【用途に合う】高い機能性でおすすめなHDMI分配器人気ランキング10選

機能や性能、人気度から見たおすすめのHDMI分配器をランキング形式で紹介しています。HDMI分配器の種類はとても多く、選ぶときに悩むことがあると思います。この記事では選び方も解説しつつ、おすすめのHDMI分配器もご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

HDMI分配器は複数の画面に映像を表示したいときに便利

HDMI分配器(スプリッター)とは、映像や音声を複数のディスプレイへ分配する機器のことです。通常、DVDプレイヤー1台に対して、ディスプレイは1つだけ使うことが多いと思います。しかし、HDMI分配器を使うと、同時に複数のディスプレイへ同時出力が可能になります。

 

使用場面としては、ホームシアターやプレゼンが考えられます1台のパソコンから、複数のディスプレイやプロジェクターに映像を送るときに便利です。また、ゲームを遊びながら、分配器を通して録画機器に音と映像を送り、ゲーム動画を撮るといった使い方もできます。

 

HDMI分配器は、大勢の人にディスプレイの画面を共有したい場合や、複数の機器に映像出力が必要な場合などにおすすめできる電子機器です。

HDMI分配器の選び方

HDMI分配器に備わっている機能には、様々な種類があります。自分に必要な機能があるHDMI分配器を選ぶために、知っておきたい情報について紹介します。

高画質な映像が出力できるHDMI分配器を選ぶ

綺麗な映像を出力したい場合、高い解像度に対応しているHDMI分配器を選ぶ必要があります。また、映像表現を綺麗にする機能もあるので、美しい映像にこだわるなら見てみましょう。

HDR対応で映像の明るい部分の表現が美しく鮮明に

HDRは、映像の明るさの表現を豊かにする機能です。HDRに対応していると、映像の明るい部分の表現が鮮明になります。綺麗な映像にこだわりたい場合は、HDR対応のタイプを選ぶのがおすすめです。

 

また、解像度の高い映像を出力する場合は、特にHDR機能が付いている方が良いです。通常ではつぶれてしまう繊細な表現が、HDRにより鮮やかに映ります。フルハイビジョンや4Kなど、解像度の高い映像を出力するなら、美しい映像を活かすためにも、HDR対応のHDMI分配器を選ぶ方が良いです。

4K対応のHDMI分配器で4K映像を同時出力可能

4Kの映像をほかのディスプレイにも出力したい場合は、4K対応のHDMI分配器を選ぶ必要があります。もし4K非対応のものを選ぶと、せっかくの綺麗な映像の画質が落ちたり、ディスプレイに映らない場合があります。

 

4K映像の規格には、30pと60pという種類があります。どちらも映像の滑らかさを表す数値です。HDMI分配器の中には、30pのみ対応しているものが多いです。出力する4K映像が、60pで撮影されているものなら、HDMI分配器も60pに対応しているタイプを選ぶ必要があります。

接続可能な台数でHDMI分配器を選ぶ

HDMI分配器によって接続できる台数が違います。2台か4台まで入力や、出力できるタイプが多いです。最適な接続数は用途によって異なります。

家庭用の一般的な用途なら1入力2出力対応

HDMI分配器によって、接続可能な最大数が違います。一般的な用途であれば、1入力2出力と呼ばれるタイプを選ぶと良いです。つまり、映像を入力する機器1台に対し、ディスプレイへの同時出力が2台まで可能なタイプ、ということになります。

 

ホームシアターやゲーム用などの個人的な用途であれば、同時出力数が2台でも十分に足りるでしょう。ですが、映像を同時出力したいディスプレイの数が、2台以上ある場合、出力数の多いHDMI分配器を選ぶ必要があります。例えば、4~8出力といった出力数のものを選ぶと良いでしょう。

映像を入力する側の機器が多いなら2入力以上のタイプ

入力側の機器が複数ある場合は、入力の多いタイプを選ぶと、使い分けが便利です。例えば、たくさんゲーム本体を持っていたり、ブルーレイレコーダーとゲーム本体を使い分けたい、という場合に入力が多いと便利です。

 

1入力の場合、入力機器を変えるたびに、ケーブルの付け替えが必要になります。しかし、入力数が多いHDMI分配器なら、複数の映像機器を一台のHDMI分配器で管理できます。つまり、HDMIコードを付け替える手間がなくなります。もし映像機器が複数あるなら、2入力以上あるタイプがおすすめです。

大規模な数のディスプレイの出力にはカスケード機能

出力先のディスプレイが大量にあり、接続の規模が大きい場合は、カスケード機能があると便利です。カスケード機能があれば、HDMI分配器同士を連結できます。HDMI分配器同士を繋げると、出力した映像が連結先の機器にも送られます。

 

分配器同士の連結を繰り返すことで、多くのディスプレイに映像を送れます。カスケード機能を使った連結は、64台などの大規模な接続も可能です。個人的な用途よりは、業務用や仕事で便利な機能といえます。

 

なお、HDMI分配器同士を接続できる数と、同時出力可能なディスプレイの数には、上限があります。上限数が何台までかは、使うHDMI分配器にもよります。ですので、必要な台数を接続できる機器を選ぶ必要があります。

ゲーム用に便利な機能でHDMI分配器を選ぶ

HDMI分配器をゲーム用に購入する場合、押さえておきたい機能があります。特にHDCP機能に対応している点は映像を表示する上で重要です。

PS4やNintendoSwtichの映像を映すならHDCP対応

ゲーム動画の録画などの用途で、HDMI分配器を購入する場合は、HDCP対応のタイプを選びましょう。HDCPとは、ゲーム映像をガードする機能のことです。HDCPに対応していないHDMI分配器を選ぶと、正常に映像が表示されません。

 

HDCP非対応の分配器を選んだ場合、PS4やニンテンドースイッチの映像が表示されず、画面が真っ黒な状態になります。映像がHDCPによってガードされているためです。そこで、HDCP対応の分配器を使えば、HDCPのガードを通り抜けて、映像が正常に映ります

 

ゲームを録画するなら、必ずHDCP対応のタイプを選びましょう。HDMI分配器はゲーム用に使われることも多いため、対応機器は多めです。また、HDRも対応していれば、ゲームの映像がよりきれいに映ります。

スピーカー出力するなら音声分離機能

HDMI分配器の中には、映像と音声を分離させて出力する機能があります。一般的に音声分離機能と呼ばれています。ゲームや映画など、音響が重要な作品を楽しむ場合に、押さえておきたい機能です。

 

HDMI分配器の音声分離機能を使う場合、音を鳴らすスピーカーを用意する必要があります。HDMI分配器にスピーカーを接続すると、分配器が音のみをスピーカーに流します。スピーカーから出る迫力のある音響効果を体感しながら、ゲームなどの作品を楽しめます

HDMI分配器自体の機能で選ぶ

HDMI分配器自体の使い勝手をよくするために、便利な機能が搭載されています。性能だけではなく本体の便利さを見て選ぶこともできます。

大型の機器を扱うならコンセント給電のACアダプタタイプ

ACアダプタで給電するタイプは、電力量が安定しているのが特徴です。電力量が安定していることから、大型の機器の接続に向きます。ですが、コード類を室内に這わせることになるため、部屋の見た目が良くなかったり、コードでごちゃごちゃする可能性があります。

 

仕事で業務用などの消費電力の多い機器を扱うなら、ACアダプタタイプの方が、安定感があります。コンセントから、十分な電気を供給できるためです。業務用ならACアダプタの方が良いですが、個人的な用途であれば、どの電源タイプでも特に問題なく動くでしょう。

部屋のコード類をスッキリさせたいならUSB給電のバスパワータイプ

バスパワータイプは、USBやHDMI経由で給電できるのが特徴です。コードを伸ばしてコンセントから電源を取らなくていいため、電源不要タイプとも呼ばれています。コードを床に這わせないため、部屋の見た目がすっきりします。

 

電源はテレビなどの電子機器から給電するため、場合によってはHDMI分配器の動作が不安定になる可能性があります。消費電力の多い大型の機器を接続しない限りは大丈夫です。例えば、PS4やDVDプレイヤーなど、一般的な電化製品であれば問題ないでしょう。

映像の入力機器が多い場合は切り替えが便利なマトリックスタイプ

HDMI分配器の中にはマトリックスと呼ばれるタイプがあります。分配器自体に入力機器の映像の切り替え機能が備わっています。切り替え機能があるマトリックスタイプは、映像を送る側の機器が多い場合に便利な機能です。

 

マトリックスタイプのHDMI分配器には、リモコンが付いていることが多いです。わざわざ映像を変えるために、分配器本体を触りにいく必要はありません。リモコンのワンタッチ操作で、画面の映像を切り替えられます。ゲーム本体やプレイヤーなど、映像再生機器を多く持っている人におすすめな機能です。

HDMI分配器の人気ランキング10選

第10位プリンストン

PHM-SP102A

価格:2,360円(税込)

コードがすっきりして散らからないHDMIケーブル給電タイプ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4K対応のコンパクトな2出力タイプのHDMI分配器です。一番の特徴は、HDMI端子から電源が取れることです。電子機器で起こりがちなコードのごちゃつきがなく、部屋の見た目を汚さずすっきりと使える機器です。

 

電源がHDMI端子経由だと、場合により電力不足の懸念がありますが、付属のMicroUSBケーブルから給電可能です。電力が足りなくても、補える仕様になっています。機器本体の性能自体は、一般的な1入力2出力タイプで、ホームシアターやゲーム用に向いています

 

また、CEC機能がついているため、対応機器と接続すると連動して動作します。例えば、テレビやブルーレイレコーダー、アンプなどと接続した場合、テレビのリモコンだけで機器類の電源がつくといった操作が可能です。

サイズ6.4x1.8cmポート数1入力・2出力
HDCPHDCP(Rev1.2)対応最大解像度4K
HDR-音声分離-
カスケード-電源HDMIバスパワー
第9位サンワサプライ

VGA-UHDSP8

価格:46,500円(税込)

たくさんのディスプレイに映像分配できるカスケード対応タイプ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

出力先のディスプレイが多い場合におすすめしたいHDMI分配器です。8分配・4分配・2分配の種類があります。カスケード機能があるため、8分配で足りない場合でも、分配器を連結すれば、分配数をもっと増せます。

 

商品で注目したい点は、4K2Kの60pに対応していて国産メーカー製である点です。4K2Kの60pに対応している国産のHDMI分配器の数は少なめです。動作の不安定さがやや気になる海外製のものなら多くあります。ですが、国産品のVGA-UHDSP8なら安定した動作への信頼感があります。

 

また、海外製を選ぶと動作不良で失敗する可能性もあります。国産メーカー製の品質の高いHDMI分配器がほしい場合にもおすすめできる一品です。家庭用だけでなく仕事用にも安心して使えるHDMI分配器です。

サイズ15.4x43.3x4.4 cmポート数1入力・8出力
HDCP1.4対応最大解像度4K60p
HDR-音声分離-
カスケード対応電源ACアダプタ
第8位keliiyo

HDMIスプリッター 4出力

価格:2,199円(税込)

リーズナブルに4K2K(2160p)の高画質映像を分配できる4出力タイプ

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あまりコストをかけずに、4Kの映像を4画面に分配したい場合におすすめです。一般的に、分配数や対応規格などの機能性が高くなるほど、価格が高価になりますが、KeliiyoのHDMI分配器は非常にリーズナブルです。

 

口コミでも、性能が良く動作も安定しているという好評の声が多くありました。また、サイズもコンパクトで場所を取りません。使い方もシンプルでわかりやすいです。HDMIケーブルで機器を接続するとLEDランプが光るため、どの機器が作動しているのか一目でわかります。

サイズ11.8x9.8x7cmポート数1入力・4出力
HDCP1.4対応最大解像度4K30p
HDR-音声分離-
カスケード-電源ACアダプタ
第7位HIREAD

3入力1出力4KHDMI分配器 /セレクター

価格:998円(税込)

スイッチ一つで映像を切り替えられるリーズナブルな3入力HDMI分配器

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安くて簡単でコンパクトなHDMI分配器が欲しい人におすすめです。出力端子が一つなため、1つの画面にしか映像を送れませんが、入力側の機器の使い分けがスイッチ1つでできて簡単です。

 

使用する際も、HDMI分配器のLEDが光るため、今どの機器を使っているか分かりやすいです。機器本体のサイズもコンパクトで場所を取りません。また、HDCP1.4対応とフルハイビジョン画質まで対応しており、ブルーレイ映像や解像度の高いゲーム映像も鮮明に映ります。

 

HDMI端子から給電する、ACアダプタが不要なタイプの分配器です。補助電源がないため、機器によっては電力不足で映らない可能性があります。ですが、値段も安くて機能性も高く、コンパクトかつケーブルが散らからないため好評の声は多い商品です。

サイズ20x12x1.7cmポート数3入力・1出力
HDCP1.4対応最大解像度4K30p
HDR-音声分離-
カスケード-電源HDMIバスパワー
第6位サンワサプライ

VGA-EXWHD7

価格:68,184円(税込)

接続する機器同士の位置が遠いときに便利なワイヤレスタイプ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無線タイプのHDMI分配器です。入力映像機器と出力ディスプレイの距離が離れている場合に便利です。例えば、映像の入力機器とディスプレイの位置が、ケーブルが届かないぐらい離れている場合、VGA-EXWHD7があると便利です。

 

この機種の使い方は、映像機器の近くにワイヤレス端末を配置して使います。映像をディスプレイに表示するには、ワイヤレス端末とディスプレイのHDMIケーブルを接続します。コードレスで映像を分配できるため、線を床に這わせたくない人にもおすすめです。

 

画質の解像度は、フルハイビジョンまで対応しています。ワイヤレスで通信できる距離は30mまでです。無線タイプですが、難しい設定も特に必要ありません。

サイズ27.2x20.5x9.1cmポート数1入力・2出力
HDCP対応最大解像度フルハイビジョン
HDR-音声分離-
カスケード-電源ACアダプタ
第5位Ewin

1入力2出力 HDMI スプリッター ACアダプター付き

価格:1,980円(税込)

ACアダプタ付きで安定動作が見込めるシンプルなHDMI分配器

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定して動作するタイプや、大型の機器に対応できるシンプルなHDMI分配器がほしい場合におすすめです。ACアダプタ付属なため、電力をHDMI分配器に安定供給できます。USBやHDMIバスパワーで心配な電力の不安を払しょくする一台です。

 

ACアダプタを使わずにHDMI端子からも電源を供給できるため、コードをすっきりさせたい人にもおすすめです。また、4K画質やHDCP解除に対応しています。機能や使い方はシンプルで分かりやすいです。

サイズ7x6.5x2cmポート数1入力・2出力
HDCP1.2対応最大解像度4K30p
HDR-音声分離-
カスケード-電源HDMIバスパワー(ACアダプタ付属)
第4位Proster

3x1 HDMIセレクター 音声分離機能 PIP機能

価格:2,699円(税込)

スピーカーの迫力の音響を楽しめる音声分離機能を搭載した3入力タイプ

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音響にこだわりがあって、音声だけスピーカーから再生したい場合におすすめです。音声分離という機能が付いています。音声分離機能は、映像と音を分けて別々の機器に送信する機能です。映像はそのままディスプレイに入力されます。音はスピーカーに流れます。

 

また、PIP(ピクチャーインピクチャー)という機能があります。ディスプレイで表示中の映像の中に、小さいサイズのサブの映像を再生できます。例えば、パソコン画面を映しながら、映画など別の映像をミニ画面で流して見るといったことが可能です。

 

HDMI分配器にリモコンも付属しており、座りながら画面の切り替えが可能です。また、後から電源をオンにした機器の映像を、自動で表示する自動切り替え機能もあります。安価でありながら、至れり尽くせりの一品です。

サイズ24.5x16.5x2.5cmポート数3入力・1出力
HDCP1.4対応最大解像度4K30p
HDR-音声分離対応
カスケード-電源USBバスパワー
第3位サンワダイレクト

400-SW026

価格:9,980円(税込)

ホームシアターの映画鑑賞やゲーム録画など用途多数の家庭用向きな一台

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

たくさんの入力機器の使い分けができる、マトリックスタイプのHDMI分配器です。ゲーム本体や映像プレイヤー、パソコンなど複数の機器を持っている人におすすめの商品です。4入力できるため最大4つの機器を一台で管理できます。

 

出力端子が2つあるため、ディスプレイとプロジェクターの併用などが可能です。プロジェクターを使ったホームシアターや、キャプチャーボードと併用したゲーム動画の録画に向いています。また、フルハイビジョン画質対応なため、解像度の高い映像も美しく映ります。

 

さらに、リモコンも付属しています。わざわざ体を動かさずに使いたい機器に切り替えができます。一台だけで複数の機器を簡単に使い分けられます。国産メーカー製で信頼感があるのも嬉しいポイントです。

サイズ24.9x18.5x5.3cmポート数4入力・2出力
HDCP対応最大解像度フルハイビジョン
HDR-音声分離-
カスケード-電源ACアダプタ(ネジ止め式)
第2位WISFOX

HDMI分配器 3入力/1出力自動手動切替機能搭載

価格:2,500円(税込)

接続機器が多くても大丈夫な3入力仕様とHDR・HDCP対応でゲーム用にぴったり

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

入力端子が多く、HDCP対応しているためゲーム用におすすめできるHDMI分配器です。入力端子が3つあるため、PS3やニンテンドースイッチなど、複数のゲーム機本体を持っていても使い分けが簡単です。

 

また、ゲーム映像の出力で重要なHDCPは、2.2に対応しています。HDCPを解除して、PS4などのゲーム映像を、ディスプレイに流せます。HDCP2.2に対応しているため、ゲーム映像が4K解像度でも問題なく映ります

 

自動切り替え機能とリモコンがあるため、使う映像機器の変更がしやすいです。座ったままで切り替えできます。画質も4Kまで対応しており、解像度の高い映像でも綺麗に映ります。さらにHDRに対応しているため、より鮮明な映像表現が期待できます。

サイズ12x11.2x3.4cmポート数3入力1出力
HDCP2.2対応最大解像度4K60p
HDR対応音声分離-
カスケード-電源USBバスパワー
第1位Techole

HDMI 分配器 同時出力 1入力2出力

価格:1,699円(税込)

4K画質対応で余計な機能がないシンプルさが魅力の1入力2出力タイプ

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1つの映像を2つのディスプレイに分配できる、シンプルなHDMI分配器が欲しい人におすすめです。HDMI分配器は種類が多く、品質や機能も様々にあるため、どれを選べばいいか迷うことがしばしばあります。

 

機能が多くあると便利です。しかし、ごちゃごちゃしてわかりづらいというデメリットもあります。もしシンプルな分配器が欲しい場合は、TecholeのHDMI分配器がおすすめです。4K画質の映像に対応しており、2画面に同じ映像を表示できるシンプルな機能を備えています。

 

電源はMicroUSB給電に対応しています。また、補助としてコンセントからも電力を供給できます。サイズも小さく邪魔になりません。パソコンモニターの分割表示や、ゲーム録画、車載ディスプレイへの映像同時出力などに便利です。

サイズ10x8x2.6cmポート数1入力・2出力
HDCP対応最大解像度4K30p
HDR-音声分離-
カスケード-電源USBバスパワー(ACアダプター付属)

まとめ

HDMI分配器の機能・性能には様々な種類があります。発売している商品の数は多いため、どれを選べばいいか迷うことがあるかと思いますが、ぜひ記事の内容を参考にして自分の用途に合ったHDMI分配器を見つけてみてくださいね。