小澤酒造 澤乃井 日本酒の評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.71
最安値:¥1,015
小澤酒造 澤乃井 日本酒の商品概要、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他商品との比較、価格などをまとめ、小澤酒造 澤乃井 日本酒がどんな人におすすめなのかを評価しました。

澤乃井のショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

小澤酒造 澤乃井 純米 大辛口の商品情報

小澤酒造 澤乃井 純米 大辛口の基本スペック

小澤酒造

澤乃井 純米 大辛口 [ 日本酒 東京都 720ml ]

価格:1,103円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

蔵元小澤酒造商品名澤乃井 純米 大辛口
内容量(ml)720原産地東京都青梅市沢井2-770
特定名称純米酒等級-
原料米米(国産)・米麹(国産米)アルコール度数(度)15度以上16度未満
精米歩合(%)65

小澤酒造 澤乃井 純米 大辛口のおすすめポイント

奥多摩の洞窟から湧き出る岩清水を使ったお酒

澤乃井の日本酒は奥多摩の洞窟から湧き出る岩清水を使用しています。140メートルと深い秩父古生層の岩盤から湧き出る清らかな水は中硬水で発酵力が強いため、キレとコシの強い、すっきりとした淡麗で辛口なお酒に仕上がります。

 

 

300年の歴史のある蔵

澤乃井の創業は1702年、江戸時代徳川5代将軍の治世の頃です。元々は甲州武田氏の家臣で、武田家再興のために身を隠し、この地に落ち延びた一族の小澤家が始めた蔵です。その証拠に小澤家の家紋は井桁に武田菱です。酒銘の澤乃井の名前は地名の沢井から取っています。

酒蔵見学や利き酒ができる

澤乃井では無料で酒蔵見学ができます。酒造りの工程や蔵の話を社員が丁寧にしてくれますので、おすすめです。見学の最後には試飲や利き酒をすることもできます。常時10種類以上のお酒が用意されており、1種類200円から500円でお猪口1杯(約90ml)楽しめます。2杯目以降はそのお猪口を持っていけば100円引きになります。

木桶仕込みが復活

澤乃井では2015年、半世紀ぶりに木桶による酒の仕込みを復活させました。人間が管理する近代的な酒造りとは逆行していますが、木桶は酒を発酵させる酵母にとって居心地の良い環境で、人間の技術だけでは作ることのできない自然の力を大いに発揮させ、複雑でおおらかな味の酒を完成させました。

定番商品のほかに季節限定商品など種類が豊富

澤乃井には定番品の本醸造酒、純米酒、純米吟醸酒、純米大吟醸酒、ゆず酒、梅酒、焼酎、冷蔵保存必須の生酒の他に季節限定のお酒もあり、種類が豊富なことも特徴の一つです。特に季節限定品は1月のあらしぼりから始まり、3月には花見酒、5月には涼し酒、秋には搾りたての新酒など季節感を感じる商品です。

小澤酒造 澤乃井 純米 大辛口の徹底レビュー(評価・口コミ)

小澤酒造 澤乃井 純米 大辛口の悪い点をレビュー

味が苦い

澤乃井は洞窟の中から湧き出る岩清水を使用して酒造りを行なっているので、キレのある味が特徴です。そのため、比較的辛口のお酒の割合が多い蔵元です。辛口が苦手の人にとってはそれが苦く感じるようです。特に後味が苦く感じるため、印象が悪くなってしまいます。

香りが苦手

味と同じくらい日本酒にとって大切なのが香りです。香りは第一印象に影響しますので、それが澤乃井を購入したいかどうかを決定すると言っても過言でありません。澤乃井の純米酒の「本地酒」は人気の銘柄ですが、その反面、セメダインのような香りがするという口コミもあります。

甘口のものは2杯目以降は飲みづらい

澤乃井の「元禄」という銘柄のお酒は江戸時代のレシピ通りに作られた商品です。澤乃井は元禄時代に創業した蔵なので、その当時の伝統のお酒で、澤乃井には珍しく濃厚な甘口のものです。甘口のお酒が好きな方にも2杯目以降は飲むのが辛いという口コミがあります。

小澤酒造 澤乃井 純米 大辛口の良い点をレビュー

キレがあって爽やかな味

澤乃井のお酒の特徴のキレを感じる爽やかな味のお酒が多いです。中でも「辛口にごり酒」はにごり酒にも関わらず、すっきりとキレがあると口コミがあります。また、純米吟醸の「蒼天」はキレと旨味を兼ね備えており、特に後味の去り際が見事です。

フルーティーな香り

澤乃井のお酒の中には香りが高く好評なものも多いです。純米吟醸の「東京蔵人」は華やかなリンゴのような香りがしますし、純米吟醸の「蒼天」はパイナップルのような香りが、「澤乃井特別純米酒」はマスカットのような香りがするという口コミがあります。

毎日飲んでも飽きない

澤乃井の口コミはほとんどが良いものです。その中でも毎日飲んでも飽きないという口コミは多いです。それは辛口でさっぱりとしたのものが多く、どんな料理とも合うと感じるからだと思われます。特に「純米大辛口」や純米酒の「本地酒」は口コミが多く、どんなシーンにも飲めるし、燗でも、常温でも、冷やでも合うという意見もあります。

コストパフォーマンスが良い

澤乃井の口コミの中で、味の次に多いのがコストパフォーマンスの良さです。毎日飲みたい、買ってみようかなと思うためにはコストパフォーマンスは大事です。純米吟醸の「蒼天」は720mlで1620円(税込)で、純米酒の「本地酒」は720mlで1134円(税込)、「澤乃井特別純米酒」は720mlで1296円(税込)でコストパフォーマンスが良いと感じられています。

小澤酒造 澤乃井 純米 大辛口の口コミを集めました

澤乃井 辛口にごり酒  口に含むと甘瓜のような香りが鼻を抜けスッと消えていく感じ。 にごりでもベタベタしないでキレが勝つ感じ。これは飲み飽きしなくていいわ~

出典:https://www.saketime.jp

にごり酒でキレがあるものは少ないかもしれません。この銘柄は発泡性のお酒で、すっきりした飲み口で爽やかさもあります。そのため飽きが来ないのでどんどん飲めます。

澤乃井特別純米酒 マスカットのようなすっきりした香りが仄かに漂います。 お燗するのがおすすめ。特に上燗で呑むと、お米の旨みが すっきり立つ。 雑味の全くない、すんなりした味わい。

出典:https://www.sakeno.com

澤乃井を代表する商品の「澤乃井特別純米酒」は、どんな料理にも相性が良く、すっきりした雑味のない味が特徴。そのためか、毎日でも飲みたくなる飽きのこない味という意見もあります。

澤乃井の蒼天。純米吟醸酒。辛口なので、いわゆる日本酒感がありますが吟醸酒なのでその分すっきり。大人好みのお酒です。価格も1600円程度なのでコスパ良し。

出典:https://www.saketime.jp

「蒼天」はキレと旨味があるタイプで、パイナップルのようなフルーティーな香りもあります。澤乃井の「蒼天」は人気の銘柄で、より爽やかな要冷蔵タイプの生酒もあります。

澤乃井 本地酒 純米。香はほんのりセメダイン+マスカット含。鼻に抜けるセメダイン系の含み香がまずきます、程よいからさ、若干の苦味を伴います。強さが程よくあり、割といいです。アフターはスッキリですが、余韻の苦味がなければより良いかなーと

出典:https://www.saketime.jp

「本地酒」は口コミ多く、よく出ている銘柄ですが、中にはセメダインの香りがするというものや後味が苦いというものもあります。反面、コスパが良く、どんな料理にもどんな飲み方でも楽しめる万能なお酒という評判もあります。

「澤乃井純米酒」サブタイトルが「すっきりした大辛口」です。 フルボディの辛口です。やや苦みが残ります。 昔風の日本酒にも感じます。

出典:https://www.sakeno.com

定番商品の「澤乃井特別純米酒」はキレのある辛口で、澤乃井らしいお酒ではありますが、辛すぎると感じる方もいます。特に辛口が苦手な方には不評なようです。ただし、澤乃井のお酒はコストパフォーマンスが良く、辛口ゆえ毎日飲めるお酒でもあります。

元禄を飲みました。 濃醇旨口かと思いきや、売店で聞いた通り、甘口。 もっと言えば、濃厚甘口。 一杯目は、よいとしても、二杯目、三杯目は、ちとつらい。 冷酒、冷や、ぬる燗も試してみましたが、同じ感想・・・。

出典:https://www.sakeno.com

「元禄」は元禄時代創業の澤乃井の歴史を表すような商品で、当時のレシピの通り作っているものです。元禄時代の人の好みは現代の好みとは違うのか、澤乃井らしいキレのある辛口の銘柄の中ではかなり珍しい甘口のお酒になります。

今日は澤乃井さんで買った梅酒ぷらり。とても美味しいです。 甘過ぎないし日本酒って所が家で作ったのと違う。お猪口で飲むって言うのがいい感じ

出典:https://sake-review.com

こちらは澤乃井の「奥多摩湧水仕込の原酒」を使った梅酒です。果実酒として梅酒「ぷらり」のほかに、澤乃井の米焼酎「武州伝説」から作るゆず酒「ゆずほ」もあります。両者ともすっきり飲みやすい口当たりです。

さわ音 さっぱりとしていて、アルコールを感じさせない 若干渋みというか灰汁的なものが、舌に残る 悪くはないが、わざわざ選んで飲む気はしない

出典:https://www.saketime.jp

「さわ音」は澤乃井の季節限定のお酒で、5月以降に売り出される夏向けのさっぱりとしたお酒です。生酒のため要冷蔵で、酸味があるとされていますが、雑味を感じる人もいるようです。

小澤酒造 澤乃井 純米 大辛口の関連商品と比較する

澤乃井 純米酒 大辛口 と 本醸造酒 大辛口の違い

小澤酒造

澤乃井 本醸造大辛口 [ 日本酒 東京都 1800ml ]

価格:2,084円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

澤乃井の人気銘柄の「大辛口」には基本スペックでご紹介した純米酒のもののほかに、本醸造のものがあります。この2つは精米度合とアルコール分は同じですが、違いはアルコール分の添加の有無です。本醸造はアルコールを添加していますが、純米酒にはアルコールの添加は行いません。

 

純米酒は大辛口とはいえ、お米の味のやわらかさを感じると同時に引き締まった辛口の美味しさがあります。本醸造はこれに比べ、キリッとした辛口で、澤乃井で一番辛口に仕上がっています。

澤乃井 純米酒 大辛口 と 純米本地酒の違い

小澤酒造

澤乃井 純米本地酒 [ 日本酒 東京都 720ml ]

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

澤乃井の純米酒には「大辛口」のほかに「純米本地酒」もあります。「大辛口」と「純米本地酒」との精米歩合とアルコール分は同じですが、「純米本地酒」は「大辛口」と比べると味が濃いという特徴があります。

 

そのため、「後味が苦く感じる」、「セメダインのような香りがする」といった否定的な意見もありますが、「すっきりした味わいでいくら飲んでも飽きない」、「どんな料理にも合う」という意見もあります。

 

賛否両論はありますが、「純米本地酒」は人気の銘柄であることに変わりはなく、ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016メイン部門で金賞を受賞しています。

澤乃井 純米酒 大辛口 と 純米銀印の違い

小澤酒造株式会社

澤乃井純米銀印

価格:2,042円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「純米銀印」も澤乃井の純米酒です。アルコール度数が14度以上15度未満と若干「大辛口」よりも少なく、精米歩合は「大辛口」は65%に対して80%になります。お燗で飲むのがおすすめで、これも毎日でも飽きずに飲みたくなる、そんなお酒です。

 

1800mlの1種類しかありませんが、値段は「大辛口」「本地酒」に比べ一番安く、日常使いのお酒と言えます。

澤乃井 純米酒 大辛口と澤乃井 純米大吟醸の違い

小澤酒造

【澤乃井】純米大吟醸720ml【蔵元包装紙】

価格:3,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

澤乃井の商品の中で、値段は高めになりますが、香りの華やかな大吟醸はやはり人気が高いです。「澤乃井純米大吟醸」はアルコール度数は「大辛口」と変わりませんが、精米歩合は山田錦を50%まで磨いています。そのため雑味がなく、すっきりとした味わいで甘みを感じるという特徴があります。

 

「澤乃井純米大吟醸」の値段は720mlで3240円と「大辛口」の約3倍しますが、それだけ高級で上品な味がします。贈り物や特別な時に飲みたい、そんなお酒です。

 

「澤乃井純米大吟醸」はワイングラスでおいしい日本酒アワード2017では金賞を受賞しています。

小澤酒造 澤乃井 純米 大辛口の総合評価

小澤酒造

澤乃井 純米 大辛口 [ 日本酒 東京都 720ml ]

価格:1,103円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

澤乃井の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

澤乃井は東京の奥座敷、自然豊かな青梅市にある創業300年の蔵元です。奥多摩の洞窟から湧き出る岩清水を仕込み水としていますが、この水は中硬水で発酵力が強いため、澤乃井のお酒はキレとコシの強く、すっきりとして淡麗で、辛口に仕上がるという特徴があります。

 

澤乃井は酒蔵見学をすることができ、お酒造りの工程や蔵のことなど懇切丁寧に説明してくれます。見学の最後には試飲や利き酒などもでき、気に入ったものを購入できるというのも、澤乃井ファンを増やしている理由の一つです。

 

今回紹介した「澤乃井純米大辛口」はよく飲まれている銘柄で、澤乃井の得意な辛口のお酒ですが、純米のやわらかさを感じつつも、あっさりとした引き締まった味です。そのため飲み飽きず、どんな食事にも合います

 

値段は720mlで1210円とコストパフォーマンスが良く、普段でも飲みやすいものになります。毎日日本酒を飲みたい、いろんな料理に合わせて飲みたい、辛口が好き、そんな方にぴったりな日本酒になります。

 

特に東京にお住いの方には、こんな美味しいお酒を作る蔵が東京にあるということを知っていただきたいです。また都心から約1時間で行くことができる奥多摩の自然豊かな環境の酒蔵見学に行ってみてはいかがですか。

 

酒蔵見学では澤乃井の酒造りに対する熱い気持ちが伝わってきます。見学の最後には試飲利き酒、ここでしか買えない限定品の購入などもできますので、ぜひおすすめします。

 

沢蟹のマークのついた澤乃井の日本酒、普段使いに、大切な人との大切な時間に、贈り物に、様々な種類のものが出ていますので、お気に入りのものを探してみてください。

 

関連する商品

日本酒の人気商品