玉乃光酒造 玉乃光 日本酒の評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.15
最安値:¥2,075
玉乃光酒造 玉乃光 日本酒の商品概要、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他商品との比較、価格などをまとめ、玉乃光酒造 玉乃光 日本酒がどんな人におすすめなのかを評価しました。

玉乃光のショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

玉乃光酒造 純米吟醸 酒魂の商品情報

玉乃光酒造 純米吟醸 酒魂の基本スペック

玉乃光酒造

玉乃光酒造 純米吟醸 酒魂 [ 日本酒 1800ml ]

価格:2,004円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

製造元玉乃光酒造商品名純米吟醸 酒魂
内容量(ml)1800原産地京都市伏見区東堺町545-2
特定名称純米吟醸原料米国産米
アルコール度数(%)15精米歩合(%)60

玉乃光酒造 純米吟醸 酒魂のおすすめポイント

旨味とキレ味のバランスが良い

玉乃光 純米吟醸 酒魂は米本来の旨味を感じさせつつも、爽やかな酸味があり、すっきりとして飲みやすいお酒です。フルーティーな爽やかさがあるので、女性の方にも親しみやすい味となっています。旨味とキレ味のバランスが良く、日本酒初心者の方にもおすすめです。

料理と相性が良い

玉乃光 純米吟醸 酒魂は味と香りのバランスが良いので、料理と合わせやすいお酒です。

 

料理に合わせるお酒に迷ったら、とにかくおすすめの逸品です!

 

米の旨味で飲みごたえもありますが、くどさがなく上品な口当たりで、素材の味を引き立ててくれます。

 

爽やかさを味わう冷やでも、米のふくよかさを味わう燗でもおいしい万能選手です。料理に合わせて飲み方を変えると、食事を楽しむ幅がより一層広がります。

品質の良い国産米と、伏見の地下水を使用

日本酒で重要なのは原材料です。玉乃光 純米吟醸 酒魂は、山田錦など酒造に適した国産米を100%使用しています。古くから天然の良水と言われる、京都伏見の地下水によって醸されたお酒です。良質な米と水によって生み出された、天然のおいしさをぜひ味わってみてください!

ぬる燗では、コンテストで最高金賞を受賞している

玉乃光 純米吟醸 酒魂は、スローフードジャパン 燗酒コンテスト2015のぬる燗部門で最高金賞を受賞しています。どんな飲み方でも楽しめるお酒ですが、ぬる燗にすると米の香りがやわらかく広がり、味わいもなめらかになります。日本酒らしい味わいを求める方には、たまらないお酒です。

玉乃光 純米吟醸 酒魂の徹底レビュー(評価・口コミ)

玉乃光 純米吟醸 酒魂の悪い点をレビュー

強い個性は無い

玉乃光 純米吟醸 酒魂は味のバランスの良さ、飲み方の幅広さでクセが無く親しみやすいお酒ですが、かえって強い個性が無く、面白みがないお酒という口コミもあります。

 

ガツンとくる重厚な味わいを求めたい方には、少し物足りないお酒と言えます。

知らないうちに飲みすぎてしまう

玉乃光 純米吟醸 酒魂は飲みやすさという点では優れたお酒ですが、するすると飲めるため、飲みすぎてしまうという口コミもあります。

 

常飲には適していますが、少ない量で満足感があるお酒というわけではありません。つい飲みすぎてしまう方は要注意です。

高級感は無い

玉乃光 純米吟醸 酒魂は手ごろな価格で楽しめるお酒ですが、高級感は無く、庶民的という口コミがあります。

 

自宅での常飲用などには向いていますが、職場の上司といった目上の方への贈答用には向かないお酒と言えます。

玉乃光 純米吟醸 酒魂の良い点をレビュー

食中酒に最適

玉乃光 純米吟醸 酒魂はクセが強くないため、どんな料理と合わせても邪魔にならず、食事の際に飲むのにピッタリという口コミが多いです。

 

京都のお酒ということもあり、京料理のような淡めの味付けの料理には特におすすめという意見もあります。

 

決して個性派というわけではありませんが、米の甘さと爽やかな酸味をちょうどよく兼ね備え、均整のとれた味わいが料理と合うようです。

 

お酒単体ではなく、食事と一緒にお酒を楽しみたいという方には大きなメリットと言えます。

飽きがこない味

玉乃光 純米吟醸 酒魂はすっきりとした味わいで、飽きないお酒と言う口コミが多数です。

 

旨味とキレ味のバランスのとれた日本酒の定番のような味で、晩酌にピッタリという意見も多いです。お酒好きの方に愛されている証拠と言えます。

 

普段飲んでも飽きの来ない味というのは、晩酌をするお酒を探している方には大きなメリットです。

値段が手ごろでコスパが良い

玉乃光 純米吟醸 酒魂の値段は2000円ほどで比較的安く、その割においしいという口コミが多数です。

 

本格的な純米吟醸の日本酒でありながらも、親しみやすい価格帯に収まっていることが魅力だという意見もあります。

 

手ごろな値段でおいしい日本酒を飲みたい方には、コスパの良さは大きなメリットと言えます。

 

玉乃光 純米吟醸 酒魂の口コミを集めました

強い個性はないので、日本酒に個性を求める方には面白味がないかもしれません。

出典:https://www.saketime.jp

日本酒の中ではバランスの良い定番といった味で、重厚な旨味を求める方には物足りないお酒です。飲みやすさはあるのですが、クセが欲しい場合にはインパクトに欠ける点がデメリットと言えます。

美味しいですねぇ。グビグビいってしまいそうですが、平日ですので我慢我慢!

出典:https://www.saketime.jp

飲みやすく、クセが無いためどんどん飲むことができます。 すっきりとした味で常飲に適したお酒ではありますが、つい飲みすぎて次の日に悪影響が出ることもありえます。

スーパーでも買える、超有名な京都伏見の酒。まぁそれなりの味やね。

出典:https://www.saketime.jp

京都ではよく知られている、お馴染みのお酒のようです。親しみがある分、高級感のあるお酒というイメージは無いようです。派手さや豪華さを感じるお酒ではないため、贈答よりは常飲に適していると言えます。

味はまずまずの、お手ごろのお酒です。

出典:https://sake.biccamera.com

お酒としては庶民派のポジションのようです。値段が安くお手ごろなため、味を試してみたい方にはおすすめです。ですが高級酒というわけではないので、味は価格相応だという口コミがあります。

テレビ番組の居酒屋紹介でこのお酒を見ました。久しぶりに飲みましたが、食事との相性が大変良いお酒です。

出典:https://sake.biccamera.com

米本来の旨味と爽やかな酸味のバランスがとれており、料理とよく合うお酒という口コミは多いです。どんな料理の味とも喧嘩しないクセの無さは、食中酒として大きなメリットと言えます。

歳を経て飲めなくなりましたが、晩酌に永年レピートしています。晩秋から皐月までは常温で楽しみ、暑くなると冷やしていただいています。食事に良く合う良いお酒です。

出典:https://review.rakuten.co.jp

飲みやすく、バランスのとれた味は日本酒初心者にもおすすめですが、お酒好きの方から好評な口コミも多いです。時期などに応じて幅広い飲み方を楽しめる点がメリットと言えます。

「大定番商品」というだけあって、「飽きない」というのが非常に大きな特徴かもしれません。

出典:https://www.saketime.jp

旨味とキレ味を兼ね備えたバランスの良いお酒のため、飽きのこない味という口コミが多数です。普段から晩酌をするのにも最適という口コミもあります。一つのお酒を長く楽しみたい方には大きなメリットです。

もともと近所の店でよく買っていた銘柄で、2千円ちょっとという値段のわりに美味しいというお気に入り銘柄でした。 純米と言いつつ「嘘だろコレ」という怪しげな日本酒が跋扈する現状では、例外的に良心的な酒だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

お手軽に手に入れられる価格帯の日本酒の中でも、本格的な純米吟醸として評価する口コミが多いです。手が出しやすいので、初めて日本酒を試してみたい方や、常飲するお酒を探している酒好きの方には大きなメリットがあると言えます。

玉乃光 純米吟醸 酒魂の関連商品と比較する

玉乃光 純米吟醸 酒魂と純米大吟醸 備前雄町100%の違い

玉乃光酒造

玉乃光酒造 純米大吟醸備前雄町100% [ 日本酒 1800ml ]

価格:4,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

玉乃光 純米吟醸 酒魂と玉乃光 純米大吟醸 備前雄町100%の大きな違いは「原料米」と「酒種」です。

 

玉乃光 純米吟醸 酒魂は、山田錦をはじめとした国産の酒造好適米をブレンドして作られていますが、玉乃光 純米大吟醸 備前雄町100%は雄町という酒造好適米のみを用いて作られている点が大きな違いです。

 

雄町は山田錦などに比べると、より芳醇で味わいのあるお酒に向いた「原料米」です。また、玉乃光 純米吟醸 酒魂は純米吟醸酒という種類の日本酒ですが、玉乃光 純米大吟醸 備前雄町100%は純米大吟醸種という種類の日本酒です。

 

純米吟醸酒と純米大吟醸酒は醸造アルコールを用いることなく、米と米麹と水だけからできています。その点では純米酒と同じですが、さらに「吟醸造り」という製造方法で作られています。

 

吟醸造りは純米酒よりもよりよく米を磨いて、低温で長時間発酵させることでよりフルーティーで華やかな香りになるという特徴があります。純米吟醸酒と純米大吟醸酒は純米酒の特徴と吟醸酒の特徴を合わせた日本酒です。

 

純米吟醸酒と純米大吟醸酒の違いは純米吟醸酒は精米歩合が60%以下、純米大吟醸酒は50%以下という点です。

 

精米歩合は米を磨いている割合で、数値が低いほどより米を磨いているということになります。米を磨くことによってより艶のあるフルーティーで華やかな香りを実現することができます。よって、純米吟醸酒より、純米大吟醸酒の方が手間もかかっていて高級酒に分類されます。

 

結論として、米本来の味や香りを楽しみたい方は玉乃光 純米吟醸 酒魂をおすすめします。米の華やかな香りと、すっきりとしていてフルーティーな味わいを楽しみたいという方は価格は高くなってしまいますが、玉乃光 純米大吟醸 備前雄町100%をおすすめします。

玉乃光 純米吟醸 酒魂と玉乃光 純米吟醸 酒楽の違い

玉乃光酒造

玉乃光酒造 純米吟醸 酒楽 [ 日本酒 京都府 1800ml ]

価格:2,020円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

玉乃光 純米吟醸 酒魂と玉乃光 純米吟醸 酒楽の大きな違いは、「味わい」です。

 

玉乃光 純米吟醸 酒魂と玉乃光 純米吟醸 酒楽はともに国産米100%の純米吟醸酒なので、「原料米」や「酒種」に違いはありません。玉乃光 純米吟醸 酒楽は、玉乃光 純米吟醸 酒魂に比べて「淡麗辛口」という、よりすっきりとした味わいのお酒に仕上がっている点が違いです。

 

玉乃光 純米吟醸 酒魂は米の旨味とキレをバランスよく両立させたお酒ですが、玉乃光 純米吟醸 酒楽はきりっとした辛みのある風味が特徴です。米本来の味わいよりも、お酒としての辛みを重視しているお酒と言えます。

 

結論として、米本来の旨味や香りを楽しみたい人には玉乃光 純米吟醸 酒魂がおすすめですが、香りや旨味よりもさっぱりとした辛口の風味を楽しみたい人には玉乃光 純米吟醸 酒楽をおすすめします。

玉乃光 純米吟醸 酒魂の総合評価

玉乃光酒造

玉乃光酒造 純米吟醸 酒魂 [ 日本酒 1800ml ]

価格:2,004円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

玉乃光酒造 玉乃光 日本酒の種類について、商品概要、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

玉乃光 純米吟醸 酒魂は米本来の味と香りをバランスよく備え、飲みやすさが特徴の日本酒です。どんな料理にも合わせやすく、食中酒に向いているという特徴もあります。価格も手ごろで、コスパにも優れています。

 

しかし、クセの強さや高級感に関しては他の日本酒に劣る部分もあります。評価として、玉乃光 純米吟醸 酒魂は日本酒初心者で、まずは定番の日本酒を味わってみたいという人におすすめです。

 

日本酒は製造方法が豊富で、製造方法で味わいが大きく異なってくるお酒です。そのため、自分がどのタイプの味わいが好きなのかということをしっかりと見極めることが重要なので、実際に居酒屋などで自分に合う日本酒の種類を見つけてみてください。

 

そして、好きな種類が決まったら同じ種類の日本酒を実際に購入してみてください!

関連する商品

日本酒の人気商品