ロングモーンのウイスキーおすすめ5選|16年・18年・23年などの種類や特徴をご紹介

スコットランドのスペイサイド地方で作られているロングモーン。マンゴーのフルーティーな香りとトフィーのミルキーな香りが大きな特徴です。こちらの記事では、ロングモーンの歴史・製法・主なラインナップ、おすすめのロングモーン5選をご紹介します。

2022/06/23 更新

1894年に創業されたロングモーン蒸溜所。ロングモーンはスコットランドのスペイサイド地方で作られているシングルモルトウイスキーで、マンゴーのフルーティーな香りとトフィーのミルキーな香りが特徴的です。

 

ロングモーンの日本での知名度は高いわけではなく、どちらかといえばマイナーなウイスキーです。しかし、実は日本とも繋がりがある蒸溜所であり、ジャパニーズウイスキーを語る上で欠かせない存在でもあります。

 

こちらの記事では、ロングモーンの歴史や製法・主なラインナップについて解説します。おすすめのロングモーン5選もご紹介しますので、ぜひウイスキー選びの参考にしてください。

ブレンダーの間で絶大な人気を誇るウイスキーであるロングモーン。こちらでは、ロングモーンの歴史と特徴・製法について解説します。

 

1894年に創業されたロングモーン蒸溜所。創立者であるジョン・ダフはベンリアックの創始者でもあり、ウイスキー界に名を刻む有名な人物です。ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝氏がインターンで働いていたため、ジャパニーズウイスキーを語る上で欠かせない蒸溜所でもあります。

 

ロングモーンの大きな特徴は、果物のフルーティーな香りとトフィーのミルキーな香りです。飲み口は非常にスムースで、トップドレッシングの1つとして愛されています。

ロングモーンは、主に地元であるレアック・オ・マレイ産の麦芽を原料にミルビュイズの泉の水を仕込み水として使用しています。2012年に設備の改修が行われ、コンピューターで管理された近代的な蒸溜所として生まれ変わりました。

 

糖化槽はブリッグス社のフルラウター式の8.5トンのものを使用し、5時間かけて糖化を行います。発酵槽はステンレス製が10槽で発酵にかける時間は50時間、蒸溜棟には玉ねぎ型のポットスチル、初溜釜と再溜釜がそれぞれ4基稼働しています。

 

生産されたスピリッツはすべてキースとマルベンの街に輸送されます。その後、ベルノリカール運営の貯蔵施設で熟成した後にボトリングし、完成です。

こちらではロングモーンの主なラインナップについて解説します。気になる項目がある方は以下のリンクから直接飛んでください。

 

ノンチルフィルターでボトリングされたオフィシャルボトルであるロングモーン16年。フラッグシップ的ボトルは近年廃盤になってしまったので、ボトルのデザインにもこだわりがある方におすすめです。洋梨のマーマレード・柑橘系の香りと麦芽やオークの香ばしさにさり気なく香るバニラの香りが特徴的で、後半にはオークのスパイシーさも感じられます。

アメリカンオークバレルとホグスヘッドで熟成されたロングモーン18年。フルーティなマンゴー・クリーミーなトフィの香りが非常にフレッシュです。アタックはやや強めで、ロングモーンらしい濃厚で粘性のある口当たりを楽しめます。アメリカンオークバレル由来のオーク風味のスパイシーさも感じられる逸品です。

ロングモーン23年は、2016年に48度でボトリングされた23年熟成のスペシャルリリース。やや酸味が強く、オイリーなテクスチャで穏やかなアタックです。レモン・洋梨の香りは甘さと酸味のバランスが絶妙で、ミルクチョコレートの濃厚な味わいを楽しんだあと、ラストにはジンジャーの心地いい余韻が広がります。

ロングモーンディスティラリーズチョイスは、2016年に発売されたロングモーンの新シリーズです。バーボン樽・シェリー樽・ホグスヘッド樽の原酒を組み合わせて熟成したものをボトリングしており、若草のような軽やかで爽やかな香りが楽しめます。ワインを思わせるブドウの香りも感じられ、ライトでクリーミーな飲み口です。

ロングモーン

ロングモーン 16年 48度 700ml [並行輸入品]

価格:21,180円 (税込)
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロングモーン

ロングモーン 18年 48度 700ml [並行輸入品]

価格:21,800円 (税込)
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベルノリカール

ロングモーン23年 [ ウイスキー イギリス 700ml ] [ギフトBox入り]

価格:28,296円 (税込)
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロングモーン

ロングモーン 25年 正規品 53.0度 700ml

価格:44,000円 (税込)
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゴードン&マクファイル

ロングモーン 39年 1973 レア ヴィンテージ (ゴードン&マクファイル) 43度 700ml

価格:140,800円 (税込)
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロングモーンのおすすめの飲み方はストレートです。ストレートで飲むとロングモーンの濃厚でクリーミーな味わい、パッションフルーツ・洋梨のフルーティーな香り、ミルキーなトフィの香りを存分に楽しめます。

 

また、ロングモーンは万能な飲み方に適したウイスキーなので、その他の味わい方でも美味しく飲めます。ストレートでロングモーンの本来の味わいを楽しんだあとは、水割り・ハイボールといった飲み方を試すのもおすすめです。

ブレンダーの間ではトップドレッシングの1つとして知られるロングモーン。トップドレッシングとは、味わいにより深みと奥行きを与える最上のモルトを示す用語です。

 

そのため、トップドレッシングに選ばれているウイスキーから選ぶとロングモーンに似たものを見つけやすいです。トップドレッシングとしても有名なウイスキー、グレンファークラス・マッカラン・オルトモアなどがロングモーン好きの方におすすめです。

おすすめのロングモーン5選をご紹介しました。トップドレッシングの1つでもあるロングモーンは、クリーミーなテクスチャと華やかな風味が大きな特徴です。ぜひこちらの記事を参考にして、お気に入りのロングモーンを見つけてください。