釣りに最適!ゼクサスのヘッドライトおすすめ3選!充電式ZX-Rシリーズの最新モデルもご紹介!

釣り人に人気のゼクサスのヘッドライトをご存知ですか。ここではゼクサスのヘッドライトについてご紹介しています。ゼクサスのヘッドライトの選び方や最新モデル、人気モデルの紹介、使い方や購入後のトラブル対応など知っておいて損はない情報ばかりです。ぜひご覧ください。

2022/07/31 更新

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

釣りに欠かせないアイテムといえばヘッドライトです。夜間の釣りだけではなく、早朝や夕暮れ時にもヘッドライトがあると魚の位置を把握したり、足元の危険性を回避するためにも必要不可欠のアイテムといえます。

 

中でもゼクサスのヘッドライトが大変人気です。実はゼクサスのヘッドライトは釣りにぴったりの高い機能性を備えたものばかりです。価格は安いとはいえませんが、持ち運びに便利なもの、コスパのいい充電式のもの、発光力が高く夜間の釣りでも安心して使えるものなどさまざまあります。

 

そこでここではゼクサスのヘッドライトについてまとめました。ヘッドライトの選び方から最新機能搭載の新モデルや人気アイテムのランキングなど、購入を検討している方には参考になる情報ばかりです。ぜひご覧ください。

多種多様なヘッドライトが魅力のゼクサス。予算の範囲も広く、機能的にも十分なものが揃っていて自分好みのものが必ず見つかります。充電式は軽量タイプで持ち運びに便利です。電池残量がひと目で分かるインジケーター付きのものも人気があります。

 

また電球色・白光色・赤色の3色のヘッドライトを備えたものもあり、特に魚が認識しない赤色発光タイプが人気があります。夜間の発光量は200ルーメンで十分なところ、ゼクサスのヘッドライトは脅威の1200ルーメンを実現するものもあり、視界に困らずに釣りが楽しめると好評です。

それではゼクサスのヘッドライトの選び方について見ていきましょう。種類の多いゼクサスのヘッドライトですが、自分が使いたい機能を明確にしておけばおのずと必要なものがわかります。使う環境や目的などをイメージして、自分に最適なヘッドライトを選びましょう。

ヘッドライトの選び方ではまずバッテリーの容量を考えます。自分の釣りのスタイルによっては、バッテリーの容量が必要な場合とさほど重要ではない時も。釣り方に合わせたバッテリーの選び方を学びましょう。

堤防釣りは人工的に作られた釣り場で行えるので、比較的安全で長時間楽しめます。そのためバッテリーも大容量タイプがおすすめです。夜釣りに備えて10時間程度持つものなら安心ですが、ライトは安全面においても重要なので余裕をもって使えるように準備しておきましょう。

ライトルアーとはアジやカサゴなどの小型の魚が対象なので、比較的軽快な動きが必要となります。そのため大容量バッテリーを完備したヘッドライトは持ち運びに重く適していません。充電式のタイプのものや単4電池を使うものが軽量でコンパクトな仕様でおすすめです。

都市近郊の河川や運河、堤防などで楽しめる釣りのひとつ。夜釣りが主流のため、バッテリーは大容量タイプがおすすめです。また足場の悪い場所での釣りも想定されるため、バッテリー切れがチェックできるインジケーター付きのものや、スマホなどから給電できるものだと更に安心です。

ヘッドライトの明るさは、200ルーメンあれば十分です。餌やルアーの交換など手元の確認だけなら、100ルーメンでも十分に確認ができます。明るすぎるものだと水面に灯りが移ってしまい魚の警戒心をあおるだけなので無意味です。周囲にも迷惑がかかるのでやめましょう。

釣り場に持っていくヘッドライトは常に水と面した場所で使うので防水機能が必須です。急な水しぶきや誤って落としてしまった時など防水機能が付いていなければすぐに壊れてしまいます。最近は格安なヘッドライトでも防水機能が搭載されているものもあるので確認しておきましょう。

ゼクサスの上位モデル、プロフェッショナルシリーズには主点灯の他に赤と電球色の2つのサブライトが搭載されています。赤色は魚に気付かれにくく姿を確認するのに、電球色は手元の作業や脚を照らすのに最適です。モードメモリー機能も搭載で、自分の好みのライトを再現できます。

ゼクサスの新モデルは専用のリチウムイオン電池を使った充電式のハイパワー&コンパクトモデルです。フォーカス機能搭載のZX-R390とオールラウンドモデルのZX-R380の2タイプがあり、どちらもゼクサス史上最小クラスのコンパクトヘッドで軽量で持ち運びに便利な仕様となっています。

 

ZX-R390の特徴は状況に応じて照射角度を調整できるフォーカスレンズの搭載でサブライトには水面を透過しにくく魚に気付かれにくい赤色を採用しています。ZX-R380はメインライトに白色LEDライトを3基搭載し、最大1000ルーメンもの明るさを実現しました。

 

どちらも本体上部に誤作動防止ロック機能があり、不意の点灯を防ぎます。また5~100%までの明るさ調整可能で、付属のクリップやベルクロベルトはライトの固定に便利です。最新のハイモデルを試してみたい方にぜひおすすめしたい商品です。

1位
ゼクサス

冨士灯器 ZX-R730(充電タイプ/ZR-02付)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2位
ゼクサス

冨士灯器 ZX-195 LEDライト

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3位
ゼクサス

冨士灯器 ZX-R390 (USB充電タイプ)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1位
ゼクサス

冨士灯器 ZX-R730(充電タイプ/ZR-02付)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用のネックベルトがあれば、ヘッドライトを首掛けできるので長時間の釣りに便利です。ヘッドライトは周囲を照らすのに長けていますが、状況によっては魚を散らしてしまう恐れもあるので首掛け仕様との使い分けをおすすめします。

 

ゼクサスには首掛けに便利なネックベルトが販売されています。バックルを装着したワンタッチでの操作が可能で、服装に関係なく気軽に付けられる点も魅力的です。公式サイトでは長さの違う3点のベルトセットも購入できるので自分のスタイルに合ったものを選びましょう。

ゼクサスのヘッドライトを制作・販売しているのは、1920年創業の老舗メーカー冨士灯器株式会社です。安心の国内メーカーですが、こちらの修理・対応が素晴らしいと評判です。バッテリーBOXの破損トラブルを無料で修理・交換してくれたとの声もあります。

 

対応が早くて信頼のおけるメーカーとしてゼクサスのヘッドライト推しを進めている方も。しかし毎回必ず無料とは言えません。使用期間や商品の状態によっては有償での修理・交換となる場合もあります。

ゼクサスのヘッドライトがあれば、釣りだけでなく登山やキャンプ、災害時に備えることも可能です。アウトドアシーンにおいても大活躍間違いなしのゼクサスヘッドライト、ぜひ試してみてください。

ヘッドライト ゼクサスの全商品一覧