ワークマンで買えるジェントス製ヘッドライトが話題!キャンプ・釣り・登山に大活躍!

ジェントスは日本で誕生した信頼できるLEDメーカーで、ワークマンでも購入できます。ヘッドライトは両手が自由に使えるので、キャンプ・釣り・登山での使用に最適です。今回は、ワークマンで買えるジェントス製のヘッドライトを紹介します。また、コスパ抜群の充電式も解説するので最後までご覧ください。

2022/07/03 更新

ジェントスは日本で誕生した信頼できるLEDメーカーで、ワークマンでも取り扱っています。ヘッドライトは両手が自由に使えるので、キャンプ・釣り・登山での使用に最適です。点灯モードを変えれば、好みの明るさで使用できます。またサブライトは、手元が眩しくなりすぎず、目に優しい明るさので手作業に最適です。

 

おなじジェントス製でも価格によって性能は異なります。価格重視で選ぶのか、機能性重視で選ぶのか、あらかじめ決めておくことが大切です。ヘッドライトの購入を検討している方は、魅力・特徴・機能性を把握しておきましょう。

 

そこで今回は、ワークマンで買えるジェントス製のヘッドライトを紹介します。併せて、取り外し可能で角度調整ができるヘッドライトクリップや、コストランニングが高くなる、乾電池の充電式も解説するので、最後までご覧ください。

ヘッドライトは頭に装着するため、両手を自由に使えるのがメリットです。懐中電灯もありますが、キャンプやアウトドアをするときは、片手で作業するのが難しい場面があります。特に登山や釣り・現地で薪を調達する場合は、両手を使う機会が多く、片手でこなすのは難しいです。

 

両手が自由に使えると作業がスムーズに進み、キャンプやアウトドアをストレスなく満喫できます。またヘッドライトは、見る方向を自然と照らしてくれるため、暗闇での歩行中に障害物に当たったり、段差や砂利道でつまずいたりする可能性が低くなり安全です。

 

夜の歩行時や作業にはヘッドライト・キャンプや登山などでテントを拠点とするときは、ランタンを使うなど、シーンに合わせて使えます。ヘッドライトは広範囲にわたり遠方まで照らせるので、アウトドアのマストアイテムです。

ワークマンで取り扱っているジェントスは、1978年に日本で生まれたトップシェアを誇るLEDメーカーです。キャンプで十分使いこなせる、ジェントス「HC-24」の機能性や特徴を紹介しますので、購入を検討している方は参考にしてください。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

ルーメンとは、光源から放出される光の総量を表し、数値が高くなるほど明るくなる性能です。ジェントス「HC-24」は20ルーメンあり、眩しいと感じることはないものの、照射距離は20mあり足元をしっかり照らせる明るさを確保できるので、キャンプでも十分活躍できます。

HC-24は「着けていることを忘れる軽さ」と謳っているだけあって、ヘッドライトの重量は32g(空のペットボトル1本分)と超軽量なのが魅力です。ヘッドライトは頭や首に装着するものなので、体への負担を考慮すれば軽量に越したことはありません。

HC-24にはゴムバンドの長さを調節する機能が付いているので、自分好みのサイズで使えます。見栄えが気になったり、頭に装着するのに抵抗がある方は、ゴムバンドを長めに調節して、首からぶら下げて使ってもOKです。

HC-24は頭・首に装着するだけではなく本体部分の取り外しが可能で、90度可動式のヘッドクリップ付きなので、キャップの先端やリュックのチェストベルトに挟んで角度を調節して使えるのが特徴です。ゴムバンドで頭周りが疲れたときや、リュックを背負って移動するときに役に立ちます。

HC-24は防水仕様ではないので、水中や大雨の使用は避けましょう。ジェントスHC-24の公式サイトによると、防滴仕様が「IPX4準拠」と記載されています。水流試験をクリアしているので、あらゆる水の飛び散るしぶきに対しては保護できるレベルです。

 

キャンプ・釣り・登山をするときは、前もって天気予報をチェックしておくと安心して使えます。防水機能が必須の方は、次の章で紹介するジェントス「VA-04D」の防水仕様タイプを選びましょう

 

 

詳細はこちら

本章ではさらにハイスペックな、ジェントス「VA-04D」の魅力や機能性を紹介しますので、より使いやすさを追求したい方は、ぜひチェックしてください。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

ジェントスの「VA-04D」は、最大230ルーメンの明るさが魅力です。230ルーメンの数値は、小型電球(E17口金)タイプに換算すると25W相当に値し、最大照射距離は約62mと長いため、キャンプ・アウトドア以外でも防災用として活躍します。

 

また、楕円形(だえんけい)の照射面で広範囲にわたり照らせる、オーバルビーム仕様になっていているのもメリットです。230ルーメンの明るさがあれば、何不自由なくアウトドアを満喫できます。

エコモードで使用した場合、最大35時間の連続使用が可能です。季節によって日没時間は変わり、12〜1月にかけては16時30分と、日の入りが早くなります。使用時間を考慮すると7時間の点灯時間が必要になりますが、35時間連続使用できるので、機能性は申し分ありません。

 

しかしあくまでも、エコモードで使ったときの時間です。ミドル・ハイモードの場合は消費電力がかかるので、連続使用時間が短くなるのも考慮しておきましょう。

本体のヘッド部分は角度調整機能が付いていて、80°の可動域があります。ライトで遠くや手元を見たいときは、ヘッド部分を照らしたい角度に調節すれば、わざわざ頭を上下に動かして光を当てる必要がなく便利です。

 

特にキャンプの調理時や、釣り餌をつけるときは、下を向いて作業するシーンが多くなります。ライトの角度をやや下向きにすれば、極端に下を向かなくても的確に照らせるので、頭や首・肩の負担が軽減されます

VA-04D本体のヘッド部分にあるスイッチを押せば、明るさのモード切り替えが可能です。サブ暖色ライトは眩しすぎないので、手元を照らして作業するときに重宝します。点灯モードは4種類あるので、それぞれのモードの明るさと連続点灯時間を紹介しますので、参考にしてください。

 

モード ハイ ミドル エコ サブ暖色ライト
ルーメン 230 100 30 5ルーメン
連続点灯時間 3.5時間 10時間 35時間 74時間

VA-04Dには誤作動防止スイッチロック機能が付いています。消灯時にスイッチを長押しすると、スイッチが入らなくなる機能です。万が一ポケットや、リュックのなかに入れて持ち運んでいるときに誤って点灯するのを防止できます。

 

またライト点灯後、一定時間をおいてスイッチを長押しすると、どのモードからもワンタッチで消灯できるため、楽に使えます。もう一度スイッチを長押しすれば、ロックが解除される仕様です。

VA-04Dは単4アルカリ乾電池を2本使うだけで長時間照らせます。しかし使用回数が重なるにつれて、電池代がかかってしまうのが難点です。初期費用は若干かかりますが、充電池と充電器を使うのが安上がりのポイントです。

 

約2100回充電して繰り返し使える、パナソニックの「エネループ」・約1800回充電可能な「エボルタ」・約500回充電できる、東芝の「インパルス」などの充電式の乾電池を使えば、ランニングコストが高くなり、コスパもよくなります

VA-04Dの保護等級は、耐塵・1m防水仕様 (IP67準拠)です。この数値は粉塵が本体内部に侵入するのを防ぎ、水中1mに浸透しても有害な影響を受けないことを表しています。粉塵の保護レベルはマックスで、防水レベルもほぼマックスと高機能です。

 

キャンプやアウトドア・釣り・登山時など、急な大雨が降ったり、砂埃や黄砂が多い場所でも安心して使えます。どんな状況下でも使えるヘッドライトが欲しい方にぴったりです。

 

 

 

詳細はこちら

ジェントス製のヘッドライトは、ワークマン・EC通販サイト・ネットショップのほか、カインズなどのホームセンターでも購入可能です。カインズで取り扱われている、ジェントス LEDヘッドライト 「CB-300D」のスペックを紹介しますので参考にしてください。

 

本体サイズ 幅 13 × 奥行 6 × 高さ 19 .cm
機能 手をかざすだけでON・OFFが可能
使用電池 単4形アルカリ乾電池 3本
連続点灯時間 ハイ:約 5時間・ミドル:約 12時間・エコ:約 85時間
光源 LED
重量 216 g
防水機能 IP65
明るさ 230 lm

人気のジェントスは、安心と信頼できる日本生まれのLEDメーカーです。機能性がよくリーズナブルな価格で購入できるので、コスパに優れています。アウトドア・登山用のヘットライトは、ぜひワークマンでゲットしましょう