VIO専用カミソリ・シェーバーおすすめ20選|チクチク回避のコツも!

VIOはデリケートな場所なので、普通のカミソリを使うと肌を傷つける可能性が高くなります。VIO用のカミソリなら肌を傷つけにくく、細かい場所もきれいに処理できるのでおすすめです。本記事では、VIO用のカミソリの選び方やおすすめの商品を紹介するので参考にしてください。

2021/08/18 更新

女性にとってVIOのムダ毛は大きな悩みです。きちんと処理しないと水着や下着からはみ出たり、生理中の蒸れにつながったりします。しかし、VIOはデリケートな部位なので、普通のカミソリを使うと肌を傷つける可能性が高くなってしまいます。

 

そのため、VIOのムダ毛はVIO専用のカミソリで処理するのがおすすめです。VIO専用のカミソリは肌を傷つけずに細かい箇所を処理できるように作られています。VIOの処理に慣れていない方でも、安全にきれいにムダ毛を処理できるのが魅力です。

 

しかし、VIOのムダ毛を処理するアイテムにはさまざまな種類があります。また、お手入れのしやすさや使いやすさも違うため、モデル選びに困っている方も多いですよね。そこで本記事では、VIO専用カミソリの選び方やおすすめ商品20選を厳選してご紹介します。

今すぐ見る!VIO用カミソリ・シェーバーおすすめ20選

VIO専用のカミソリが本当に必要なのか、チクチクしないのか気になる方も多いですよね。VIO専用のカミソリのメリット・デメリットを紹介します。

 

VIOカミソリは肌にやさしい

VIOの肌はとてもデリケートで、普通のカミソリを使うとカミソリ負けする可能性が高いです。しかし、VIOカミソリは、肌に刃が当たらない仕組みで肌に優しいモデルが多く、肌トラブルを防げます。VIOのムダ毛処理に慣れていない方でも、安心して使用できます。

細かい箇所もきれいに剃れる

普通のカミソリは、腕や脚などの広範囲を一気に剃れるようにヘッドが大きい設計のものが多く、IラインやOラインの処理がしにくい構造です。一方VIOカミソリはヘッドが小さいので、細かい場所もきれいに剃れます。小回りがきくため、初心者でも扱いやすいのが魅力です。

サロンに行かなくても気軽に手入れできる

VIOの処理は難しいため、サロンに通っている方も多いと思います。しかし、サロンに通うには時間がかかる上に交通費や料金も必要です。一方、VIOカミソリがあればサロンに通わなくても手軽にデリケートゾーンのムダ毛が処理できます。サロンに通うのが面倒に感じている方にも、VIOカミソリはおすすめです。

毛の断面が尖るのでどうしてもチクチクする

カミソリでムダ毛を処理すると、断面が尖るためチクチクします。また、肌トラブルによる刺激で不快感が生じることもあります。しかし、中には断面が尖らないように工夫されているカミソリもあるのでチェックしましょう。VIOカミソリは肌トラブルも予防できるため、きちんとカミソリを選べばチクチクはある程度抑えられます

今すぐ見る!VIO用カミソリ・シェーバーおすすめ20選

VIOカミソリはデリケートな部分に使用するアイテムなので、慎重に選ぶ必要があります。特に注意するポイントを5つ紹介します。

 

種類は3タイプ!特徴とメリット・デメリット

VIOカミソリのタイプは3つあります。それぞれメリット・デメリットがあるため、自分に合ったタイプを選びましょう。

 

カミソリ

カミソリタイプは、普通のカミソリと同じような形状ですが、ヘッドが小さいのが特徴です。また、ファンデーションケースのようなコンパクト形のモデルもあります

 

メリット
  • カミソリと同じように使用できる
  • 価格が安い
  • 水で洗えるモデルが多い
  • 仕上がりを細かく調整できる
  • 深剃りしやすい
  • 細かい箇所も処理できる
  • 電源が必要ないためどこでも使える  
  • コンパクトで持ち運びに便利
デメリット
  • チクチクしやすい
  • 剃り味がいまいち
  • 他のタイプより肌への負担が大きい

電気シェーバー

電気シェーバーは、電動で刃が動いてムダ毛を処理します。刃が肌に当たらないのが特徴です。ヘッド部分が付け替えられるモデルが多く、さまざまなカットができます。

 

メリット
  • 肌に優しく肌トラブルが起きにくい
  • VIO以外のボディや顔にも使用できる
  • すばやく処理できる
  • 剃るだけでなくボリュームを減らしたり、短くしたりもできる  
デメリット
  • お手入れに手間がかかるモデルが多い
  • 深剃りがしにくい
  • 使い慣れるまでうまく処理できないこともある

ヒートカッター

ヒートカッターは、熱を利用して毛を処理します。毛の長さや量の調節におすすめです。火傷やケガをしないように、熱い部分はコームでおおわれています。

 

メリット
  • 焼き切るため断面が尖らず、チクチクしにくい
  • 安全に処理できる
  • VIOの処理に慣れていない方でも使いやすい
デメリット
  • Iライン・Oラインには使用できないモデルが多い
  • 処理に時間がかかる
  • 短くしたり、ボリュームを減らしたりできるが、剃るのには向いていない   
  • 処理中は焦げ臭い
  • お風呂で処理できないモデルが多い
  • 充電・電源が必要

ヘッドの形をチェック

VIOのムダ毛をきれいに処理するためには、処理したい場所に合ったヘッドの大きさのモデルを選ぶのが重要です。

 

  • Vライン・・・ヘッドが大きめのモデル
  • Iライン・Oライン・・・ヘッドが小さいモデル

 

電動シェーバータイプはアタッチメントを付け替えられるモデルが多いため、どのようなアタッチメントが付属しているか確認しましょう。

お手入れのしやすさも重要

VIOカミソリは、刃を清潔に保たないと肌トラブルにつながります。電気シェーバーやヒートカッターは、お手入れが難しいモデルもあるので注意してください。以下の4点に注目して、お手入れのしやすいモデルを選びましょう。

 

  • 水洗いができる
  • 刃を交換できる
  • ヘッドの構造が簡単
  • お手入れ用ブラシが付属している

使いやすさをチェック

使いにくいものだと肌を傷つけるリスクが高まるため、使いやすさはとても重要です。

 

  • お風呂で使用できるか

防水処理がされているモデルなら、お風呂でも使用できます。お風呂で使用する場合は、手が濡れて滑る可能性があるため、グリップに滑り止めがあるかも確認しましょう。

 

  • 安全性の高い設計か

肌ガード付きのモデルなら、肌を傷つける心配がなく安心して作業できます。また、自分の手にフィットするか・持ちやすいかもチェックしましょう。

電動式なら電源方式を確認

電気シェーバー・ヒートカッターは、電源方式も確認しましょう。電源方式には充電式と電池式があります。

 

  • 充電式

家で使うことが多い方におすすめです。充電する時間が必要ですが、ランニングコストが安い・防水性能が高いモデルが多いです。

 

  • 電池式

充電するのが面倒な方におすすめです。処理前にあらかじめ充電する必要がないため、思い立ったときにすぐ使用できます。持ち運びにも便利です。

カミソリ

コジット

アンダーヘアケア ソルシェル

価格:880円 (税込)

貝のデザインでポーチに入れてもかわいい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

貝の形をしたかわいらしいカミソリです。斜めにカミソリの刃を当てることで、毛がチクチクしません。刃を斜めに当てるのは難しそうですが、ガイドが搭載されているため、初心者でも簡単に使用できます。替え刃にも対応していて、常に刃を清潔に保てます。毛が濡れているとカットしにくくなるため、お風呂で使用は難しいです。

メーカー コジット 商品名 アンダーヘアケア ソルシェル
使用可能な部分 - 防水機能 -
ラブ・ジョリー

モア レディースシェーバー

価格:790円 (税込)

毛を削いで自然な仕上がりに

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

毛の長さを調整するのに最適なモデルです。毛を剃るというより毛を削ぐアイテムで、ナチュラルな仕上がりにしたい方におすすめです。毛を挟んで滑らせるだけで処理ができ、刃が肌に直接触れないため、肌を傷つける心配がありません。コンパクトなアイテムで、持ち運びにも役立ちます。お風呂でも使用可能です。

メーカー ラブ・ジョリー 商品名 モア レディースシェーバー
使用可能な部分 - 防水機能
ラブ・ジョリー

ラブ・ジョリー

価格:990円 (税込)

大きめでVラインを自然に処理できる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ラブ・ジョリーは毛を削ぐように処理するアイテムです。大きめなサイズで、Vラインを自然に処理できます。くしを使うようにアンダーヘアを処理できるため、初心者でも気軽に使用できるのが魅力です。コームで刃がおおわれているため、肌に刃が直接当たらず、肌を傷つける心配がありません。刃を交換できるため、コスパも優れています

 

公式サイトはこちら

メーカー ラブ・ジョリー 商品名 ラブ・ジョリー
使用可能な部分 - 防水機能 -
ラブ・ジョリー

ラブ・ジョリー シークレット

価格:950円 (税込)

Iライン・Oラインをきれいに処理したい方におすすめ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Iライン・Oライン専用のカミソリが欲しい方におすすめです。コンパクトなヘッドで、細かい場所もきれいに処理できます。コーム付きで肌に刃が当たらないため、見えにくい場所の毛も安全に処理できるのが魅力です。ヘッドが小さい分、Vラインの処理に使用すると時間がかかるためおすすめできません。

 

公式サイトはこちら

メーカー ラブ・ジョリー 商品名 ラブ・ジョリー シークレット
使用可能な部分 I・O 防水機能 -
フェザー安全剃刀

ピアニィ VIO

価格:950円 (税込)

2WAY仕様で1本でデリケートゾーンを処理できる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなヘッドでIゾーン・Oゾーンをきれいに処理できます。ヘッドの反対側のグリップ部分に大きめの刃を搭載していて、Vゾーンも処理可能です。直接肌に刃が当たらない設計で、肌を傷つける心配がありません。グリップ側の刃にもコームが搭載されているので、手をケガすることはなく、安心して使用できます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー フェザー安全剃刀 商品名 ピアニィ VIO
使用可能な部分 V・I・O 防水機能 -

おすすめのVIO用カミソリ比較一覧

  • 商品画像
  • アイテムID:5907040の画像

    コジット

  • アイテムID:5907042の画像

    ラブ・ジョリー

  • アイテムID:5907036の画像

    ラブ・ジョリー

  • アイテムID:5907037の画像

    ラブ・ジョリー

  • アイテムID:5907039の画像

    フェザー安全剃刀

  • 商品名
  • アンダーヘアケア ソルシェル
  • モア レディースシェーバー
  • ラブ・ジョリー
  • ラブ・ジョリー シークレット
  • ピアニィ VIO
  • 特徴
  • 貝のデザインでポーチに入れてもかわいい
  • 毛を削いで自然な仕上がりに
  • 大きめでVラインを自然に処理できる
  • Iライン・Oラインをきれいに処理したい方におすすめ
  • 2WAY仕様で1本でデリケートゾーンを処理できる
  • 価格
  • 880円(税込)
  • 790円(税込)
  • 990円(税込)
  • 950円(税込)
  • 950円(税込)
  • メーカー
  • コジット
  • ラブ・ジョリー
  • ラブ・ジョリー
  • ラブ・ジョリー
  • フェザー安全剃刀
  • 商品名
  • アンダーヘアケア ソルシェル
  • モア レディースシェーバー
  • ラブ・ジョリー
  • ラブ・ジョリー シークレット
  • ピアニィ VIO
  • 使用可能な部分
  • -
  • -
  • -
  • I・O
  • V・I・O
  • 防水機能
  • -
  • -
  • -
  • -

電気シェーバー

Vellope

レディースシェーバー

価格:2,999円 (税込)

乾湿両用でどこでも使える

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

IPX4防水仕様でお風呂でも使用できます。丸洗いもできるため、シェーバーを清潔に保てます。眉毛シェーバー付属で、VIOだけでなく全身を処理できるのが特徴です。急速充電に対応していて、使いたいと思ったときにすぐ使えるのもポイント。スキンガード付属で、刃に肌が触れる心配がありません。

メーカー Vellope 商品名 レディースシェーバー
使用可能な部分 V・I・O 防水機能 IPX4
電源 充電
マクセル(maxell)

Angelique(アンジェリーク) Iラインシェーバー MXIS-100

価格:2,690円 (税込)

Iラインをきれいに処理したい方におすすめ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Iラインを処理するのに特化したシェーバーです。Iラインを安全に処理できるように肌を傷つけにくい専用の刃を採用しています。ヘッドがコンパクトで、初心者の方でも扱いやすいです。充電式でランニングコストも抑えられます。充電には2.5時間かかるので、あらかじめ充電するのを忘れないよう注意しましょう。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー マクセル(maxell) 商品名 Angelique(アンジェリーク) Iラインシェーバー MXIS-100
使用可能な部分 V・I 防水機能 -
電源 充電
パナソニック(Panasonic)

VIOフェリエ ES-WV60

価格:4,912円 (税込)

安全にムダ毛を処理できる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヘッドとアタッチメントを付け替えて好みの仕上がりに調整できる電気シェーバーです。スキンガード搭載で、見にくいIラインやOラインも安全に処理できます。防水仕様なので、丸洗いができ、お風呂での使用も可能です。太い毛もスムーズに処理できるパワフルなモーターを搭載しています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 VIOフェリエ ES-WV60
使用可能な部分 V・I・O 防水機能
電源 乾電池
コイズミ(Koizumi)

ビキニトリマー KLC-0200

価格:755円 (税込)

Vライン専用の電気シェーバー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丸いフォルムがかわいいVライン専用の電気シェーバーです。長さ調整コームで4段階の長さに調整できます。水洗いできるのは刃のみなので、お手入れの際は注意しましょう。カラーはピンク・ホワイトから選択できます。シンプルなデザインと直感的に使える使用感で、初心者でも安心です。

 

スペック詳細・取扱説明書はこちら

メーカー コイズミ(Koizumi) 商品名 ビキニトリマー KLC-0200 ピンク・ホワイト
使用可能な部分 V 防水機能 刃のみ防水
電源 乾電池
ラヴィア(Ravia)

iラインシェーバー

価格:2,852円 (税込)

Oラインや足の付け根をきれいに処理できる

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型ヘッド搭載で、Oラインや足の付け根をきれいに処理できるシェーバーです。女性らしいデザインも魅力。パワフルなモーター・切れ味の優れた刃で、毛が多い方や毛が硬い方でもすばやく処理できます。ただし、深剃りはできないため、1~2mmの毛が残るので注意しましょう。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ラヴィア(Ravia) 商品名 iラインシェーバー
使用可能な部分 I・O 防水機能
電源 乾電池
Radiance

VIO専用シェーバー

価格:2,080円 (税込)

3段階の長さに調整可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ボリュームダウンコーム・スキンガードで3段階の長さに調整できるシェーバーです。ヘッド部分は水洗い可能で、泡剃りもできます。VIOを効率よく処理できるように切れ味の鋭い刃を使っているため、毛量の多い方や毛の長い方でもすばやい処理が可能です。肌に直接刃が当たらないため、安全性も優れています。

メーカー Radiance 商品名 VIO専用シェーバー
使用可能な部分 V・I・O 防水機能 刃のみ防水
電源 乾電池
シック(Schick)

ハイドロシルク トリムスタイルホルダー

価格:955円 (税込)

Vラインとボディに使用できるモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電気シェーバーとカミソリが両端に搭載されているモデルです。電動シェーバー部分はVライン用でウォータープルーフなので、浴室でも使用できます。カミソリはヘッドが大きめで、足や腕などのボディに最適です。乾電池式なので、電池を入れればすぐに処理を始められます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー シック(Schick) 商品名 ハイドロシルク トリムスタイルホルダー
使用可能な部分 V 防水機能
電源 乾電池
Schick(シック)

ハイドロシルク V.I.Oダブルシェーバー

価格:2,310円 (税込)

V.I.O用ネット刃でつるつるにできる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

V.I.O用ネット刃搭載で、Iライン・Oラインをツルツルに仕上げられます。シェーバー部分には長さを4段階調整できるアタッチメントが付属していて、お好みの長さに調整可能です。どちらも肌に直接刃が当たらず、安全に使用できます。防水加工が施されているので、お風呂で使用でき、水洗い可能です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー シック(Schick) 商品名 ハイドロシルク V.I.Oダブルシェーバー
使用可能な部分 V・I・O 防水機能
電源 乾電池

おすすめのVIO用電気シェーバー比較一覧

  • 商品画像
  • アイテムID:5907031の画像

    Vellope

  • アイテムID:5907013の画像

    マクセル(maxell)

  • アイテムID:5907014の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • アイテムID:5907020の画像

    コイズミ(Koizumi)

  • アイテムID:5907022の画像

    ラヴィア(Ravia)

  • アイテムID:5907035の画像

    Radiance

  • アイテムID:5907045の画像

    シック(Schick)

  • アイテムID:5907046の画像

    Schick(シック)

  • 商品名
  • レディースシェーバー
  • Angelique(アンジェリーク) Iラインシェーバー MXIS-100
  • VIOフェリエ ES-WV60
  • ビキニトリマー KLC-0200
  • iラインシェーバー
  • VIO専用シェーバー
  • ハイドロシルク トリムスタイルホルダー
  • ハイドロシルク V.I.Oダブルシェーバー
  • 特徴
  • 乾湿両用でどこでも使える
  • Iラインをきれいに処理したい方におすすめ
  • 安全にムダ毛を処理できる
  • Vライン専用の電気シェーバー
  • Oラインや足の付け根をきれいに処理できる
  • 3段階の長さに調整可能
  • Vラインとボディに使用できるモデル
  • V.I.O用ネット刃でつるつるにできる
  • 価格
  • 2999円(税込)
  • 2690円(税込)
  • 4912円(税込)
  • 755円(税込)
  • 2852円(税込)
  • 2080円(税込)
  • 955円(税込)
  • 2310円(税込)
  • メーカー
  • Vellope
  • マクセル(maxell)
  • パナソニック(Panasonic)
  • コイズミ(Koizumi)
  • ラヴィア(Ravia)
  • Radiance
  • シック(Schick)
  • シック(Schick)
  • 商品名
  • レディースシェーバー
  • Angelique(アンジェリーク) Iラインシェーバー MXIS-100
  • VIOフェリエ ES-WV60
  • ビキニトリマー KLC-0200 ピンク・ホワイト
  • iラインシェーバー
  • VIO専用シェーバー
  • ハイドロシルク トリムスタイルホルダー
  • ハイドロシルク V.I.Oダブルシェーバー
  • 使用可能な部分
  • V・I・O
  • V・I
  • V・I・O
  • V
  • I・O
  • V・I・O
  • V
  • V・I・O
  • 防水機能
  • IPX4
  • -
  • 刃のみ防水
  • 刃のみ防水
  • 電源
  • 充電
  • 充電
  • 乾電池
  • 乾電池
  • 乾電池
  • 乾電池
  • 乾電池
  • 乾電池

ヒートカッター

Barboncin

Vラインヒートカッター

価格:2,780円 (税込)

LEDライト・ミラー搭載で見にくい場所もしっかり処理できる

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LEDライト・ミラー搭載で、見にくい場所もしっかり処理できるヒートカッターです。ダブルコームデザインで肌に熱源が当たらないので、安全性が優れています。USB充電式で、ランニングコストを抑えられます。掃除用のブラシが付属しているため、清潔に保てるのもポイントです。

メーカー Barboncin 商品名 Vラインヒートカッター
使用可能な部分 V 防水機能 -
電源 充電
ラブコスメ

Vライントリマー

価格:5,240円 (税込)

温度調整で切れ味を変えられる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温度調整ができるモデルです。温度変更により切れ味を変えられるため、使い勝手がいいのが特徴です。ハイパワーで処理できる範囲が広いため、Vラインもすばやく処理できます。また、USB充電可能で経済的です。また、本体サイズがコンパクトで持ち運びにもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ラブコスメ 商品名 Vライントリマー
使用可能な部分 V 防水機能 -
電源 充電
audorx

ヒートカッター

価格:1,853円 (税込)

ハイパワーですばやく処理できる

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

200~300℃の高温で処理できるため、たくさんの毛をすばやく処理できます。ダブルコーム搭載で、肌に熱源が当たる心配がありません。見にくい場所も安心して使用できるように、LEDライトとミラーが付いています。マスカラのような見た目で、ポーチに入れても違和感がなく、持ち運びに便利です。

メーカー audorx 商品名 ヒートカッター
使用可能な部分 - 防水機能 -
電源 乾電池
ラヴィア(Ravia)

Vライントリマー

価格:2,852円 (税込)

コンパクトで細かい場所までしっかり処理できる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでポーチに入れても邪魔にならず、細かい場所までしっかり処理できるのが特徴です。熱に強いコームを搭載していて、火傷の心配がありません。連続使用可能時間が30分と短めなのがデメリットです。カラーはピンクとホワイトから選べます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ラヴィア(Ravia) 商品名 Vライントリマー
使用可能な部分 V 防水機能 -
電源 乾電池
マクセル(maxell)

Angelique(アンジェリーク) Vライントリマー MXVT-100

価格:3,949円 (税込)

切り忘れ事故がないので安全

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スイッチを押したときだけ発熱するヒートカッターです。切り忘れを防げるため安全に使用できます。USB充電式で電池を使う必要がなく、ランニングコストを気にせず使用可能です。充電に3時間かかるため、使用前に忘れず充電しましょう。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー マクセル(maxell) 商品名 Angelique(アンジェリーク) Vライントリマー MXVT-100
使用可能な部分 V 防水機能 -
電源 充電
ラヴィア(Ravia)

Vライントリマー フローラ

価格:9,020円 (税込)

すばやく処理したい方におすすめ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ほかのヒートカッターに比べて、広範囲の毛を処理できるのが特徴です。一気に30本の毛が処理できるため、ムダ毛処理をすばやく終わらせられます。断線してもカートリッジを交換すれば使用でき、メンテナンスカードが付属するため長期間メンテナンス依頼が可能です。充電式でランニングコストも抑えられます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ラヴィア(Ravia) 商品名 Vライントリマー フローラ
使用可能な部分 V 防水機能 -
電源 充電
Ecxia(エクシア)

アンダーヘア用ヒートカッター

価格:2,980円 (税込)

初心者でも使いやすいヒートカッター

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヒーター部分に肌が触れないため、初心者でも使いやすいのが特徴です。電源ボタンを押している間だけヒーターが熱されるので、誤作動や火災の心配がありません。見た目ではアンダーヘアを手入れするアイテムとはわからないため、ポーチに入れて持ち運ぶ方にもおすすめです。

メーカー Ecxia(エクシア) 商品名 アンダーヘア用ヒートカッター
使用可能な部分 V 防水機能 -
電源 乾電池

おすすめのVIO用ヒートカッター比較一覧

  • 商品画像
  • アイテムID:5907018の画像

    Barboncin

  • アイテムID:5907012の画像

    ラブコスメ

  • アイテムID:5907019の画像

    audorx

  • アイテムID:5907015の画像

    ラヴィア(Ravia)

  • アイテムID:5907016の画像

    マクセル(maxell)

  • アイテムID:5907025の画像

    ラヴィア(Ravia)

  • アイテムID:5907026の画像

    Ecxia(エクシア)

  • 商品名
  • Vラインヒートカッター
  • Vライントリマー
  • ヒートカッター
  • Vライントリマー
  • Angelique(アンジェリーク) Vライントリマー MXVT-100
  • Vライントリマー フローラ
  • アンダーヘア用ヒートカッター
  • 特徴
  • LEDライト・ミラー搭載で見にくい場所もしっかり処理できる
  • 温度調整で切れ味を変えられる
  • ハイパワーですばやく処理できる
  • コンパクトで細かい場所までしっかり処理できる
  • 切り忘れ事故がないので安全
  • すばやく処理したい方におすすめ
  • 初心者でも使いやすいヒートカッター
  • 価格
  • 2780円(税込)
  • 5240円(税込)
  • 1853円(税込)
  • 2852円(税込)
  • 3949円(税込)
  • 9020円(税込)
  • 2980円(税込)
  • メーカー
  • Barboncin
  • ラブコスメ
  • audorx
  • ラヴィア(Ravia)
  • マクセル(maxell)
  • ラヴィア(Ravia)
  • Ecxia(エクシア)
  • 商品名
  • Vラインヒートカッター
  • Vライントリマー
  • ヒートカッター
  • Vライントリマー
  • Angelique(アンジェリーク) Vライントリマー MXVT-100
  • Vライントリマー フローラ
  • アンダーヘア用ヒートカッター
  • 使用可能な部分
  • V
  • V
  • -
  • V
  • V
  • V
  • V
  • 防水機能
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 電源
  • 充電
  • 充電
  • 乾電池
  • 乾電池
  • 充電
  • 充電
  • 乾電池

VIOは処理の仕方を間違えると余計にチクチクします。ここでは、正しい剃り方・コツを紹介するので参考にしてください。

 

まず清潔な状態にしよう

まずは、処理する部分を清潔にするのが大切です。菌や汚れが付着していると、肌が傷ついたときに炎症やできものなどの肌トラブルにつながります。毛が多い・長いと菌が溜まりやすいので気を付けましょう

 

  • 入浴時・・・ボディソープや石鹸で洗う
  • 入浴時以外・・・ウェットシートやおしりふきを使って汚れを取り除く

各ラインのきれいに処理するコツ

処理するコツは各ラインごとに異なります。それぞれのラインごとに処理のコツを紹介するので参考にしてください。

 

Vライン

Vラインを処理するときは、以下の2点に気を付けましょう。

 

  • あらかじめ毛を短く切る

Vラインは処理範囲が広く、長い毛を大量に処理するため、シェーバーやカミソリに毛が絡まります。毛を短くしておくとスムーズな処理が可能です。

 

  • どのような形に仕上げるか考える

毛を残す場合は、仕上がりの形を考えましょう。楕円形や逆三角形に処理する人が多いです。自然な仕上がりがいい方は、ショーツや水着からはみ出ない程度の面積にするのがおすすめです。

Iライン

Iラインを処理するときは、以下の2点に気を付けて行いましょう。

 

  • 鏡を使う

Iラインは目視しながら処理するのは難しいです。体育座りのような姿勢で座り、前に鏡を置いて処理します。毛が長い場合はあらかじめ1~2cm程度の長さまで切りましょう。

 

  • 軽く引っ張りながら処理する

Iラインの肌はたるんでいるため、そのままではうまく処理できません。皮膚を軽く引っ張り、カミソリをきちんと密着させて処理しましょう。また、刃のあるタイプを使う際は、粘膜を傷つけないように注意してください。

Oライン

Oラインの処理はとくに難しいので、慎重に処理する必要があります。OラインもIラインと同じように鏡を使って処理しましょう。

 

  • 鏡を使う

鏡面を天井に向けて床に設置し、その上に腰を浮かした状態で座ります。Oラインはシワや凹凸があるため、Iライン同様皮膚を軽く引っ張りながら丁寧に処理してください。

アフターケアをしっかり行おう

VIOの処理後は必ずアフターケアを行いましょう

 

  • 肌の熱を取る

VIOの処理後は肌が熱を持っています。まず最初に、しっかり冷やすことが重要です。冷たい濡れタオルや、タオルで包んだ保冷剤を当てましょう。

 

  • しっかり保湿する

ムダ毛を処理するときに、角質も剥がれています。下着との摩擦でダメージを受ける可能性もあるので、しっかり保湿してください。できるだけ添加物の少ないワセリンのようなアイテムを使うのがおすすめです。

VIOの処理をするときはNGな方法もあります。誤った処理をすると肌トラブルになるため、以下の注意点をしっかり確認してください。

頻度は低めがおすすめ

VIOは毛がない方が衛生的です。しかし、VIOを処理する頻度が高いと肌への負担が大きくなります。各ラインごとに最適な頻度は違うので注意しましょう。

 

  • Vライン・・・1~2週間に1回程度

Vラインはほかの場所に比べると、肌が強い・毛の量が多い・成長スピードも速いため、1~2週間に1回程度の処理が理想です。

 

  • Oライン・Iライン・・・イベントのときのみ

Oライン・Iラインは特にデリケートな場所なので、できるだけお手入れの頻度は低くするのがおすすめです。お泊りや海水浴などのイベント前に処理しましょう。

毛抜きの使用はNG

毛抜きでの処理は毛根を取り除くことで毛の再生に時間がかかり、処理頻度が少なくなるのがメリットです。しかし、頻繁な毛抜きでの処理は埋没毛や黒ずみの原因になるためおすすめできません。肌トラブルのリスクを減らすなら、毛抜きの使用はNGです。

VIOのムダ毛は生理中の蒸れの原因になったり水着からはみ出したりするため、しっかり処理する必要があります。ただしVIOはデリケートな部分なので、適切に処理するのが大切です。本記事を参考に自分に合ったVIOカミソリを見つけて、毎日を快適に過ごしましょう。