大人気のT10LEDバルブおすすめランキング10選【車検OKで明るい】

マイカーの照明を明るく省エネに変えてくれるT10LEDバルブ。変えてみたいけど対応車種や車検が通せるかで悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。今回はそんな方に向けてT10LEDの魅力と購入のポイントについて解説していきます。おすすめ商品もご紹介しますよ。

まだ純正ならぜひT10LEDバルブに交換してみよう

車のポジションランプをより明るくしてくれるT10LEDバルブ。初心者でも比較的簡単に交換でき、色味や輝度によって個性を出すこともできるので非常に人気のあるカーアイテムです。ポジションランプ以外にもT10ランプは車の様々な場所に使われているので、全て交換すればマイカーの夜の印象がガラッと変わりますよ。

 

しかし、純正から交換してしまうと車検は大丈夫なのか不安になりますよね。またT10LEDの種類によっては使えない車種があったり、ご希望のドレスアップにどの製品が向いているのかなど失敗なく選ぶのはなかなか難しいもの。

 

今回はそんなT10LEDバルブの選び方や仕様の違いについて解説していきます。売れ筋商品の口コミを元にしたおすすめ商品のご紹介もしていくので、要チェックですよ。

T10LEDの選び方

それでは理想の照明を手に入れるために、T10LEDの選び方についてどの点に注目したらよいのかポイントを押さえてチェックしていきましょう。

光の質感に注目しよう

T10LEDバルブに交換するとき最も重要な部分です。好みのものを選ぶことも大切ですが、車検で違反にならないように配慮すべき点もあります。

明るさは取り付け場所に配慮して選ぶ

T10LEDを検討するときにまず大切なのが明るさです。

 

T10とは電球の規格のことですが、車にはこのT10を取り付けられる場所はたくさんあります。バルブの大きさに注意すれば、ポジションランプ、ルームランプ、カーテシランプ、トランク灯、ナンバープレート灯、メーター灯など色々な箇所に取り付け可能です。

 

基本的にはポジションランプを交換することが多いですが、変えたい場所が決まっている場合は専用のバルブを選ぶのが良いでしょう。ポジションランプ用の爆光タイプをルームランプに流用すると、明るすぎて車内が丸見えという事態になってしまいます。

ポジションランプの色は車検に合格するものを選ぶ

ポジションランプの車検基準として、原則「白」であるというものがあります。何色でもいいというルールにしてしまうと、「赤」「オレンジ」などはブレーキ灯やウィンカーと誤認してしまいます。

 

ひとくちに白といっても、「温かみのある電球色」から「ブルーに近い白色」まで様々なものがあります。あまりオレンジやブルーに傾きすぎると車検で違反となる場合があり、注意が必要です。

 

車検では目視判定のため基準がややあいまいではありますが、参考にする値として色温度(ケルビン)があります。低いほど黄色味がかり、高いほどブルーに近くなります。3000~6500kの範囲なら車検に通りやすいと言われているので、参考にすると良いでしょう。

光の拡散もチェック

同じ色温度、同じ光束(ルーメン)でも光の拡散によって印象が大きく変わります。

 

360°拡散のものが人気が高いですが、光が広がることによって広範囲に照射することが可能になります。また、同じルーメンなら拡散している方がまぶしさを感じにくくなります。

 

特に、ディフューザーで光をやわらかく拡散しているものはムラなく照射でき、例えばナンバープレートなどを照らす場合でもしっかりと認識しやすく照らしてくれます。用途や好みによって使い分けると良いですね。

T10LEDの形状を確認しよう

T10LEDバルブは構造に細かく違いがあります。購入してから使えないという事態にならないよう、きちんとチェックしておきましょう。

端子部分の構造について

質の良いH10LEDを選ぶためにひとつ参考にしていただきたいのが、端子部分の形状です。

 

端子部分は、「針金のようなタイプ」と「平型の金属が張り付いたタイプ」に分かれます。前者は針金部分がずれたり外れたりしやすく、点灯不良の原因になることがあります。しかしコストが安く済むため、この端子のものは低価格であるというメリットもあります。

 

「平型タイプ」の端子はまんべんなく接触するため、針金のようなタイプと比べて接触不良を起こしにくくなります。最近ではこちらの平型タイプで安価なものも増えてきたので、ちょっと気にして選んでみるのがおすすめです。

長さにも注意が必要

T10LED選びで意外と見落としがちなのが「バルブの長さ」です。

 

T10LEDはいろいろなところに取り付けられるので便利な製品ではあるのですが、場所によってはバルブが長すぎて取り付けられない場合があります。これを防ぐには、純正タイプと同程度の長さのものを選ぶのが無難です。

 

多くの場合ポジションランプとして取り付ける際にはあまり長さは気にしなくてよい点ですが、他の箇所に流用する予定があるのなら要注意です。

愛車に搭載可能かどうか

車によってはある一定の条件を満たしたT10LEDでないと使用ができない場合があります。注意すべき点をピックアップしてご紹介します。

キャンセラー内蔵ならライト切れ点灯エラーを防止

T10LEDバルブを見ていると、「キャンセラー内蔵」という表現をよく見かけます。このキャンセラーというのは、点灯切れ警告ランプに関係します。

 

高級車によく見られるシステムで、ポジションランプの点灯切れの場合にパネルに警告表示が出るものがあります。これは消費電力がセンサーになっているため、純正ハロゲンランプをLEDに交換すると消費電力が下がってこのランプが点灯するというエラーが生じます。

 

従来はこの問題を解決するため外付けでキャンセラーをつけていましたが、最近のT10LEDバルブにはキャンセラーを内蔵したものが多く登場するようになりました。

 

この点灯システム自体がない車の場合は、キャンセラー内蔵ではないものを選ぶのがおすすめです。消費電力を上げてエラーを起こさないようにするため、無駄な電力消費や余分な発熱の原因になってしまいます。お使いの車に合わせて選びましょう。

12V車と24V車との対応

多くのT10LEDが12V車対応となっています。この「12V」というのは車の大きさによって変わり、大型のトラックやバスだと「24V」ですので12V対応の通常のT10LEDは使用ができません。

 

カーナビなど周辺機器の取り付けにも関係するのでご存じの方は多いと思いますが、ざっくりと言うとバッテリーを1個積んでいる車が12V、2個積んでいるものが24Vということになります。

 

24V車の場合は24V対応のT10LEDを選ぶ必要があります。12Vと24Vどちらにも対応可能なT10LEDもあるので、様々な車種を保有する企業には汎用性があっておすすめです。

 

 

保証期間があればさらにおすすめ

T10LEDを購入する上で気にしていただきたいのが耐久性です。T10LEDは価格や品質に非常に幅があるので、粗悪品となるとすぐに点灯しなくなったり、発熱しすぎて溶けて故障するものが少なくありません。

 

そこそこの品質のものであっても車種や取り付け状況によって不良は起こってしまうのですが、買ったうちの大半が不良品で使い物にならないなどという事態は避けたいものです。

 

口コミを参考にするのももちろん有効なのですが、保証期間を設けているかどうかというのがひとつのチェックポイントになります。保証期間があるものは品質の担保にもなりますので、是非参考にしてみることをおすすめします。

 

不良品をいくつも交換するより、ある程度品質の良いものの方がかえってコスパが良いかもしれません。

T10LEDの人気ランキング10選

第10位LncBoc

T10 LED ホワイト

価格:1,299円(税込)

24Vの大型車にも取り付け可能。明るいT10LED

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大型車にも取り付け可能のT10LEDです。12V車両にもどちらにもOKなので汎用性の高い商品です。キャンセラー内蔵なので点灯エラーを防止するほか、定電流回路で安定した明るさを実現。

 

明るさは300ルーメンと高輝度。白色のクリアな光で視認性が向上します。

 

無極性の簡単取り付けの上に、嬉しい保証1年つきです。この性能でコスパのバランスが良いのも高ポイントです。口コミによると端子部分がちょっと厚めな印象なので、取り付けの際にちょっとコツが必要かもしれません。

色温度(ケルビン)6000光束(ルーメン)300
入数(個)2保証1年
定格12V/24V
第9位PIAA(ピア)

LEDバルブ T10

価格:2,300円(税込)

定電流回路を内蔵。ハイブリッド車、電気自動車ユーザーに

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PIAAのT10LEDです。車検対応品と明記されている点に安心感があります。

 

定電流回路を内蔵しているので、ハイブリッド車や電気自動車にも使える設計になっている点がポイントです。光はムラなく均一に広がる設計で、キレの良い明るい白のため視認性が向上したとの声も。

 

光束(ルーメン)は30lm / 85lmとバリエーションがあり、好みの明るさで選ぶことができます。

色温度(ケルビン)6600光束(ルーメン)45
入数(個)2保証-
定格12V
第8位Biqing

T10 LED

価格:649円(税込)

とにかくコスパ重視の方におすすめ 球切れ用の予備にも使える

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

10個入ってこの価格がとにかく安いと話題。

 

爆光ではありませんが、純正ハロゲンよりも明るく白くなるのでこれで十分という口コミが多いです。また球切れのときの予備として購入する方も。

 

安価ながらアルミヒートシンクで放熱を考えた設計。とりあえずT10LEDに手っ取り早く交換したいという方におすすめの格安T10LEDです。

色温度(ケルビン)6000光束(ルーメン)
入数(個)10保証-
定格12V
第7位カーメイト(CARMATE)

LEDルームランプ GIGA 明るい電球色

価格:2,602円(税込)

ルームランプに最適、やわらかい電球色T10LED

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

T10LEDの主流は白ですが、ルームランプに電球色を求める方も多いと思います。

 

こちらの商品はあたたかい色味の3000kながら明るさはしっかりキープ。見づらい夜間の車内を明るく照らします。爆光のものだと明るすぎますが、こちらはルームランプ用に開発されているのでちょうどよい光量と口コミも上々。

 

ルームランプは特に放熱が気になりますが、高性能熱伝導ハウジングを採用しているため素早く冷却するのは安心ポイントです。

色温度(ケルビン)3000光束(ルーメン)100
入数(個)2保証-
定格12V
第6位tk

LncBoc T10 LED ホワイト

価格:2,000円(税込)

6500kのクールな白。コスパと明るさを重視する方へ

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

この値段のものとしてはとても明るく、コスパが良いと満足するレビュー多数のT10LEDです。色温度は車検で通る範囲内でも高めの6500kなので、鮮明な白さが得られるようです。

 

価格の割に端子が平型の安定した作りで、接触不良を防ぎます。極性があるので点灯しない場合は左右の入れ替えをしてください。

 

360°拡散で純白の充分な明るさが欲しい方におすすめ。嬉しい1年間の保証期間つきです。

色温度(ケルビン)6500光束(ルーメン)240
入数(個)10保証1年
定格12V
第5位IPF

LED T10 バルブ 504W

価格:5,334円(税込)

300ルーメンの圧倒的光量を体感 とにかく明るさが欲しい方に

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

明るさは人それぞれ好みが分かれますが、光量を追求する方に支持されているのがこちら。

300ルーメンという他を圧倒する明るさ、購入者も満足の声が多数です。

 

あまり明るいと放熱が気になりますが、サーマルシャットダウン保護機能で温度上昇による万一のトラブルにもきちんと対応しています。

 

定電流回路を内蔵しているのでハイブリッド、電気自動車対応です。ただしお値段の方もT10LEDとしてはハイクラスなので、ご購入の際にはよくご検討をおすすめします。

色温度(ケルビン)6500光束(ルーメン)300
入数(個)2保証-
定格12V
第4位SEALIGHT

T10 LED ホワイト

価格:1,420円(税込)

品質にも一定の評価でコスパ良し ほどよい光で人気

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

10個入りで1000円代のお買い得商品です。キャンセラー内蔵で点灯エラーを防止。

 

安価なものはすぐ点灯しなくなったり色にバラツキがあったりする中、この商品はコスパが良いのに品質も安定していると話題。

 

色味は白です。ルームランプに使うとかなり明るく夜間には車内が丸見えになるという口コミもあるので、ほどほどの明るさはありますが爆光のようなタイプよりやや抑えめなようです。

色温度(ケルビン)5500~6000光束(ルーメン)150
入数(個)10保証1年
定格12V
第3位Philips(フィリップス)

LED バルブ T10 Ultinon LEDシリーズ

価格:800円(税込)

安心のフィリップ製。3年間の保証期間つき

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一流メーカーの安心できるT10LEDバルブです。

 

光束が50lmなので、いわゆる爆光のものではありません。ですのでほどほどの光量をご希望の方にはぴったりです。極性があるので点灯しない場合は180°回してみてください。

 

保証期間は3年なので、不具合の場合も対応してもらえるのは嬉しいですね。

色温度(ケルビン)6000光束(ルーメン)50
入数(個)2保証3年
定格12V
第2位プラスワン

ぶーぶーマテリアル T10 LED 優しく明るい光拡散

価格:1,080円(税込)

やさしく光を拡散 取り付け時に便利な極性フリー

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ムラのない優しい光り方が特徴のT10LEDです。ディフューザーでLED特有の鋭い光を軽減してくれるので、一般的なT10LEDより目に優しくメーター照明にも使えると人気です。

 

放熱を考慮したアルミ設計。極性の無いタイプなので取り付け時もラクラクです。

 

3か月の保証期間がついているので、不良品に当たりがちなT10LEDには嬉しいポイントですね。

 

 

 

色温度(ケルビン)6000光束(ルーメン)80
入数(個)2保証3か月
定格12V
第1位morefulls

T10 LED ホワイト

価格:999円(税込)

無極性で取り付け簡単なT10LED 明るい白の発色

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無極性なので、いちいち点灯を試さずともよく取り付けが簡単。

 

無事に点灯したとの口コミが多く見られます。激安商品でも不良品が多いと結局損なので、こちらは安くて品質がいい最高のコスパ商品と言えそうです。

 

色は6000kの白で、上品な光り方です。端子部分が平型なので接触も安定しています。

1年間の保証期間つきで安心感もありますね。

色温度(ケルビン)6000光束(ルーメン)200
入数(個)10保証1年
定格12V

まとめ

T10LEDの選び方に加えておすすめの商品をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。T10LEDバルブを純正から交換したときの明るさと感動は、是非体感していただきたいですね。今まで車に手を加えたことがない方でも簡単に交換できるのでおすすめです。より自分の好みに近づいたマイカーはひときわ愛着が湧きますよ。