【純正の性能は?】スイッチに使えるHDMIケーブルおすすめ10選|対応規格も

HDMIケーブルについて種類があることを知っていますか?見た目は同じHDMIケーブルなのに価格が全然違う…その理由はバージョンと性能差。この記事ではそんなHDMIケーブルの正しい選び方や、Nintendo Switch・スマホ用の注意点をご解説します。

2022/01/12 更新

テレビとレコーダー・ゲーム機・PCなどを接続するHDMIケーブル。HDMIとは「High-Definition Multimedia Interface」の略で、一本のみで音声&映像をデジタル信号でやりとりします。一般的に普及してからすでに10年以上経つので、ほとんどのご家庭で使用中ですよね。

 

そんなHDMIケーブルですが、じつはコンセントの延長コードのように普遍の規格ではなく、バージョンアップが未だ繰り返されています。また、対応機器の多様化によって、端子の形状も細分化しているという、ややわかりにくい事態になっています。

 

その上、価格の面でも無名メーカー製の商品が投げ売りされていたりと、どれを選べばいいかわかりにくいですよね。ここではHDMIケーブルの選び方と機器ごとのおすすめ商品を語解説します。

今すぐ見る!HDMIケーブル10選

あまり知られていませんが、HDMIケーブルはバージョン分かれており、それぞれ通信速度と対応フレームレート(※1)が異なります。しかし見た目・形状は同じなため、よく知らずに安いものを購入してしまう…という失敗がよくあります。ここではそんなHDMIケーブルのバージョンについて最初にご解説します。

 

 

 注意)製品側の対応も必要!任天堂Switchなどの対応表はこちら

 

<用語解説>

※1フレームレートとは1秒間の動画で処理できる静止画(コマ)の枚数のこと。この数値が大きくなればなるほどコマ数が増え、動きが滑らかになります。

スタンダード(〜Ver.1.2)

HDMIケーブルで、初期タイプです。

 

  • フルHD(1920×1080)
  • フレームレートは最大60FPS
  • 通信速度は最大4.95Gbps
  • HDRや3D映像など非対応

 

この通り、地デジの移行期よりさらに前のバージョンであるため、見かけることはないといっても過言ではりません。

ハイスピード(Ver.1.3~1.4)

ハイスピード規格は通信速度最大10.2Gbpsですが、2種類のバージョンが存在し、それぞれ対応解像度や対応機能が違います。

 

【ハイスピード Ver1.3】

  • WQHD(2560×1440)解像度まで対応
  • フレームレート75FPSまで対応
  • Deep Colorという色彩規格に対応

 

【ハイスピード Ver1.4】

  • 4K(30FPS)に対応
  • 4Kの割にリフレッシュレートが低いのが残念
  • 3Dも対応

 

この通り、ハイスピードタイプは4Kに対応してはいるものの、対応フレームレートが低く今では一つ上の2.0に取って代わられています。その「プレミアムハイスピード」が国内大手メーカーでも1500円しない今、あえてこちらを購入する必要はあまりありません

プレミアムハイスピード(Ver.2.0〜2.0a)

現行のHDMIで主流がこのプレミアムハイスピード規格のHDMI。ハイスピードの30FPSとちがい、こちらは60FPSに進化しています。価格も安く、大手メーカー製ですら1000円を切る価格で販売されることも。今から購入するなら、この2.0以上がおすすめです。

 

  • 解像度4K
  • フレームレート60FPS
  • 通信速度18Gbps
  • HDRに対応

ウルトラハイスピード (Ver.2.1以上)

ウルトラハイスピードは最新の規格で、最大8Kの60FPSまで対応4Kになると120FPSまで対応し、解像度は最大で10Kまでサポートします。

 

  • 解像度4K(120FPS)/8K(60FPS)
  • 10Kまでサポーと
  • 通信速度18Gbps

 

ただし、現状で高リフレッシュレートの4Kモニターが限定されているため、使用場面は多くはありません。今後は対応機器もさらに増えていくことが予想されます。

HDMIのバージョン|通信速度一覧表

 

種類(区分) バージョン
(Ver.)
通信速度 解像度 フレームレート 特徴
スタンダード Ver.1.2 4.95Gbps フルHD 60FPS -
ハイスピード Ver.1.3 10.2Gbps 2560×1440 75FPS Deep Color対応
Ver.1.4 4K 30FPS -

プレミアム
ハイスピード

Ver.2.0 18Gbps 4K 60FPS -
Ver.2.0a 4K 60FPS HDR対応
ウルトラ
ハイスピード
Ver.2.1 48Gbps

4K
8K

120FPS
60FPS
10Kもサポート

 

この2021年9月時点で、4Kテレビに接続するHDMIケーブルとしてはVer.2.0、2.0aが一般的です。価格の面でもどちらもお手頃なため、困ったら2.0か2.0aを選ばれることをおすすめします。

HDMIケーブルといえば、以前はテレビとレコーダーを繋ぐようなスタンダードなもののみでしたが、最近ではスマホ用・デジカメ用など、小さめな機器にもHDMI端子が搭載されるため、コネクタの形状にも種類があります。ここでは、現在使用されている以下の3種類についてご解説します。

 

<コネクタの種類>

 

<番外編>

端子の種類①テレビやレコーダー|HDMI(タイプA)

スタンダードなHDMIケーブル。テレビ-レコーダーテレビ-PCを接続するのにおなじみです。一番見たことがある人が多いのもこちらですね。

端子の種類②デジカメやビデオカメラ|HDMIミニ(タイプC)

一部デジタルカメラやデジタル一眼レフ、ビデオカメラにはこの「HDMImini(ミニ)」端子が搭載されています。通常のHDMI端子だと合わないため、撮影機器に使用する場合は要確認が必要です。この端子によって、テレビやレコーダーに直接接続することができます。

端子の種類③スマホ・タブレット|HDMIマイクロ(タイプD)

主にスマートフォンに搭載されるのがこのHDMI-Micro(マイクロ)。最近ではアクションカメラに搭載されることもあります。見た目はMicroUSBに似ているため、ぱっと見ただけでは同じと誤解することもあります。実際は全く別の端子のため、ケーブルが刺さることもありません。

番外編|変換アダプタを使おう

HDMIケーブルはバージョンや端子の違いはあれと「映像と音声を同時にデジタル信号でやりとりする」ことは同じであるため、端子の形が違うだけならアダプタを使用するという方法があります。特にHDMIminiなど使用用途が限られるものは、一時的に変換して使用するのも一つの手段です。

 

ちなみに形状が全く違うiPhoneもアダプタを介してHDMIケーブルを接続する事になります。それに関しては、ここの項目でご解説しますのでどうぞご覧ください。

HDMIの規格に種類があるように、機器によって最適なHDMIケーブルは異なります。さらに、機器によって違う形状の端子からHDMIに接続する場合は、対応に関して注意点があります。ここではそんな、各種機器とHDMIケーブルに関する注意点をご解説します。

 

Nintendo Switch

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)は最大解像度がフルHD・最大フレームレートは60FPS。そしてHDRなどその他機能は非対応であるため、バージョン2.0(プレミアムハイスピード)のHDMIケーブルがこの条件を満たします。

 

選んではいけないのは、バージョン1.4(ハイスピード)のHDMIケーブル。4K対応なのでフルHD出力は容易いものの、最大フレームレートが30FPSしかありません。また、バージョン2.1も、オーバースペックとなりケーブルの性能を活かしきれません。購入に不安がある場合は、純正品を選びましょう。

 

【Nintendo Switchにおすすめ】

  • HDMI 2.0(プレミアムハイスピード)がおすすめ
  • 2.0a以降はオーバースペックとなるが価格差がないためこちらもOK
Nintendo

Nintendo Switch 純正HDMIケーブル

価格:500円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

今すぐ見る!スイッチにおすすめHDMIケーブル

iPhone

iPhone用にHDMIケーブルを接続する場合は、HDMIケーブル+変換アダプタの両方が必要です。HDMIケーブルに関しては、iPhoneの種類にもよりますが、概ね4K対応している2.0以降が推奨。ただし問題は変換アダプタの方です。

 

iPhoneにHDMIケーブルを接続したい人は、iPhoneで再生している動画サービス(Netflix・Amazonプライムなど)をモニターに出力したい…という人が多いですよね。その場合、必ずApple社から発売されている純正アダプターを使用してください。

 

無名メーカーのiPhone用アダプタは半額以下で販売されていますが、基本的に動画サービスの出力はできません。

 

 

【iPhoneの場合】

  • HDMIケーブル&アダプタが必要
  • HDMIケーブルは2.0以降
  • アダプタは純正でなければ動画サービスが映らない
Apple(アップル)

Apple Lightning - Digital AVアダプタ

価格:5,671円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Androidスマートフォン

Androidスマートフォンでも、HDMI micro(タイプD)が搭載されているスマートフォンはそのままケーブルを購入するだけで非常に簡単です。問題はUSB-TypeC端子とMicroUSB端子しかない場合。ここでは両方ともご解説しますね。

 

USB-TypeC端子搭載スマートフォン

USB-TypeCはこの2-3年で一気に普及した新しい端子の規格。基本的に充電用の端子ですが、HDMI変換アダプター(ケーブル)を使用することで映像出力ができる場合もあります。

 

「できる場合も」と前置きした通り、これは端末の対応次第。オルタネイトモード(Alternate Mode)対応のUSB-TypeC端子を搭載しているスマートフォンのみ、このUSB端子からでもHDMIの信号を扱うことができます。ざっとスペック一覧をチェックしただけでは記載がない場合も多いため、細かい確認が必要です。

 

 

【USB-TypeC端子搭載スマホの場合】

  • HDMIへ変換し映像出力できるのは、オルタネイトモード(Alternate Mode)対応スマホのみ
  • スマートフォン側のチェックが必須
今すぐ見る!USB-C/HDMI変換ケーブル

MicroUSB端子搭載のスマートフォン

MicroUSB端子からHDMIケーブルを変換して使用するには、スマートフォン側にMHL対応という性能が必要になります。このMHLとはMicroUSB端子からHDMI信号をやりとりするためのもの。MHLに対応していれば、MHL変換アダプタ+HDMIケーブルの組み合わせで使用することができます。

 

ちなみに、MHL非対応スマホはMHL変換アダプタ(ケーブル)を使用しても、HDMI経由で映像出力できません。また、Galaxyの場合は信号の種類が違うため、さらにコネクタが必要になります。

 

 

【MicroUSB端子搭載スマホの場合】

  • 変換しHDMIケーブル経由で映像出力できるのはMHL対応スマホのみ。
  • 出力できないのはスマホ自体の問題であることがほとんど。
エレコム

MHL変換アダプタ Galaxy非対応 DH-MHLAD01BK

価格:1,005円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

今すぐ見る!MHL変換ケーブル

PS5の場合

PlayStation5は描画性能が非常に高く、

 

  • 4K(3840×2160)で最大120fps

 

に対応。さらに8K(7680×4320)で60fps出力と非常に高性能です。そのためケーブルも高性能なものがいいと思いがちですが、実はモニター性能によって描画力が最大限に引き出せるかどうか左右されます。

 

  • モニター側のHDMI端子がVer.2.0なら、2.0(プレミアムハイスピード)のケーブル
  • モニター側のHDMI端子がVer.2.1なら、2.1(ウルトラハイスピード)のケーブル

 

このように選ぶ必要があります。

 

 

【PlayStation5の場合】

  • 最大限描画力が反映されるかはモニター側の端子次第
  • 古いモニターだと端子も古くボトルネックとなる

4Kテレビ

4Kテレビの場合は、ほとんどがリフレッシュレート60Hzのため、HDMI2.0(プレミアムハイスピード)対応であれば十分に出力可能。ただしHDR対応のテレビも多いことから、こちらにも対応した2.0aがさらにおすすめ。

 

ただし、「Panasonic VIERA」と「SONY BRAVIA」の一部上位機種、「東芝REGZA」のゲーミングモデルなど、一部機種は120Hzに対応しています。こちらの機種をお持ちの方は、2.1(ウルトラハイスピード)を選ぶと存分に描画性能を楽しめます。

 

 

【4Kテレビの場合】

  • HDMI2.0以上のケーブルを選ぶ
  • テレビがHDR対応しているなら対応のケーブル
  • テレビがリフレッシュレート120HzならHDMI2.1(ウルトラハイスピード)

高リフレッシュレート対応モニター

高リフレッシュレート対応モニター(フルHDで240Hzなど)の場合、プレミアムハイスピード以下ではなく、ウルトラハイスピード(HDMI2.1)を選ばなければ存分に性能を引き出すことができません。

 

ちなみに、高リフレッシュレートモニターを使用していると、接続方法の候補としてDisplayPortも選択肢に上がるかと思います。どちらもフルHDで240Hzは出るものの、一点違いがあります。それは、モニターの電源を落とすと、DisplayPortは接続が切れるということ。安定性に優れるのはHDMIケーブルです。

 

【高リフレッシュレートモニターの場合】

  • HDMI2.1(ウルトラハイスピード)を選ぶ
今すぐ見る!おすすめのHDMIケーブル10選

ここまで、HDMIケーブルのバージョン(通信速度)コネクタの形状Switchやスマートフォンで使用するときの注意点に関して触れてきました。ここからは、実際にHDMIケーブルを購入するときの最後のチェックポイントについてご解説します。

 

<目次>

ケーブルの長さ

HDMIケーブルを購入する際には、当然ですが長さが足りていることが大切。また鋭利な角度で曲げると断線につながるため、なるべく余裕を持たせてやんわりと曲げることが重要です。そのため、ゲーム機などの接続でも1mは欲しいところ。

 

大変なのが部屋を跨ぐ場合の接続です。10mを越すような長さのHDMIケーブルは種類も少ないため探しにくくなってしまいます。弊社の記事で10mのHDMI特集をしていますので、お困りの方は参考にしてください。

ケーブルの柔らかさ・耐久性

HDMIケーブルは製品によって柔らかさが違います。細くて柔らかいものから、形状記憶タイプ、中には巻き取りタイプもあるため、使用環境によって選んで下さい。この時に、柔らかく曲げやすいものは扱いやすいですが、その分断線の危険もあることもお忘れなく。

Amazonで無名メーカー製は買ってもいいのか

HDMIケーブルを購入するときに、インターネット通販のAmazonで探すという人は多いのですよね。そこで目に入るのは数百円という非常に安い価格で販売されている無名メーカー製。中国のメーカーであることが多いです。

 

結論から言うと、そんな無名メーカー製のHDMIケーブルは長期使用前提での購入はおすすめできません。早くに壊れる・映らなくなるといった声が多数報告されています。

 

アマゾンで購入するなら、

  • Amazonベーシック
  • エレコム(ELECOM)
  • バッファロー(BUFFALO)

といった定番品も1000円かからず販売されているため、あえて格安商品を選ぶ必要はありません。

それでは信頼できるメーカーのおすすめHDMIケーブルについてご紹介します。以下欲しいものへ直接飛んでご覧になってくださいね。

 

スタンダードなHDMIタイプ

Amazonベーシック(Amazon Basics)

Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル

価格:803円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはアマゾンベーシックのHDMIケーブル。バージョンは2.0aなのでHDR対応の4KテレビもOKです。長さのバージョンが多く0.9m・1.8m・3.0m・4.6m・7.6mと揃っているため、配線状況に合わせて選ぶことができます。

メーカー Amazon 規格 プレミアムハイスピード
バージョン 2.0a 長さ 1.8m
オーム電機

プレミアムHDMIケーブル VIS-C15PR-K

価格:660円 (税込)

曲げやすく扱いやすいプレミアムハイスピードタイプ

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4K対応プレミアムハイスピードタイプでコスパ抜群なのが、このオーム電機製のHDMIケーブル。扱いやすい柔らかさのため、あらゆる配線で万能的に使用できいます。また2.0a規格のため、HDRへの対応も◎。テレビ・ブルーレイレコーダーといった定番品の接続におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー オーム電機 規格 プレミアムハイスピード
バージョン 2.0a 長さ 1.5m
エレコム

HDMIケーブル DH-HDPS14E10BK

価格:1,520円 (税込)

4KとUltra HD対応の高品質HDMIケーブル

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レミアムハイスピード仕様の標準的なHDMIケーブルが欲しい方はこちらがおすすめです。60FPSまで描画可能なため一般的なテレビ・レコーダーにぴったりです。ケーブルの長さも1.0mから5.0mまで用意されており選びやすいのも嬉しいですね。

 

スペック詳細はこちら

メーカー エレコム(ELECOM) 規格 プレミアムハイスピード
バージョン 2.0 長さ 1.8m
パナソニック(Panasonic)

HDMIケーブル RP-CHKX15-K

価格:4,782円 (税込)

耐久性抜群!隠し配線に

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは平べったいケーブルが特徴のHDMIケーブル。パナソニック製で価格は高いものの、耐久性が非常に高く長期配線におすすめです。床・壁の中問わず設置できるため、隠し配線にも便利。バージョンは2.0aのため、HDRにも対応しています。

 

スペック詳細はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 規格 プレミアムハイスピード
バージョン 2.0a 長さ 1.5m
Anker

Ultra High Speed HDMI 2.1

価格:2,000円 (税込)

アンカーのウルトラハイスピード

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはAnkerのHDMIケーブルで 8K(60Hz) 4K(120Hz)に対応。PlayStation5や Xbox Series X/Sでも動作確認が取れています。LGのゲーミングモニターなど高リフレッシュレートタイプをご使用の方におすすめします。

メーカー Anker(アンカー) 規格 ウルトラハイスピード
バージョン 2.1 長さ 2m

HDMI-miniケーブル

エレコム

HDMI-Miniケーブル DH-HD14SSM15BK

価格:1,260円 (税込)

イーサネット対応HDMIケーブル

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とりあえずHDMI-miniHDMIケーブルが欲しいならこちらのHDMIケーブルがおすすめ。miniケーブルでありながら4K解像度に対応しており、出力元の端末のスペックさえ足りていたら4k出力することができます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー エレコム 規格 ハイスピード
バージョン 1.4 長さ 1.0~2.0m

HDMI-microケーブル

Amazonベーシック

Amazonベーシック HDMIケーブル

< >
アイテムID:6031487の画像1枚目

出典:https://rakuten.co.jp

  • アイテムID:6031487の画像1枚目
  • アイテムID:6031487の画像2枚目
  • アイテムID:6031487の画像3枚目
  • アイテムID:6031487の画像4枚目
  • アイテムID:6031487の画像5枚目
  • アイテムID:6031487の画像6枚目

価格:898円 (税込)

安くて高品質!AmazonのHDMIケーブル

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テレビとスマートフォンやデジタルカメラの接続にはこのHDMI-microがおすすめ。MicroUSBとよく似ているため、HDMI-Microかどうかの確認をまずしてください。他にも、アクションカメラなどこのHDMI-Micro搭載端末は増えており、広く活用できます。

メーカー Amazonベーシック 規格 ハイスピード
バージョン 1.4 長さ 1.0~2.0m

HDMI変換ケーブル

エレコム

USB-TypeC/HDMI変換ケーブル CAC-CHDMI10BK

価格:2,680円 (税込)

オルタネイトモード対応のUSB-Cスマホはこれ一択

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは見た通りUSB-TypeCをHDMIに形状を変換するアダプタケーブル。映像出力にはオルタネイトモード対応のUSB-TypeC搭載スマホである必要があるため、なんにでも使えるわけではないところが注意点。スマホ側の対応を必ず確認してからご利用ください。

 

スペック詳細はこちら

メーカー エレコム(ELECOM) 規格 -
バージョン - 長さ 1m
エレコム

MHLケーブル 3.0 (HDMI/microB) DH-MHL3C10BK

価格:989円 (税込)

MHL対応スマホでMicroUSBからHDMI端子に接続!

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはスマートフォンのMicroUSBからテレビ側のHDMIケーブルへと直接繋げる、MHLケーブルと呼ばれるものです。使用には、MHL対応のスマートフォンが必須。見た目はただのMicroUSB端子のため、対応かどうかは機種ごとにチェックしなければなりません。

 

スペック詳細はこちら

メーカー エレコム(ELECOM) 規格 -
バージョン - 長さ 1m
サンワサプライ

DisplayPort-HDMI変換アダプタ 0.2m AD-DPHD02

価格:2,980円 (税込)

PCのテレビモニター出力に使える!

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PC側のHDMI端子は1つのみということが多いですよね。そちらが埋まってしまっているときは、DisplayPortから出力する…ということになりますが、そんな時に便利なのがこのHDMIへの変換ケーブル。超定番商品なので安心して使用できます。サブモニターを増やしたいときにどうぞ。

 

スペック詳細はこちら

メーカー サンワサプライ 規格 -
バージョン - 長さ 0.2m

HDMIケーブルは解像度とフレームレートが密接に関係するため、いつまでも古いものを使っていていい…というものではありません。また安ければなんでもいいというわけでもなく、事前に対応機器の仕様チェックが欠かせません。HDMIケーブルを先に購入する前に、繋げる機器側のスペック確認をしてくださいね。

# おすすめ