【入門者おすすめ】人気のオーディオインターフェースランキング10選

楽器などの音をパソコンに取り込む際に必須となるオーディオインターフェース。しかし様々なオーディオインターフェースが販売されていて、何を買えばいいか迷ってしまいます。そこで今回は、価格・品質ともに優れた人気オーディオインターフェースをランキング形式で紹介します。

オーディオインターフェースとは

・楽器やマイクの音をパソコンに取り込みたい

・DTMやボーカロイドを用いて作曲をしたい

・生放送で配信をしたい

 

これらの要望を全て叶えてくれるのがオーディオインターフェースです。初めて購入する方は、こんなものがざわざわ必要なのかと思うかもしれません。しかしオーディオインターフェースは、作業効率創作物の品質、更には自身のモチベーションにも大きな影響を与える大切な機器です。

 

今回は、初心者に特におすすめできる人気のオーディオインターフェースを、解説を交えながらランキング形式で紹介します。ぜひ自分のニーズに合ったものを探してみてください。

オーディオインターフェースの選び方

パソコンとの接続

オーディオインターフェースを用いてパソコンに音を取り込むということは、パソコンと接続する必要があります。その接続方法も様々で、それぞれ特徴があります。様々なタイプがありますが、ここでは大きく分けて2種類の接続方法を紹介します。

USB接続タイプ

オーディオインターフェースとパソコンとの接続手段で、最もポピュラーな方法です。USBは誰しも聞いたことがあると思われるので、オーディオインターフェースがUSB接続タイプなら、簡単に接続することができます。

 

数あるオーディオインターフェースでも、USB接続に対応しているタイプは多く販売されているので、初めて購入する方はこのタイプを選んでおけば間違いありません

 

この記事を読んでいる方が使用しているパソコンにもUSB端子は付いているはずなので、接続の問題で悩む必要がないというのは大事なポイントです。

PCI接続タイプ

PCI接続タイプは、USB接続タイプに比べて安定した動作性能を誇ります。ですが、少しパソコンに詳しい方でないと接続をすることができません。また、デスクトップパソコンでないと搭載することができません。

 

パソコン内部のPCIバスにカード差し込むことによって接続することができますが、パソコン初心者には少し難易度が高めになっています。接続自体は簡単ですが、何か不具合が発生した時に対応ができないと困ってしまいます。

 

また、PCI接続タイプには、音楽やゲームなどの音質を強化することに特化したサウンドカードというものが多く販売されていますが、オーディオインターフェースとは違うものになっていますので、間違えて購入することのないように注意しましょう。

安価なものは高リスク

初めてオーディオインターフェース購入する方は低価格を重視すると思われますが、そこが落とし穴になることもあります。

DAWソフトウェア

DAWとは、パソコンでレコーディング、音楽や音声の編集ができるソフトウェアの総称です。オーディオインターフェースで取り込んだ音を編集するには、このDAWが必要不可欠となります。

 

通常このDAWは、単体のソフトウェアとして販売されており、入門用からプロ用まで、幅広いラインナップが揃えられています。価格帯は基本的に数万円、高いもので10万円程のものまであります。

 

ですが、販売されているDAWの細かい機能に制限がかけられているものが、オーディオインターフェースに付属していることが多いです。

 

使い始めのうちは、この付属しているDAWで必要十分です。慣れてきたら、この制限を解除した完全版DAWを、単体で販売している価格よりも安く購入できることが多くあります。

 

しかし安価なオーディオインターフェースには、このDAWが付属していない場合があります。DAWが付属していることを「バンドル」という形で記載されているので、購入の際にはDAWが付属しているか必ずチェックしましょう。

入力端子

オーディオインターフェースを用いて音声を取り込むには、楽器やマイクなどの使用する機器に対応している必要があります。低価格のオーディオインターフェースは、それに対応する端子の数が少ない、または対応していない場合があります。

 

自分が使用する機器の端子に対応していないと、編集作業をすることができません。必ず自分が使用する機器の端子を確認しておきましょう。

 

また、使用する機器を増設する予定があるならば、入力端子数に余裕をもってオーディオインターフェースを選ぶことも大事です。

付いていると便利な機能・仕様

選ぶ決め手は、そのオーディオインターフェースにどんな機能が搭載されているか、またはどんな仕様なのかが重要です。これがあれば自身の活動をスムーズに行えるという便利な機能・仕様を紹介します。

バスパワー駆動対応

バスパワー駆動とは、パソコンを通してUSBから電源を供給するタイプの駆動方法です。主に消費電力の少ない機器に対応しており、オーディオインターフェースではUSB接続タイプで、かつ小型なものが殆ど対応しています。

 

オーディオインターフェースが小型で、かつバスパワー駆動ならば、オーディオインターフェースとノートパソコンを持ち歩いて、どこでも音楽制作やネット配信などが行えるというメリットがあります。

 

また、自宅でのみ使用するという方でも、電源をわざわざ別からとる必要がなくなるので、非常に簡単にパソコンと接続することができます。またコードがかさばらずに済むので、デスク周りを綺麗に保つとができます。

ミキサー型オーディオインターフェース

ミキサーとは、入力された複数の音声をバランスよく調整する機材です。ミキサー型オーディオインターフェースは、そのミキサーの機能がそのまま使えるオーディオインターフェースということです。

 

直感的に操作できるのが特徴で、何より複数のチャンネルを扱い、それを同時に録音しながら音量やイコライザなどの調整ができることがメリットです。自分でドラムを演奏してレコーディングをしたいという方にオススメです。

 

また、バンド演奏などで複数の音声を同時に入力・録音したいという方にはこのミキサー型オーディオインターフェースは一役買います。少しスペースをとるものが多いですが、その問題がクリアであれば、選択肢に入れてみるのもいいでしょう。

オーディオインターフェースの人気ランキング10選

第10位IK Multimedia(アイケーマルチメディ)

iRig 2

価格:4,475円(税込)

ギター・ベース専用のiOS用インターフェース

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PCを用いることなく、iPadなどのiOS搭載ハードウェアで手っ取り早く音楽編集が出来るのが、IK MultimediaのiRigシリーズです。

 

ギター・ベース専用のオーディオインターフェースで、AmpliTubeというギター・ベース専用のエフェクトソフトウェアが入っています。これにより、ギターやベースをそのまま繋ぐことで、エフェクト操作を手持ちのiPhoneやiPadなどで行うことができます。

 

音声の録音やエフェクトはできますが、DAWソフトウェアは付属していない為、ギターかベースをお持ちで、とにかく自分の音を手軽に取り込みたいという方にお勧めできる一台です。

バンドルソフト無し接続タイプステレオミニジャック
第9位ZOOM(ズーム)

TAC-2

価格:24,302円(税込)

インターネット配信に特化した高速通信

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々なオーディオ機器を取り扱っているZOOMから打ち出された、高速通信・高音質のオーディオインターフェースです。Thunderboltという新しい接続タイプによって、USBと比べ、非常に高速な通信を可能にしています。

 

生放送などのインターネット配信では、この高速通信というものが非常に役立ちます。自身が入力した音声と生放送で配信される音のズレが殆ど生じなくなり、非常に快適な配信を行うことができます。

 

また、Cubaseシリーズという初心者にもオススメできる高性能なDAWソフトウェアも付属しているので、手持ちのPCにThunderbolt端子がある場合は、ぜひ試してほしい一台です。

バンドルソフトCubase LE接続タイプThunderbolt
第8位M-Audio (エムオーディオ)

M-Track 2X2

価格:17,094円(税込)

有名オーディオソフトメーカーの本格派

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

M-Track 2×2は、プロ仕様のスタジオ品質を、卓上でリーズナブルに、かつ直感的に扱うことのできるオーディオインターフェースです。

 

非常に広い範囲で高音質での録音を可能とし、また、USB-Cという端子を利用すれば、非常に高速で、遅延を限りなくゼロにした録音も可能です。

 

バンドルソフトはPro Toolsという非常に有名なDAWソフトウェアが付属しています。有名ということは、それだけ自分が困ったときにヘルプが検索しやすいということになりますので、初心者にも安心して選べるソフトウェアとなっています。

バンドルソフトPro Tools | First接続タイプUSB・USB-C
第7位ROLAND

RUBIX-22

価格:17,064円(税込)

堅牢なボディとシンプルに集約された操作パネル

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々なオーディオインターフェースを取り扱うRolandの中から、リーズナブルかつ初心者にもオススメできるのがこのRUBIX-22です。接続パネルと操作パネルが一緒のパネルに集約されており、操作ノブも非常に少なく、コンパクトにまとめられています。

 

様々な入力端子に対応しているため、幅広い対応が可能なうえ、高音質はもちろん、徹底した低ノイズ設計が魅力となっています。

 

非常にシンプルな作りになっているので、初めてオーディオインターフェースを触る方でも、直感的に操作ができるのは安心です。Ableton LiveというDAWソフトウェアもバンドルしているので、買ったその日からすぐに音楽制作を始められます。

バンドルソフトAbleton Live Lite接続タイプUSB
第6位Roland(ローランド)

QUAD-CAPTURE UA-55

価格:38,000円(税込)

リーズナブルながら機能満載のスタンダード仕様

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者向けのスタンダードモデルながら、機能満載の豪華仕様となっています。高音質設計VS PREAMP、低遅延を実現するVS STREAMING、最適な入力レベルをワンタッチで設定できるAUTO-SENSEなどを搭載。

 

これらの豪華仕様に加えて接続タイプはUSB接続、バンドルソフトも付属しています。堅牢ながらもコンパクトなボディで、気軽に卓上に設置することもできます。初めてのオーディオインターフェースとして選べば、豪華仕様のこの機器で不自由なく音楽制作を始められるはずです。

バンドルソフトAbleton Live Lite接続タイプUSB
第5位TASCAM

US-1x2-CU

価格:8,923円(税込)

TASCAMシリーズの入門機

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TASCAMという有名な録音機器・オーディオインターフェースメーカーから、最もコンパクトな一台です。基本的な入出力端子は備えており、USB接続なので簡単にパソコンと繋ぐことができます。

 

Steinbergというメーカーの、CubaseというDAWソフトウェアがバンドルされています。このDAWソフトウェアは非常に使いやすく、バンドルしているDAWソフトウェアすらも初心者にオススメできる一台となっています。

 

また、TASCAMホームページには、購入後のセットアップをサポートする、使い方ガイドというページがあります。このページを参照することで、購入後も困ることなく接続をスムーズに済ませることができます。

バンドルソフトSteinberg Cubase LE接続タイプUSB
第4位ヤマハ(YAMAHA)

AG03

価格:15,500円(税込)

有名メーカーが作る安心のミキサー型

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音楽関係全般で非常に有名なメーカー、YAMAHAが作るオーディオインターフェースです。直感的な操作ができるミキサー型に加え、DAWソフトウェアはCubaseをバンドル。また、誰もが知っているメーカーが作っているという点も、安心できる大切な要素です。

 

インターネットでの配信で便利となる、ループバック機能を搭載しています。非常にリーズナブルなので、インターネットでの配信を目的とされている方はこちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

バンドルソフトSteinberg Cubase LE接続タイプUSB
第3位ヤマハ(YAMAHA)

AG06

価格:18,594円(税込)

チャンネル数が増加した1グレード上のモデル

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AG03と比べて、チャンネル数が増加したものです。様々な入力端子に対応しているので、入力端子数に余裕をもっておきたい方や、マイク複数同時使用や、弾き語り配信など、複数チャンネルを同時に使用する方にはオススメの一台です。

 

また、様々なエフェクトプリセットを豊富に搭載しているので、AG03よりは、音楽制作に向いたオーディオインターフェースとなっています。

バンドルソフトSteinberg Cubase LE接続タイプUSB
第2位Steinberg(スタインバーグ)

UR28M

価格:26,800円(税込)

一通り揃ったスタンダードモデル

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上部パネルに操作系を集約することで、シンプルかつ直感的な操作が可能となる一台です。入力端子の豊富さ、USB接続は勿論、バンドルしているDAWソフトウェア、Cubaseとも相性が抜群となっています。

 

DAW上で使用できる、豊富なエフェクトを取り揃えており、すぐに本格的な音楽制作を始められます。

バンドルソフトSteinberg Cubase LE接続タイプUSB
第1位Steinberg(スタインバーグ)

UR22mkII

価格:15,137円(税込)

最も有名なオーディオインターフェース

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オーディオインターフェースの入門機で最も有名であり、オススメされるのがSteinbergのUR22mk2です。USB接続、ループバック機能搭載、幅広い対応入力端子など、必要なものが一通り備わっています。

 

また、価格が大変リーズナブルで、初心者にも手が出しやすいというのも大きなポイントです。DAWソフトウェアはCubaseをバンドルしています。

 

このオーディオインターフェースとCubaseは使用者が非常に多く、自分が検索して知識を得やすいというのも、他には無いポイントです。

バンドルソフトSteinberg Cubase LE接続タイプUSB

まとめ

ここまでオーディオインターフェースの人気ランキング10選を紹介をしましたがいかがだったでしょうか。一口にオーディオインターフェースといっても、ユーザーのニーズに対応した様々な種類のものが存在します。まずはこのランキングを参考に、ネット配信や音楽活動の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。