【2021年最新】スポーツタイヤおすすめ12選|スペック比較表も紹介!

サーキット走行から街乗りまで幅広い用途に活躍するスポーツタイヤ。さまざまなメーカーからグリップやデザインに凝った商品が登場しているので、何を基準に選べばいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。今回は、スポーツタイヤの選び方とおすすめ商品12選を紹介しますので参考にしてください。

2021/05/03 更新

スポーツタイヤの最大の特徴は、グリップ性に優れていることです。ハイグリップ仕様により走行性能が高まるだけでなく、危険回避操作性も向上するメリットがあります。また、デザイン性にも優れていることから、愛車をドレスアップしたい方にもおすすめです。

 

車の走行において重要となる、走り出しの加速性・止まる際のグリップ性でも普通タイヤとの違いを発揮します。しかし、スポーツタイヤにはメリットだけでなくデメリットも存在します。また、さまざまなメーカーから発売されているので、見分けがつかない方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、この記事ではスポーツタイヤの特徴や選び方、おすすめ商品12選を紹介します。記事の最後には注意点やあると便利なグッズも紹介しますので、ぜひ最後まで読んで役立ててください。

今すぐ見る!スポーツタイヤのおすすめ12選

スポーツタイヤはスポーツカー専用のタイヤと誤解されがちですが、スポーツカー専用ではありません。軽自動車からSUV車まで幅広い車種にも対応しています。エコタイヤはリーズナブルで購入しやすいものの、グリップ性とデザイン性は高くありません。

 

スポーツタイヤはエコタイヤより価格は高めですが、グリップ性とデザイン性に優れています。ただし、グリップ性に優れているゆえに路面の凹凸に影響されやすく乗り心地が悪いのはデメリットです。また、エネルギー消費が高いため燃費が悪く、静粛性が低いことも留意しましょう。

スポーツタイヤを選ぶポイントは、タイプごとのメリットとデメリット・性能・その他の性能・コスパの4つです。それぞれのポイントについて詳しく解説しますので参考にしてください。

メリットとデメリットを知ってタイプを選ぶ

スポーツタイヤのタイプは主に、カジュアル・コンフォート・リアル・S・プレミアムの5つです。タイプごとに特徴は異なり、それぞれにメリットとデメリットがあります。どのタイプが自分の車に合っているかを見極めましょう。

初心者や軽自動車にはカジュアルスポーツ

カジュアルスポーツタイヤは、街乗りからサーキット走行まで幅広く対応できるのがメリットです。初心者にも使いやすく、軽自動車用もあります。名前の通りカジュアルに使用できますが、他のタイプに比べるとややグリップ力が劣るのがデメリットです。しかし、安定性は高いので雨の日も安心でバランスのいいスポーツタイヤと言えます。

乗り心地重視ならコンフォートスポーツ

スポーツタイヤの課題である、乗り心地の悪さをカバーできるのがコンフォートスポーツタイヤです。運動性を保ちながら快適性もあり、ドライ性能とウェット性能も兼ね備えています。価格の高さがデメリットですが、運動性と乗り心地の両方を求めるのであればコンフォートスポーツタイヤをおすすめします。

スムーズな走り出しのリアルスポーツ

リアルスポーツタイヤは、ドライ性能に特化しているのが特徴です。乾いた路面であれば最大限に威力を発揮するので、サーキット走行にも向いています。もちろん街乗りにも対応できるので、走り屋にもおすすめです。ただし、濡れた路面には不向きとなるので注意してください。雨が降らない時期であれば、グリップ力を思う存分楽しめます。

モータースポーツにはSタイヤ

Sタイヤはモータースポーツ向けに設計されているので、5タイプ中では最もグリップ力に優れています。タイムアタックで記録更新を狙いたいときにうってつけです。もちろん公道も走れますので、スピード重視で選びたい方にも向いています。ただし、寿命が短いことや騒音が大きいこと、ウェット性能に劣ることを留意しましょう。

全てにおいてハイクオリティなプレミアムスポーツ

運動性・操作性・静粛性・乗り心地などあらゆる面において優れているのが、プレミアムスポーツタイヤの特徴です。一切妥協したくない方には最適な選択となるでしょう。ただし、満足度が高い分価格も高めです。予算が許すのであればプレミアムスポーツを試してみてはいかがでしょうか。

性能

その他の性能でチェックしたいのは、ドライ性能・ウェット性能・コンフォート性能です。用途によっても選択肢は変わりますので、最適と思えるものを見極めてください。

サーキット走行が前提ならドライ性能

乾いた路面で走るのが前提のサーキット走行には、ドライ性能に優れていることが求められます。しっかりと路面を捉えること、走り出しや止まるときのスムーズな走行を可能にするには、ドライ性能が欠かせません。

 

ただし、ドライ性能のみでは乗り心地が悪くなるので、ウェット性能やコンフォート性能も持ち合わせているかをチェックしてください。

悪路で性能を発揮するウェット性能

街乗りを前提にしているのであれば、雨の日も快適な走行ができるようウェット性能に優れたスポーツタイヤがおすすめです。ウェット性能に優れたタイヤは排水性が高いので、濡れた路面でも安定した走りを可能にします。

 

悪路にも対応できるため、天候を気にせず使用したいときにもおすすめです。ただし、スピードの出しすぎには十分注意してください。

快適性・スピード性を求めるならコンフォート性能

「ある程度スピードも維持したいけれど快適性も外せない」という場合は、コンフォート性能をチェックしてください。スポーツタイヤはスピード重視で選ぶサーキット走行には最適ですが、乗り心地を重視する街乗りには不向きであることを留意しましょう。

 

コンフォート性能に優れているスポーツタイヤであれば、スピードと快適性の両方を可能にします。ただし、価格が高くなる傾向があるので予算と照らし合わせて決めるのがおすすめです。

その他の性能

その他の性能でチェックしたいのは、耐久性・扁平率・安定性とバランスです。いずれも快適で安全な走行には欠かせないポイントなので、しっかり確認しましょう。

交換頻度を減らしたいなら耐久性の高いもの

スポーツタイヤはグリップ性に優れているのはメリットですが、グリップ性が高いゆえに摩耗が激しく寿命が短くなる傾向があります。特に走る機会が多いと消耗も早く、タイヤ交換頻度が高くなることを留意しましょう。交換頻度を減らしたいのであれば、耐久性をしっかりチェックしてください。

扁平率は愛車に合わせて

扁平率とは、タイヤのゴム厚を表す数値のことです。扁平率は「○%」と表示されますが、数字が高いほど乗り心地や燃費がいい反面で、コーナリングの安定性やデザイン性は劣ります。数字が低いほどコーナリングやデザイン性は高くなるものの、乗り心地と燃費は悪くなることを留意しましょう。愛車に合った扁平率を見極めてください。

タイヤの太さと安定性のバランスをチェック

タイヤが太くなるほど安定性は高くなりますが、ハンドリングの難易度が上がり、摩耗が早くなるため交換頻度が上がります。見た目を重視する場合は太いタイヤを選ぶ傾向が見られますが、純正タイヤより太いものはおすすめしません。好みの問題もありますが、タイヤの太さは安定性と操作性のバランスを考えて見極めることが大切です。

コスパ

スポーツタイヤはタイプや性能によって価格は変わりますが、全体的にエコタイヤより価格が高めです。さらに交換頻度も高くなるので、費用がかかるのは否めません。少しでもコスパをよくしたいのであれば、高性能でも手が届きやすい価格で販売されているアジアンタイヤをおすすめします。

今すぐ見る!スポーツタイヤのおすすめ12選

スポーツタイヤ選びで迷ったときは、人気メーカーから選ぶのがおすすめです。メーカーによって特徴やデザインは異なりますので、比較して好みや用途に合っているものを見極めてください。

選択肢が豊富で気軽に試せる「DUNLOP(ダンロップ)」

ダンロップは、1888年に空気入りタイヤを実用化させたり、1913年に日本で初めて自動車用タイヤを製造したりと、タイヤ業界の先駆者として長年に渡り愛され続けている老舗メーカーです。スポーツタイヤではDIREZZAシリーズを展開しており、サーキット走行向けのDIREZZA-ZⅢや、スポーツドライビング向けのDIREZZA-DZ102など選択肢は豊富で気軽に試せるのが魅力と言えます。

総合力に優れた「BRIDGESTON(ブリヂストン)」

ブリヂストンは、二輪車用からトラックやバスなどの大型車用まで、幅広い種類のタイヤを扱う世界最大手のタイヤメーカーです。企業理念の「最高の品質で社会に貢献」を元に、燃費・操作性・快適性など総合力に優れているのが特徴です。スポーツタイヤでは幅広い車種に対応する、POTENZAシリーズを展開しています。

ハイクオリティ&スピーディな走行を可能にする「MICHELIN(ミシュラン)」

ミシュランはフランス生まれのブランドで、日本のみならず世界中でその名が知られる世界規模の大手タイヤメーカーです。モータースポーツ界でも認められているように、ハイクオリティ&スピーディーな走行に定評があります。スポーツタイヤではPILOTシリーズを展開しており、サーキット走行から街乗りまで幅広く対応できるのもポイントです。

MICHELIN(ミシュラン)

Pilot Sport 4 225/40ZR18 (92Y) XL

価格:22,220円 (税込)

フォーミュラEのテクノロジーで地面をしっかり捉える

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フォーミュラE仕様のテクノロジーを採用したことで、路面をしっかりと捉え優れたグリップ性を発揮します。さらに、縦方向・横方向ともに排水性を高めるシステムも採用。操作性や応答性にも優れているので、極上の走りを実現したい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー MICHELIN(ミシュラン) 商品名 Pilot Sport 4 225/40ZR18 (92Y) XL
タイプ プレミアムスポーツ 太さ 225mm
扁平率 40% サイズ 外径637×総幅230mm
ドライ性能 ウェット性能
コンフォート性能
PIRELLI(ピレリ)

DRAGON SPORT 215/45R17 91W XL

価格:7,800円 (税込)

安全性と快適性に優れたプレミアムスポーツタイヤ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ピレリはイタリアのミラノに本社を置くメーカーですが、中国化工集団の傘下ということもあり、高性能でありながら手が届きやすい価格のスポーツタイヤとしておすすめです。DRAGON SPORT 215/45R17は、ウェット・ドライの両路面に対応しており、耐久性が高いのも魅力と言えます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー PIRELLI(ピレリ) 商品名 DRAGON SPORT 215/45R17 91W XL
タイプ プレミアムスポーツ 太さ 215mm
扁平率 45% サイズ 外径626×総幅213mm
ドライ性能 ウェット性能
コンフォート性能
横浜タイヤ

ADVAN NEOVA AD08R

価格:15,680円 (税込)

路面への追従性と耐摩耗性に優れたリアルスポーツタイヤ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーが扱う商品内の位置づけとして、ADVANシリーズ最強のタイヤとして注目されています。対応ボディはスポーツカーですが、スポーティー性能に優れているので路面への追従性が高く、さらに耐摩耗性に優れているのもポイントです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 横浜タイヤ 商品名 ADVAN NEOVA AD08R
タイプ リアルスポーツ 太さ 255mm
扁平率 40% サイズ 外径633×総幅262mm
ドライ性能 ウェット性能
コンフォート性能
ATR SPORT(エーティーアールスポーツ)

215/45R17 91W XL

価格:5,260円 (税込)

街乗りからレース走行まで幅広く対応

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ATR SPORTはインドネシアのメーカーで、世界のレースシーンにも採用されるほどのパフォーマンスを実現しています。カジュアルスポーツタイヤは街乗りはもちろんのこと、スポーツ走行にも対応可能です。グリップ性とコーナリング性を追求したい方にも向いています。

メーカー ATR SPORT(エーティーアールスポーツ) 商品名 215/45R17 91W XL
タイプ カジュアルスポーツ 太さ 215mm
扁平率 45% サイズ 外径625×総幅215mm
ドライ性能 ウェット性能
コンフォート性能
BRIDGESTONE(ブリヂストン)

POTENZA S001 225/40R18 92Y

価格:14,200円 (税込)

ドライ性能とウェット性能に優れたプレミアムスポーツタイヤ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界トップレベルの技術を誇る人気メーカーの安心と信頼感も魅力ですが、なんと言ってもスポーツ走行に欠かせないドライ性能とウエット性能に優れているのが魅力です。こちらは左右非対称なので、外側には「OUTSIDE」、内側には「NSIDE」が来るよう装着しましょう。

 

スペック詳細はこちら

メーカー BRIDGESTONE(ブリヂストン) 商品名  POTENZA S001 225/40R18 92Y
タイプ プレミアムスポーツ 太さ 225mm
扁平率 40% サイズ 外径637×総幅227mm
ドライ性能 ウェット性能
コンフォート性能 -
Continental(コンチネンタル)

ContiSportContact 5 225/45R17 91W MO

価格:24,140円 (税込)

メルセデス承認のプレミアムスポーツタイヤ

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンチネンタルはヨーロッパ車に人気のドイツ生まれのメーカーです。ウェットグリップ性に優れているだけでなく、安全な走行に欠かせない耐摩耗性能も持ち合わせています。特に横方向に優れたグリップ性を発揮するので、コーナリングを楽しみたい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー Continental(コンチネンタル) 商品名 ContiSportContact 5 225/45R17 91W MO
タイプ プレミアムスポーツ 太さ 225mm
扁平率 45% サイズ 外径634×総幅225mm
ドライ性能 ウェット性能
コンフォート性能
DUNLOP(ダンロップ)

DIREZZA DZ102 195/50R16 84V

価格:14,090円 (税込)

コンパクトカーからスポーツカーまで幅広く対応

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーツカーを始めとして、コンパクトカーやステーションワゴンまで幅広い車種に対応するカジュアルスポーツタイヤです。強靭な耐摩耗性能を持つので、交換頻度を減らしたい方にうってつけ。さらに静寂性にも優れているのがポイントです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー DUNLOP(ダンロップ) 商品名 DIREZZA DZ102 195/50R16 84V
タイプ カジュアルスポーツ 太さ 195mm
扁平率 50% サイズ 外径602×総幅201mm
ドライ性能 ウェット性能
コンフォート性能
Pinso Tyres(ピンソ)

サマータイヤ PS-91 235/35R19

価格:5,860円 (税込)

コスパ最強のアジアンタイヤ

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ピンソは、高性能でありながら低価格を実現したインドネシアのタイヤメーカーです。優れたグリップ力とスタイリッシュなデザインは、幅広いユーザーから高く評価されています。コスパ重視で選びたい方におすすめです。

メーカー Pinso Tyres(ピンソ) 商品名 サマータイヤ PS-91 235/35R19
タイプ カジュアルスポーツ 太さ 235mm
扁平率 35% サイズ 外径647×総幅235mm
ドライ性能 ウェット性能
コンフォート性能
TOYO(トーヨー)

サマータイヤ PROXES R1R 205/55R16 91V

価格:10,660円 (税込)

コーナリングで威力を発揮するリアルスポーツタイヤ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高いドライ性能&ウェット性能がありながら、コンフォート性能も持ち合わせたリアルスポーツタイヤです。ハイクオリティなドライブグリップ性は、スポーツ走行やサーキット走行のコーナーでこそ威力を発揮します。雨天走行も可能なので、コントロール性を考えて選びたい方にもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー TOYO(トーヨー) 商品名 サマータイヤ PROXES R1R 205/55R16 91V
タイプ リアルスポーツ 太さ 205mm
扁平率 55% サイズ 外径628×総幅209mm
ドライ性能 ウェット性能
コンフォート性能
NANKANG(ナンカン)

AR-1 225/45ZR17 94W XL

価格:10,720円 (税込)

世界中で認められた台湾ブランドのSタイヤ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナンカンは、1959年創業の台湾生まれのメーカーです。世界中で認められるクオリティでありながら、アジアンタイヤならではのコスパのよさは、気軽に試せるのが嬉しいところ。AR-1 225/45R17.Z 94W XLは、コーナリングで高いグリップ性を発揮します。

メーカー NANKANG(ナンカン) 商品名 AR-1 225/45ZR17 94W XL
タイプ Sタイヤ 太さ 225mm
扁平率 45% サイズ 外径634×総幅225mm
ドライ性能 ウェット性能
コンフォート性能
GOODYEAR(グッドイヤー)

EAGLE REVSPEC RS-02

価格:19,277円 (税込)

モータースポーツ初心者におすすめのカジュアルスポーツタイヤ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モータースポーツの技術を活かし、高い路面追従性・静寂性・排水性に配慮したカジュアルスポーツタイヤです。レスポンスにも優れているので、モータースポーツ初心者から、街乗りまで幅広く対応します。スポーツ走行では、コーナリングで安定性を発揮するのもポイントです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー GOODYEAR(グッドイヤー) 商品名 EAGLE REVSPEC RS-02
タイプ カジュアルスポーツ 太さ 165mm
扁平率 55% サイズ リム幅5インチ×適合リム幅4.5~6インチ
ドライ性能 ウェット性能
コンフォート性能
BRIDGESTONE(ブリヂストン)

POTENZA RE-71R 225/40R18 92W XL

価格:25,700円 (税込)

スピードにこだわりたい方におすすめのSタイヤ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サーキットのノウハウを活かしたドライブグリップは、路面をしっかりと捉えるので、ハイスピードでも安定した走行を可能にしています。耐摩耗性も向上しておりスピード重視で選びたい方や、タイムアタックで記録更新を狙いたい方にもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー BRIDGESTONE(ブリヂストン) 商品名 POTENZA RE-71R 225/40R18 92W XL
タイプ Sタイヤ 太さ 225mm
扁平率 40% サイズ 外径639×総幅231mm
ドライ性能 ウェット性能
コンフォート性能
商品名 タイプ 太さ 扁平率 ドライ性能 ウェット性能 コンフォート性能
Pilot Sport 4 225/40ZR18 (92Y) XL プレミアムスポーツ 225mm 40%
DRAGON SPORT 215/45R17 91W XL プレミアムスポーツ 215mm 45%
ADVAN NEOVA AD08R リアルスポーツ 225mm 40%
215/45R17 91W XL  カジュアルスポーツ 215mm 45%
POTENZA S001 225/40R18 92Y プレミアムスポーツ 225mm 40% -
ContiSportContact 5 225/45R17 91W MO プレミアムスポーツ 225mm 45%
DIREZZA DZ102 195/50R16 84V  カジュアルスポーツ 195mm 50%
サマータイヤ PS-91 235/35R19 カジュアルスポーツ 235mm 35%
サマータイヤ PROXES R1R 205/55R16 91V リアルスポーツ 205mm 55%
AR-1 225/45ZR17 94W XL Sタイヤ 225mm 45%
EAGLE REVSPEC RS-02 カジュアルスポーツ 165mm 55%
POTENZA RE-71R 225/40R18 92W XL Sタイヤ 225mm 40%

これからスポーツタイヤの導入を検討するのであれば、安全で快適な走行を可能にするためにこれから紹介する2つの注意点をしっかりチェックしてください。

スポーツタイヤの寿命は短い

乗り方や頻度によっても多少の違いはありますが、スポーツタイヤはエコタイヤに比べて寿命が短い傾向があります。エコタイヤであればスリップサインが出てからでの交換でも間に合いますが、スポーツタイヤはスリップサインが出る前の交換が理想です。

 

スリップサインは、タイヤの溝が1.6mmになると現れます。1.6mmは法令で定められた最低ラインであり車検も通りません。安全走行を可能にするためにも、スリップサインは見逃さないよう注意し、早めに新しいタイヤと交換しましょう。

スポーツタイヤを履くなら空気入れを持とう

スポーツタイヤの性能を最大限に生かしたいのであれば、空気圧は常にチェックしておきたいところです。空気圧のチェックや空気入れはガソリンスタンドでもやってもらえますが、すぐにガソリンスタンドに行けないシチュエーションを想定し、空気入れとエアゲージを持っておくと安心です。

スポーツタイヤはスポーツカーだけでなく、軽自動車からSUV車まで幅広い車種に対応できるようラインナップが豊富に揃っています。サーキット走行やスポーツドライビングはもちろんのこと、街乗りに使用できるものも。紹介した選び方やおすすめ商品を参考にして、愛車に最適なスポーツタイヤを見つけてください