東芝 VC-CL1500 掃除機評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥24,800
東芝 VC-CL1500 掃除機の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、東芝 VC-CL1500がどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/04/15 更新

VC-CL1500の基本スペック

クリーナ・タイプ タテ型タイプ 消費電力 13.0W
クリーナ方式 サイクロン方式 クリーナコードタイプ コードレス
本体質量 1.4kg

VC-CL1500のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

東芝 VC-CL1500の基本スペック

東芝

東芝 サイクロン式スティッククリーナー充電式 自走パワーブラシタイプ グランレッド【掃除機】 TOSHIBA TORNEO V cordless(トルネオ ブイ コードレス) VC-CL1500-R

価格:33,669円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 東芝 商品名 VC-CL1500
寸法・サイズ 266×224×1030mm、1,4kg 種類 スティックハンディ
集じん方式 サイクロン ブラシタイプ モーター式

東芝 VC-CL1500のおすすめポイント

パワフルな吸引力

3つの気流がチリや花粉などの微細な粒子まで分離するバーティカルトルネードシステムを採用してます。同システムによりダストカップ内のサイクロン部にフィルターが不要です。そのため、排気フィルターの目詰まりを抑えることができパワフルな吸引力が持続します。

 

バーティカルトルネードシステムとは、「ミクロトルネード分離」で吸引力を持続させ「デュアルトルネード分解」で強い吸引力を発揮させて「トルネードプレス」でゴミを圧縮してゴミ捨てが簡単になるシステムです。

操作性がいい

本体が1,9kgと軽く片手でらくにお掃除ができます。

手元は握りやすいラウンド状の「らくわざフリーグリップ」を採用し、モーターとサイクロン部と電池をバランスよく配置して持ちやすいです。

 

「ゴミ残しまセンサー」で床のゴミの有無を確認でき「節電ストップ機能」で3秒後に一時停止して60秒後に運転停止する機能を搭載しています。

手入れがしやすい

「トルネードプレス」によってゴミを強固に圧縮できるようになりました。

圧縮することによりゴミを捨てるときに舞い上がったり飛び散ったりしにくくなりました。

 

ネット部のゴミの付着も低減し簡単に分解して丸洗いできて衛生的です。

またフッ素加工ブラシ・Agブラシ・ちり落としプレートがブラシ汚れを抑えます。

アタッチメントの種類が豊富

VC-CL1500のアタッチメントの種類が豊富で5種類もあります。

隙間ノズル、丸ブラシ、布団用ブラシ、エアブローノズル、付属品用ホースがついていて、隙間やサッシなど活躍する場所が豊富です。

 

いずれのアタッチメントも付属ホースと組み合わせて使えるので、楽な体勢で掃除することができます。

また付属品を収納できるバックもついているのでスッキリ収納できます。

 

 

東芝 VC-CL1500の悪い点をレビュー

吸引力が弱い

吸引力が弱いとのレビューが結構ありました。

大きいゴミはヘッドの前縁で弾いて吸い込めないので、上から覆いかぶすようにしないと吸い込めません。

 

ダイソンなど大きいゴミを吸い取れるほどの掃除機と比べると、吸引力は弱いです。

稼働時間が短く充電が長い

一回の充電で運転時間が短いとの口コミも多かったです。

 

連続使用できる時間が10分弱と短いです。満充電してもこれぐらいしか持たずメインとして使うには少々不便かなという印象です。

 

充電時間は5時間とかなり長いです。

バッテリー交換はメーカー修理扱い

バッテリーは単品販売されていません。そのため交換は販売店経由でメーカーのサービスセンターに出すシステムになっています。

 

その電池交換が税込2万ほどします。

メーカー修理とのことで量販店での値引きも全く見込めないので、長年使いたい人にはランニングコストがかかりすぎます。

 

バッテリー交換している間メーカーに出しているので、一週間程度掃除ができなくなります。

音がうるさい

音が耳障りだとの口コミがありました。

音が少し甲高い音のようでうるさそうです。

 

また、音が大きすぎて我慢ができないとの口コミも見受けられました。

音が気にならない人の意見もあったので、量販店に行って動作確認で音を確かめる方がいいです。

東芝 VC-CL1500の良い点をレビュー

ゴミを捨てやすい

吸い取ったゴミが圧縮されるためまとまって捨てれるので捨てやすいです。

捨てるときにゴミがしっかりまとまるので埃が舞い上がることがほとんどなく捨てやすいです。

 

ゴミの捨てやすさは他の掃除機と比べても優れている方では無いでしょうか。

操作しやすい

軽いので楽にお掃除ができます。ヘッドがよく動きます。

アタッチメントの種類が多いので、活躍できる範囲がたくさんあり使い勝手が良さそうです。

 

コードレスなので、気になる場所をさっと掃除でき毎日気軽に掃除できます。ヘッドが180°回転するのでテーブルの下などにも使いやすいです。

サブ機に最適

ダイソンなど他の掃除機のサブ機に向いています。

吸引力こそ落ちますが、アタッチメントも豊富さ・ゴミのまとまり方・手入れのしやすさでサブ機として購入する人も多いです。

 

メインで購入してしまうと稼働時間の短さ、充電の長さなどで不便なところが出てきます。

上手に掃除機を使い分けて使えたらすごく便利です。

手入れがしやすい

ネット部へのゴミの付着が低減して簡単に分解できて丸洗いできて衛生的です。

またフィルターレスサイクロンなのでお手入れが楽チンです。

 

ブラシにはフッ素加工が施されて綿ゴミや汚れが付着しにくくなりお手入れの手間が半減しました。

 

東芝 VC-CL1500の口コミを集めました

とにかく、吸引力が弱く、ゴミを吸わない! コードレスなのは、いいですが、10畳の居間だけで、途中で充電切れ、仕方なく、処分しようと思っていた、旧式の掃除機を、引っ張り出して使っている始末です、また二回しか使っていませんが、ストレスが溜まるので、リサイクルショップに、出すつもりです

出典:https://www.amazon.co.jp

吸引力が弱いとの口コミです。新しく掃除機を買ったのにも関わらず、これほど使い勝手が悪いならと購入を躊躇います。

満充電でたいして広くもない半分程度しかもちません。自分で選んで買ってしまったのでしょうがなく、先発を東芝にしていますが5回あたりで息切れ使い物になりません。以降はダイソンにロングリリーフさせてます。最初から先発完投できるダイソンで十分です。東芝に問い合わせると逆切れされます。無星ではだめですか?

出典:https://www.amazon.co.jp

運転時間が短いとの口コミです。 メインで使うつもりが残念感がすごくあります。

1回の充電で連続使用できる時間が10分弱と短い、かつフル充電までの時間が長い(約5Hr)

出典:https://review.kakaku.com

充電時間が5時間と長く、その割には運転時間が10分しか持たないのはマイナスポイントです。

軽くてコードレス、とても便利です。 吸引力はそれほどでもありませんが、ヘッドのゴミを掻き出す性能が高く、吸引力不足を充分カバーします。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

掃除機が軽いのとコードレスで便利との口コミです。 やはり吸引力は劣りますが、その分ゴミを掻き出してカバーしてます。

使用初日、今のところ抜群 ダイソンV8を使用していますが、サブ機として購入。 吸引力こそ落ちますが、アタッチメントの豊富さや、ゴミの纏まり方、捨てやすさ、洗いやすさ、そして何よりトリガー押しっぱなしで重いダイソンよりも遥かに掃除がしやすくなりました。 ヘッドも細くて隙間にも入ってくれます。 高い音が玉にキズですが、稼働初日の感想としては、大満足です。 今後何か特筆すべきことが起こったら追記したいと思います。

出典:https://review.rakuten.co.jp

使いやすさは抜群の掃除機です。 サブ機としての購入ですが、ダイソンと比較しているので参考になります。

ビックカメラで、販売員に勧められました。ネットで購入しました。使いやすいですが、音が大きくて、我慢できないぐらいです。試用した時は、こんなじゃなかったはずですが、すごくショックです

出典:https://review.kakaku.com

音がうるさく我慢できないほどです。音が気になる人は購入前に量販店のデモ機で試すことをおすすめします。

自動ボタンを押して、掃除開始です。 床に掃除機ヘッドが付くと、強制でクリーナーヘッドが動きます。ただし、カーペットの段差や布団の上など、平らでない場所はクリーナーヘッドは動きません。 バッテリーは10分で切れます。 マンションや一人暮らしの方がちょうどいいです。 一戸建てだと、一度で掃除が終わらないと思います。 充電は、立てかけた後に充電コードを差し込みます。充電ドックなら最高なのですが、まあ慣れます。

出典:https://review.kakaku.com

やはりバッテリーの切れは早いです。 平らな場所で無いとクリーナーヘッドが動かないのは不便に感じました。

キャニスタータイプより手軽に掃除が出来ると思います。  ただ、吸引力やバッテリーの不安があるので、  ガッツリ掃除される方には、メインにはなり得ないですが、  サブとして利用であれば問題ないと思います。  ふとん用ブラシが付いてましたので、試してみましたが、  吸引力その物が弱いため、気休め程度でした。

出典:https://review.kakaku.com

コードレスなので手軽に掃除ができていいです。 ここでも、バッテリー、吸引力に不安があるようです。 やはり、メインではなくサブ機としての役割が適しているなという印象です。

バッテリーの外し方は取説に記載済みですが  バッテリー交換は、メーカー修理となるので  コストが高くなりそうです。

出典:https://review.kakaku.com

バッテリーの外し方が記載されているのにも交換がメーカー修理になるのは不便です。 料金も高いので長年使いたい人には不向きです。

バッテリーの外し方は取説に記載済みですが  バッテリー交換は、メーカー修理となるので  コストが高くなりそうです。

出典:https://review.kakaku.com

バッテリーの外し方が記載されているのにも交換がメーカー修理になるのは不便です。 料金も高いので長年使いたい人には不向きです。

東芝

東芝 サイクロン式スティッククリーナー充電式 自走パワーブラシタイプ グランレッド【掃除機】 TOSHIBA TORNEO V cordless(トルネオ ブイ コードレス) VC-CL1500-R

価格:33,669円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 東芝 商品名 VC-CL1500
寸法・サイズ 266×224×1030mm、1,4kg 種類 スティックハンディ
集じん方式 サイクロン ブラシタイプ モーター式

VC-CL1500とVC-CL1400の違い

東芝

東芝 スティック&ハンディクリーナー(自走パワーブラシ) グランレッド【掃除機】 TOSHIBA TORNEO V cordless(トルネオ ブイ コードレス) VC-CL1400-R

価格:39,780円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

VC-CL1400はVC-CL1500の前のモデルになります。スペっクに大きい変更はなく両方同じスッペクです。外観もほぼ代わりはなく、ダストボックスの中の色が違うかなというぐらいで同じです。

 

VC-CL1500と違う点はゴミの圧縮率が異なります。VC-CL1400でのゴミの圧縮は1/2と表記されていましたが、VC- CL1500の方では1/3に圧縮されるので、圧縮率が上がりました。

 

VC-LC1400には電池寿命が3100回と記載されているのに比べてVC-LC1500にはそのような記載がありません。前のモデルより電池寿命が短くなるのは考えにくいですが、寿命が短いとクレームに繋がる可能性があるので記載を避けたのかもしれません。

 

価格にそこまでの差はありませんがVC-LC1400の方が少し高いです。

VC-CL1500とVC-CL500の違い

東芝

東芝 サイクロン式スティッククリーナー充電式 自走パワーブラシタイプ ローズゴールド【掃除機】 TOSHIBA TORNEO V cordless(トルネオ ブイ コードレス) VC-CL500-N

価格:39,492円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

VC-CL1500とVC-CL500の違いはついてくる付属品が違います。

VC-LC1500と同時発売でした。その他の基本スペックに違いはありません。運転時間など同じです。

 

VC-CL500の付属品は「エアノズル」「スキマノズル」「壁掛けホルダー」「お手入れブラシ」「丸ブラシ」がついています。VC-CL1500には上記以外に「付属品用ホース」「布団ブラシ」「付属品収納バッグ」がついてきます。

 

カラーはローズゴールドの1色のみです。外観は同じです。

VC-CL500はブロアだけが残ってます。ブロア機能はあれば便利ですが、その理由だけで買うのはおすすめしません。

 

価格はそこまで変わりません。VC-CL500の方が若干高くなっています。

こちらも電池寿命が不明で電池交換は自分でできません。

 

 

VC-CL1500とVC-CL410の違い

東芝

東芝 サイクロン式スティッククリーナー充電式 自走パワーブラシタイプホワイト【掃除機】 TOSHIBA TORNEO V cordless(トルネオ ブイ コードレス) VC-CL410-W

価格:25,900円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

VC-CL410はブロア機能ついていませんし、付属品も少なめです。

吸引力、運転時間など基本スペックも同じです。

 

ゴミの圧縮率はVC-CL1500、VC-CL1400に比べて少し劣ります。

付属品は「ブラシノズル」と「スキマノズル」しかついていません。

 

床掃除がメインで手元を少し掃除するくらいなら、これで十分です。

上位機種と同じ吸引力と軽量本体を兼ね揃えているので人気の掃除機です

 

3万円以下の掃除機の中でおすすめなコードレス掃除機になります。

 

東芝

東芝 サイクロン式スティッククリーナー充電式 自走パワーブラシタイプ グランレッド【掃除機】 TOSHIBA TORNEO V cordless(トルネオ ブイ コードレス) VC-CL1500-R

価格:33,072円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝 冷蔵庫 VC-CL1500について商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

コードレス掃除機ということで使いやすそうです。また掃除機自体も軽いので楽にお掃除ができそうです。今まで重たい掃除機を使ってた人に使っていただきたい掃除機です。

 

口コミなどを見てみると、吸引力と運転時間に不安があります。マンションなど一人暮らしの人におすすめですが、一軒家でメインとしては使いないなという印象です。

サブ機で一台持って気になる時にさっと掃除するぐらいがいいかもしれません。

 

電池交換が自分でできないのも不便です。メーカー修理として一週間ほどだすことにもなるし、その間掃除機がかけれないので不便です。

 

便利性と価格で買うならVC-CL1500の掃除機だと思います。

ぜひこの記事を参考にしていただきご自身にあった掃除機を選んで見てください。