレンズがついており難易度の高い登山や冬山の山行など高い精度を必要とする場合の使用におすすめまタイプの方位磁針です。

 

本体重量も100g前後のモノが多く軽量性に優れているので安心して持ち運ぶことができます。冬季での使用も想定されており氷点下以下の気温でも壊れる事なく正常に動作し、悪天候にも左右されない正確性も兼ね備えています。

 

冬季での使用は手袋を装着したまま行う事が多いので、クリッカーが硬くて開かないといった事がないよう使用感を必ず確かめてから購入する必要があります。使い慣れればどんな山行にも使用できる利便性の高さもあります。

タイプ

方位磁針には形の他に3種類の「ドライ式」「液体式」「デジタル式」といったタイプがあり、タイプによっても操作性が違いますので、見やすさや正確性に違いがでてきます。それぞれ適した使い方や特徴を理解しておき登山やアウトドアのシーンに最適な物を選ぶ事が重要です。

 

次の項目でタイプ別に詳しくご説明していますので、是非確認してみてください。

ドライ式

一般的に方位磁針として知られているモノがドライ式タイプの方位磁針です。特徴としては針が宙に浮いており、ピンで支えられているもので、取り出して盤面をみると磁針がN(北)方向を指してくれるので簡単に方角を知る事ができます。

 

リーズナブルな価格で入手しやすく外気温に左右されない事が最大のメリットです。アウトドアシーンでは広く扱われているドライ式の方位磁針ですが、アナログであるため山や深い持ち、渓谷といった磁場がある場所では磁針がブレやすい事もあるので注意が必要です。

 

春や夏に訪れる低山登山やハイキング、トレッキングではドライ式でノーマルタイプの方位磁針が好まれて使われています。一目で方角を知れるので手軽にトラブルなく使えるのがドライ式の魅力です。ドライ式のブレは永久磁石を擦り付ける事で磁気が強くなり修正する事が可能です。

液体式

内部構造に液体が満たされておりブレなく方角を示す事を最大のメリットとした正確な方位磁針が液体式の方位磁針です。液体式は制度が高く磁場によるブレを抑える事ができるので、難易度の高い登山やクライミングに適しています。

 

精度が高く正確な方位磁針とし長期間の山行や旅でも安心して使う事ができるので冒険家やバックパッカーなどに好んで使われています。ですが、使用しているのが液体なので外気温の影響を受けやすく使用温度範囲が決められているのが特徴で一つのデメリットといえるでしょう。

 

多くの場合、厳冬期の登山には向かない性能の為必ず使用温度範囲を確認してから購入する必要があるので、液体式を選択して購入するのであれば必ず使用するシーンを想定してください。

デジタル式

登山の機会でも最近見かける事の多いデジタル式の方位磁針、液体式やドライ式とは違い磁石を使わず内蔵されたセンサーで磁場を検出します。磁場や磁気を参考にし方位を画面上に文字として示してくれるので一目で方角を知る事ができるのが特徴なデジタル式タイプの方位磁針です。

 

操作性能が高く、いくつかのボタン操作のみで全ての操作ができるので初心者でも簡単に扱う事ができます。最近では、スマートフォンにもこのデジタル式の方位磁針機能が内蔵されている事が多く、アプリとしても入手できるので手軽に準備する事が可能です。

 

デジタル式は電池がなくなると使用できないので、スマートフォンなどの連絡手段用のツールと併用する時にはくれぐれも注意してください。万が一登山道から離れてしまい、いざという時に使用できない事にならないよう必ず注意が必要です。

方位磁針の使い方ですが一般的にはそのまま取り出し盤面を見る事で使用できます。磁針の大くは先端が赤い色で作られており「赤が示す方角が北」となっており、形やタイプが違っても「赤い方が北を指している」という事は統一されています。

 

方位磁針には方角以外にも時間を調べる方法があり、太陽の方角に磁針の0度方向を向けた状態で北を指す針の角度を15で割った数字が現在のおおよその時間になります。デジタル式は操作をする事なく画面を見る事で全ての情報がわかります。

スント(SUUNTO)

SUUNTO 液体式ベースプレートコンパス

価格:3,000円 (税込)

軽量コンパクトな視認性に優れた方位磁針!

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

液体式のベースプレートコンパスです。表示面が発行するため暗い場所でも使いやすいのが魅力です。重量34gと軽量性にも優れコンパクトなので持ち運びにも便利なのが特徴的。高機能性脳で目盛り部分を使用し定規としても使えたりルーペとしての使用も可能。登山やトレッキングには最適の商品です。

 

透明度が高く地図上でも便利に使用する事が可能です。液体式なので高度と温度、特に使用温度には気を付ける必要があります。価格もリーズナブルに設定されているのも魅力の1つです。

メーカー SUUNTO タイプ 液体式
ベースプレートコンパス 重量 34g
サイズ57×110mm 57×110mm 仕様可能温度 -35~60度C
YCM

YCM オリエンテーリングコンパス

価格:2,200円 (税込)

重さ24gと超軽量なドライ式方位磁針!

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

80年以上の歴史を持つ方位磁針専業メーカーであるYCMの商品です。常に摩擦にさらされる軸受部分に人工サファイアを使用し抵抗を最小限まで抑えているので方位誤差がないのが最大の特徴のベースプレートコンパスです。見た目のデザイン性にも優れているのが魅力です。

国内海外問わず高い評価を受けており自衛隊認定商品にも認められております。耐久性も抜群でアウトドアシーンで活躍する事間違いなし。24gと超軽量な設計なのでどのようなアウトドアシーンでも使う事が可能です。

メーカー YCM ベースプレートコンパス
タイプ ドライ式 重量 29g
サイズ 84×54×10mm
SILVA(シルバ)

SILVA 液体式方位磁針

価格:2,750円 (税込)

冬山でも使える液体式方位磁針!

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐温度-40~60℃という驚異的な使用可能温度が最大の魅力である液体式のベースプレートコンパスです。国内であれば冬山でも問題なく使用できます。目盛りや拡大鏡もついており機能性も抜群で様々な環境に適してくれるでしょう。

 

首からぶら下げる為のストラップ装着部分もあるので、何かと方位磁針が必要な高難度な山行ではすぐに使えるようにしておけて便利です。夏場の車内に放置すると60℃以上の温度になる恐れがあり、壊れる危険性があるので方位磁針の管理にはくれぐれも注意してください。

メーカー SILVA タイプ 液体式
ベースプレートコンパス 重量 33g
サイズ 54cm×108mm 使用可能温度 -40℃~60℃
YCM

YCM レンザティックコンパス No.9000L 1717

価格:4,557円 (税込)

防衛庁認定の高精度方位磁針

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

YCMから発売されているレンザティックコンパス。軍用コンパスを元に軽量性や機能性を高め市販用に改良されたもので、目盛盤には一般的な方位磁針で使われるものと、水平照準角の単位として使用されていたミル目盛の2種類の目盛が表示されています。

 

国内では防衛庁の認定商品として陸上自衛隊に制式採用されており、地質科学者や世界各国の冒険家やアウトドアマンに愛用されています。高機能かつ高性能でアウトドアのプロ達にも実際使われており、難易度の高い山行の必需品といえます。

メーカー YCM タイプ 液体式
レンザティックコンパス サイズ 77X52X25mm
重量 118 使用可能温度 -20~50度C
LAD WEATHER(ラドウェザー)

ラドウェザー デジタル方位磁針

価格:3,740円 (税込)

操作性抜群、見るだけで全てわかる方位磁針!

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

画面を見るだけで高度、気圧、気温、湿度、方位、天気予測、時刻がわかる超高機能なデジタル式方位磁針、ボタン一つの操作で画面を切り替え必要に応じた項目の情報を知る事ができます。登山やキャンプ、ハイキング、トレッキング、たくさんのアウトドアシーンで活躍します。

 

腕時計タイプなので持ち運びに便利な事や、豊富な機能性が最大のメリットなのですが、電池式なので使用の前には必ず電離の残量を確認しておくことが必要で、方位磁針はドライ式や液体式のような磁力を扱った物ではないので誤差がうまれやすいのがデメリットの一つです。

メーカー LAD WEATHER タイプ デジタル式
重量 47g

方位磁針の「タイプ」「形」「選び方や使い方」といった内容は理解できましたか?方位磁針は難易度の高い登山や冬山・夏山、ハイキングやトレッキングなど目的によって使い分ける事が重要です。

 

低山登山といえでも遭難のリスクはあります、最適な方位磁針を必要な時に使える事が出来ていれば事故やトラブルも未然に防ぐことができるので、安心安全なアウトドアを楽しむ為にも必ず目的に合った方位磁針を準備しておく事が重要です。