【iPhone対応】デザイン色々!おすすめの人気スマートウォッチ10選

その便利さを知ってしまうと手放せなくなるスマートウォッチ。昨今ではデザイン性においても幅広い商品が発売され、ファッションの一部としても人気が高まっています。今回はiPhoneユーザーの方向けに、iPhone対応のスマートウォッチをご紹介します。

iPhoneとスマートウォッチがあれば生活はもっと便利に

スマートウォッチを普及させるきっかけとなったAppleWatchの発売から4年。その便利さから、今やスマートウォッチは一般に普及するまでとなりました。機能もさることながら、価格やデザインも豊富になり、いろいろなライフスタイルに似合うスマートウォッチを選ぶことができます。

 

「アウトドアで使いたいから、壊れにくいもの探している」

「カジュアルだけでなく、ビジネスシーンにも使えるものはないか」

「初めてだから、高くないもので試してみたい」

 

そんな、興味はあるけれど何を買おうか迷っている方におすすめの「iPhone対応スマートウォッチ」をご紹介します。

iPhone対応のスマートウォッチの選び方

まずはスマートウォッチのOSの違いと対応OSを知って選ぶ

スマートウォッチには、大きく分けて二つのOSが使われています。

 

デザインや機能が気に入ったとしても、スマートウォッチによってはiPhoneでできることが限られてしまう場合もあります。まずはスマートウォッチがお手持ちのiPhoneでどの程度利用できるのかを調べてみるとよいでしょう。

iPhoneにとって一番相性がいいのは「watchOS」

一つ目のOSは、Apple社の開発した「watchOS」です。AppleWatch用のOSで、当然ながらiPhoneとの相性は最高です。

 

ペアリングもすんなりと行うことができますし、iPhoneから遠く離れることがなければ途中で接続が切れてしまうこともありません。

スマートウォッチを初めて使う方でも、iPhoneの操作に慣れている方なら直感的に操作することができるシンプルでわかりやすいOSです。

 

文字盤のデザインはiPhoneのアプリから変更することができ、手首を動かすと高画質の炎や水が表示されるものもあります。

デザインはそんなに多くありませんが、シンプルな数字だけのものや写真を表示できるもの、キャラクターの声が出るものなど、多様なスタイルがあります。

AndroidベースのOS「Wear OS by Google」もiPhoneに対応している

二つ目のOSは、Google社の開発した「Wear OS by Google」です。このOSはAndroidベースで開発されたものですが、iPhoneにも対応しています。

watchOSがAppleWatch用なのに対し、このWearOSは多くのスマートウォッチに搭載されています。

 

スマートウォッチによってはiPhoneでは「バッテリー残量が反映されない」などの制限があるものもあります。

 

WearOSを選ぶひとつの要因は、多種多様なアプリが出ていることでしょう。

例えば、文字盤(ウォッチフェイス)の選択肢も、対応するアプリを入れることで幅が広がります。アプリについてもiPhoneでは制限があるものもありますが、iPhone対応のスマートウォッチとアプリがあれば、もっと自分好みのスマートウォッチにすることができます。

相性抜群のAppleWatchを選ぶか、幅広い選択肢のあるWearOSを選ぶか

iPhoneとの相性で選ぶなら、watchOSの入ったAppleWatchがよいでしょう。

しかし、WearOSであってもほとんど遜色なくiPhoneでも利用できます。

 

WearOS搭載のスマートウォッチは、価格帯やデザインなどの幅が広いので、選択肢が増えることは間違いありません。

文字盤の形が丸いものやベルトに沿った長方形のもの、女性らしいブレスレットタイプ、アウトドアにも似合うゴツゴツしたタイプなどもあります。

 

使いやすさや、選択肢の広さなど、OSによって異なる部分がありますので、ひとつの要素として検討してみてください。

スマートウォッチを使いたいシーンや用途で選ぶ

スマートウォッチは今や多種多様。使いたいシーンに合うかどうかもとても大切な基準です。仕事で利用したいならどの機能が必要か、運動するときの記録を目的とする場合はどの機能があればよいかなど、生活スタイルによって選ぶこともできます。

ビジネスシーンに似合うスマートウォッチは

普段の生活やビジネスシーンに利用する場合は、SNSやメール、電話の通知ができるものがよいでしょう。

LINEやメールの通知がスマートウォッチに表示されるものを選べば、その度にスマートフォンを出す必要がなく、非常に便利です。

さらに、通知の内容まで表示できるものであれば、大切な連絡なのかどうかを手首のスマートウォッチだけで判断することができるのです。

 

iPhoneで設定したアラームやスケジュールを通知できればさらに役立つのですが、iPhoneの機能の一部はAppleWatchでないと通知できないことがあるようですので注意が必要です。

スマートウォッチで日頃の歩数やランニングなど運動の管理がしたい

スマートウォッチは、健康のために運動をしているiPhoneユーザーの味方でもあります。GPS機能がついているスマートウォッチなら、ランニングやウォーキングなどのデータを細かく計測できます。

 

GPS機能が搭載されているスマートウォッチは、機種によってバッテリー駆動時間に大きな差が出ることがあります。マラソンを走られる方は、バッテリーの持ちを基準にするのもよいでしょう。

 

心拍数や血圧などを測る機能があるスマートウォッチを選べば、さらに運動時のデータを集めることができます。安静時の心拍と比較して、運動強度を示してくれるものもあります。

対応しているアプリがiPhoneに対応しているかどうかや、連動できるかもとても大切な基準です。

きれいめファッションの時もスマートウォッチをつけたい

スマートウォッチというと、スポーツ仕様だったり、メンズ向けの商品を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

確かに、ヘルスケアの面で利用されることの多いスマートウォッチにはスポーティーなものが多い印象がありますが、フォーマルにも合わせられるようなデザインのiPhone対応スマートウォッチも販売されています。

 

ほとんど腕時計と見た目が変わらないタイプのものや、ブレスレットタイプのデザイン重視のものも。

文字盤の形も、丸いものや長方形などデザインも豊富です。

ベルトを替えられるスマートウォッチもありますので、好みのものに替えるだけでもおしゃれな印象になります。

 

最近では、女性に人気のブランドからもスマートウォッチが販売されていますので、フォーマルなシーンにも似合うものが見つかるでしょう。

 

スマートウォッチを安心して使うために防水性能で選ぶ

防水規格には、水がかかる程度なら問題ないレベルから、水に潜ることができるものまで、いろいろな種類があります。生活に合わせて、防水のレベルを選ぶとよいでしょう。

防水性能を見極めるために、IPコードを知ろう

防水のレベルは「IPコード」という国際規格で、「IP68」というように表されます。

IPの次の数字が防塵等級(6が最高等級)を、その次の数字が防水等級(8が最高等級)を表していますので、4文字目の数字を見れば防水のレベルが分かります

 

防水等級は1〜4で「生活防水」、5〜8で「完全防水」と表記されることがあります。

7で「一時的に水没しても浸水しない」というレベルになりますので、水泳などでスマートウォッチを利用されたい方は7以上を選ぶとよいでしょう。

 

また、表示の方法によっては「〇〇m防水」のように記載されていることがあります。

これはIPコードとはまた別の規格で、気圧に対しての防水性能を表しています。

水泳に使う場合は、「50m防水」以上のものを選ぶとよいでしょう。

生活防水のスマートウォッチなら少しの雨や水しぶきに耐えられる

「生活防水」と言われるレベルでは「水しぶきを防げる」という程度です。

「生活防水」では、身につけたまま水泳をしたりお風呂に入ったりすると、壊れてしまう可能性があります。

 

販売されているiPhone対応スマートウォッチは、ほとんどが「完全防水」と呼ばれるレベルの防水性能を持っていますが、購入の際は念のため防水性能がどのくらいであるか調べておくとよいでしょう。

iPhone対応スマートウォッチは完全防水なら安心

2019年現在、販売されているiPhone対応スマートウォッチは、ほとんどのものが水泳にも使える防水性能を持っています。

気圧で防水性能が書かれているものなら、10気圧防水以上であればサーフィンなどの水上スポーツも楽しむことができます。

 

シャワーなどを浴びるときにもつけたままにしておきたい方はIPコードなら7以上、

iPhoneと連動させて水泳のワークアウトをしたい方も7以上あれば安心して楽しめます。

丈夫なスマートウォッチなら、やりたいことを我慢せずに楽しめます

IPコードをしっかりと確認して、自由なスマートウォッチ生活を楽しみましょう。

iPhone対応スマートウォッチのおすすめランキング10選

第10位CASIO(カシオ)

CASIO スマートアウトドアウォッチ プロトレックスマート WSD-F30-BK

価格:59,000円(税込)

有機ELディスプレイで地図も鮮やか。GPS内蔵でアウトドアに最適

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現在地が表示されたカラー地図表示ができるほか、地図上に情報を記して自分の記録を残すこともできます。

また、トレッキングの移動ルート、高度や気圧変化までもリアルタイムで表示することができるなど、思い切り外で遊びたくなるアプリが豊富に用意されています。

 

防水は5気圧まで対応しており、サーフィンや釣りなども安心して楽しめます。

さらに、使い方によって3つの省電力モードがあり、最大では1ヶ月ものバッテリーの持ちを実現しました。

ディスプレイ1.2インチ、2層ディスプレイ、カラー有機EL重量83g(バンド含む)
防塵・防水5気圧防水対応OSAndroid4.4以上、iOS9.3以上
第9位SONY

SONY wena WB-11A/S

価格:34,267円(税込)

バンドにスマートウォッチを搭載。お気に入りの時計をスマートウォッチに

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バンドにスマートウォッチを搭載するという斬新なスタイル

お気に入りの腕時計のバンドをwenaにするだけで、スマートウォッチの機能を持つことができるという独特な視点から作られています。

 

どうしてもスマートウォッチの形に好みのものがない場合や、思い出の腕時計を生かしたい場合などには、これしかないというおすすめのiPhone対応スマートウォッチです。

 

デザイン上、表示されるエリアが他のスマートウォッチに比べて狭くなりますが、FeliCa搭載、バッテリーは通常使用で1週間持つなど、機能としては優れています。

ディスプレイ-重量75.8g
防塵・防水IPX5/IPX7対応OSAndroid6.0以上、iOS10.0以上
第8位itDEAL

itDEAL スマートブレスレット

価格:3,899円(税込)

なんと言ってもこの価格。iPhoneと連携し、通知も届く最強のコストパフォーマンス

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマートウォッチを試してみたいという方にうってつけのスマートウォッチがこちらです。

iPhoneにも対応しており、電話、メール、SNSの通知までの機能を3000円台で実現しています。

 

高価なものに比べると、心拍、血圧などの計測結果には誤差があるようですが、この価格のスマートウォッチとしては満足度の高い商品です。

 

細かいカスタマイズはできませんが、初めてのスマートウォッチとして試してみてはいかがでしょうか。

ディスプレイIPS高画質ディスプレイ(20mm*43mm)重量25g
防塵・防水IP67対応OSAndroid4.4以上、IOS 8.0以上
第7位Asustek

ASUS スマートウォッチ VIVO Watch Black

価格:15,311円(税込)

iPhoneとの連携も問題なくできる。ASUSのタッチスクリーン型スマートウォッチ

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

文字盤が四角いタイプのiPhone対応スマートウォッチ。

普通の時計のように常時液晶が表示されている機種ですが、バッテリーも1週間ほどは持ちますし、心拍や血圧などのデータもしっかり表示します。

iPhoneとの接続もストレスなしで、通知も利用できます。

 

防塵・防水機能を示すIPコードは「IP67」。

一定時間の水没にも耐えられる性能で、安心して利用できます。

 

四角くシンプルなこの見た目も、特徴的で人気を集める理由です。

ディスプレイHR-TFT液晶(1.28インチ)重量約50g
防塵・防水IP67対応OSAndroid4.3以上、iOS8.1以上
第6位Fitbit(フィットビット)

Fitbit Charge3

価格:19,000円(税込)

つけっぱなしでも違和感のないスマートなバンドタイプ。睡眠計測もできます

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

24時間つけっぱなしにしていても気にならないスマートなサイズ

睡眠中もつけていれば、自分の睡眠をレポートしてくれます。

運動するときにもこのタイプならつけていることを意識せずにいられるでしょう。

 

睡眠トラッキングやフィットネストラッキングにとても向いているスマートウォッチです。

女性の方にはうれしい体の周期を教えてくれる機能もあります。

ディスプレイグレースケール有機EL重量-
防塵、防水50m防水対応OSiOS、Android、Windows
第5位Mobvoi

TicWatch E2 スマートウォッチ

価格:18,999円(税込)

同価格帯の中でも優れたコストパフォーマンスで満足度が高い

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

充電はマグネット式なので、手間なく使用できます。

2万円を切るスマートウォッチの中でも、満足できるスペックを持った一台。

 

WearOS搭載のスマートウォッチで1万円代という価格も人気の理由の一つで、コストパフォーマンスに対する満足度も高い製品です。

 

スマートウォッチらしからぬ丸い見た目もおしゃれで、人気の高い機種です。

睡眠トラッキング機能はないのですが、ランニング・サイクリングには良いパートナーとなるでしょう。

ディスプレイ1.39インチ重量35g(ストラップなし)
防塵・防水5気圧防水対応OSAndroid、iOS
第4位GARMIN(ガーミン)

vivoactive3 Black stainless

価格:30,301円(税込)

ランニングやウォーキングはもちろん、バイクやヨガまで検知。GPS機能も優秀

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

運動に使えるものを探している方におすすめの、GPS精度の高いスマートウォッチです。

実際に使用している方からの評判も高いのも特徴。

その理由は、多様なスポーツに対応したアプリと、GPS精度の信頼度でしょう。

 

文字盤が43.4mmと大きく、重さは43gと少し重ためですが、その本体に内蔵されたリチウムポリマーバッテリーによって、最大7日間動作することができます。

GPS機能は13時間使用可能なので、フルマラソンにも対応できるスマートウォッチです。

 

スポーツのためにスマートウォッチを探している方におすすめの機種です。

ディスプレイMIP(1.2インチ)重量43.0g
防塵・防水5気圧防水対応OSAndroid、iOS
第3位Apple(アップル)

Apple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)- 42mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

価格:49,453円(税込)

iPhone対応スマートウォッチの王道。Series 3もまだまだ手に入ります

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

iPhoneには最高の相性。スマートウォッチといえばAppleWatchです。

現在の最新シリーズは4ですが、まだseries3も購入することができます。

 

最新シリーズに比べるとサイズは少し小さくなり、厚みが少しあるのですが、比べてみないとわからないレベルです。

最新モデルとの違いは他にもありますが、値段も少しお手頃になりますので、必要な機能を理解して、series3を選ぶというのも一つの手段でしょう。

ディスプレイOLED Retinaディスプレイ(312*390ピクセル)重量34.9g
防塵・防水5気圧防水対応OSiOS 11以降
第2位Apple(アップル)

Apple Watch Series 4(GPS + Cellularモデル)- 44mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

価格:64,584円(税込)

2019年現在、最新のAppleWatch。iPhone使いには安心の一台

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

iPhoneユーザー向けのスマートウォッチとして、相性はこれ以上ない一台

ペアリングもノンストレスで行うことができ、遠く離れない限りは接続が切れることもほぼありません。

iPhoneとスマートウォッチを接続して最大限に利用したいなら、やはり間違いなくおすすめの一台です。

 

series3から進化したのは、本体の薄さ、画面の大きさ、搭載チップが2倍高速になり、よりスムーズに使用することができるようになったことなどです。

心拍のセンサーも進化しています。

iPhoneとの相性の良さから、ストレスなくスマートウォッチを利用することができます。

ディスプレイLTPO OLED Retina(368*448ピクセル)重量36.7g
防塵・防水5気圧耐水対応OSiOS 12以降
第1位Huawei

ファーウェイジャパン Watch GT Classic/Saddle Brown

価格:26,410円(税込)

バッテリーは通常使用で14日間。コストパフォーマンスに優れたスマートウォッチ

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

特徴はとにかくバッテリーが長持ちすることです。通常使用で14日は他のスマートウォッチと比較しても非常に優れています。

 

睡眠トラッキング、心拍計の機能も優秀で、価格の割に高性能。評判がとてもよいスマートウォッチです。

有機ELタッチスクリーン搭載で表示が美しいのはもちろんですが、さらに耐久性の点もしっかりカバーされています。

 

Watch GTシリーズにはいくつか種類がありますが、このclassicタイプなら、いろいろなシーンに利用できるのではないでしょうか。

ディスプレイAMOLED(有機EL)1.39インチ重量46g(ベルトを含まず)
防塵・防水5気圧防水対応OSAndroid4.4以上、iOS9.0以上

まとめ

今回はiPhone対応スマートウォッチをご紹介しました。気になる情報は見つかりましたでしょうか。スマートウォッチを選ぶ際には、スポーツや、健康管理、メールなどの通知を知らせられるものなど、使う目的にあったものを探すと、日常がもっと便利になります。ぜひお気に入りの相棒を見つけくださいね。