おすすめのインナーシュラフ8選|冬はもちろん夏にも使えます!

インナーシュラフによって快適な寝心地を体験できることをご存知ですか?シュラフにインナーシュラフを合わせると、冬だけではなく夏も快適に過ごすことができます。この記事ではインナーシュラフのおすすめアイテムを季節ごとに紹介するのに加え、選び方やお手入れ方法も解説します。

2021/01/30 更新

インナーシュラフはシュラフの中に入れて使用するアウトドアアイテムです。楽しいキャンプの後はしっかりと眠りたいですよね。寒さの厳しい冬はシュラフに合わせて、インナーシュラフがあると暖かくして眠ることができます

 

また、インナーシュラフは冬だけではなく夏も使用できることをご存知でしょうか。夏用のインナーシュラフは快適な寝心地を確保できます。インナーシュラフがあることによってアウトドアでの睡眠の質を上げることが可能です。

 

この記事ではおすすめのインナーシュラフを紹介します。加えて、口コミを交えた選び方、お手入れ方法も解説するので、自分好みのインナーシュラフを見つける参考にしてください。

今すぐ冬におすすめのインナーシュラフ4選を見る

先日、相模原の某キャンプ場で使用しました。当日は就寝前が-2.6℃。 現在使用しているシュラフは安物(4000円台)の最低使用温度-5度のもの。 去年の同時期に使用したさい、寒くて何度も目が覚めたのに比べ、 今回は目覚めたときの気温が-5.3度でしたが、寒くて目を覚ましたのではなく、 尿意で目覚めた、という状態。 途中は一度も目を覚ますこともなく熟睡できました。 例えば今現在、最低使用温度が私の手持ちよりいいものを 使っているようであればなくてもいいと思いますが、 今々買い換える予算がないとか、たためばかなり小さくなるので、 シュラフを増やしたくない(あまり場所をとりたくない)……、 という方におすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

インナーシュラフがあることで、外気温が氷点下になる場所でも快適に眠ることができます。インナーシュラフは保温性が高いため、シュラフに付け足すことで単体で眠る時よりも熟睡度が変わるでしょう。

 

最低使用温度はシュラフがどのくらいの外気温の場所で使用できるかを表した温度です。冬にキャンプを行う際は最低使用温度が-5〜-10℃のシュラフがおすすめですが、その温度に満たないシュラフを持っている場合はインナーシュラフを合わせることで対応できます

 

3シーズン用のシュラフしかないという人にもインナーシュラフはおすすめです。登山に挑戦する人はさらに寒さが厳しいため、冬用のシュラフに合わせてインナーシュラフを持っていくと、暖かく眠ることが可能です。

インナーシュラフは、冬だけではなく夏にも使用することができます。保温性の高いものを夏に使用すると暑くて眠れなくなるため、インナーシュラフは季節に合った機能性のものを選ぶことが大切です

 

冬は保温性を重視して選びましょう。シュラフ単体で使用するよりも5℃以上温度を向上させるものも販売されています。雪山での登山や縦走には必須のアイテムです。

 

夏は肌触りのよさを重視しましょう。夏用のインナーシュラフには、汗をかいた際にしっかりと吸い取ってくれる吸湿性の高い素材が使用されています。夏は汗でシュラフ内が蒸れがちですが、さらっとした素材のインナーシュラフがシーツの役割を果たすので、快適な寝心地を確保できます。

今すぐ夏におすすめのインナーシュラフ4選を見る

インナーシュラフを選ぶポイントはサイズと重量・素材・形状の3点です。持ち運びやすさを重視するか、保温性を重視するかで選ぶ種類は異なるため、どのようなポイントを確認するべきかを紹介します。

サイズと重量

インナーシュラフはシュラフの中に入れて使用するため、シュラフ内に収まるようサイズを確認しておくことが大切です。使用時にはどのくらいのサイズになるのか、シュラフと比較して購入しましょう。持ち運びやすさを考えて、収納時のサイズも確認しておくことをおすすめします。

 

インナーシュラフにはキッズ用やダブルサイズのものも数多く販売されています。そのため、体型や人数に合わせて選ぶことができるのも特徴です。

素材は保温性で選ぶ

インナーシュラフは素材によって保温性が異なります。キャンプに行く季節に合わせて素材を選びましょう。素材にはシルク・コットン・フリースの3種類があります。

 

春から秋にかけては気温の差が大きいため、暖かいときは熱を逃がし寒いときは保温してくれるコットンがおすすめです。寝心地がよく価格もリーズナブルです。保温性が高い素材はフリースです。フリースは生地の中に多くの空気の層があり、暖かさを逃しません。

 

シルクは3種類の中でも高機能で1年中使用できる素材です。通気性・吸湿性・保温性ともに高水準のため、夏は肌触りよく快適に、冬は暖かく過ごすことができるでしょう。価格は高いですが、機能性を求める人におすすめです。

形は寝心地で選ぶ

インナーシュラフは形で選ぶことも大切です。シュラフと同様にインナーシュラフにもマミー型と封筒型があります。シュラフと同じ形のものを選ぶことで、余分に生地が余ることがなく、寝心地も悪くなりません。サイズと合わせて確認しておきましょう。

 

夏のキャンプは暑いため、シュラフを持っていかないという人もいるかと思います。しかし、朝方は冷え込むことが多いため、ブランケットにもなる封筒型のインナーシュラフを持っていると便利です。

Sumolux(サモルックス)

インナーシュラフ

価格:2,880円 (税込)

軽量で毛布のようなインナーシュラフ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

毛布より暖かくて軽量なフリース素材のインナーシュラフです。冬はインナーシュラフとして、夏や春には単体でも使用することができます。収納袋付きでかさばらないため、持ち運びにも便利。ファスナーが2つ付属しており、ブランケットのように開いたり足側だけを出して温度調節をすることも可能です。洗濯機で丸洗いできるのも嬉しいポイント。

サイズ 180×75cm 重量 640g
素材 フリース 形状 封筒型
CYCLETRACK

インナーシュラフ

価格:1,580円 (税込)

カラーバリエーション豊富なコンパクトインナーシュラフ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5色のカラーバリエーションが展開されている封筒型のインナーシュラフです。長さが210cmあり、大柄の男性でも余裕を持って眠れます。防ダニ加工が施されており、静電気が発生しないため肌に優しいのも嬉しいポイント。頭の部分には枕カバーが付いているため、枕を持っていく人はしっかりと固定できます。収納袋に入れると手のひらサイズにになり、コンパクトで持ち運びしやすいのが魅力です。

サイズ 210x70cm 重量 300g
素材 コットン 形状 封筒型
イスカ(Isuka)

シルクシーツ レクタ

価格:8,000円 (税込)

シルク100%の肌触り抜群なインナーシュラフ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シルク100%で作られたインナーシュラフです。シュラフ専門メーカーであるイスカのインナーシュラフは快眠のための構造・素材・厳しい裁縫基準によって高水準の製品作りを維持しています。そんなイスカのインナーシュラフは超軽量でしなやかな肌触りが特徴です。イスカのシュラフと相性抜群なため、組み合わせることで更なる保温性と快適性が向上します。価格は高めですが、眠りやすさを求めている人におすすめのインナーシュラフです。

サイズ 185×85cm 重量 130g
素材 シルク 形状 封筒型
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

フリースクッションシュラフ

価格:2,116円 (税込)

クッションとしても使用できるインナーシュラフ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保温性が高く肌触りのいいポリエステルフリース素材を使用したキャプテンスタッグのインナーシュラフです。夏や春は単体で使用でき、冬の寒い時期はインナーシュラフとして使用できます。ファスナーが上下から開閉でき、暑い場合は足側を開いて調節可能。収納時はクッションとして使用できるため、汎用性が高いのが特徴です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

サイズ 190×75cm 重量
素材 ポリエステルフリース 形状 封筒型
Cocoon(コクーン)

Tシーツ M.エレファント

価格:13,750円 (税込)

コンパクトなシルクのインナーシュラフ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質なシルクが使用されており、軽量で小さく折り畳むことができます。吸湿性が高いため、湿気を外に逃してくれます。肌触りがいいため、暑い場所でも快適に過ごすことができるでしょう。枕用のポケットが付いていたり、縫い合わせ部分は二重に縫われているなど、細かい部分までこだわって作られたインナーシュラフです。

サイズ 220×90cm 重量 180g
素材 シルク 形状 封筒型
KingCamp

インナーシュラフ

価格:2,280円 (税込)

ブランケットとしても使えるインナーシュラフ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドアはもちろんオフィスや車内などさまざまな場所で活躍するインナーシュラフです。ファスナーを全て展開すると大判なブランケットとして、夏には単体でシュラフとして使用できます。肌触りが柔らかく毛羽立つこともないため、快適な寝心地です。汗をかいても洗濯機で洗えるため、清潔さを保つことができます。

サイズ 180×150cm 重量 600g
素材 フリース 形状 封筒型
LEEPWEI

インナーシュラフ

価格:2,480円 (税込)

通気性に優れたインナーシュラフ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LEEPWEIのインナーシュラフは9色の中から好みのものを選ぶことが可能です。柔らかい起毛仕上げの上質なフリース素材が採用され、伸縮性も高いため快適に眠れます。吸水性と通気性に優れたインナーシュラフは、汗をかきやすい夏にぴったり。コンパクトに収納できるケース付きのため持ち運びもしやすいでしょう。車中泊やユースホステルに泊まる際のインナーシュラフとしても使用できます。

サイズ 180×80cm 重量 700g
素材 フリース 形状 封筒型
コールマン(Coleman)

フリースインナー

価格:3,104円 (税込)

デザイン性の高いインナーシュラフ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コールマンのインナーシュラフはデザイン性が高いことが魅力です。コールマンのシュラフと揃えるとレトロなデザインを楽しむことができます。フリースは保温性が高いため1年を通して使用でき、季節によって買い換える必要がないのも嬉しいポイント。柔らかい肌触りで快適に眠ることができます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

サイズ 190×83cm 重量 750g
素材 フリース 形状 封筒型

寝ている間は汗をかいているため、清潔を保つためにもインナーシュラフのお手入れは欠かせません。コットンやフリース素材のものは洗濯機で丸洗いできますが、シルク素材のものは専用の洗い方があるため、ここで解説します。

 

シルクは手洗いかドライクリーニングをしましょう。手洗いの場合、桶にシルク用の洗剤5ccに対して水を10L入れます。もみ洗いしたら15〜20分つけ置きして、水を入れ替えながらすすいでください。すすぎ終わったらタオルで水気を切って陰干しします。

 

いずれの素材の場合も、保管する際には湿気の少ない場所を選びましょう。除湿剤を一緒に置くのもおすすめです。

インナーシュラフの選び方やおすすめアイテムを紹介しました。厳しい寒さや暑さのなかでのアウトドアでも、インナーシュラフを活用すると快適に眠ることができますよ。季節ごとにインナーシュラフを選んで、ワンランク上の睡眠を手に入れましょう。