黄桜株式会社 黄桜 日本酒の評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.37
最安値:¥2,355
黄桜株式会社 黄桜 日本酒の商品概要、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、黄桜株式会社 黄桜 日本酒がどんな人におすすめなのかを評価しました。

黄桜のショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

黄桜 特撰 純米吟醸の基本スペック

黄桜

黄桜 特撰 純米吟醸 [ 日本酒 京都府 1800ml ]

価格:2,355円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

製造元黄桜株式会社商品名黄桜 特撰 純米吟醸
内容量(ml)1800原産地京都府京都市伏見区塩屋町223
特定名称純米吟醸原料米山田錦、雄町
アルコール度数(%)16精米歩合(%)60

黄桜 特撰 純米吟醸のおすすめポイント

名水から作られたお酒

京都伏見の名水と山田錦だけで仕込んだシンプルな一品となります。原料米となる山田錦を丹念に磨き上げられております。その結果このお酒では、ふくよかな香り、濃厚な旨味、そしてすっきりとしたなめらかな味わいを楽しむことができます。

コンテストにて金賞を受賞

「全国燗酒コンテスト」という日本酒のコンテストがありますが、2018年に「黄桜 京の滴 純米吟醸 祝米」が金賞を受賞しております。このように黄桜はコンテストにて賞も受賞した実力のあるお酒であるということが言えます。

さっぱりとした料理に合う優れたお酒

シンプルな造り為、味がさっぱりとしているのでそのまま呑むこともできますが、料理との相性も良いお酒です。例えば、魚料理(味が濃い目がおすすめとの事)と合わせて飲むのがおすすめです。また、価格自体も高くないのでコストパフォーマンスにも優れているということができます。

黄桜 特撰 純米吟醸の徹底レビュー(評価・口コミ)

黄桜 特撰 純米吟醸の悪い点をレビュー

普通の味

味わいが思ったより普通、特徴がないという厳しい意見がありました。すっきり飲みやすいお酒な為、普通の日本酒のような味わいに感じ、満足されていない方もいらっしゃるようです。

物足りない味

パンチがない、特徴がないという評価の方がいらっしゃいました。やや辛口程度の「味わい(味)」であり、シンプルな造りのお酒であるため、オーソドックスすぎるお酒と評価されている方もおりました。

得意じゃない味わい

味わい(味、口当たり)が合わない、苦手という方も少数いらっしゃいました。こればかりは人の好みもありますが、物足りない味わいという意見がございました。

黄桜 特撰 純米吟醸の良い点をレビュー

コストパフォーマンスが高い

コストパフォーマンスがいい、お値打ち、値段以上の味がするという意見が多数ありました。値段がリーズナブルなのにそれ以上の味、旨味、香りを感じるので、満足している旨の評価が多数ありました。 値段がリーズナブルなので気軽に購入し、家で楽しまれる方も多いです。 また、贈答品として送られる方もいらっしゃいました。昔からの黄桜ファンの方も多いので喜ばれることが多いようです。

すっきりとした味わい(飲みやすい)

すっきりとした味わいを評価されている人が多数いらっしゃいました。米と水のみで作成したシンプルな味わいな為、そのまま飲んで、味わいを楽しまれる方が多いです。 また、香りはあるのですが、控えめなので食べ物を一緒でも問題なく飲めるとの事でした。

旨味があり美味しい

シンプルだけれども、旨味はしっかりとあるので美味しいという意見が多いです。 旨味を称賛されていた方が多かったです。雑味のなく、ふくよかで旨味のある美味しいお酒と評価された方もいらっしゃいました。 余分なものを入れず、シンプルな造りだからこそこのような旨味がでると思われます。

飲み方を選ばない

このお酒のメーカー推奨飲み方は「常温」となっておりますが、「ぬる燗」で飲まれる方、また、夏は冷やして、冬は熱燗で飲まれる方もいらっしゃいました。お酒の飲み方は人の好みによるところが大きいですが、どのような飲み方でも美味しい頂けるところを評価されている方が多数いらっしゃいました。

黄桜 特撰 純米吟醸の口コミを集めました

黄桜S 純米大吟醸 山田錦 精米歩合50%。京都伏見の黄桜酒造に行った時にお土産で買いました。500ml 900円。コストパフォーマンスがいいお酒です。山田錦の旨味が出ています。大手酒造会社が丁寧に作った酒ですね。素直に美味しいですよ。

出典:https://www.saketime.jp

コストパフォーマンスが良く、美味しいとの意見です。安くて美味しいのは良いですよね。こういった商品であればお土産としてまた購入したくなりますね。

どんなものかと呑んでみたが、あまり得意じゃないなー

出典:https://www.saketime.jp

この方にとっては、あんまりこのお酒との相性が良くなかったようですね。お酒自体、味が千差万別なので、人に合うお酒はそれぞれ変わってきますね。

香りはそこまで強くないものの吟醸酒らしい雑味のない飲み口です。 すっきりとしていますが旨みや甘みはしっかり。単体で延々と楽しめるタイプのお酒です。 今回はサンプルの量が少なかったため肴とともに試してみることまではできませんでしたが、もし料理に合わせるなら味の濃い魚料理などが美味しいのではないかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

雑味のないすっくりとしたお酒は飲みやすく、料理とも合いますね。魚料理と一緒に呑むと美味しいとの事なので、まずはこのお酒を買って試してみては如何でしょうか。

開栓時の香りが良いが、やはり "旨味"系。椎茸にして良かった。 動物系だと、ちょっとつらい。ご存知の方は少ないと思うが、茨城県大子の家久長本店 霊水八溝に似た味だ。特級、一級時代の日本酒が懐かしい。肴無しで呑むのが良いのだろう。

出典:https://www.amazon.co.jp

酒の肴としては、動物系のものだとつらい旨の意見がありました。そのまま呑むのが良いと記載ありますが、すっきりした味わいなので肴無しでも楽しめると思います。

お世話になった大工さんが<黄桜>が好きで、<黄桜しか飲まない>との事、贈答用としてこのお酒を選びました。 昔は、私自身も好きな日本酒に<黄桜>の名前が有りました。 大手酒造メーカーの中では変にアルコール臭さが無く、柔らかな口当たりに香りも有り好きな一品でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

この方は、本当に黄桜が好きなことがよくわかります。しかし黄桜しか飲まないという方もいらっしゃるんですね。黄桜ファンが多い事がよくわかりますね。

誰もが知ってるであろう黄桜。子供の頃、CMで良く聞いたカッパの歌が印象深く、オッサンになって初めて購入。うーん、普通。 香りも味も主張しないが、食事と飲むにはちょうど良い、この普通が良く飽きずに飲めるし、しかも安い❗

出典:https://www.saketime.jp

昔のCMでなじみがあるだけに味が普通な感じでがっかりしたように見受けられます。このCMを子供の頃と記載がありますが、かなり昔のことなので、この事で年代がわかりますね。

とてもふくよかな味のする美味しいお酒です。 香りもよく、濃厚なお味で、さすがだなあ~と感心しました。 夏は冷やして、冬は熱燗でも、美味しく頂けると思いますが、 私は、あえて、常温で頂くことで、よりお酒のうまみやまろやかさがわかると思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらは常温にて頂く方ですね。あえて常温でお酒のうまみやまろやかさをそのまま楽しむことができるようですね。冷でも熱燗でもいけるとのことなので、飲み方を選ぶことのないお酒ということですね。

黄桜 特撰 純米吟醸の関連商品と比較する

黄桜株式会社 黄桜 特撰 純米吟醸 と 黄桜 本造り の違い

黄桜

黄桜 本造り [ 日本酒 京都府 1800ml ]

価格:1,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

黄桜 特撰 純米吟醸 と 黄桜 本造り ですが、「味わい(味)」「味わい(口当たり)」「値段」に違いがあいます。 まず「味わい(味)」になりますが、黄桜 特撰 純米吟醸が「やや辛口」なのに対して、黄桜 本造りは「普通」となります。黄桜 特撰 純米吟醸はすっきり感のあるさわやかなやや辛口がある反面、黄桜 本造りは辛さが普通の為、人によっては甘く感じるかもしれません。 次に「味わい(口当たり)」ですが、これはそこまで大きく差があるわけではないですが、黄桜 本造りの方は「酸味」を含んでいる為、やさしい感じの口当たりがします。 一方、黄桜 特撰 純米吟醸は濃厚な旨み、なめらかさがあります。 次に「値段」ですが、黄桜 特撰 純米吟醸の方が若干高いです。ただどちらも1000円〜2000円前後の商品であるため、味を考えるとお値打ちなお酒といえると思います。 最後に飲み方ですが、何方とも飲み方は選びませんが、黄桜 特撰 純米吟醸は「常温」、黄桜 本造りは「ぬる燗」で飲むのがおすすめです。

黄桜株式会社 黄桜 特撰 純米吟醸 と 超特撰 黄桜 大吟醸 の違い

黄桜

黄桜 超特撰 黄桜 大吟醸 [ 日本酒 京都府 1800ml ]

価格:10,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

黄桜 特撰 純米吟醸 と 超特撰 黄桜 大吟醸 ですが、「味わい(味)」「味わい(口当たり)」「値段」に違いがあいます。 まず「味わい(味)」になりますが、黄桜 特撰 純米吟醸が「やや辛口」なのに対して、超特撰 黄桜 大吟醸は「辛口」となります。黄桜 特撰 純米吟醸はすっきり感のあるさわやかなやや辛口がありますが、超特撰 黄桜 大吟醸はそれ以上の辛さを楽しむことができます。 次に「味わい(口当たり)」ですが、黄桜 特撰 純米吟醸より、超特撰 黄桜 大吟醸の方が、より濃醇な味わいがあります。超特撰 黄桜 大吟醸は、手造りに低温発酵させたお酒であり、香りがよく、味わいについてもより深みがあります。 次に「値段」ですが、超特撰 黄桜 大吟醸は10000円前後します。したがって黄桜 純米吟醸と比べると断然高いです。超特撰 黄桜 大吟醸は値段が高い分、深いコクと味わいがあります。選ぶ際は上記値段とのバランスを考慮して商品選択されるといいです。 なお、超特撰 黄桜 大吟醸は、インターナショナル・サケ・チャレンジという大会にて最高賞を受賞しています。

黄桜 特撰 純米吟醸の総合評価

黄桜

黄桜 特撰 純米吟醸 [ 日本酒 京都府 1800ml ]

価格:2,355円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

黄桜 特撰 純米吟醸の商品概要、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他商品との比較、価格などをまとめ、黄桜 特撰 純米吟醸がどんな人におすすめなのかを評価しました。 黄桜 特撰 純米吟醸は京都の京都市伏見区で作られているお酒ですが、昔放映されていたお酒のCM等の影響から、一般の人々にとっても非常に親しみがあるお酒であり、ファンが非常に多いお酒といえます。値段もリーズナブルな部類に入るため、家庭で気軽に料理と一緒に楽しむことのできるお酒です。 やや辛口ではありますが、すっきりした味わいの為、飲みやすさもあるので、贈答用としてプレゼントするのもいいと思います。日本酒は人によって相性がありますので、上記口コミレビューを参考にしながら、自分に合ったものを選んでもらえれば良いと思います。

関連する商品

日本酒の人気商品