【口コミあり】イプサの日焼け止めおすすめ4選 | ヒルナンデスで話題?人気商品も解説

紫外線は気になるけれど、日焼け止めのべたつきや白浮きが苦手。そんなときはイプサの日焼け止めを試してみるのがおすすめです。イプサの日焼け止めは、サラサラに仕上がる軽いつけ心地が幅広い肌質に人気。この記事では、イプサの日焼け止めの選び方とおすすめ商品を紹介します。

2022/08/02 更新

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

肌の状態やライフスタイルに合わせて、快適に使える日焼け止めを選びたい。そんな女性たちの望みを叶えてくれるのが、イプサの日焼け止めです。

 

イプサにはテクスチャーや機能などいろいろなタイプの日焼け止めがあるため、肌質やシーンに合わせて選びやすいのが魅力。口コミではストレス感のない軽いつけ心地が評判で、日焼け止めを塗るのが苦手な人でも快適に使いやすいです。イプサの4種類の日焼け止めはどれも人気なので、どのタイプにするか迷ってしまう人も多いはず。

 

そこで今回は、イプサの日焼け止めを選ぶ時のポイントとおすすめの日焼け止めを詳しく紹介します。ぜひチェックして、毎日の紫外線対策に役立ててください。

イプサは、百貨店を中心に展開している日本のデパコスブランドです。ひとりひとりが自分の肌に合うコスメを選べるように、イプサでは肌測定器「イプサライザー」を使用した丁寧なカウンセリングを実施。

 

イプサライザーは肌状態はもちろん、ひとりひとりの肌色や血色感も測定できます。イプサライザーを使えば自分に合うスキンケアだけではなく、ファンデーションやリップも分かるので、コスメ選びに迷っている人におすすめです。

イプサの日焼け止めは情報番組「ヒルナンデス」で、人気美容誌「VOCE」の副編集長がおすすめのUVカットコスメとして紹介しています。べたつき感がない軽やかなつけ心地が口コミでも人気で、日焼け止めを使うのが苦手な人にも向いています。

 

イプサの日焼け止めは紫外線だけではなく、ホコリや大気汚染などさまざまな刺激から肌を守ってくれるのが魅力。紫外線をしっかり防ぐのに、石鹸で落とせるので毎日便利に使えます。

イプサの日焼け止めを選ぶ時は、下記の3点に注目するのがおすすめ。選び方をチェックして、自分に合う日焼け止めを見つけましょう。

 

イプサの日焼け止めを選ぶ時は、まずUVカット数値をチェックしましょう。日焼け止めを使うシーンに合わせてUVカット数値を選ぶのがおすすめです。

 

短時間の外出や陽射しが気にならない季節には、SPF30PA+++の「プロテクター センシティブ」や「クーリング ボディプロテクター」が人気。

 

UVカット数値が高い日焼け止めは肌の負担になりやすいため、日常にはSPF30PA+++程度が向ています。特に敏感肌にはUVカット数値が低めの日焼け止めがおすすめです

 

 

 

 

炎天下の外出には、UVカット効果に優れた「プロテクター デイタイムシールドEX」や「プロテクター サンシールド」がおすすめ。炎天下のシーンでは日焼けによる炎症が起きやすいため、SPF50PA++++で肌を守りましょう。

 

イプサの日焼け止めはUVカット数値が高いタイプでも、肌の負担になりにくいのが人気です。

イプサの日焼け止めを選ぶ時はテクスチャーに注目するのがポイント。テクスチャーによる違いをチェックして、肌に合うタイプを選びましょう。

 

「プロテクター デイタイムシールドEX」と「プロテクター サンシールド」は、サラッとした質感の乳液タイプの日焼け止めです。乳液タイプはみずみずしくて伸びがいいので、脚や腕などの広範囲にも塗りやすいのが特徴。

 

イプサの日焼け止め乳液はサラッとした仕上がりで白浮きしないため、幅広いシーンで使いやすいです。

 

 

「プロテクター センシティブ」は、しっとりした質感が特徴のクリームタイプの日焼け止めです。イプサの日焼け止めクリームは敏感肌の人が使いやすい低刺激設計なので、日焼け止めが肌の負担になりやすい人におすすめ。

 

乾燥しにくい使い心地ですが、べたつきにくいサラッとした仕上がりが混合肌や脂性肌にも人気です。

イプサの日焼け止めで最もユニークなのが、泡タイプの「クーリング ボディプロテクター」です。つけ心地がとても軽やかでクール感のある日焼け止めなので、日焼け止めクリームを塗りたくない夏の暑い日におすすめ。

 

サラサラの仕上がりで、つける度にひんやりと気持いい日焼け止めは、外出先での塗り直しも楽しみになります。

 

 

 

 

  

毎日使う日焼け止めは、使いやすい機能性にこだわるのが大切。シーンや肌質に合わせて、自分が使いやすい日焼け止めを選びましょう。

 

汗をかきやすいスポーツや夏のレジャーシーンには、汗や水で崩れにくいマルチプルーフ機能がついた「プロテクター サンシールド」がおすすめです。汗や水で落ちにくいのに、通常の石鹸やボディソープで落とせるのが便利。

 

タバコの煙や大気汚染もブロックする新技術も搭載しているため、さまざまな刺激から肌を守ります。

通常の日焼け止めが苦手な敏感肌には、肌に負担が少ない「プロテクター センシティブ」がおすすめ。肌の刺激になりやすい紫外線吸収剤が入っていないノンケミカルで、香料やアルコールが入っていない低刺激の日焼け止めです。

 

ノンコメドジェニックテスト済みの日焼け止めなので、化粧品でニキビができやすい人にも向いています。

イプサ

イプサ IPSA プロテクター デイタイムシールド EX 30ml [並行輸入品]

価格:4,950円 (税込)
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日焼け止めと下地で使用。伸びも良く、常に利用中

出典: https://www.amazon.co.jp

【IPSA(イプサ)】

【IPSA(イプサ)】プロテクター サンシールド_30mL(日焼け止め乳液)

価格:2,736円 (税込)
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イプサ

イプサ クーリング ボディプロテクター_SPF30・PA+++

価格:4,180円 (税込)
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イプサ

イプサ(IPSA) プロテクター センシティブ

価格:3,340円 (税込)
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは日焼け止めですが、下地用として購入しました。 色は白なので補正はしないですが、カバー力があるのでこれからの時期はかかさず使っています。

出典: https://review.rakuten.co.jp

メイクのときは、日焼け止めの後にイプサの「コントロールベイスe」を使うのがポイント。肌悩みに合わせて3色から選べる化粧下地です。

 

コントロールベイスeにもSPF25PA++のUVカット効果があるので、普段の外出なら下地とファンデーションで紫外線対策をするのもおすすめです。

イプサの日焼け止めはべたつき感や白浮きが気にならないため、1年を通して快適に使えるのが魅力です。今回紹介した選び方を参考にして、自分に合うイプサの日焼け止めを手に入れて、夏のお出かけを思いっきりを楽しみましょう。ぜひ下記の記事も参考にしてみてください!