【夜釣りに最強!】エギの人気おすすめランキング15選

エギングでは、どのような餌木(エギ)を選ぶかによって、成果が全然違ってきます。ですが、新作や最新のエギが次々と発売されており、どれを選ぶか困っていませんか。ここでは、餌木(エギ)の選び方と、おすすめの餌木(エギ)の人気ランキングをご紹介します。

2021/10/22 更新

アオリイカ、ヤリイカ、ヒイカなどを防波堤や磯で釣ることをエギングと言いますが、エギングで用いる疑似エサを、餌木(エギ)と呼びます。

 

ですが、エギは、カラーやサイズ、重さなども様々で、どれを選んだら良いかお困りではありませんか。そこで今回は、エギの選び方やおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

 

また、この記事の最後には、エギングに必要な他のアイテムも紹介していますので、併せてチェックして、エギングに出かける度に最高の成果を残せるようにしましょう。

エギを選ぶには、タイプ、サイズ・重さ、カラー・ボディ、テープのカラー、ダート性能、フォール姿勢、メーカーなど様々なポイントがあります。1つ1つ理解していきましょう。

タイプで選ぶ

エギ選びでまず重要なのは、エギのタイプです。それぞれで沈下速度が異なることから、使用頻度や水深によって、選ぶべきエギのタイプは異なります。

使用頻度の多い「スタンダードタイプ」

スタンダードタイプとは、沈下速度が平均的なタイプです。このタイプには、およそ3~4秒/mほどで沈下する製品が多いです。パイロットといって、釣り場の水深を知ったり、潮の流れや風向きを知るために投げるのにも使うことができます

 

使用頻度が高いため、色々なサイズやカラーを持っておくのが理想ですが、スタンダードタイプは最低でも必ず一本は持っておきたいところです。製品によっては、スタンダードタイプという表記がない場合もあります。

「スタンダードタイプ」のエギのおすすめ商品をすぐに見る

水深の浅い場所では「シャロータイプ」

シャロータイプは、沈下速度が遅いタイプのエギです。およそ5.5~6秒/mで沈みます。ゆっくりと沈むので、イカの目につきやすいのが特長です。沈むのが遅いので深場には向かず、浅瀬でのエギングにおすすめです。

 

また、海藻があってエギがイカの目につきにくい場所や、エギの様子を観察しながら行うサイトエギングに良いでしょう。さらに、ゆっくり沈むため、エギが水底の岩や珊瑚などの障害物に引っ掛かる「根がかり」のリスクが少なくて済むのも嬉しい点です。

 

シャロータイプには、「S」と表記される通常のシャロータイプのほかに、「SS」と表記されるスーパーシャロータイプもあります。

「シャロータイプ」のエギのおすすめ商品をすぐに見る

水深が10m以上の深場には「ディープタイプ」

ディープタイプとは、エギが重いので速く沈むタイプです。およそ1.8~2.7秒/mのペースで沈んでいきます。そのため、深さのある場所でのエギングにおすすめです。

 

ディープタイプは重いので、風が強くても狙った遠い地点に向かって投げ入れられます。また、潮の流れが速くても、流されずに水底まで到達しやすく、操作しやすいのもメリットです。

 

製品のパッケージには、略称として、FS(ファーストシンギング)やRと記載されていることもあります。

「ディープタイプ」のエギのおすすめ商品をすぐに見る

サイズ・重さで選ぶ

餌木(エギ)は、サイズや重さを見て選ぶことも大切です。どの時期に、どんな場所でエギングをするかによって、最適なサイズや重さは異なってきます。

浅瀬や新子狙いの釣りには「2.5号(10g)」

春に生まれたイカは、秋になると新子となってシーズンを迎えますが、小物狙いで、秋に新子を狙うには、2.5号サイズがおすすめです。このサイズの重さは10g程度で、エギの中でも軽めです。

 

2.5号は、軽くて沈下速度も遅いので、浅瀬で釣るのにも向いています

サイズが小さくて軽いエギのおすすめ商品をすぐに見る

初心者の方には「3.5号(20g)」がおすすめ

3.5号サイズのエギは、エギの中でも最も一般的なサイズで、重さは20g程度です。一番バランスの良いサイズと重さなので、オールラウンドに使えます。そのため、初心者でも扱いやすいサイズです。

 

特に、秋の中でも11月頃に差し掛かると、春に生まれたアオリイカが成長してくるので、3.5号の使用頻度が高まります

一般的なサイズと重さのエギのおすすめ商品をすぐに見る

1kgを越す大物を狙うなら「4号(25g)」

春には、春イカと呼ばれる産卵前の大型のアオリイカが釣れるシーズンです。この時期に、春イカなど1kgを超える大物狙いなら、25g程度あってエギの中でも重めな「4号サイズ」がおすすめです。この時期の春イカは、大きめのエギでも積極的に食いついてきます。

 

特に、シーズン前半は、水温が上がり切っていないため、春イカは沖の深場にいます。そこで、重さがあるため遠投しやすい4号のエギが役立つわけです。また、4号は、重いので遠投しやすく、沖で釣る際にも活躍します。

サイズが大きくて重いエギのおすすめ商品をすぐに見る

カラー・ボディで選ぶ

エギ選びでは、上地(ボディ)のカラーも重要です。上地(ボディ)のカラーによって、イカにアピールできる時間帯などが変わってくるからです。

夜釣りに最強なのはピンクやオレンジなどの「アピール系」

ピンクやオレンジといった「アピール系」のエギは、曇りや雨など天候が悪くて視界が悪い日や、水や潮が濁っていてエギが見えにくい時におすすめです。また、太陽が昇り始めて、光の色が変化するのに合わせて、ピンクやオレンジなどを使い分けるのも効果的です。

 

また、目立つので夜釣りにも最強です。ちなみに、「アピール系」は、釣り場の水深を知ったり、潮の流れや風向きを知るための「パイロット」としても使うことができます。

 

アピール系のカラーは、イカの活性が高い時に効果的ですが、逆に言えば、活性が低い時や、餌への食いつきが良くない時には、あまり向いていません

様々なボディカラーのエギのおすすめ商品をすぐに見る

昼間には「ダーク系やナチュラル系」

「ダーク系」とは、黒色や茶色のことで、「ナチュラル系」とは、青色や緑色のことです。これらの色は、アピール力が低いため、夜釣りには向きません。ですが、イカの警戒が強い時に便利なので、1つは持っておいた方がよいでしょう。

 

また、明るくてエギが見えやすい日中にも、ダーク系やナチュラル系はおすすめです。急に必要になることもある色なので、いざという時のために揃えておくのがおすすめです。

 

加えて、潮が澄んでいる時には、自然界にもあるようなダーク系やナチュラル系の色は、有効性がアップします。イカが安心して近づいてくるため、おすすめです。

様々なボディカラーのエギのおすすめ商品をすぐに見る

紫外線で発光する「ケイムラ系」

ケイムラ系とは、蛍光紫(けいこうむらさき)という、紫色に光る機能を略した名称です。日中に使うと、発光してイカへのアピール力を発揮してくれるのが特徴です。

 

通常、海の水深が深い部分には、光は届きにくいものですが、太陽光の中で最も届きやすいのが紫外線です。その紫外線に反応することで、ケイムラ系は発光し、エギの存在をイカにアピールしてくれるのです。

様々なボディカラーのエギのおすすめ商品をすぐに見る

夜に光を当てることで発光する「夜光系」

夜光系は、ナイトエギングに良いタイプで、夜に光を当てると発光してイカにアピールしてくれます。特に、夜光虫が多い日や、満月で月明かりが差している時に有効です。また、潮が濁っている時に使うのもおすすめです。

 

さらに、夜光系の中でもブルー夜光系は、夜から徐々に明るくなる「朝マヅメ」の時間帯や、日の出から1~2時間のタマヅメのタイミングでも使えます。

様々なボディカラーのエギのおすすめ商品をすぐに見る

下地(テープ)のおすすめカラー

エギの下地(テープ)の色も、エギ選びの大切な視点の1つです。天候や時間帯によって、下地(テープ)の色を変えると、イカの食いつきが変わり、エギングが捗ります。

夜釣りなら「赤テープ」がおすすめ

赤テープの下地(テープ)が巻かれているエギは、夜釣りにおすすめです。赤いテープは、夜になると黒っぽく見えることから、イカから見て、エギが自然に認識されやすい長所があります。

様々な下地(テープ)カラーのエギのおすすめ商品をすぐに見る

天気がいい日には「金テープ」がおすすめ

晴れた日の昼間には、金テープがおすすめです。金テープは、太陽光を反射することでイカに強くアピールしてくれます。オレンジの布地を併せて用いることで、さらに効果が上がると言われています。

様々な下地(テープ)カラーのエギのおすすめ商品をすぐに見る

迷ったら定番の「虹テープ」がおすすめ

虹テープのついたエギは、昼夜に関係なく、水の濁っているか綺麗かにも関係なく、いつでも高い効果を発揮してくれます。初心者にも使いやすく、まさに定番なので、テープ選びに迷ったら虹テープを選んでも良いでしょう。

様々な下地(テープ)カラーのエギのおすすめ商品をすぐに見る

シーズンに合わせて選ぶ

自分がエギングを行いたいシーズンによって、エギを選ぶことも大切です。シーズンによって、使うべきエギは異なってきます。

春イカ狙い用のエギ選び

前述の通り、春はアオリイカの産卵シーズンであり、春イカと呼ばれる大型のイカが釣れる絶好のタイミングです。大型のイカに合わせて、3.5号以上の大きめのサイズのエギを選びましょう

 

また、春シーズンの中でも、シーズン前半の水温が上がり切っていない時期には、沖の深場を狙えるディープタイプのエギがおすすめです。

 

一方で、春のシーズン後半になり、水温が上がってくると、浅場に春イカが現れるので、シャロータイプのエギがおすすめです。

春イカ狙いにも使えるエギのおすすめ商品をすぐに見る

秋イカ狙い用のエギ選び

エギングにおける秋とは、春に生まれたイカが少しだけ大きくくなってきたシーズンです。そのため、2.5号サイズの小さめのエギがおすすめです。

 

また、この時期のイカは、広く散りばめられて生息しているので、後述のダート性能のあるエギを選んでおくと、効率的なエギングになります。

秋イカ狙いにも使えるエギのおすすめ商品をすぐに見る

ダート性能で選ぶ

ダートとは、エギを横に動かし、イカにエギを食いつかせたい気持ちにさせることです。

 

エギを急速に加速させてからストップさせると、惰性でエギは左右に向きを変えます。すると、逃げ惑う小魚のように見え、イカにアピールすることができます。ダート性能とは、このダートの幅が大きくなる性能のことです。

 

ただし、混雑した釣り場などで、イカがプレッシャーを感じた状態では、あまりダートを用いることで刺激しない方が良いでしょう。

ダート性能のあるエギのおすすめ商品をすぐに見る

フォール姿勢で選ぶ

フォールとは、水中でエギを沈下させていくテクニックです。イカがエギを抱くのは、フォール中であるため、エギングにおいてフォールは大変重要です。特に、スレたイカも狙いたいなら、フォールはとても重要です。

 

このフォールの姿勢が安定しているほど、イカが警戒せずにエギを抱いてくれます。どれだけダートアクションにキレがあろうが、フォール姿勢が安定していなければ、アオリイカは餌を抱いてくれません。

 

より詳しく言うと、ダート後のスムーズなフォールへの移行と、フォール姿勢の安定が重要となります。これが出来ていると、人的プレッシャーに晒されて警戒心の強いイカでも寄ってきます。また、フォール姿勢が安定していると、波風の影響を受けにくいです。

フォール姿勢が安定したエギのおすすめ商品をすぐに見る

その他のポイントで選ぶ

上記では、エギ選びの視点について様々説明してきましたが、ここでは、2つの追加性能についても触れておきます。いずれも、エギングの成果を決定づけるほど重要です。

音でアピールする「ラトル入り」

「ラトル入り」のエギとは、エギの中に小さな玉の入ったエギのことです。この玉同士がぶつかり合うことで音が鳴り、イカにアピールすることが出来ます。

 

ラトルの音は、水中で比較的広い範囲に届きます。特に、防波堤や磯などの障害物が多い場所でのエギングでは、エギがイカから目につきにくいため、ラトルの音でアピールするのが効果的です。

ラトル入りのエギのおすすめ商品をすぐに見る

ボトムを攻めるなら「根がかりしないもの」

水中のボトムを攻める人は、サンゴや水底の岩に、エギが根がかりしてしまい、大切なエギを失ってしまうこともあります。その際、エギングの上級者なら根がかりを外せることもありますが、初心者にはなかなか難しいでしょう。

 

そこで、水中のボトムを攻めたい初心者は、専用のシンカーを取り付けてあったり、針がいくらか伸びる「根がかりしにくいエギ」がおすすめです。

根がかりしないエギのおすすめ商品をすぐに見る

コスパの良さで選ぶ

エギ選びでは、コスパも重要です。エギは、1本1本の価格は高くはありませんが、複数のサイズのエギを買ったり、色を揃えたり、シーズンごとのエギを揃えたり、目的ごとにエギを用意したりすると、結果的にそれなりの金額となります。

 

また、根がかりしてしまうことで、エギを失ってしまい、買い替えが必要となるケースもあります。加えて、エギングでは、エギ以外にも必要なアイテムがあり、お金がかかります。そのため、1本1本のエギのコスパを十分に意識することも大切です。

 

また、春イカのような大物を狙うのか、それとも小さめの秋イカを狙うのかによっても、どれだけのコストを掛けても良いかが変わるでしょう。エギングでの収穫(リターン)も意識しつつ、コスパを考慮してエギを選ぶことをおすすめします。

コスパの良いエギのおすすめ商品をすぐに見る

メーカーで選ぶ

エギを選ぶ時には、メーカーを見て選ぶのも大切です。なぜなら、メーカーごとに特徴や価格帯が異なるからです。

DUEL(デュエル)

DUEL(デュエル)は、釣り具の総合メーカーです。価格帯は、700~1000円程度で購入できるエギが大半で、安価な料金設定となっています。

 

釣れるエギの代名詞である「アオリーQシリーズ」、究極の進化を遂げた「パタパタQシリーズ」、エギの足がパタパタ動いて誘う「EZ-Qシリーズ」など、様々な人気シリーズを持っています

DUEL(デュエル)のエギのおすすめ商品をすぐに見る

SHIMANO(シマノ)

SHIMANO(シマノ)は、ルアーやリールなども含め、釣り製品を幅広く展開しているメーカーです。エギングに限らず、様々な魚を釣るための道具を扱っているので、イカ以外も釣りたい人におすすめです。

 

価格帯は700~2000円程度と幅広いですが、1000円を超える製品が大半で、やや高めです。

SHIMANO(シマノ)のエギのおすすめ商品をすぐに見る

YAMASHITA(ヤマシタ)

YAMASHITA(ヤマシタ)は、「新しい釣りを提案する」をモットーにし、エギングをはじめとする釣り具を提供しているメーカーです。釣り具の中でも、特にエギには力を入れています。主な価格帯は、1000~1500円程度です。

 

人気商品は、何といっても、エギ王シリーズです。エギ王K、エギ王シャロー、エギ王ケイムラ、エギ王LIVEなど、目的ごとに様々なエギを展開している人気シリーズです。操作性が良くて、イカを誘いやすいのが特徴です。

 

また、ナオリーシリーズは秋に活躍するシリーズであり、エギ王シリーズ程ではありませんが、人気です。

YAMASHITA(ヤマシタ)のエギのおすすめ商品をすぐに見る
ヤマシタ(YAMASHITA)

エギ王 K ベーシック

価格:930円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

YAMASHITAの人気シリーズ「エギ王」の中でも、一番使用場面の多いスタンダードタイプです。パイロットとして使うことも出来ます。

 

サイズも3.5号でオールラウンドに使え、初心者にも扱いやすいです。低活性のイカにもアピールすることが可能です。

口コミを紹介

間違いないエギ!。他のエギで釣れなくてもなぜか釣れちゃう。

出典:https://www.amazon.co.jp

ダイワ(DAIWA)

エギ エメラルダス ラトル タイプS

価格:814円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低活性のイカにも、高活性のイカにも働きかけるラトル入りのエギです。また、根がかりしにくい仕様になっており、初心者でも使いやすいです。

 

そして、鋭くダートアクションしつつ、ゆっくりとフォールさせられるので、警戒心の強いイカでも食いついてくれます。

口コミを紹介

理由はよくわからないのですが、2020年秋シーズン、3号の中で最も活躍したエギでした。 結構ダメージを受けて傷が多くなりましたが、それでも使っています。春シーズン初めにも使用してみようと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

DUEL(デュエル)

エギ EZ-Q ダートマスター ラトル

価格:790円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウエーブモーションライトボディであり、釣れる波動を残しつつ、引き抵抗を軽減しています。また、トリックフックケイムラ仕様で、とても根がかりがしにくいです。

 

ブルー夜光ボディであり、夜間でもしっかりアピールしつつ、紫外線の強い日中には、ケイムラ仕様でアピールします。2.5号の軽めのエギです。

口コミを紹介

コウイカが釣れました♪ このエギをしっかり抱いてました(笑)

出典:https://www.amazon.co.jp

ヤマシタ(YAMASHITA)

エギ王 K

価格:1,144円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャロータイプのエギは、軽くてアクションが小さくなりがちですが、本製品はダート性能が高く、フォール姿勢も安定するので、浅瀬に住むイカに働きかけやすいです。

 

イカが安心して近づきやすい暗色系に、エギンガーの目につきやすいカラーです。スーパーシャロータイプであり、沈下速度が8秒/mととても遅いのも特徴です。

口コミを紹介

さすがスーパーシャロー。いつまで経ってもそこまめ底に辿り着いてくれません。 が、釣れます釣れます。エギもアジングもファールが大事なので、このエギが本来の姿なのかも。なかなか沈まないので、めんどくさいシャクリもそんなにしなくて済みます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ヤマシタ(YAMASHITA)

エギーノ もぐもぐ サーチ

価格:930円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エサっとシステムといって、エサの取り換えが簡単なことをウリにしている珍しいエギです。また、3.2号は、エサのキビナゴに最適なサイズです。

 

さらに、ラトル入りで、イカが聞き取りやすい音を発します。このように、もぐもぐサーチの名の通り、イカの様子を探索するのに必要な機能が付与されたエギです。

口コミを紹介

エサがちょい苦しそうかなとは思いますが、 思ったよりエサ持ちが良いです。11月終わりのTRで厳しい状況下アオリは釣れなかったもののコウイカは釣れました。

出典:https://www.amazon.co.jp

DUEL(デュエル)

YO-ZURI(ヨーヅリ) エギ: アオリーQ RS

価格:755円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

逃げ惑う小魚のようなダート性能を持ち、自然な平打ちとイレギュラーアクションを、勝手にオートマティックに取ってくれる、スキル要らずのエギです。

 

潮流や波の流れを受けて、自然ととゆらめきアクション(ローリング)を取るため、長時間のエギングにおいて、置き竿でもイカを刺激してくれる優れものです。

口コミを紹介

ヒイカを釣るためにこちらを購入しました。3回程使用しましたが、これ1つでトータル100杯ぐらい釣れてます。表層から中層メインで使っていればロストの心配もないので、とりあえず1つ持っておけばいいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

シマノ(SHIMANO)

エギ

価格:862円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5.8秒/mという長めの沈降速度のシャロータイプで、浅瀬に住むアオリイカにしっかりとアピールします。一般的な3.5号サイズなので、初心者にもおすすめです。

 

また、モテモテピンクカラーで、夜釣りに最強です。天候が悪い日や、潮や風の影響を受けやすい日にも、イカやエギンガーから、エギがどこにあるか見つけやすいでしょう。

口コミを紹介

秋のエギング用に購入。 自分が釣行する瀬戸内海は遠浅の地形が多いためシャロータイプのエギは必須となります。 近くの店でも売ってないのでネットで購入出来てとても助かってます。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

DUEL(デュエル)

YO-ZURI(ヨーヅリ) エギ: パタパタQ

価格:699円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エギの余計な部分をそぎ落として、シャクリ抵抗を8~10%減らし、アクション時の抵抗減に成功しています。さらに、パタパタフィンスリムで、イカには生きた魚に見えます。

 

また、スナッグレスシンカーにより飛行距離を伸ばしつつ、スナッグレスバンパーやトリックフックにより、根がかりしにくなっています。

口コミを紹介

朝一は周りがピンク系ばかりでプレッシャーが上がっていたり見飽きられている場合、コレで一人だけ数杯立て続けにヒットした時もあります。パタパタは全て使い勝手がよく他のエギはいらないほどです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ヤマシタ(YAMASHITA)

エギーノ ぴょんぴょんサーチ

価格:780円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エギーノリップにより、逃げるエギの動きを初心者でも簡単に再現でき、イカのハンター精神を刺激します。また、エギーノレッグで、エギの脚がエビの脚のように動きます。

 

そして、ラトルにより、水中が濁っていたり障害物が多かったりしても、イカにしっかりと音で働きかけます。初心者が喜ぶ機能を徹底的に盛り込んだエギと言えます。

口コミを紹介

底をとって普通にシャクっていたらキロアップ釣れました。エギングの時には一つ持っておいてもいいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

DUEL(デュエル)

エギ EZ-Q マグキャスト

価格:1,791円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エギに内蔵されている磁石の力で、エギの重心を低い位置に移動し、遠投を可能にしています。また、磁石の力で、ダート性能の向上とフォール姿勢を安定を実現しています。

 

さらに、オーバルタイイングヘッドアイにより、クイックかつ高頻度なダートを実現します。ケイムラ系カラーで訴えかけやすく、パタパタフィンの波動でアピールもします。

口コミを紹介

夜釣りの堤防、常夜灯の下で釣れました。周りが釣れてない中での1杯だったの嬉しかったです。飛距離も他のエギに比べると格段にいいです。 常夜灯が照らす範囲より奥まで投げられ境目もしっかり探れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

DUEL(デュエル)

エギ EZ-Q ダートマスターサーチ ダブルグロー

価格:899円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夜間の発光力と、ブルーライトによる視認性を併せ持つダブルグローボディです。パタパタフットライトとウエーブモーションライトボディの波動でアピールもします。

 

そして、ラトルによって空気中の4.4倍の音速でイカに働きかけます。パイロットの切り込み隊長として活躍する場面が広く、1つ持っておくとエギングが捗ります。

口コミを紹介

ヤリイカ釣れました。夜釣りでこのくらいグローが強いとかなり目立つので良いと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

HARIMITSU(ハリミツ)

エギ

価格:2,127円 (税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

チャットイエローというカラーで、夜であろうが水中が濁っていようが、とにかく目立つのでイカに強く働きかけます。アピール系のエギが不足している人におすすめです。

 

特に活躍するのは、高活性時や春イカ釣りなどの時で、数釣りにも向いています。スレたイカには不向きですが、とにかくガンガン攻めていきたい時に使うと効果的なエギです。

口コミを紹介

この商品は寒い時が効果的かとおもいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ダイワ(DAIWA)

エギ エメラルダス ダートII

価格:829円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

胸囲の貫通力を持ち、サクッと刺さる「サクサス」という性能を持ち、メーカー比で刺さり性能が40%アップしています。刺さり易すぎて、取り扱いには注意が必要な程です。

 

また、縦型ラインアイにより、シャープなダート性能を実現しています。さらに、船舶力学に基づいたシンカーや、トルネードデザインなど、魅力の多いエギです。

口コミを紹介

7種類のエギを使いましたが、このエギだけにアオリイカが3杯でした。2個ロストしたので、更に3個追加購入しました。おススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ダイワ(DAIWA)

エギ エメラルダス ステイTypeS

価格:955円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタビライザーと低重心設計により、フォール姿勢が安定しやすいです。そのため、スレたイカでも警戒心を解いて近づいてきやすく、釣り成果がアップします。

 

ヘッドとシンカーが一体になっているのも特徴で、効率よくウエイトアップし、フォールスピードのアップに成功しています。全体的にフォールに強いのが特長です。

口コミを紹介

普通にガンガン釣れる。 抵抗系エギはこれとKでじゅうぶんです。

出典:https://www.amazon.co.jp

オーナー(OWNER)

エギ Draw4

価格:985円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Draw4とは「4つの引き出し」という意味で、4つの引き出しを使いあらゆる状況にも打ち勝つ切り札的存在を目指しているエギです。

 

具体的には、ダート、ハネ上げ、ステイにフォールという4つの動きを研ぎ澄まします。また、ケイムラとクリアのカラーで、イカに捕食されやすくなっています。

口コミを紹介

YouTubeでDraw4ムービーみてて購入しました。今までこんなに釣ったことない数が釣れました。数人で釣行。ヒット数がずば抜けて多く、釣果も良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

エギの比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:5797776の画像

    ヤマシタ(YAMASHITA)

  • アイテムID:5797778の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • アイテムID:5797779の画像

    DUEL(デュエル)

  • アイテムID:5797780の画像

    ヤマシタ(YAMASHITA)

  • アイテムID:5797781の画像

    ヤマシタ(YAMASHITA)

  • アイテムID:5797783の画像

    DUEL(デュエル)

  • アイテムID:5797785の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • アイテムID:5797786の画像

    DUEL(デュエル)

  • アイテムID:5797787の画像

    ヤマシタ(YAMASHITA)

  • アイテムID:5797788の画像

    DUEL(デュエル)

  • アイテムID:5797789の画像

    DUEL(デュエル)

  • アイテムID:5797790の画像

    HARIMITSU(ハリミツ)

  • アイテムID:5797791の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • アイテムID:5797792の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • アイテムID:5797797の画像

    オーナー(OWNER)

  • 商品名
  • エギ王 K ベーシック
  • エギ エメラルダス ラトル タイプS
  • エギ EZ-Q ダートマスター ラトル
  • エギ王 K
  • エギーノ もぐもぐ サーチ
  • YO-ZURI(ヨーヅリ) エギ: アオリーQ RS
  • エギ
  • YO-ZURI(ヨーヅリ) エギ: パタパタQ
  • エギーノ ぴょんぴょんサーチ
  • エギ EZ-Q マグキャスト
  • エギ EZ-Q ダートマスターサーチ ダブルグロー
  • エギ
  • エギ エメラルダス ダートII
  • エギ エメラルダス ステイTypeS
  • エギ Draw4
  • 特徴
  • 価格
  • 930円(税込)
  • 814円(税込)
  • 790円(税込)
  • 1144円(税込)
  • 930円(税込)
  • 755円(税込)
  • 862円(税込)
  • 699円(税込)
  • 780円(税込)
  • 1791円(税込)
  • 899円(税込)
  • 2127円(税込)
  • 829円(税込)
  • 955円(税込)
  • 985円(税込)

エギングに必要なアイテムは、エギだけではありません。ここでは、主な3つのアイテムについて説明しておきます。

エギングロッド

エギングロッドとは、イカをエギで釣るための釣り竿(ロッド)です。エギングでは、岸から遠方までロングキャストするのがメインとなるため、飛距離(キャスタビリティ)や操作性、アクションのしやすさなどに優れたものがおすすめです。

エギングリール

エギングリールとは、エギングで用いるリールです。エギングでは、長時間リールを操作することが求められるため、エギングリール選びは重要です。ギア比が高くて巻き取りスピードが速いものや、重量が軽くて扱いやすいものがおすすめです。

 

また、エギングに適したラインをしっかりと引けるモデルを選ぶことも大切です。

エギングライン

エギングラインにより、飛距離を出せるかと、水中でエギを上手くアクションさせられるかが変わってきます。きちんとした素材や太さ、巻き量のエギングラインを選ぶことで、釣り果は大きく違ってくると言われています。

エギの選び方やおすすめのエギについてご紹介してきましたが、いかがでしたか。エギングでは、テクニックもさることながら、エギングに適したエギを選ぶことが大切だとお分かり頂けたかと思います。エギングが上手くいくと、大きな達成感が得られます。ぜひ状況ごとに最適なエギを準備し、最高のエギング体験をされていってください