【2022年】おすすめのスマホ三脚18選|コンパクトに携帯できる!

スマホできれいな写真・動画を撮影したいなら、三脚を使うのがおすすめです。手振れが発生しにくく、両手を自由に使って撮影できます。撮影のクオリティが上がるので、1台持っていて損はありません。本記事では、スマホ用三脚の選び方やおすすめ18選をご紹介します。

2021/12/23 更新

最近は、スマホで撮影できる写真・動画がハイクオリティなので、カメラを使わない方も増えています。しかし、スマホはシャッターを切る際に手振れが発生することが多いため、きれいな写真・動画を撮りたいならスマホ用の三脚を使うのがおすすめです。

 

スマホ用三脚はコンパクトなモデルも多く、気軽に持ち運べる製品が充実しています。自転車のハンドルや木の枝に設置できるモデルもあり、人が撮影している写真・動画とは違ったアングルでの撮影も可能です。

 

しかし、スマホ用三脚はたくさん販売されているので迷いますよね。そこで本記事では、スマホ用三脚の選び方やおすすめ18選をご紹介します。動画配信におすすめのリングライト付きモデルもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!スマホ三脚のおすすめ18選

自分に合ったスマホ用三脚を見つけるために、以下のポイントを意識して選びましょう。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

ホルダーのタイプを選ぼう

スマホ用三脚のホルダーには2つのタイプがあります。使い勝手に関係する部分なので、自分に合っているかよくチェックしましょう。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

バネタイプ|取り付けが簡単

【特徴】

  • 取り付け部分を引っ張って幅を広げてスマホを設置する
  • スマホの着脱が簡単
  • 固定力は低め
  • 主流のホルダータイプでラインナップが豊富

 

バネタイプはスマホをこまめに着脱する場合におすすめです。すばやく着脱できるため、観光地のような人が多い場所でも時間をかけずに設置できます。ただし固定力は弱いので、動きながら撮影する場合や長時間撮影する場合にはおすすめできません。

ネジタイプ|固定力が高い

【特徴】

  • ネジを締めてスマホを固定する
  • 固定力が高い
  • スマホの着脱に時間がかかる
  • 製品が少なく、選択肢があまりない

 

ネジタイプは動きながら使用するときや長時間撮影するときなど、固定力を重視したい場合におすすめです。ネジを締めて固定するためスマホが落ちにくいです。しかし、着脱に時間がかかるので、スマホを頻繁に着脱する場合にはおすすめできません。

脚のタイプは3種類

スマホ用の三脚の脚は3種類あります。それぞれの特徴を解説するので、自分に合っているモデルを選びましょう。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

スタンダードタイプ|平らな場所で使う方におすすめ

【特徴】

  • まっすぐの3本脚で固定
  • 安定感があり、背の高いモデルが多い
  • 高さ調整機能搭載のモデルが多い
  • スマホ以外にもタブレットやカメラを固定できる

 

スタンダードタイプは平らな場所で使用する方や、さまざまなアングルで撮影したい方におすすめです。一般的な三脚で高さを調整できます。安定感があるため、タブレットやカメラのような重い機器も固定できます。デメリットは不安定な場所に設置するのが難しいことです。

フレキシブルタイプ|設置場所を選ばない

【特徴】

  • 脚が自由に曲がるタイプ
  • 斜面や細長い場所に巻き付けて設置できる
  • スペースが取りにくい屋内での撮影にも向いている
  • 背の低いモデルが多く、高さ調整ができない
  • スマホスタンドとしても使える

 

フレキシブルタイプはさまざまな場所に設置して使いたい方におすすめです。脚がくねくねと自由に折り曲げられるため、設置場所を選びません。ただし、背の低いモデルが多く、高い位置から撮影したいときは脚を巻き付けて設置できる場所が必要です。

自撮り棒タイプ|自撮り棒としても使える

【特徴】

  • 脚を折りたたんで自撮り棒としても使える
  • 脚を広げた場合はスタンダードタイプになる
  • 脚が短く、撮影できる高さは低め
  • リモコンが搭載されているモデルが多い

 

自撮り棒タイプは使用シーンに合わせて臨機応変に使い方を変えたい方におすすめです。脚を折りたためば自撮り棒としても使用できるので、さまざまなシーンで活躍します。リモコンが搭載されているモデルも多く、使い勝手がいいタイプです。

脚の形・長さをチェック

スマホ用の三脚にはさまざまな脚の形・長さのモデルがあるので、どのようなポイントに注目すればいいか紹介します。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

撮影したいアングルにあわせて脚の長さを選ぶ

脚の長さは撮影したいアングルに合わせて選びましょう。脚の長さとそれぞれどんな撮影に向いているかご紹介します。

 

  高さ メリット 向いている撮影シーン
大型モデル 150cm以上
  • 高いアングルからの写真を撮りやすい  
  • 集合写真
  • 広い景色
  • 動画撮影
中型モデル 50~150cm
  • 比較的軽めで持ち運びやすい
  • 組み立てやすく、操作しやすい
  • 万能に使える
小型モデル 50cm以下
  • 場所を選ばず使用・持ち運びできる
  • スマホスタンドとしても使える
  • ローアングルの撮影  
  • 卓上撮影

脚先の太いモデルなら安定性が高い

安定性を重視するなら脚先の太いモデルを選ぶのがおすすめです。地面に接地する面積が大きくなるため、多少の揺れや風では倒れる心配がありません。三脚が倒れた場合、スマホの画面が割れる可能性もあるので、安心して使用できる三脚を選びましょう。

 

また、脚先の形も忘れずチェックしてください。脚先が太くても形によっては接地面積が小さく、安定性が不安な製品もあります。

自分のスマホを固定できるか確認

ホルダーに自分のスマホを固定できるか必ず確認しましょう。

 

  • 大きいスマホは要注意

最近は画面サイズが大きいスマホが増えてきているため、製品によっては固定できない可能性もあります。対応している画面サイズだけでなく、対応する厚みや耐荷重もチェックしましょう。

 

  • スマホカバーやスマホリングも考慮する

スマホにカバーやリングを着けている場合、対応しているサイズでも入らない可能性が高いです。三脚に設置する度にアクセサリーを着脱するのは面倒なので、そのまま固定できる三脚を選びましょう。

持ち運びにはコンパクト・軽量タイプ

頻繁に持ち運ぶなら、コンパクト・軽量なモデルを選びましょう。スタンダードタイプのモデルなら、脚部分を収納してコンパクトにできるモデルが多いです。また、収納ケースが付属していれば持ち運びしやすいです。

 

ただし、軽量なモデルは屋外で撮影しているときに、風に吹かれると倒れる可能性が高くなります。特に、高さのあるモデルは倒れやすいためある程度重さが必要です。

機能も重要

機能が充実しているモデルもたくさんあります。特におすすめの機能を紹介するので、ぜひチェックしてください。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

リモコン機能|自撮りをしたい方におすすめ

自撮りしたい方はリモコンが付属しているモデルを選びましょう。リモコン機能搭載のモデルは以下2種類に分けられます。

 

  • 本体とは別にリモコンが付属しているモデル
  • 本体に搭載されていて、定位置に収納できるモデル

 

リモコンはBluetoothでスマホと接続して、離れた場所から操作できます。シャッターを押すときは手振れが発生しやすいため、特に三脚を自撮り棒として使用する場合はリモコン付きがおすすめです。

水平器・自由雲台|角度調整が簡単

使いやすさを重視する方には、水平器や自由雲台搭載のモデルがおすすめです。

 

  • 自由雲台ならどんな状況にも対応できる

雲台によって角度調整の手間が大きく変わります。自由雲台は雲台にボール状のパーツが使われていて、どの角度も手軽に自由に調整できるので非常に便利です。

 

  • 水平器があればクオリティアップ

水平器があるとスマホやカメラが斜めになっていないか一目でチェックできます。風景を撮影する方やクリエイターにおすすめです。

スタンダードタイプ

ELECOM(エレコム)

スマートフォン用コンパクト三脚 P-STWBK

価格:1,332円 (税込)

スタンドとしても使用できる2wayタイプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

前脚部分の爪を起こしてスタンドとしても使用できる三脚です。ホルダーは滑り止め付属で、スマホが落ちる心配がありません。6.5インチまで対応しています。雲台部分にはカメラと共通の標準ネジが使われていて、カメラでも撮影したい方におすすめです。雲台は前後に位置・角度を調整できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ELECOM(エレコム) 商品名 スマートフォン用コンパクト三脚 P-STWBK
ホルダーのタイプ バネタイプ 対応サイズ 4.0~6.5インチ、厚み:50~90mm
耐荷重 - サイズ 34×16×169mm
重量 三脚:約58g、スマートフォンホルダー:約24g 機能 -
ELECOM(エレコム)

スマートフォン用コンパクト三脚 P-STAL

価格:1,163円 (税込)

2段階伸縮で高さ調整ができる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2段階伸縮で自由に高さを調整でき、コンパクトに収納できるので持ち運びにおすすめです。雲台は前後左右に動かせるので、角度・位置を細かく調整できます。ホルダーは滑り止め搭載で、スマホが落ちにくいです。安定感もあり、安心して撮影できます。雲台部分の標準ネジにはカメラも取り付けられます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ELECOM(エレコム) 商品名 スマートフォン用コンパクト三脚 P-STAL (BK)ブラック・(SV)シルバー
ホルダーのタイプ バネタイプ 対応サイズ ハサミ幅:50~90mm
耐荷重 - サイズ 24×24×140mm
重量 三脚:約62g、スマートフォンホルダー:約24g 機能 -
Manfrotto

PIXI Smart MKPIXICLAMP

価格:3,500円 (税込)

自由雲台で角度調整が簡単

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

角度を簡単に調整できる自由雲台のモデルです。三脚に付いたボタンを押すだけでロックを解除できるため、すばやく角度調整できます。脚をたためばグリップとしても使用可能です。コンパクトな製品の中では価格が高めですが、作りがしっかりしているので安心して長期間使用できます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー Manfrotto 商品名 PIXI Smart MKPIXICLAMP
ホルダーのタイプ バネタイプ 対応サイズ 幅56~85mm、厚さ5.4~10mm
耐荷重 1kg サイズ 全伸高:24.7cm
重量 0.215kg 機能 自由雲台
Velbon(ベルボン)

卓上スマホ三脚 EX-miniS II EX-MNS2

価格:2,860円 (税込)

ケース付属で持ち運びにおすすめ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトになりケースも付属しているので、持ち運んで使用したい方におすすめです。三脚を開いてローポジションにも対応しています。クイックレバーロックですばやく高さを調整できます。耐荷重も1.5kgと十分な性能です。ホルダーを固定しているネジ穴はカメラと共通で、カメラでの撮影にも使用できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー Velbon(ベルボン) 商品名 卓上スマホ三脚 EX-miniS II EX-MNS2
ホルダーのタイプ バネタイプ 対応サイズ 幅56~85mm、厚み10mm以内
耐荷重 1.5kg サイズ 全高:417mm
重量 428g 機能 -
Antarc

スマートフォン三脚

価格:1,780円 (税込)

水平器搭載でフラットな写真を撮影可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水平器が搭載されているため、斜めになっていないかしっかりチェックできます。スマホは縦にも横にも固定できるので、自由な角度で撮影可能です。幅10.5cmまで対応可能で、大画面のスマホでも固定できます。ホルダーは滑り止め搭載・ネジタイプで安心です。重さ345gと軽量・収納バック付属で、持ち運びも便利です。

メーカー Antarc 商品名 スマートフォン三脚
ホルダーのタイプ ネジタイプ 対応サイズ 幅:10.5cm
耐荷重 - サイズ 高さ:34~86cm
重量 345g 機能 水平器
Trackbee

三脚

価格:2,599円 (税込)

タブレットにも使用できる三脚

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマホとタブレットのホルダーが付属していて、大きなスマホやタブレットで撮影をしたい方におすすめです。雲台にはカメラも固定できるため、幅広い機器で撮影可能。最大で1250mmの高さになります。大きいモデルですが、650gと軽量で持ち運びやすいです。3way雲台で上下左右に加え水平方向にも動かせます。

メーカー Trackbee 商品名 三脚
ホルダーのタイプ バネタイプ 対応サイズ 幅:5.2~10cm、12.5~22.5cm
耐荷重 1.5kg サイズ 最大高:1250mm
重量 0.65kg 機能 リモコン
SLIK

メモアールミニ T2

価格:2,101円 (税込)

机の上にスマホを固定したい方におすすめ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型・コンパクトな三脚です。高さはほとんどありませんが、コンパクトに収納できるため卓上三脚として使うのにおすすめです。サイズに対して価格は高めですが、頑丈で安心して使用できます。スマホは縦横のどちらでも固定可能です。スマホ以外にカメラも使用でき、幅広い使い方ができます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー SLIK 商品名 メモアールミニ T2 ブラック・レッド・グリーン・ホワイト
ホルダーのタイプ バネタイプ 対応サイズ 3.5~6インチ
耐荷重 2kg サイズ 全高:52mm
重量 125g 機能 -

スタンダードタイプのスマホ用三脚比較一覧

  • 商品画像
  • アイテムID:6177300の画像

    ELECOM(エレコム)

  • アイテムID:6178480の画像

    ELECOM(エレコム)

  • アイテムID:6177291の画像

    Manfrotto

  • アイテムID:6177293の画像

    Velbon(ベルボン)

  • アイテムID:6177297の画像

    Antarc

  • アイテムID:6177302の画像

    Trackbee

  • アイテムID:6179157の画像

    SLIK

  • 商品名
  • スマートフォン用コンパクト三脚 P-STWBK
  • スマートフォン用コンパクト三脚 P-STAL
  • PIXI Smart MKPIXICLAMP
  • 卓上スマホ三脚 EX-miniS II EX-MNS2
  • スマートフォン三脚
  • 三脚
  • メモアールミニ T2
  • 特徴
  • スタンドとしても使用できる2wayタイプ
  • 2段階伸縮で高さ調整ができる
  • 自由雲台で角度調整が簡単
  • ケース付属で持ち運びにおすすめ
  • 水平器搭載でフラットな写真を撮影可能
  • タブレットにも使用できる三脚
  • 机の上にスマホを固定したい方におすすめ
  • 価格
  • 1332円(税込)
  • 1163円(税込)
  • 3500円(税込)
  • 2860円(税込)
  • 1780円(税込)
  • 2599円(税込)
  • 2101円(税込)
  • メーカー
  • ELECOM(エレコム)
  • ELECOM(エレコム)
  • Manfrotto
  • Velbon(ベルボン)
  • Antarc
  • Trackbee
  • SLIK
  • 商品名
  • スマートフォン用コンパクト三脚 P-STWBK
  • スマートフォン用コンパクト三脚 P-STAL (BK)ブラック・(SV)シルバー
  • PIXI Smart MKPIXICLAMP
  • 卓上スマホ三脚 EX-miniS II EX-MNS2
  • スマートフォン三脚
  • 三脚
  • メモアールミニ T2 ブラック・レッド・グリーン・ホワイト
  • ホルダーのタイプ
  • バネタイプ
  • バネタイプ
  • バネタイプ
  • バネタイプ
  • ネジタイプ
  • バネタイプ
  • バネタイプ
  • 対応サイズ
  • 4.0~6.5インチ、厚み:50~90mm
  • ハサミ幅:50~90mm
  • 幅56~85mm、厚さ5.4~10mm
  • 幅56~85mm、厚み10mm以内
  • 幅:10.5cm
  • 幅:5.2~10cm、12.5~22.5cm
  • 3.5~6インチ
  • 耐荷重
  • -
  • -
  • 1kg
  • 1.5kg
  • -
  • 1.5kg
  • 2kg
  • サイズ
  • 34×16×169mm
  • 24×24×140mm
  • 全伸高:24.7cm
  • 全高:417mm
  • 高さ:34~86cm
  • 最大高:1250mm
  • 全高:52mm
  • 重量
  • 三脚:約58g、スマートフォンホルダー:約24g
  • 三脚:約62g、スマートフォンホルダー:約24g
  • 0.215kg
  • 428g
  • 345g
  • 0.65kg
  • 125g
  • 機能
  • -
  • -
  • 自由雲台
  • -
  • 水平器
  • リモコン
  • -

フレキシブルタイプ

RASTABANANA(ラスタバナナ)

小型三脚 RLEGTRB00

価格:1,300円 (税込)

カラーが豊富

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラック・イエロー・ブルー・ミントブルー・ピンクの5色から選べるスマホ用三脚です。スマホは縦横どちらの向きでも固定できます。脚は触り心地が柔らかいので、手に持って使用するのにもおすすめです。80gと軽量・コンパクトで、持ち運びにも向いています。ホルダーは滑り止め・クッション搭載で、スマホが傷つく心配がありません。

 

スペック詳細はこちら

メーカー RASTABANANA(ラスタバナナ) 商品名 小型三脚 RLEGTRB00 (BK)ブラック・(YE)イエロー・(BL)ブルー・(MB)ミントブルー・(MA)ピンク
ホルダーのタイプ バネタイプ 対応サイズ 幅:60~85mm、厚み:10mm
耐荷重 0.3kg サイズ -
重量 80g 機能 -
JOBY

スマートフォン三脚 JB01491-0WW

価格:2,527円 (税込)

コンパクトでユーチューバーにもおすすめ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでポケットにも収納できる三脚です。スペースを取らないのでテレワークで使ったり、スマホスタンドとして使ったりできます。マイク・LEDライトを取り付けるコールドシューが付属しているので、ユーチューバーにもおすすめです。カメラも取り付けられるため、さまざまな機器で撮影できます。

メーカー JOBY 商品名 スマートフォン三脚 JB01491-0WW
ホルダーのタイプ バネタイプ 対応サイズ -
耐荷重 325g サイズ 4×3.4×16.5cm
重量 71g 機能 -
deskit

スマホスタンド

価格:3,180円 (税込)

フレキシブルアームで手元の撮影に最適

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

脚ではなくアーム部分がフレキシブルで自由に折り曲げられる三脚です。手元の撮影に使用できます。ハンドメイドや絵のメイキング動画を撮影しているクリエイターにおすすめです。脚部分は折りたたみ可能でコンパクトに収納できます。ホルダーはボールジョイントで簡単に位置を調整可能です。寝ながらスマホを見るのにも使用できます

メーカー desk-it 商品名 スマホスタンド
ホルダーのタイプ バネタイプ 対応サイズ 幅:60~78mm
耐荷重 300g サイズ -
重量 - 機能 自由雲台
JOBY

ゴリラポッド グリップタイトPRO2 JB01551-BWW

価格:5,523円 (税込)

拡張性が高くクリエイターにおすすめ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゴリラポッドアームや1/4ネジ付きアクセサリーを取り付けられます。マイクやライトも取り付けられるため、ユーチューバーのようなクリエイターに最適です。好きな角度でしっかり固定でき、さまざまなアングルで撮影できます。1年保証付きで、過酷な撮影でも安心です。手持ち撮影に使用するのもおすすめ。

メーカー JOBY 商品名 ゴリラポッド グリップタイトPRO2 JB01551-BWW
ホルダーのタイプ バネタイプ 対応サイズ 幅:56~91mm
耐荷重 - サイズ 5.3×6.6×34cm
重量 0.282kg 機能 -
ELECOM(エレコム)

スマートフォン用フレキシブル三脚 P-STFLBK

価格:1,467円 (税込)

携帯しやすい小さい三脚

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いつでも撮影できるように常に持ち運びたい方におすすめです。ホルダーはクイックシュー付属で、すばやく取り外しできます。標準ネジが搭載されているため、カメラも取り付け可能です。カメラとスマホを使い分けるときに便利です。雲台は前後左右に動くため、角度・位置を自由に調整できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ELECOM(エレコム) 商品名 スマートフォン用フレキシブル三脚 P-STFLBK
ホルダーのタイプ バネタイプ 対応サイズ 4.0~6.5inch、挟み幅:約50~90mm
耐荷重 - サイズ 35×35×194mm
重量 三脚:約114g、スマートフォンホルダー:約24g 機能 -

フレキシブルタイプのスマホ用三脚比較一覧

  • 商品画像
  • アイテムID:6177283の画像

    RASTABANANA(ラスタバナナ)

  • アイテムID:6177284の画像

    JOBY

  • アイテムID:6177285の画像

    deskit

  • アイテムID:6177286の画像

    JOBY

  • アイテムID:6177288の画像

    ELECOM(エレコム)

  • 商品名
  • 小型三脚 RLEGTRB00
  • スマートフォン三脚 JB01491-0WW
  • スマホスタンド
  • ゴリラポッド グリップタイトPRO2 JB01551-BWW
  • スマートフォン用フレキシブル三脚 P-STFLBK
  • 特徴
  • カラーが豊富
  • コンパクトでユーチューバーにもおすすめ
  • フレキシブルアームで手元の撮影に最適
  • 拡張性が高くクリエイターにおすすめ
  • 携帯しやすい小さい三脚
  • 価格
  • 1300円(税込)
  • 2527円(税込)
  • 3180円(税込)
  • 5523円(税込)
  • 1467円(税込)
  • メーカー
  • RASTABANANA(ラスタバナナ)
  • JOBY
  • desk-it
  • JOBY
  • ELECOM(エレコム)
  • 商品名
  • 小型三脚 RLEGTRB00 (BK)ブラック・(YE)イエロー・(BL)ブルー・(MB)ミントブルー・(MA)ピンク
  • スマートフォン三脚 JB01491-0WW
  • スマホスタンド
  • ゴリラポッド グリップタイトPRO2 JB01551-BWW
  • スマートフォン用フレキシブル三脚 P-STFLBK
  • ホルダーのタイプ
  • バネタイプ
  • バネタイプ
  • バネタイプ
  • バネタイプ
  • バネタイプ
  • 対応サイズ
  • 幅:60~85mm、厚み:10mm
  • -
  • 幅:60~78mm
  • 幅:56~91mm
  • 4.0~6.5inch、挟み幅:約50~90mm
  • 耐荷重
  • 0.3kg
  • 325g
  • 300g
  • -
  • -
  • サイズ
  • -
  • 4×3.4×16.5cm
  • -
  • 5.3×6.6×34cm
  • 35×35×194mm
  • 重量
  • 80g
  • 71g
  • -
  • 0.282kg
  • 三脚:約114g、スマートフォンホルダー:約24g
  • 機能
  • -
  • -
  • 自由雲台
  • -
  • -

自撮り棒タイプ

Ulanzi Official

卓上三脚

価格:2,788円 (税込)

3段伸縮で長さを調整できる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3段伸縮で27cm・23cm・19cm・15cmの長さに調整できます。自由雲台搭載で角度をすばやく自由に調整可能です。ホルダーにはホットシューが搭載されているため、マイクやライトを搭載できます。パッド部分はゴム製で、スマホを傷つける心配がありません。ハンドル部分には滑り止めが付いています。

メーカー Ulanzi 商品名 卓上三脚
ホルダーのタイプ バネタイプ 対応サイズ 幅:58~105mm
耐荷重 - サイズ 最長27cm
重量 92g 機能 -
ELECOM(エレコム)

スマートフォン用2way三脚 P-STSR

価格:2,381円 (税込)

リモコン付きで快適に撮影

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイヤレスリモコンが付属しているので、離れた場所から撮影できます。三脚として使用するときは875mmまで、自撮り棒として使用するときは900mmまで高さ・長さを調整可能です。ホルダーは6.5インチまで対応しています。カメラも固定できるので、さまざまな機器を使いたい方にもおすすめです。雲台は前後左右に動かせます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ELECOM(エレコム) 商品名 スマートフォン用2way三脚 P-STSR
ホルダーのタイプ バネタイプ 対応サイズ 4.0~6.5inch、挟み幅:50~90mm
耐荷重 - サイズ 36×38×202mm
重量 三脚:約178g、スマートフォンホルダー:約24g、リモコン:8g(電池含む) 機能 リモコン
LDP

自撮り棒

価格:1,500円 (税込)

ワイヤレスリモコンで10m離れても撮影可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

10m離れても撮影を開始できるリモコンが付属している三脚です。ヘッド部分が240°回転するため、縦横どちらの向きでも撮影できます。ホルダーも折りたためてコンパクトになるので、ポケットに入れて持ち運び可能です。最大101cmまで伸ばせるため、さまざまなアングルで撮影を楽しめます。

メーカー LDP 商品名 自撮り棒
ホルダーのタイプ バネタイプ 対応サイズ 幅:2.9~4.0インチ
耐荷重 7.8オンス サイズ 26.8インチ
重量 5.0オンス 機能 リモコン
Velbon(ベルボン)

セルフィーマルチスタンド

価格:3,227円 (税込)

コールマンとのコラボ三脚

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドアメーカーのColeman(コールマン)とのコラボで作成された三脚です。Bluetoothリモコン搭載で、離れた場所からも撮影できます。収納時にスタイリッシュなデザインになるので、見た目にもこだわりたい方におすすめです。先端にカメラネジ搭載で、スマホとカメラを同時に使用できます

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー Velbon(ベルボン) 商品名 セルフィーマルチスタンド ホワイト・ブラック
ホルダーのタイプ バネタイプ 対応サイズ 幅:56~80mm、厚み10mm以内
耐荷重 350g サイズ 840mm(自撮棒時:823mm)
重量 182g 機能 リモコン
ANKOICHI

自撮り棒 ミニ三脚 リモコン付き

価格:2,988円 (税込)

コンパクトに収納できるミニ三脚

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納すれば19.5cmになるため、持ち運びにおすすめです。バッテリーは一度充電すれば30日間程度持ちます。付属のリモコンは音声ボタンを操作するので、うまくシャッターを切れない場合は、音声ボタンにシャッターを割り当てましょう。脚の先に滑り止めのゴムが搭載されていて倒れにくいです。

メーカー ANKOICHI 商品名 自撮り棒 ミニ三脚 リモコン付き
ホルダーのタイプ バネタイプ 対応サイズ 4.7~5.8インチ
耐荷重 - サイズ 全高:86cm
重量 171g 機能 リモコン
Smatree

合金製伸縮式自撮り棒 三脚スタンド付き

価格:2,899円 (税込)

自由雲台で自由な角度に調整可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自由雲台搭載で、好きな角度に調整できる三脚です。アルミニウムチューブで耐久性が高く、海水浴やスキーなどさまざまなシーンで使用できます。スマホのほかにGoPro・カメラも取り付けられるため、さまざまな機器を使って撮影する方におすすめです。三脚の先端に滑り止めのゴムが付いていて、安定感も優れています

メーカー 合金製伸縮式自撮り棒 三脚スタンド付き 商品名 Smatree
ホルダーのタイプ バネタイプ 対応サイズ 幅:56~90mm
耐荷重 - サイズ 最長93cm
重量 - 機能 自由雲台

自撮り棒タイプのスマホ用三脚比較一覧

  • 商品画像
  • アイテムID:6177294の画像

    Ulanzi Official

  • アイテムID:6177289の画像

    ELECOM(エレコム)

  • アイテムID:6177290の画像

    LDP

  • アイテムID:6177292の画像

    Velbon(ベルボン)

  • アイテムID:6177298の画像

    ANKOICHI

  • アイテムID:6177299の画像

    Smatree

  • 商品名
  • 卓上三脚
  • スマートフォン用2way三脚 P-STSR
  • 自撮り棒
  • セルフィーマルチスタンド
  • 自撮り棒 ミニ三脚 リモコン付き
  • 合金製伸縮式自撮り棒 三脚スタンド付き
  • 特徴
  • 3段伸縮で長さを調整できる
  • リモコン付きで快適に撮影
  • ワイヤレスリモコンで10m離れても撮影可能
  • コールマンとのコラボ三脚
  • コンパクトに収納できるミニ三脚
  • 自由雲台で自由な角度に調整可能
  • 価格
  • 2788円(税込)
  • 2381円(税込)
  • 1500円(税込)
  • 3227円(税込)
  • 2988円(税込)
  • 2899円(税込)
  • メーカー
  • Ulanzi
  • ELECOM(エレコム)
  • LDP
  • Velbon(ベルボン)
  • ANKOICHI
  • 合金製伸縮式自撮り棒 三脚スタンド付き
  • 商品名
  • 卓上三脚
  • スマートフォン用2way三脚 P-STSR
  • 自撮り棒
  • セルフィーマルチスタンド ホワイト・ブラック
  • 自撮り棒 ミニ三脚 リモコン付き
  • Smatree
  • ホルダーのタイプ
  • バネタイプ
  • バネタイプ
  • バネタイプ
  • バネタイプ
  • バネタイプ
  • バネタイプ
  • 対応サイズ
  • 幅:58~105mm
  • 4.0~6.5inch、挟み幅:50~90mm
  • 幅:2.9~4.0インチ
  • 幅:56~80mm、厚み10mm以内
  • 4.7~5.8インチ
  • 幅:56~90mm
  • 耐荷重
  • -
  • -
  • 7.8オンス
  • 350g
  • -
  • -
  • サイズ
  • 最長27cm
  • 36×38×202mm
  • 26.8インチ
  • 840mm(自撮棒時:823mm)
  • 全高:86cm
  • 最長93cm
  • 重量
  • 92g
  • 三脚:約178g、スマートフォンホルダー:約24g、リモコン:8g(電池含む)
  • 5.0オンス
  • 182g
  • 171g
  • -
  • 機能
  • -
  • リモコン
  • リモコン
  • リモコン
  • リモコン
  • 自由雲台
NIMASO

3色LEDリングライト

価格:2,980円 (税込)

48個のLEDライトで明るく撮影

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

動画配信をするなら、LEDライトが搭載されているモデルがおすすめです。明るい映像を配信できます。こちらの製品は、充電式で48個のLED電球が付いていてとても明るいです。スマホ以外にGoProも取り付けられます。Bluetoothリモコン付属で、離れた場所から撮影を開始できます。リモコンは本体に取り付けられるため、失くす心配がありません。

メーカー NIMASO 商品名 3色LEDリングライト
ホルダーのタイプ バネタイプ 対応サイズ 幅:6.5~9.5cm
耐荷重 2kg サイズ 最長24.5cm
重量 310g 機能 LEDリングライト、リモコン

スマホ用の三脚はさまざまな場所で購入できます。購入できる場所とそれぞれのメリット・デメリットを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

楽天・Amazonなどのネット通販なら種類が豊富

【メリット・デメリット】

  • ラインナップが豊富
  • 購入の手間がかからない
  • 実際の製品が確認できない

 

ネット通販は豊富なラインナップから製品を選びたい方におすすめです。ほとんどの製品を購入できるので、欲しい製品が決まっている方に向いています。デメリットは実物を確認できないことです。サイズや見た目は、数字や画像を参考に決めることになります。

実物を見たいならビックカメラなどの家電量販店

【メリット・デメリット】

  • 実物を確認して購入できる
  • セールで安く購入できる可能性がある
  • 購入できる製品が限られる

 

家電量販店での購入は、実物を確認して購入したい方におすすめです。ドンキやビッグカメラなどの実店舗なら、見た目やサイズ・重量を確認できます。ただし、店舗で取り扱われている製品しか購入できません。

安く買うなら100均もあり

スマホ用三脚を安く購入したい方は、100均で購入するのもおすすめです。100均の三脚は、脚部分とホルダーが別売りになっていることが多いため、買い忘れないよう注意しましょう。また、ホルダーはバネタイプが多いです。

 

【100均で購入できるスマホ用三脚】

  • スタンダードタイプ
  • フレキシブルタイプ

 

100均で購入できるスマホ用三脚は、基本的に卓上に置けるようなコンパクトなモデルです。大きい三脚は販売されていないため、集合写真や広い景色を撮影するのには向いていません。

三脚を使えば、手振れの心配なくスマホでもきれいな写真や動画を撮影できます。両手が自由になるので撮影内容の幅も広がり、より撮影が楽しくなります。本記事を参考にして、自分の撮りたい写真・動画に合ったスマホ用三脚を選び快適に撮影しましょう。

# おすすめ