パナソニック CS-288CF エアコン評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥54,290
パナソニック CS-288CF エアコンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、パナソニック CS-288CF がどんな人におすすめなのかを評価しました。

CS-288CFの基本スペック

本体横幅780.0mm冷房能力2.8kW
インバータ有無エアコン・設置形態壁掛エアコン
年間消費電力量967kWh本体高さ285.0mm
本体奥行239.0mmエアコンタイプ冷暖
省エネ基準達成率1暖房能力3.6kW
自動フィルタクリーニングダスト排出機能自動フィルタクリーニング無自動熱交換器クリーニング自動熱交換器クリーニング有
再熱除湿機能再熱除湿機能無スマートフォンアプリ対応
APF値(2013)5.8APF畳数(目安)10畳

CS-288CFのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

パナソニック CS-288CFの基本スペック

パナソニック

パナソニック インバーター冷暖房除湿エアコン【エオリア】主に10畳用(クリスタルホワイト) CS-288CF-W

価格:59,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー パナソニック 商品名 CS-288CF
サイズ 780×285×239mm 室外機サイズ 655×530×275mm
機能 冷房・暖房 適用畳数(冷房) 8畳/12畳
適用畳数(暖房) 8畳/10畳

パナソニック CS-288CFのおすすめポイント

自動でお掃除してくれる

すでに付着した汚れやカビを取り除く機能ではありませんが、運転ごとに自動で内部を掃除してくれる機能がついています。

40度以上の加熱して乾燥、カビの成長を抑制してくれます。

親水コーティングがされている

親水コーティングを熱交換器(アルミフィン)にすることで汚れがつきにくくなって、冷房や除湿で発生した水で汚れを洗い流します。

すぐでる冷房

汗だくになって帰宅したあとスイッチを入れるとすぐに、ひんやりとした冷風がすぐにたっぷり吹き出すため涼しさを素早く実感できます。暑い夏場な大活躍しそうな機能です。

1/fゆらぎ気流を搭載

涼しい風にあたりたい時に心地よい風を出してくれます。信州の蓼科高原に吹く風を完全再現した風で気持ちよくしてくれます。

天井シャワー気流を搭載

冷風を体に当てずに涼しい風がシャワーのように降り注ぐので冷たい風が直接当たることがないので快適です。

冷房除湿モード搭載

ジメジメを抑えて、適度に冷房しながら除湿してくれます。夏のおやすみ時などにおすすめな機能です。

簡単・便利機能がついてる

エアコンの入・切をタイマー予約でき、おやすみ時や帰宅時合わせて設定ができます。

 

「エオリアアプリ」でスマートフォンからエアコンを遠隔操作できます。これによって、切り忘れ防止になったりどこからでもスマホがリモコンになります。

パナソニック CS-288CFの悪い点をレビュー

冷え方が極端

冷えすぎや暑くなりすぎはエアコンなので制欲して活動しますがCS-288CFはその動作の入り方が極端で体感温度が寒い、暑いを繰り返します。もっと緩やかに風量の変化してほしいとの口コミがありました。

送風ボタン・機能が無い

送風機能が無いのは高齢者にとってはありとの口コミがありましたが、送風機能が無いと帰宅じに窓を開けて送風で熱気を外に換気することや冷房を止めて送風で冷気を循環させることができないので不便です。

運転中に止まる

自動運転したあと、しばらくすると送風した後5秒ぐらいの送風して停止するという動作を繰り返すようです。手動にすれば冷えすぎるので快適に過ごすことができません。

また寝室で使用している人は気になって眠れないようです。

除湿能力が無いに等しい

風量自動で冷房運転の場合、動いたり止まったりして就寝中に運転音が気になります。「においカット」機能をオフにしたら気にならなくなったようです。

除湿能力は乏しいようです。冷房との差がわかりにくく湿度が今よりも下がったことが無いそうです。

パナソニック CS-288CFの良い点をレビュー

価格が安い

価格が購入しやすいやすさ、コスパがいいとの口コミがちらほら見られました。価格が安いですが予想してたよりも性能がよく感動したとの声もありました。

 

エアコンも消耗品の一つなので購入しやすい価格で性能がいいのは助かります。

サイズがコンパクトでデザインがシンプル

使っていない時は吹き出し口がフラットになるデザインですっきりとした外観です。シンプルなデザインなので、特におしゃれな感じではありませんが、どんな部屋にも合います。

 

お掃除機能がついていないのでその分コンパクトです。室外機もコンパクトな作りになっています。

設定温度が0,5℃刻みで設定ができる

設定温度が0,5℃ずつ設定ができるので温度調整がしやすいです。細かい温度調節ができるので冷えすぎず暑すぎずでちょうどいい環境にしてくれます。

ボタンが見やすい

ボタンが大きく「冷房」「除湿」は青色・竹色で「暖房」はオレンジ色と色分けされていています。視力の衰えた人、高齢者の人にわかりやすく各ボタンが電源の「入」をかねているので操作もしやすいです。

パナソニック CS-288CFの口コミを集めました

この機種の「送風機能が無い・設定されていない」のは、帰宅時に窓開けて送風で熱気を外に換気する、とか、冷房時に良く冷えて来たから冷房止めて送風で冷気を循環させる、事が出来無いんで、経済性も考えると『不満・疑問』が残ります。 不経済だし。 コンプレッサーの耐用年数も短くなるかも。

出典:https://review.kakaku.com

エアコンには珍しく送風機能がついていません。なので空気を循環させることなどができません。送風機能がついていないと不便に感じる人は少なく無いと思います。

お値段が安い。リモコンの壁に設置するホルダーが元々無い。(エアコンでは初めての事で驚いた。壁にネジやらフックをつけてリモコンを掛けるようになっている。)  

出典:https://review.kakaku.com

エアコンの中でもCS-288CFは安い方です。リモコンにホルダーが元々ついていないようなので、壁にかけていた人は不便かもしれません。

使っていない時に、吹き出し口のところがフラットになるデザインが、すっきりしていて気に入っています。 【使いやすさ】 温度を0.5℃単位で設定できるのは、ありがたいです。 リモコンの温度表示のフォントサイズが、以前使っていた機種よりも大きくなり、確認しやすくなりました。 【パワー】 リビング+キッチンで20畳ほどの場所に取り付けたので、10畳用のこの機種で足りるか心配でしたが、この夏の酷暑でもしっかりと冷やしてくれています。 【静音性】 十分静かだと思います。 【サイズ】 お掃除機能がない分、コンパクトです。 【除菌・消臭】

出典:https://review.kakaku.com

デザイン、使いやすさ全て評価が高いです。8畳の部屋ようですが10畳も冷やしてくれるのでパワーは十分にあります。 静音性もサイズ感もいいみたいです。

室内機のサイズ、掃除機能無し、価格でこの製品にたどり着きました。 2012年モデルの東芝エアコン普及機との比較になりますが、 暖房時の運転音は室内機・室外機ともに静かです。 作りは全体的にヤワになっている印象を受けます。 特にフィルターやリモコンは丁寧に扱わないと、 すぐに壊れてしまいそう。 温度設定が0.5℃刻みでできるのは良いと思います。 タイマー設定も30分刻みでできたら良かったのに・・・。 室内機は比較的コンパクトですが、それ以上にコンパクトなのが室外機。 設置場所と予算に制約がある場合、有力な選択肢になる製品だと思います。

出典:https://review.kakaku.com

昔の他社メーカーとの比較ですが、購入時に参考になります。静音性に問題はなさそうですが、リモコンやフィルターを丁寧に扱う必要があるようです。 いい悪い両方描いてくれているので、参考になります。

使用して4週間。風量自動で冷房運転の場合、動いたり・止まったりの稼働音が就寝中に気になり「においカット」機能をOFFに。なぜOFFにすると解消されるか謎です? 除湿能力も低く、冷房との差が判りません。26C設定・12時間稼働で湿度67%より下がったこと無し。冷房はこれより除湿力が劣ります。せめて湿度50%台になることを望みます。冷房と除湿を比較すると、除湿運転の方が涼しく感じます。左右の風向調整ツマミが小さく不便で改善を望みます。

出典:https://www.biccamera.com

冷房より除湿の方が涼しく感じるようです。除湿効果もそこまで感じないようで風向き調整のつまみが小さくて不便とのことでした。冷房の効き目があまりなのは購入する前に量販店などで確認するべきかもしれません。

リモコンがバカに感じる。リモコンを操作した際、ちゃんと本体に届いていればピッと音がするわけですが、このリモコンは、ちゃんと本体に届いていなくても完全に操作どおり動いてその動きが戸惑いを与えます。例えば電源OFFにしたとき、本体側が切れていなくても、このリモコンは液晶が消えてしまいます。今までの東芝は基本液晶はOFF時も消えないので、このパナの仕様はかなり戸惑います。

出典:https://www.amazon.co.jp

価格が安いからリモコンがちゃっちく見えるのかもしれません。本体側が切れていないのにリモコン液晶が切れたら消し忘れなどの事態が出てきそうです。

冷え方が極端。エアコンなので、当然冷えすぎや暑くなりすぎは制御して動きますが、本機はその動作の入り方が極端で、ガツンと動きが変化します。ゆえに寒っ、暑っ、というの体感的に繰り返します。インバーターなので、もっとなだらかに風量の変化などしてもよさそうですが、かなりガツンと変化します。なんかパナなので安心かなと思っていたのですが、安いのはそれなり理由があるのだなと思い知りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

冷え方が極端のようです。冷え方が極端だとつけたり消したりしたら電気代が上がりそうな気がします。

引っ越したので新しくCS-258CFとCS-288CFを購入したのですが、今まで使ってきた色んな低価格エアコンと比べて吹き出し音が結構うるさく感じています。 設定は暖房20℃で、"風量1"または"自動静か"。10っ分ぐらい煩い吹き出しをし、10っ分ぐらい静かになり、また10っ分ぐらい煩い吹き出しをします。この繰り返しです。 今まで使ってきたエアコンだと、部屋が温まった後には常に静音で動作していた印象を持ってます。

出典:https://bbs.kakaku.com

音がうるさいとの口コミです。10分毎ぐらいで繰り返しているようです。音が気になるのでストレスがたまりそうです。

この機種のリモコンは、「冷房」・「除湿」が青色・竹色のボタン、「暖房」がオレンジのボタンで設定され、色違いで、ボタンも大きく、漢字で、表示されており、視力の衰えた高齢者にもわかりやすいと思います。 その各ボタンが電源の『入』を兼ねている。切る時は、単独で『停止』ボタンが有る。

出典:https://review.kakaku.com

ボタンが大きく色分けされていて、高齢者の人にも扱いやすいリモコンです。また、誤操作の危険性が低いのでユニバーサルデザインとして優れています。

パナソニック

パナソニック インバーター冷暖房除湿エアコン【エオリア】主に10畳用(クリスタルホワイト) CS-288CF-W

価格:59,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー パナソニック 商品名 CS-288CF
サイズ 780×285×239mm 室外機サイズ 655×530×275mm
機能 冷房・暖房 適用畳数(冷房) 8畳/12畳
適用畳数(暖房) 8畳/10畳

CS-228CFとCS-287CFの違い

パナソニック

パナソニック インバーター冷暖房除湿エアコン【エオリア】主に10畳用(クリスタルホワイト) CS-288CF-W

価格:59,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CS-287CFは一年前のモデルになります。価格はCS-288CFと同じ価格です。

適用畳数は同じ広さで消費電力も全く一緒でサイズ、そのほかのスペックも同じです。

スマホからの遠隔操作にも対応しています。

 

違う点といえば一つ目は、CS-228CFには1/fゆらぎ気流機能がありますが、CS-287CFにはありません。

 

二つ目は、空気清浄フィルターからクリーンフィルターになり、CS-288CFの方が空気洗浄機能が高まりました。ただし、これはオプションで別売りです。

 

三つ目はCS-288CFにはエアフィルターAg+除菌とファン防汚防カビがあるということです。CS-287CFにはついていません。

CS-288CFとCS-228CFの違い

パナソニック(Panasonic)

パナソニック インバーター冷暖房除湿タイプ ルームエアコン【エオリア】(クリスタルホワイト) CS-228CF-W

価格:43,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CS-228CFはCS-288CFと同時に販売されました。価格は17000円ほどこちらのモデルが安いです。エアコンのランキングとしてはCS-228CFが一位を獲得しています。

ですが、デザイン・パワー・サイズはCS-288CFの方が評価されています。満足度もCS-288CFの方が高いです。

 

適用畳数は6畳・9畳となり少し範囲が狭くなります。消費電力などはこちらのモデルの方がいいです。なので期間電気代もやすくなります。

 

室内機のサイズはおなじですが室外機のサイズが変わってきます。幅が大きくなり奥行きが狭くなります。重量はCS-228CFの方が若干軽いです。

 

そのほかの基本スペックなどに大きなさは無いです。スマホからの遠隔操作も対応しています。

 

CS-288CFとCS-258CFの違い

パナソニック

パナソニック インバーター冷暖房除湿エアコン【エオリア】主に8畳用(クリスタルホワイト) CS-258CF-W

価格:53,374円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CS-258CFも同時発売でした。価格は6000円ほどやすくなります。こちらはCS-288CFに比べて全体的に評価が低めです。静音性と除菌・消臭の評価は高いですが満足度は星3とまずまずの評価です。

 

CS-258CFは7畳・10畳となります。消費電力は若干CS-288CFよりも低めです。なので少しばかり電気代がやすくなります。サイズは変わらず同じで重さもほとんど同じです。

 

こちらの基本スペックもほとんど同じで大きな差はありません。スマホからの遠隔操作にも対応しています。

パナソニック

パナソニック インバーター冷暖房除湿エアコン【エオリア】主に10畳用(クリスタルホワイト) CS-288CF-W

価格:59,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニック エアコン CS-288CFの種類について商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較まとめてみました。

 

CS-288CFは主に10畳ぐらいの部屋向けのエアコンです。寝室や個室に最適です。

他製品と比べてそこまで大きなちがいは見受けられませんでしたが、適用畳数が違うので部屋の広さによって選ぶのが正解です。

 

価格を抑えたいという人にはCS-228CFがおすすめです。適用畳数は狭くなりますが、消費電力が少なく電気代もCS-288CFよりもやすくなります。

 

CS-258CFは少し価格はやすくなりますが、CS-288CFとの大きい差は無いのでこちらのモデルもおすすめです。

 

CS-287CFはCS-228CFと価格が同じです。基本スペックは同じですがCF-228CFの方が機能・性能がいいです。価格が同じで機能が劣るCS-287CFはおすすめしません。

 

ぜひこの記事を参考にしていただきご自身にあったエアコンを選んで見てください。