VIO脱毛におすすめな家庭用脱毛器8選!やり方やアフターケアの解説も

VIO脱毛のためにクリニックに通いたいけど、人に見られるのは恥ずかしいですよね。そんな方には、家庭用脱毛器がおすすめです。今回は、家庭用脱毛器の選び方・やり方・注意点などをまとめました。さらに、ケノンやブラウンなどのおすすめの脱毛器たちもご紹介します。

2022/03/31 更新

VIO脱毛は、サロンやクリニックでの施術が一般的ですが、人に見られるのが恥ずかしくてなかなか通えない人も多いはず。そんな時に活躍してくれるのが、家庭用脱毛器です。自宅で誰にも見られずに、好きな時間に脱毛することができるため、恥ずかしさはありません。

 

ただし、VIO周辺は腕や足などよりも太い毛が密集しているので、痛みを感じやすかったり効果を実感するまで時間がかかったりする特徴があります。また、VIO脱毛に対応していない機種もあるので、購入の際には注意が必要です。

 

そこで、家庭用脱毛器を利用するために、必要な知識やおすすめの脱毛器をご紹介します。VIO脱毛のメリットやデメリットも解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

VIO脱毛で得られるメリットは、ショーツや水着の着用時にムダ毛処理の必要がないことです。さらに、女性は生理中の蒸れや不快感からも解放され、常にデリケートゾーンを衛生的に保てます

 

デメリットは、施術時にVIOを人に見られる恥ずかしさがありますが、家庭用脱毛器があれば解決できる内容です。問題はVラインのデザインで、慎重に形を決めてから脱毛しないと、好みの形に仕上がらない、もしくはクリニック脱毛だと元に戻らない等の失敗もあるので、注意しましょう。

実は、脱毛器の中でも人気のメーカー「ケノン」や「ブラウン」はVIO脱毛を推奨していませんただ自己責任にはなりますが、粘膜部に当てなければ出力レベルを1や2に下げてVIOに使用する人も多くみられます。

 

そもそもVIO対応している脱毛器でも、粘膜部への使用は推奨できません。安全のためにも、VIO脱毛の際はショーツやタオルで粘膜周囲を保護して照射するなど、事前に対策を打ってから行いましょう。

家庭用脱毛器やサロン脱毛で扱えるのは、基本的に光脱毛のみというのも、毛根や毛乳頭を破壊する行為は医療行為、とされ法的に禁止されているからです。永久脱毛ができるのは医師がいるクリニック脱毛のみと覚えておきましょう。

 

家庭用脱毛器で扱われている脱毛方法は、基本的に光(フラッシュ)脱毛です。その中でも、IPL方式やSHR(OPT)方式など毛へのアプローチ方法が異ります。IPL方式は、光が毛のメラニン色素に反応し、毛根部にダメージを与えることで減毛が期待できるのが特徴です

 

SHR方式は蓄熱式で、毛包に弱い熱を何度も当てることで徐々に毛が生えるスピードを遅らせます。IPL方式に比べて痛みが少ないのが特徴です

先ほどご説明した通り、家庭では永久脱毛は出来ません。家庭用脱毛器で得られる効果は、あくまでも減毛や除毛が期待できる程度だという認識を持ってください。これはサロンでも同様です。

 

そのため、家庭用脱毛は続けていればムダ毛処理の手間が減りますが、途中でやめると再び毛が生えてくる可能性があります。ただ、ムダ毛処理が少なくなるというメリットはかなり大きいので、家庭用脱毛は定期的に行うものだと割り切って使用しましょう。

VIO脱毛について解説しました。次の記事では、VIO脱毛ができる家庭用脱毛器を購入したい人のために、どういう選び方をすればいいのかをまとめました。購入時の参考にしてくださいね。

出力調整ができるか

VIO脱毛を自宅で安全に行うには、出力レベルを低くすることが大切です。Vラインは効果を優先して少しずつ出力を上げることも可能ですが、IOは粘膜部分も近いため、特に慎重に行いましょう。Vライン対応のモードが搭載されている脱毛器もあるので、そちらを利用すれば自己判断によるミスを防ぎやすくなるので、おすすめです。

I・Oラインに対応しているか

VIO全てに対応している家庭用脱毛器は、販売数があまり多くありません「ビキニラインOK」と書いていても、実はVラインだけだったということが多いです。VIO対応の脱毛器は肌を傷つけないよう考慮されてはいますが、あくまでも家庭でのVIO脱毛は自己責任ということになります。脱毛する際はやり方と注意点に気を付けましょう。

カートリッジが交換可能なもの

脱毛器には、本体買い替えタイプとカートリッジ交換タイプがあります。カートリッジ交換タイプは、買い替えが安く済むので経済的にもお得で、衛生的にも安心です。複数人で脱毛する際も、本体1台でカートリッジを付け替えれば使いまわすこともできます。

 

カートリッジは、1回照射あたりのコストが低いものを選ぶとお得です。照射回数に関しても、多い脱毛器の方がコスパもいいので、購入時はそういったポイントにも注視して選びましょう。

ケノン

ケノン(ke-non)

価格:69,800円 (税込)

高出力なので短時間で全身OK

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【★3以上のレビューが98.4%!】

ケノンは楽天市場で多くのレビューを集めた人気商品で、一般的には商品レビュー数が1万件以下なのに対し、ケノンは15万件!レビューの評価の★5、★4、★3を合わせると「98.4」%!多くの人がケノンに満足しています。日本人の肌質・毛質に合わせて作られた日本製なので、脱毛効果を実感しやすいのが特徴。

 

【Vにも使える・痛みが少ない!】

ケノンはUSPL(極短発光)を採用。特殊な技術により、高出力で光っている時間をできるだけ短くしています。そのため、瞬間的に高い出力パワーを使い、熱による肌への負担を抑えることに成功しています。

 

【剛毛もOK!家庭用トップクラスの高出力】

ケノンの従来機に比べて瞬間最大出力20%UP!コンデンサ(電子部分)を4つも搭載しているため、家庭用脱毛器でもトップクラスの高出力&短時間で全身に使えます。男性の剛毛ひげにも使えるほどの高出力を実現しています。

 

【今なら28,200円引き!】

通常98,000円のところ、今なら69,800円(税込)で購入可能です。薄着になる夏に間に合わせるためにも、秋冬のうちに手に入れましょう!

メーカー ケノン(ke-non) 商品名 ケノン(ke-non)
脱毛方式 フラッシュ方式 照射面積 7.0㎠
出力調整可能レベル 10段階 カードリッヂ交換式
照射単価(1ショット) 0.0098円 VIO対応
その他機能 高性能コンデンサ4こ付き、全30通りのオートショット機能
脱毛ラボ

脱毛ラボ ホームエディション (ピンク)

< >
アイテムID:6396682の画像1枚目

出典:https://elabo-shop.jp

  • アイテムID:6396682の画像1枚目
  • アイテムID:6396682の画像2枚目
  • アイテムID:6396682の画像3枚目
  • アイテムID:6396682の画像4枚目

価格:71,478円 (税込)

藤田ニとルのCMでおなじみ!乳幼児からOK

公式サイトで詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの脱毛ラボは、藤田ニコルさんのCMで広く知られています。子どもでも使える光脱毛機としてお馴染みで、乳幼児からも使用がOKと肌に優しいのでVIO脱毛におすすめの商品です

 

特徴は「冷却クーリング機能」です。また277gと軽量で、操作はボタンのオンオフのみと非常に簡単で、照射面が狭いので細かい部位に使用できるのがうれしいポイントです。

 

全身脱毛300回分照射できて子どもにも使えるので、家族でこれ1台をシェアできるコストパフォーマンスが高い商品となっています。

メーカー 脱毛ラボ 商品名 脱毛ラボホームエディション
脱毛方式 フラッシュ式 照射面積 -
出力調整可能レベル 5段階 カートリッジ交換式 -
照射単価(1ショット) 0.023円 その他機能 冷却クーリング機能
パナソニック(Panasonic)

ES-WP82-S

価格:55,300円 (税込)

肌に優しい設計の脱毛器

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Wランプで肌に優しい設計です。波長調整フィルター搭載で、肌への刺激になりやすいエネルギーを吸収してくれます。照射幅の狭いビキニ用アタッチメントが付いているので、不用意な部位に照射することを防いで安全に脱毛できるのが特徴です。痛みを感じにくいレベル1の出力から、脱毛効果の高いレベル5までの5段階調整が可能

 

スペック詳細はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 ES-WP82-S
脱毛方式 フラッシュ方式 照射面積 8.3㎠
出力調整可能レベル 5段階 カートリッジ交換式
照射単価(1ショット) 約0.19円 VIO対応 V(ビキニ)ゾーン
その他機能 スピード照射モード
BoSidin

D-1178

価格:33,999円 (税込)

見た目もオシャレで扱いやすいOPT方式脱毛

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

OPT方式の脱毛で、痛みを抑えた脱毛が利用できます。「顔」「腕」「もも」「脇」「VIO」「美肌ケア」の6つの出力モードから選べる仕様です。照射ヘッドが360°回転する革新的な設計で、あらゆる部位に合わせた適切な照射が可能。さらに、BoSidinにはフォト美顔も搭載されているので、脱毛と同時にハリのある肌を目指せます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー BoSidin 商品名 D-1178
脱毛方式 フラッシュ方式(OPT方式) 照射面積 -
出力調整可能レベル 「顔」「腕」「もも」「脇」「VIO」「美肌ケア」の6モード カートリッジ交換式 ×
照射単価(1ショット) 約0.05円 VIO対応 VIO
その他機能 ダイナミック冷却機能(DCD)
フィリップス(Philips)

ルメア プレステージ BRI948/70

価格:63,500円 (税込)

専用のアタッチメントで効果的に脱毛

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマートスキンセンサーで、肌に合わせた出力調整が可能。「体用」「ワキ用」「ビキニエリア」「顔用」のアタッチメントが付属しているので、部位に合わせて快適な照射が可能です。ビキニエリア用は透明なフィルターが付いていて、アタッチメントを使用すれば効果的にVI部分の脱毛ができます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー フィリップス(Philips) 商品名 ルメア プレステージ/BRI948/70
脱毛方式 フラッシュ方式 照射面積 からだ用:4.1㎠/ワキ用:3㎠/ビキニエリア用:3㎠/顔用:2㎠
出力調整可能レベル 5段階 カートリッジ交換式 ×
照射単価(1ショット) 約0.26円 VIO対応 VI(アタッチメント着用時)
その他機能 からだ用・顔用・ワキ用・ビキニエリア用アタッチメント付属/スマートスキンセンサー・インテリジェントアタッチメント
ブラウン(BRAUN)

シルクエキスパート PL-3111

価格:16,901円 (税込)

フラッシュ自動調節システムをそなえたブラウンの脱毛器

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラウンのシルクエキスパート PL-3111は、肌の色に合わせて自動で照射レベルを調整してくれるので、光脱毛器初心者でも使いやすいのが特徴です。頬骨から下の全身に使えます。

 

全身の手入れなら13年分に相当する30万回のフラッシュ照射で、長い期間愛用できます。部分用キャップ・カミソリ・ポーチ付きなので、携帯にも便利です。

メーカー ブラウン(BRAUN) 商品名  シルクエキスパート PL-3111
脱毛方式 フラッシュ方式 照射面積 記載なし
出力調整可能レベル 3段階+超やわらか(最弱のみ) カードリッヂ交換式 不要
照射単価(1ショット) 0,052円 VIO対応 Vラインのみ
その他機能 肌の色に合わせて自動で強さ調整
-

AU-02

価格:13,980円 (税込)

安さ重視の5段階調整できる脱毛器

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5段階の出力調整を行える、低コストの脱毛器です。本製品を初めて使用する場合は、肌パッチテストを行うことが推奨されています。腕や手の甲で、レベル1から照射して2週間後に影響が出ないことを確認してから使用しましょう。カートリッジ交換不要で、50万回照射可能です。電源・レベル選択・照射、全てタッチパネルで行うので、複雑な操作も必要ありません。

メーカー - 商品名 AU-02
脱毛方式 フラッシュ(IPL)方式 照射面積 -
出力調整可能レベル 5段階 カートリッジ交換式 ×
照射単価(1ショット) 約0.03円 VIO対応 VI
その他機能 -
LOVE DOCK

D-1155

価格:27,980円 (税込)

照射面積の異なる2つのカートリッジ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SHR冷感脱毛とIPL脱毛を掛け合わせた脱毛方式で、産毛や太い毛の脱毛と痛み軽減が期待できます。「大面積用カートリッジ」と「敏感な箇所用カートリッジ」があり、照射面積の異なる2つのカートリッジが付いているのが特徴です。敏感な箇所用カートリッジは照射面積が狭いので、細かい部位も扱いやすくて快適です。

メーカー LOVE DOCK 商品名 D-1155
脱毛方式 フラッシュ(SHR・IPL)方式 照射面積 大面積用カートリッジ:約3cm²/敏感な箇所用カートリッジ:約2cm²
出力調整可能レベル 6段階 カートリッジ交換式 ×
照射単価(1ショット) 約0.05円 VIO対応 VI
その他機能 スマートスキン検出機能/タッチスクリーン

家庭用脱毛器を使ってVIO脱毛する場合は、肌を傷つけないように十分注意する必要があります。治療に費用や労力をかけることにならないよう手順と注意点を確認しましょう。

毛は抜かずに剃る

VIOの脱毛に限らず、光脱毛では必ずムダ毛は事前に剃る処理を行いましょう。VIOのムダ毛を処理する場合は、カミソリでもいいですが、専用のシェーバーを使えば肌を傷つけずにスムーズに処理できるので、おすすめです。長い毛が残ってしまうと光が反応して痛みや火傷の原因に繋がるので、必ず丁寧に処理してください。

低い出力から始める

しっかり毛を処理出来たら椅子に座ってラクな姿勢を取ります。最初はレベル1から設定し、Vライン上部から順に隙間なく照射してください。Vラインはまだ目視で確認しやすいですが、IOラインを照射する場合は、鏡で照射部位を確認する必要があります粘膜部に照射しないよう注意しながら、片足を上げた姿勢で行うか鏡の上に跨るようにして脱毛しましょう。

粘膜をタオルや布で保護する

IOのデリケートゾーンを照射する際に、ショーツやタオルで覆うと粘膜部が保護されるので、誤照射を防ぐことができます。肌が色素沈着しているデリケートゾーンを照射する場合は、無理に照射はせず、痛みを感じたらすぐに中止してください。無理矢理そのまま続けてしまうと、火傷や肌トラブルの原因になるので注意が必要です。

肌が特にデリケートなので同じ箇所に当てないよう注意する

痛みを感じやすく傷つきやすいデリケートゾーンの肌は、特に照射重なりが生まれないように注意しましょう。通常の肌でも、何度も同じ部位に照射をすると肌に負担がかかってしまいます。肌が薄いVIO周辺の肌は、一度照射したところには再び照射しないよう、照射範囲をしっかり確認しながら脱毛することを心がけてください。

しっかり冷却・保湿する

脱毛で軽視しがちなのが、脱毛した後のケアです。フラッシュ脱毛で熱を浴びた肌は、しっかり保冷材や付属のクールヘッドなどで冷却してください。また、脱毛後は保湿力の高いクリームやケア用品を使いましょう。保湿ケアをしっかり行うことで、乾燥や赤みの発生を抑えられるので、忘れずに塗布するのが肌を守るポイントです。

ここまで、VIO脱毛のやり方や注意点についてまとめました。まずは、デリケートゾーンの脱毛をするにあたってのメリットやデメリットをきちんと理解してから、脱毛を始めてください

 

脱毛器選びで迷ったら、ケノンがおすすめです!1ショットあたりの単価が安く、短時間で全身をカバーできるので多くの方が満足できる脱毛器です!

VIO脱毛におすすめな家庭用脱毛器8選をもう一度見る!