【2022年最新】電動空気入れ(電動エアーポンプ)のおすすめランキング21選【充電式・日本製も】

タイヤの空気が抜けたまま走るとホイールがダメになったり後々大変です。面倒ですが自転車や自動車、ロードバイクの空気圧は見逃せません。マキタなどから発売している電動空気入れがあれば楽々空気を入れられます。この記事ではおすすめの電動空気入れをご紹介します。

2022/06/17 更新

自転車やロードバイクのタイヤに空気が入っていないまま乗っていることもありますよね。手動で空気を入れるのは大変なので敬遠しがちですが、空気圧が低いまま乗っているとパンクやホイール変形の原因になってしまい更に手間やコストがかかってしまいます。

 

しかし、電動空気入れはワンボタンで素早く規定の空気圧までピッタリ空気を入れられるのが魅力。小型のもであれば置き場所にも困らず持ち運びも可能なので、不意なタイミングでも対応できます。

 

今回は電動空気入れの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてください。また、記事の最後には電動空気入れの使い方と注意点も紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

ここからは対応アイテムの充電方式・空気圧・バルブの形状・機能・メーカー・ブランドの7つの項目を電動空気入れの選び方のポイントとして1つずつご紹介していきます。

 

【目次】

一番重要なのはどんなアイテムに対応した空気入れなのかです。電動空気入れは自転車やロードバイクの他に、自動車や簡易プール、ボールにも対応しているものがあります。それぞれサイズも変わってくるので確認してみましょう。

 

【目次】

タイヤ類ではなくビニールプールやスポーツ用のボールなどに対応した自動空気入れはコンパクトなもので十分です。大型のもので空気圧の調整が出来ないものなどを使ってしまうとぱんぱんになって破裂する恐れもあります。

 

小型の自動空気入れは充電式のものが多く片手で軽々と持ち運びができるものが多いため、外出する際に一緒に持って行きたい方におすすめです。価格が安いものが多く物によっては自転車やロードバイクにも対応しているものがあるためコスパが高いです。

自転車やロードバイク、自動車、バイクなどの乗り物のタイヤ用に探している方には空気圧の調整機能がついているものがおすすめです。誤って空気を過充填してしまうと最悪チューブに穴が開いて交換が必要になってしまうこともあります。

 

空気圧の自動調整機能とは、あらかじめ最適な空気圧を設定しておくことで、規定の空気圧になると自動で空気の充填を停止する便利な機能です。タイヤの空気圧を頻繁に充填するのも簡単にできるのでおすすめの製品です。

1つの自動空気入れで様々なタイプのものに対応した便利なものを探している方にはマルチタイプがおすすめです。マルチタイプはセットでついてくる豊富なノズルのアタッチメントをセットすることでボールやプールから自転車や自動車のタイヤまで幅広く対応できます。

 

しかし、空気入れに慣れていない方だと、どのアタッチメントが何に対応しているかわからなくなる場合もあります。そんなときは日本語の取扱説明書がついている国産製品や、わかりやすく図で説明がされている商品を選ぶのがおすすめです。

 

デメリットは性能が低いものだと空気が入る速度はどのノズルでも一定で、大きいタイヤになると時間がかかる点です。また、空気圧の調整も自分でしなければいけないため終盤は目が離せなくなってしまいます。

充電方式によっては持ち運びができるかできないかまで変わってきます。コンセント式・充電式・乾電池式の3つに分けてそれぞれに適したシチュエーションを交えて特徴をご紹介します。

 

【目次】

コンセント式の自動空気入れは、当然コンセントがないところでは使用できないので自宅などのコンセントが届く範囲での使用がメイン。持ち出すことがない方であればコンセント式で問題ありません。

 

コンセント式は充電式や乾電池式のものよりもハイパワーなものが多いです。また、充電や電池交換の手間が無くコンセントにさすだけでいつでもすぐ使えるのも大きなメリット。ハイパワーで大型タイヤまで対応している製品が多く、ご自分で自動車やバイクのメンテナンスをしている方におすすめの製品です。

充電式は持ち運びが可能で使用場所を選ばないのでアウトドアなどに携帯していくのが目的の方におすすめです。充電方式はUSB接続や車のシガーソケットでもできるため、外出先で万が一充電が切れても車に戻って充電出来ます。

 

コンセント式と違いコードなどの煩わしいものが無いため自由に動かしやすく、快適に空気を入れられるのも魅力。電動空気入れの使用目的がアウトドアシーンのみであれば車に積みっぱなしでも問題ありません

乾電池式は充電式と同じく持ち運びを想定して作られているので小型なものが多くなっています。海でビーチボールに空気を入れたりする程度であればこれ1つあれば十分です。

 

デメリットは交換用の電池をあらかじめ用意しておかないといけない点です。充電式と違いもし電池が切れてしまって替えの電池もないと、近くのコンビニや家電量販店まで行く手間がかかります。

 

また、乾電池式はパワーが弱いため使用用途が限られます。レジャー先などでビニール製品などの簡単で小型なものに空気を簡単に入れたいだけの方にはおすすめの製品です。

何に空気を入れたいかによって適切な空気圧の製品を選ばなくてはいけません。少量の空気圧で十分なものにハイパワーの自動空気入れを使ってしまうと破裂したりしてケガの可能性があるので危険です。

 

逆に高空気圧が必要なのにパワーが低い自動空気入れを使っているといつまでたっても十分な空気圧にならず時間がもったいないです。充電式や乾電池式のものだと最悪充填してる最中にストップしてしまう場合があります。

自転車に電動空気入れを使用する場合はバルブを必ず確認しましょう。自転車のバルブには英式・仏式・米式の異なる3つのタイプがあります。

 

主に英式はいわゆるママチャリに使われており、仏式はロードバイクに多いです。米式は車やバイクに多い形状であまり見かけないタイプですがマウンテンバイクなどで時折このタイプのものがあります。

 

自転車用のバルブについてはバルブの形状が一致していないと空気入れの使用不可な物もあるので気を付けてください。

とても便利な電動空気入れですが、電化製品の品質の高さを判断する基準の一つに電気用品安全法の「PSE認証」のマークがついているかどうかがポイントです。

 

PSEマークとは電気製品における厳しい基準をクリアした商品にのみつけられるマークです。このマークが付いた商品であれば小さいお子様やペットがいるご家庭でも快適に使用できます。

 

しかし、PSEマークは海外の商品にはついていない場合があります。そのため、海外のメーカーの商品を購入する場合は、メーカーの保証がついているか、商品のレビューは悪くないかなどを確認して判断しましょう。

次に紹介するのは機能をポイントにした選び方です。空気抜き機能・コードの長さ・ライト付き・静音性・空気漏れ防止機能・加熱保護機能などの6つをポイントにして1つずつご紹介します。

 

【目次】

電動空気入れがあると空気を入れるのは簡単ですが、空気を抜くのは大変ですよね。特に家庭用の大型プールなんかは空気を抜いて折りたたんでしまう方が時間がかかったりします。

 

そこで、電動空気入れの中には空気を入れるだけでなく、反対に便利に抜ける機能を搭載したものがおすすめ。バルブをノズルに押し込み、ボタンを押すだけですぐに空気が抜けて便利です。

 

ビーチボールやプールに最適ですが、真空用のノズルを使えば衣類や羽毛布団の圧縮にも使えます。空気抜き機能は季節の変わり目にかさばるものを収納したいときにも役立つ便利な機能です。

ハイパワーで充電や電池の交換が不要なすぐに使えるコンセントタイプの電動空気入れを検討する場合は、コードの長さも確認が必要です。商品によって長さが異なるので、コンセントから対象物への位置関係や距離を考慮しましょう。

 

コンセントの長さがどうしても足りない人は長めの延長ケーブルで対応も可能。使用シーンに合わせて検討してください。

アウトドア先での夜やガレージなどの薄暗い場所で作業をするとノズルやバルブが見えづらいですよね。そんな方にはライト付きの電動空気入れの購入がおすすめ。最近のものはLEDが付いていて手元を明るく照らします。

 

小型のものならば、夜中に運転していたら急にタイヤにトラブルが発生したときでもすぐに空気を入れられるので便利です。

 

また、コンパクトタイプでLEDがついている電動空気入れなら非常時の懐中電灯代わりにもなります。防災グッズとしても使用できるので不意にあると助かる便利な機能ですね。

自宅で電動空気入れを使用する際にうるさい動作音で近隣住民に迷惑がかからないか心配になります。そんなときは静音性の高い電動空気入れを選ぶのがおすすめです。

 

一般的な電動空気入れの動作音は80db前後といわれています。これはパチンコ店内や救急車のサイレンを直近で聞くのと同じくらいの大きさで人の声に変換するとかなりの大声に匹敵します。

 

優れた静音性を備えた電動空気入れは動作音を60db前後まで抑えることに成功しています。60dbとは走行中の自動車の車内や普通の会話程度の音量です。ここまで抑えられれば近隣住民への迷惑も気になりません。

空気入れでしっかりと空気で満たした後、バルブを外して栓をするその間に勢いよく空気が抜けてまた入れ直しが必要なんてことありますよね。焦ってしまうと中々栓を締められずストレスになってしまいます。

 

そんな問題には空気漏れ防止機能で対処しましょう。空気漏れ防止機能はバルブを抜いた瞬間の空気漏れを想定して、あらかじめ適正の空気圧よりも少しだけ多く空気を注入します。

 

少し空気が抜けた方が適正な空気圧になるのでこの機能を搭載した電動空気圧を使えば、バルブを抜いてから栓をするまでの動作を焦らず慎重に行えます。

電動空気圧はハイパワーなものほど電力を多く使うため、熱がこもりやすくなります。そういった製品には優れた排熱性が備わっている場合もありますが、中には本体が100°以上まで熱くなってしまうものもあるのでやけどの恐れがあります。

 

そんな不慮の事故を回避するためにも、本体の故障を防ぐためにも過熱保護機能がおすすめです。既定の温度まで本体の温度が上昇すると自動的に電源を落として本体を冷まします。再度使用するまで少々時間がかかりますが、快適に長く使ってもらうためにも重要な機能です。

ここからは有名メーカーであるマキタ・Gushen・LOGOS・の3社とコストコやカインズでも買える製品の価格帯と特徴をご紹介します。

 

【目次】

電動工具をはじめとする総合電動工具の製造販売を行う日本の有名メーカーであるマキタの電動空気入れの価格帯は8,000~28,000円ですが、ほとんどの商品は5,000円前後で購入できます。

 

マキタの電動空気入れはバッテリーの持ちの良さが特徴。また、自動停止機能や過熱保護機能など多機能な商品が多いです。

電動空気入れには動作が不安定なものもありますが、Gushenの電動空気入れは非常に安定して動作します。価格帯は6,000~7,000円です。

 

アタッチメントの種類が豊富で小型ながらライト機能や自動停止機能が付いているなど多機能な製品を取り扱っているのが特徴です。

アウトドア総合メーカーであるLOGOSの電動空気入れはあまり数は多くないですが価格帯は1,500~20,000円程度です。

 

LOGOSの電動空気入れの特徴は、パワフルさです。大きなプールやエアベッドなどのアウトドア用品でも空気を入れられます。また、直接シガーソケットに繋ぎながら使用できるため、アウトドアシーンでも電源の確保に困りません。

コストコやカインズなどの大型ホームセンターでも電動空気入れは取り扱っていますし、カインズに関しては自社のオリジナルブランドの電動空気入れも販売しています。

 

こういったホームセンターに行けばたくさんの種類の製品が展示しているのでどんな商品があるのか実際に手に取って見てみるとより判断しやすくなりますね。

Dighealth

電動エアコンプレッサー

価格:4,999円 (税込)

2200mAhリチウム電池内蔵でバッテリー長続き

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気圧を設定可能な自動停止機能付きです。4種の空気圧単位PSI/BAR/KPA/Kgを表示、選択可能、3分以内に150PSIに達することも可能です。大容量バッテリーでフル充電したら6つのタイヤにフルで充填できます

 

LEDライトがついているためアウトドアレジャーや自宅ガレージ内でも手元を明るく照らして快適に使えて、小型軽量なため持ち運びも簡単です。また、アタッチメントが多く付属しているのでビニール製品やタイヤなど様々なものに対応しています。

タイプ
充電式
対応
タイヤ・ボール・エアーマット・浮き輪・ビニールなど
自動停止
あり
過熱保護
なし
静音性
なし
PSE認証
なし
自転車やバイクのタイヤの空気入れ用に購入しました。付属アダプターで英式、米式のプラグにボールや風船、浮き輪等いろいろなものに手軽に空気を入れる事が出来ます。電源を必要とするコンプレッサーと違い、手軽にどこでも空気を入れる事が出来て便利です。

出典: https://www.amazon.co.jp

Makita

MP180DRG

価格:27,927円 (税込)

長時間使用が可能な18V仕様の日本製空気入れ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなボディですが、1分間に12Lの吐出量という充電式とは思えないパワフルな電動空気入れです。見やすいサイズの液晶ディスプレイに空気圧を表示してくれて、簡単なボタン操作で変更出来ます。

 

LEDライトも付いていて、自動停止機能、加熱保護機能も付いている多機能な電動空気入れです。パワフルな割に本体の重量は1.7kgと軽量なのもおすすめポイントです。

タイプ
充電式
対応
各種タイヤ・ビニール製品など
自動停止
あり
過熱保護
あり
静音性
なし
PSE認証
なし
自動車、自転車の空気入れ用に購入。使い方はとても簡単でした。 入れたい空気容量を設定し、トリガーを引くだけ。規定量で勝手に止まります。 ガソリンスタンドまで行く手間、せっせとポンプを足踏みする手間がなくなりました。

出典: https://www.amazon.co.jp

AstroAI

AIR100Y

価格:1,980円 (税込)

シガーソケット対応の多機能空気入れ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

主に自動車用として作られたこちらの商品は、1分間に35Lと一般的な電動空気入れの2倍以上パワフルです。また、大画面モニターで設定値や充填中の値が大変見やすくなっているのもおすすめです。

 

自動停止機能や空気漏れ防止機能、過熱保護機能も搭載していてさらに静音設計なので、近隣住民への迷惑の心配をせずに自宅で使用出来ます。

タイプ
コンセント式・シガーソケット対応
対応
各種タイヤ・ビニール製品など
自動停止
あり
過熱保護
あり
静音性
あり
PSE認証
なし
製品のつくりはとてもしっかりしている印象です。布製のケースも付属しますので付属品の管理も容易です。2000円クラスの商品よりもお薦めします。

出典: https://www.amazon.co.jp

Tooge

エアコンプレッサー

価格:5,980円 (税込)

最新版・第三世代のエアコンプレッサー

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの自立タイプの商品はスマートな見た目のため室内に置いても悪目立ちせずなじむデザインの電動空気入れです。5つのアタッチメントが付属しビニール製品からタイヤまで幅広いものに対応しています。

 

付属でUSBケーブル以外に3mのシガーソケットも付いてきます。これくらい長ければアウトドアシーンでも問題なく電源を確保しながら使用出来ます。また自動停止機能が付いていてタッチボタンで簡単な操作が可能なことから直感的な操作で使えてしまいます。

タイプ
充電式
対応
各種タイヤ、ビニール製品など
自動停止
あり
過熱保護
なし
静音性
あり
PSE認証
あり
この製品はタイヤ4本分の補充には十分駆動できるバッテリーを内蔵していて、シガーソケットからの電源も併用できるという事でこの製品を選択しました。0.15k上げるのに20秒程度なので普段の空気圧調整には十分使えます。

出典: https://www.amazon.co.jp

JanGoo

電動エアコンプレッサー

価格:4,999円 (税込)

超軽量で片手で持てるコンパクトサイズ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JanGooの電動空気入れはパワフルで巨大な電動ポンプの機能を片手で持ち運び可能なコンパクトサイズにした革新的な商品です。

 

LED機能や自動停止機能も付いていて、空気入れだけでなく空気圧のチェックも可能な多機能で便利な商品です。付属のアタッチメントが豊富で英式、仏式、米式のバルブにも対応しています。

タイプ
充電式
対応
各種タイヤ、ビニール製品など
自動停止
あり
過熱保護
なし
静音性
なし
PSE認証
あり
バイク用に購入しました。手軽でコンパクトで、操作も簡単です。2200mAhの大容量電池を搭載しているので、電池量不足などの心配はせず使用出来ています。パワフルな空気圧縮で空気が入るのも短いです。

出典: https://www.amazon.co.jp

Reesibi

電動エアーポンプ

価格:5,680円 (税込)

超小型で多機能な電動空気入れ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

数ある電動空気入れの中でも群を抜いた小型軽量サイズなのに自動車のタイヤの空気圧チェックも空気入れもできる驚きの商品です。

 

大容量2000mAhのバッテリーを搭載していて、フル充電で4つの車タイヤに充填できます。液晶画面で簡単にバッテリー残量を確認できるのもありがたいです。また、アタッチメントも豊富で仏式と米式のバルブもセットで手に入ります。

タイプ
充電式
対応
各種タイヤ・ビニール製品など
自動停止
あり
過熱保護
なし
静音性
あり
PSE認証
なし
こんなにコンパクトなのに車のエアーチェックや空気入れが簡単に出来るようになるなんて、道具の進化が素晴らしい。今までガソリンスタンドで使っていた大きな空気入れはなんだったの?って感じ。

出典: https://www.amazon.co.jp

Takagi

Earth Man ACP-10A

価格:12,539円 (税込)

オイルレス静音タイプのエアーコンプレッサー

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Takagiのエアーコンプレッサー、Earth Manシリーズのこちらはオイルレスタイプなので定期的なメンテナンスが不要な嬉しい商品です。

 

ボールやゴムボートから、自動車やバイクのタイヤまで対応しており、過熱保護機能で連続吐出しないようになっていて快適に使用できます。また、静音性に優れており、庭先での細かいゴミやほこりを飛ばすのに使用するのもおすすめです。

タイプ
コンセント式
対応
各種タイヤ・ビニール製品・ゴムボートなど
自動停止
なし
過熱保護
あり
静音性
あり
PSE認証
なし
今迄シングルピストンのコンプレッサー(4ℓタイプ)を使って居ましたが、8年使い込んで壊れてしまったのでこちらの商品を購入致しました。 シングルピストンコンプレッサーとは違い、余りの音の静かさにびっくりしました。

出典: https://www.amazon.co.jp

AstroAI

A220B

価格:2,999円 (税込)

シガーソケットから電源供給可能で多機能な電動空気入れ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AstroAIが発売しているこちらの商品は、車、SUV、オートバイ、自転車のシュレーダーバルブに対応しており、付属のアクセサリを使えば、ボール、空気枕、クッション、マットレスにも対応出来ます。

 

自動停止機能や過熱防止機能が付いていているのもポイント。シガーソケットから電源の供給が可能なことと静音性も優れているため、キャンプ場などのアウトドアシーンでも活躍します。

タイプ
コンセント式(シガーソケット)
対応
各種タイヤ・ボールなど
自動停止
あり
過熱保護
あり
静音性
あり
PSE認証
なし
気に入った所は、自動停止するところ。 今日、軽自動車のタイヤ4本の空気を入れましたが難なく入りました。 音は余り気になりませんでした。

出典: https://www.amazon.co.jp

CYCPLUS

小型電動エアーポンプ

価格:4,399円 (税込)

自転車やマウンテンバイクに特化した多機能電動空気入れ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは過電流保護・過電圧保護・短絡保護・過熱保護・電池保護機能などの機能を備えて336gの超軽量な電動空気入れです。英式・仏式・米式の全てのバルブに対応出来ます。

 

また空気入れとしてだけではなくLEDライトを搭載していたり、大容量のバッテリーを利用してモバイルバッテリーとして緊急時にスマートフォンなどを充電できます。災害時の防災グッズとしても役立つ商品です。

タイプ
充電式
対応
各種自転車、オートバイなど
自動停止
あり
過熱保護
あり
静音性
なし
PSE認証
なし
思ったよりコンパクトで使いやすいです。 音は予想してたよりも大きかったですが1分位で入るのでとても便利でした LEDライトも搭載されていて夜の作業も楽でした。

出典: https://www.amazon.co.jp

Oasser

P1

価格:4,999円 (税込)

携帯が便利で多用途

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなポータブルサイズのこちらの商品は、小型のビニール製品から中・軽車両の空気圧のチェックと緊急の充填までカバーできます。

 

本体の材質が軽量かつ頑丈なステンレスを採用しているため傷やさびに強くなっています。また、リチウム電池を内蔵しており1時間半でフル充電が可能なのもありがたいですね。LEDライト付きなので防災グッズとしての役割も持っています。

タイプ
充電式
対応
各種タイヤ、スポーツボール、小型インフレータブル玩具など
自動停止
あり
過熱保護
なし
静音性
なし
PSE認証
なし
この電動空気入れがあれば充電さえ忘れなければイザと言う時に役に立ちます。自動車の場合はタイヤがでかいので電源ソケットから電源はとれますが、挿入空気の流量が少ないので時間が掛かるかと思われます。

出典: https://www.amazon.co.jp

Niccen

電動エアコンプレッサー

価格:2,999円 (税込)

静音性抜群軽量デザイン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

裏面に収納溝があり、 使用後は電源コードやガスノズルを収納できる便利なこちらの商品は50db程度まで動作音を抑えています。50dbとはだいたい家庭用エアコンの室外機が出す音と同等です。

 

騒音性のわりに120Wの超高出力とプロ仕様の全銅モーターにより強力で安定した高速充填を可能にしています。液晶画面が大きくて見えやすく、操作性もいいので電動空気入れを使ったことが無い方でも簡単操作で使えてしまいます。

タイプ
コンセント式(シガーソケット)
対応
各種タイヤ・スポーツボールなど
自動停止
あり
過熱保護
あり
静音性
あり
PSE認証
なし
女性の私でも簡単に使用する事が出来ました。 シンプルで大変使いやすいです。音もさほど気になりません。

出典: https://www.amazon.co.jp

FLEXTAILGEAR

携帯式エアーポンプ

価格:2,980円 (税込)

USB充電式大容量バッテリー

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型ながら自動車やバイクなどのタイヤへの空気入れとして機能し、自動停止機能や過熱保護機能も備えているため快適に使用できます。

 

LEDライトも搭載しており、3600mAhの超大容量バッテリーを搭載したこちらの商品は、防水性能も高いのも特徴。屋外での雨の日の使用にも使えます。軽量コンパクトで、収納しやすく持ち運びに便利なので避難袋に入れておくのにもいいですね。

タイプ
充電式
対応
各種タイヤなど
自動停止
あり
過熱保護
なし
静音性
なし
PSE認証
なし
軽くて小さく、USBフル充電で1時間作動(連続は20分まで)してくれます。女房とテント泊する時に使っている190cm x 150cm x20cmのコールマン クイックベッド(エアーベッド)を約6分で膨らませてくれます。

出典: https://www.amazon.co.jp

FYLINA

電動エアコンプレッサー

価格:4,299円 (税込)

強力モーターで35PSIまで3分で充填可能

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワフルなモーターで空気入れの時間を激減させ、自動停止機能も搭載しているため起動させたら放っておいても大丈夫。LEDライトの輝度も高く、夜間でも明るく手元を照らして作業出来ます。

 

コードレスで自由に動かせるため快適に作業出来ます。またコンセントが無くても3mのシガーライターが付属しているので、車で充電もできる便利な商品です。

タイプ
充電式
対応
各種タイヤ・スポーツボール・エアベッドなど
自動停止
あり
過熱保護
あり
静音性
なし
PSE認証
あり
こんなに手軽に空気が入れられるものだと感動しきり。最適な空気圧で自動で止まってくれる機能はすごいと思いました。

出典: https://www.amazon.co.jp

AstroAI

AC300Y

価格:3,599円 (税込)

ハンドル付きで持ち運びも便利な電動空気入れ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの商品が搭載している純銅のモーターは、1分間に35Lの吐出量でタイヤに空気を充填し、かつ騒音を抑えられる設計になっているため近隣住民への迷惑をかけたくない方におすすめです。

 

過熱保護機能が付いていますが、優れた放熱性も備えているため割いた最大連続稼働時間は15分とかなり長めです。本体重量が軽くハンドルが付いていて持ち運びも楽々できるためアウトドアシーンでも活躍します。

タイプ
コンセント式(シガーソケット)
対応
各種タイヤ・スポーツボール・エアベッドなど
自動停止
あり
過熱保護
あり
静音性
あり
PSE認証
なし
音が静かと書いてあったけど、本当に静かでビックリ。(他社製品とくらべると)買って1番良かったのがセットすると自動で止まる所。この価格で音が静か、デジタルメーターが見やすい自動で止まる、とてもいい商品だとおもいます。

出典: https://www.amazon.co.jp

VEEAPE

電動エアーポンプ

価格:5,824円 (税込)

コードレスで手持ち&高効率空気入れ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

車への使用をメインとしたコードレスの小型電動空気入れです。重さ約460g、全長20cmとポータブルサイズなのに、自動車のタイヤの空気圧チェックから高速空気入れを、更には空気抜き機能まで搭載している便利な商品です。

 

USBケーブルもしくはシガーソケットから充電が可能でアウトドアシーンなどの外出時でも充電切れの心配がありません。また、高輝度のLEDライトが付いていることやモバイルバッテリーとしても使える点から防災用グッズとしても使えます。

タイプ
充電式
対応
各種タイヤ・スポーツボールなど
自動停止
あり
過熱保護
あり
静音性
あり
PSE認証
なし
この手の商品は、商品レビューや商品説明の日本語が怪しくて「大丈夫か」と思うことが多いのですが、このエアポンプについては杞憂でした。説明書も一部変な日本語がありますが製品としてはかなり優秀だと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp

AUTDER

電動空気入れ

価格:5,980円 (税込)

4mの長い電源コードでリアタイアまで簡単に届く

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2600mAhの大容量バッテリーを搭載している従来の電動空気入れよりもパワフルなこちらの商品はスポーツボールやビニール製品、さらに自動車のタイヤまで幅広く対応出来ます。

 

また静音性が高く、65db程度まで動作音が抑えられているので日中帯であれば近隣住民への迷惑を気にしなくてもよさそうです。自動停止機能やLEDライトなど、便利な機能も付いているおすすめの商品です。

タイプ
充電式
対応
各種タイヤ・スポーツボール・ビニール製品など
自動停止
あり
過熱保護
なし
静音性
あり
PSE認証
なし
バルブとの密着もよく、バッテリーの持ちもクルマ4台くらいなら一度に調整出来ます。シガーソケットからも給電できるので充電が切れても大丈夫です。値段を考えるとお買得だと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp

RUNACC

電動エアーポンプ

価格:2,995円 (税込)

ビニール製品用のスマートな空気入れ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

USB充電が可能で4000mAhの大容量バッテリーを搭載した見た目もスマートなこちらの商品は、ビニール製品用の電動空気入れで、簡単な子供用プールなら1分以内に膨らませられます。また空気抜き機能もあるので後片付けも楽になりますね。

 

重さは約270gで、収納袋も付いているため海やキャンプ場へも快適に持ち運べます。

タイプ
充電式
対応
浮き輪、ビニールプール、ボール、風船、プールマットなど
自動停止
なし
過熱保護
なし
静音性
あり
PSE認証
なし
親戚が泊まりにきていたのでこちらを使用しエアーベッドを膨らませました 充電式ですのでコードに動きを縛られず空気を入れる事が出来て非常に便利です

出典: https://www.amazon.co.jp

OUTDOORMASTER

電動エアーポンプ

価格:14,880円 (税込)

4つのノズルで様々なアウトドアグッズに対応

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ABS樹脂という合成樹脂で作られた外殻は堅牢で外部からの圧力に強く、耐熱・耐寒・耐薬品性もあるのでアウトドアに最適です。また日差しのある環境でも高輝度の液晶ディスプレイを搭載しているため画面が見やすくなっています。

 

付属品で円形ノズル・コーンノズル・H3バルブ・V7バルブの4つのアタッチメントが付いてくるので、様々なアウトドアグッズに対応出来ます。空気抜き機能も搭載しているので片付けも快適に行えます。

タイプ
充電式
対応
SUP・エアクッション・クッションベッド・インフレータブルテント・パドルボードなど
自動停止
あり
過熱保護
あり
静音性
なし
PSE認証
なし
ジャンプスターターと組み合わせて超お手軽に使用できます ビックリするくらいバッテリー減りません 理想かつ究極のセットです

出典: https://www.amazon.co.jp

BIBIELF

電動エアーポンプ

価格:1,999円 (税込)

空気抜き機能で真空収納にも使える

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手のひらに収まる超コンパクトサイズで持ち運びも簡単なこちらの商品はスイッチを入れるだけで使えるので初心者の方でも簡単に使えます。USBケーブルからでも充電できるのでアウトドアシーンでもバッテリーの心配はありません。

 

また、空気抜き機能も備わっているので季節の変わり目に羽毛布団やダウンコートなどを真空収納する際にも活躍します。

タイプ
充電式
対応
浮き輪・ゴムボート・エアベット・ビニールブールなど
自動停止
なし
過熱保護
なし
静音性
なし
PSE認証
なし
当然といえば当然ですが、思ったより音が大きかったです。でも昼間の屋外、海やプールで使用するには、気にならない大きさです。充電は、通常のコンセントからと、車のシガーライターからも出来るのもポイント高いです。

出典: https://www.amazon.co.jp

RUNACC

電動エアーポンプ

価格:3,095円 (税込)

ハイパワーで高性能、さらに3種類のノズルが付属

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

USB充電が可能で2000mAhの大容量バッテリーを搭載した小型ながらパワフルなこちらの商品は、1分以内にエアーベッド、子供用プールなどを膨らませられます。過熱保護機能ではありませんが、高い排熱性を備えているのもポイントです。

 

また3種類のノズルが付属しており家庭用でもアウトドア用でも様々なものに対応しています。さらに充填する際にノズルの落下を防止するため、ノズルと注入口が接続する部分に引っかかるような特殊設計をしております。

タイプ
充電式
対応
浮き輪・ビニールプール・ボール・風船・プールマットなど
自動停止
なし
過熱保護
なし
静音性
なし
PSE認証
なし
値段とサイズから、過度な期待はしていませんでしたが 予想外に強力で感動しましたw アウトドア好きなら持っていて損はないです!

出典: https://www.amazon.co.jp

FIELDOOR

電池式電動エアーポンプ (空気入れ&空気抜き両対応)

価格:1,930円 (税込)

乾電池式で持ち運びやすい電動ポンプ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの商品は乾電池式なので場所を選ばずに使えて、持ち運びにも便利な電動ポンプです。屋外でのレジャーや海やキャンプなどのアウトドアシーンで活躍します。

 

空気を入れるだけではなく空気を抜くこともできる2Way仕様。ノズルは3種類付属しているので、さまざまなバルブに対応可能です。

タイプ
乾電池式
対応
ビニールプール、ビニールボート、エアーベッドなど
自動停止
なし
加熱保護
なし
静音性
なし
PSE認証
なし
実家の両親が泊まりに来た時に使うエアベッド用に買いました。問題なく膨らますことが出来ました。プール用にも使えそうです。

出典: https://www.amazon.co.jp

電動空気入れの比較一覧表

商品画像
メーカー
Dighealth
Makita
AstroAI
Tooge
JanGoo
Reesibi
Takagi
AstroAI
CYCPLUS
Oasser
Niccen
FLEXTAILGEAR
FYLINA
AstroAI
VEEAPE
AUTDER
RUNACC
OUTDOORMASTER
BIBIELF
RUNACC
FIELDOOR
商品名
電動エアコンプレッサー
MP180DRG
AIR100Y
エアコンプレッサー
電動エアコンプレッサー
電動エアーポンプ
Earth Man ACP-10A
A220B
小型電動エアーポンプ
P1
電動エアコンプレッサー
携帯式エアーポンプ
電動エアコンプレッサー
AC300Y
電動エアーポンプ
電動空気入れ
電動エアーポンプ
電動エアーポンプ
電動エアーポンプ
電動エアーポンプ
電池式電動エアーポンプ (空気入れ&空気抜き両対応)
説明
2200mAhリチウム電池内蔵でバッテリー長続き
長時間使用が可能な18V仕様の日本製空気入れ
シガーソケット対応の多機能空気入れ
最新版・第三世代のエアコンプレッサー
超軽量で片手で持てるコンパクトサイズ
超小型で多機能な電動空気入れ
オイルレス静音タイプのエアーコンプレッサー
シガーソケットから電源供給可能で多機能な電動空気入れ
自転車やマウンテンバイクに特化した多機能電動空気入れ
携帯が便利で多用途
静音性抜群軽量デザイン
USB充電式大容量バッテリー
強力モーターで35PSIまで3分で充填可能
ハンドル付きで持ち運びも便利な電動空気入れ
コードレスで手持ち&高効率空気入れ
4mの長い電源コードでリアタイアまで簡単に届く
ビニール製品用のスマートな空気入れ
4つのノズルで様々なアウトドアグッズに対応
空気抜き機能で真空収納にも使える
ハイパワーで高性能、さらに3種類のノズルが付属
乾電池式で持ち運びやすい電動ポンプ
価格 4,999円 (税込) 27,927円 (税込) 1,980円 (税込) 5,980円 (税込) 4,999円 (税込) 5,680円 (税込) 12,539円 (税込) 2,999円 (税込) 4,399円 (税込) 4,999円 (税込) 2,999円 (税込) 2,980円 (税込) 4,299円 (税込) 3,599円 (税込) 5,824円 (税込) 5,980円 (税込) 2,995円 (税込) 14,880円 (税込) 1,999円 (税込) 3,095円 (税込) 1,930円 (税込)
リンク
タイプ
充電式
充電式
コンセント式・シガーソケット対応
充電式
充電式
充電式
コンセント式
コンセント式(シガーソケット)
充電式
充電式
コンセント式(シガーソケット)
充電式
充電式
コンセント式(シガーソケット)
充電式
充電式
充電式
充電式
充電式
充電式
乾電池式
対応
タイヤ・ボール・エアーマット・浮き輪・ビニールなど
各種タイヤ・ビニール製品など
各種タイヤ・ビニール製品など
各種タイヤ、ビニール製品など
各種タイヤ、ビニール製品など
各種タイヤ・ビニール製品など
各種タイヤ・ビニール製品・ゴムボートなど
各種タイヤ・ボールなど
各種自転車、オートバイなど
各種タイヤ、スポーツボール、小型インフレータブル玩具など
各種タイヤ・スポーツボールなど
各種タイヤなど
各種タイヤ・スポーツボール・エアベッドなど
各種タイヤ・スポーツボール・エアベッドなど
各種タイヤ・スポーツボールなど
各種タイヤ・スポーツボール・ビニール製品など
浮き輪、ビニールプール、ボール、風船、プールマットなど
SUP・エアクッション・クッションベッド・インフレータブルテント・パドルボードなど
浮き輪・ゴムボート・エアベット・ビニールブールなど
浮き輪・ビニールプール・ボール・風船・プールマットなど
ビニールプール、ビニールボート、エアーベッドなど
自動停止
あり
あり
あり
あり
あり
あり
なし
あり
あり
あり
あり
あり
あり
あり
あり
あり
なし
あり
なし
なし
なし
過熱保護
なし
あり
あり
なし
なし
なし
あり
あり
あり
なし
あり
なし
あり
あり
あり
なし
なし
あり
なし
なし
静音性
なし
なし
あり
あり
なし
あり
あり
あり
なし
なし
あり
なし
なし
あり
あり
あり
あり
なし
なし
なし
なし
PSE認証
なし
なし
なし
あり
あり
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
あり
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし

電動空気入れを購入する前に使い方と注意点をご紹介します。製品によって若干異なりますが基本的な使い方は同じです。快適に長く使うためにも間違った使い方をしないようにしましょう。

電動空気入れを使う際の基本的な流れは同じで、空気を入れる対象物に合ったアタッチメントを装着し、空気圧の調整が可能な製品の場合はボタン操作で設定し空気を充填します。

 

タイヤの空気圧を調整する際はPSI・BAR・KPA・Kg/cm2のどれか単位を設定する必要があります。大体のタイヤは側面部分に単位が記載されているので、そこをチェックして同じ単位を設定しましょう。

 

自動停止機能が付いていない場合は空気を入れすぎないようにしてください。また、全ての商品に言えますが取扱説明書をよく見てから行ってください。

電動空気入れには連続使用時間と停止してからのインターバルが細かく記載されています。過熱保護機能が付いていれば強制的に電源が落とされますが、そうでないものの場合は気を付けましょう。

 

使用時間を守らず使い続けると本体が熱を持ち、100°以上になる場合もあります。小さい子供やペットがいる場合は特に注意が必要。軽いやけどでは済まなくなってしまいます。

 

また、あまりに熱がこもってしまうと本体が破損する恐れも。製品の寿命を縮めてしまうので、長く使っていただくためにも適度に休憩を入れながら焦らずに空気入れを行いましょう。

今回は電動空気入れの選び方のポイントとおすすめ商品をランキング形式でご紹介しました。電動空気入れの購入を検討している方は、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にして理想の電動空気入れを見つけてください。