【小柄でも背負いやすい】女性向け登山ザックおすすめ5選!選び方やメーカーも紹介

当記事では登山ザックの中から、小柄でも背負いやすい女性向け登山ザックに焦点を絞ります。登山ザック選びのポイントや有名メーカーのブランド情報に加えて、おすすめの女性向け登山ザックを5つ紹介。さらに洗濯を中心としたおすすめの手入れ方法についても網羅します。

 

登山の際の荷物は多くの人がザックやバックパックを使って持ち運びしますが、登山中ずっと背負っていると重さが苦になってしまったり、サイズが大きくて背負いにくかったりという悩みも出てきますよね。特に体格が小柄な女性にとって、重さや大きさの問題は登山における悩みの種でしょう。

 

登山ザックには小柄な女性でも背負いやすい女性向けの商品もあり、選び方さえ押さえておけば自分にぴったりの商品を見つけることができます。

 

この記事では女性向け登山ザックの選び方やおすすめメーカー、おすすめ商品をご紹介します。女性の皆さんも最後まで読めば、背負いやすく便利な登山ザックを見つけられること間違いなしです!

今すぐ見る!女性向け登山ザックおすすめ5選

「女性向け」と表記のあるザックは、一般のザックと比較して何が異なるのでしょうか。違いを簡単にまとめれば、サイズや背面長がコンパクトで、小柄な女性でも扱いやすいということになります。

 

仮に男性が使うような一般的な登山ザックを小柄な女性が背負った場合、必要以上の負担や疲労を生んでしまいます。というのもザックのサイズや背面長が体形に合っていないと、ザックの重心が安定しないからです。重心が不安定なザックはうまく背中で支えられないので、荷物の重みで体を振り回す形になってしまうでしょう。

 

一方、登山ザックのサイズや背面長が体に合っていれば高いフィット感を得られるため、負担や疲労が少なく済みます。なお「女性向け」と謳っていても、サイズや背面長などはメーカーによって異なることも押さえておきましょう。

女性向け登山ザックは、サイズと背面長が大事だと先述しました。快適に使用することを考えると、これらに加え機能面も大事になってきます。これらを踏まえ、女性向け登山ザックを選ぶ際のポイントを4つ紹介します。

①容量

登山ザックのサイズに直結する要素が、容量です。女性向け登山ザックでよく選ばれる容量は大別して3種類で、20L・25L・30Lに分けられます。ハイキングや日帰り登山であれば20Lもしくは25Lで対応できますが、泊りがけの場合は30L以上のものがいいでしょう。

 

登山において「大は小を兼ねる」は、必ずしもベストとはいえません。容量が大きいということは、背負える重さも増すということ。沢山の荷物を背負えば、それだけ身体にかかる負担も増えるのです。

 

あらかじめ登山日程を十分に検討し、必要な荷物の量を計算するプロセスが大事。荷造りした時点で一旦ザックを背負ってみて、自身が快適に動ける重さを把握しておきましょう。

②フィット感

登山ザックの背面長が体形に適合していないと背中とのスペースが生じ、登山ザックが左右に揺れやすくなります。そのため、簡単な歩行だけでも体力を消耗してしまいます。

 

高いフィット感を得るには背面長がカギ。あらかじめ自分の背中の長さを測定して、適切な商品を選ぶぶようにしましょう。なお、登山ザックを背負った時の感触や安定感は背面長のように数値化されるものではありません。店頭で実際に背負ってみるといいでしょう。

③防水性や透湿性の高さ

防水性や透湿性も大事な要素。防水性が高ければ雨に見舞われた際、ザック内の荷物が濡れてしまうリスクやダメージを軽減できます。

 

登山を長時間続ける場合、背中からの発汗は相当なもの。うまく湿気を逃がすことができなければ、自分の汗によって体温がどんどん奪われてしまいます。しかし透湿性が優れていれば、背中周辺の汗による湿気を逃がすことが可能。下着や衣服が蒸れにくいので、快適に動き続けることができます。

 

一般的に、男性と比べて女性は体温が低いもの。雨にせよ汗にせよ、体温低下につながる危険要素は減らしたいですよね。以上を踏まえ、女性向け登山ザックを選ぶ際には防水性や透湿性に注目すべきでしょう。

④ウエストベルトやヒップベルト

ウエストベルトやヒップベルトはザック全体の固定力を向上させ、より高いフィット感を生み出します。先述の通り、登山ザックが左右に揺れると体が振り回され、余計に体力を消耗してしまうものです。

 

特に荷物が大きかったり重かったりすると、肩と背中だけで背負うには負担が大きい場合もしばしば。ウエストベルトやヒップベルトがあれば腰にも負担を分散させられ、疲労減退の効果が期待できるでしょう。

 

高いフィット感を追及するには、背面長だけでなくウエストベルトやヒップベルトの有無に注目するというのも大事。やはり店頭で登山ザックの実物を背負い、ウエストベルトやヒップベルトまで装着してみるのが望ましいといえます。

今すぐ見る!女性向け登山ザックおすすめ5選

基礎知識を踏まえ、女性向け登山ザックのおすすめメーカーをチェックしておきましょう。各メーカーともそれぞれ個性があり、独自の魅力を持っています。自分の好みと照らし合わせながら参考にしてみてみてください。

ミレー

ミレーはフランスの老舗アウトドア用品メーカー。自国初のヒマラヤ登山隊に装備を提供したことで、一気に知名度が上がりました。女性向け登山ザックが充実している点でも有名で、定番モデルの名称に“LD”を付けた女性向け仕様のザックを多数ラインナップしています。

 

女性の体形に合わせたデザインによる、優れたフィット感もミレーの特徴。老舗ならではの高い品質により、多くのユーザーからの信頼を集めています。

モンベル

モンベルは日本発のアウトドアメーカー。登山に関心のない方でも、一度はブランド名を耳にしたことがあるでしょう。国産メーカーゆえに品質、耐久性など様々な点で安心感があるのが強み。それでいて価格がリーズナブルなので、入門者から上級者まで多くのファンが支持しています。

 

店舗が全国各地にあり、ウェアやギアなど多様な装備が揃えられるのも魅力の一つ。店舗スタッフのサポートを受けられるのも心強いですね。

ノースフェイス

ノースフェイスは1966年にアメリカで誕生した人気ブランド。アウトドア用品だけでなく登山用具や衣服も手がけており、カジュアルでファッション性の高いラインナップが特徴です。

 

ノースフェイスのザックはシンプルで強度が高く、扱いやすいことからスポーツに用いられることもしばしば。またジャージ・コート・バックパックなどは、カジュアルなファッションアイテムとして利用されることも少なくありません。

おすすめブランド以外でも、魅力あふれる登山ザックを制作しているメーカーは多数。ここでは女性向け登山ザックに注目し、厳選したおすすめモデルを5つ紹介します。

Millet

[ミレー] リュック クーラ 40(KULA) Black-Noir

価格:12,918円 (税込)

[ミレー] KULA 30 クーラ 30(KULA)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャッチコピーは「街と自然をシームレスにつなぐ」。外観以上の容量と収納性を備え、軽く強靭なコーデュラナイロンは耐久性に優れます。曲線的なバックパネルは水蒸気の排出を促す設計で、透湿性も申し分ありません。

 

スペック詳細はこちら

容量 30L サイズ W29_H51_D19cm
収納性 上部ジップ小物ポケット、フロントジッパーポケット、サイドポケット、収納式チェストポケット 重量 860g
防水性 レインカバー付き 透湿性 公表なし
ウエストベルト あり ヒップベルト 公表なし
SALOMON

サロモン トレイル20

価格:6,170円 (税込)

[サロモン] バックパック・リュックサック TRAILBLAZER 20 (トレイルブレイザー 20L) Black/Black

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重量わずか414gという、抜群の軽量感で人気のトレイル20。サイズはやや小ぶりながらポケットが沢山あり、チェストベルト・ウエストベルト付フィット感は良好。街でも使えるスタイリッシュな商品です。

 

スペック詳細はこちら

容量 20L サイズ 48 x 24 x 18(長さx幅x奥行cm)
収納性 前ポケット、背面ポケット、ボトルポケット、ウエストベルトポケット 重量 414g
防水性 公表なし 透湿性 公表なし
ウエストベルト あり ヒップベルト 公表なし

ノースフェイス ホットショット クラシック

価格:17,600円 (税込)

THE NORTH FACE ザノースフェイス ホットショット クラシック[NM72006]26L K ブラック

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

15種類ものカラーバリエーションを誇る人気モデル。26Lという中サイズながら背面長は51cmと、高さがあるのも特徴。パッド付のエアメッシュと立体構造により、高い通気性を実現しています。

 

スペック詳細はこちら

容量 26L サイズ 51×33×20cm(H×W×D)
収納性 収納式ウエストベルト、フロントポケット、ボトルポケット 重量 1,135g
防水性 公表なし 透湿性 エアメッシュ、立体構造
ウエストベルト あり ヒップベルト 公表なし
Karrimor

カリマー タトラ20

価格:8,900円 (税込)

[カリマー] デイパック tatra20 Navy/Pink(ネイビー/ピンク)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラフルな色合いが特徴のタトラ20は、ストックを携行できるポールキャリア付き。ヒップベルトにポケットが付いているのもユニークで、ポケットに携帯食を入れておけば行動中でも素早く食事できるでしょう。

 

スペック詳細はこちら

容量 20L サイズ H46×W29×D21cm
収納性 ワンドポケット、フロントポケット、ポールキャリア、メッシュポケット 重量 600g
防水性 雨蓋付き 透湿性 公表なし
ウエストベルト 公表なし ヒップベルト あり
OSPREY(オスプレー)

オスプレー ケストレル 28

価格:15,400円 (税込)

OSPREY(オスプレー) ケストレル28 OS50152 オーシャンブルー M/L

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オスプレーの代表作。雨蓋付きというだけでも重宝しますが、専用のレインカバーが付属します。防水性を重視する場合は大変魅力的なモデルといえるでしょう。背中のフィット感が優れている点でも評価を集めています。

容量 28L サイズ 公表なし
収納性 固定式トップポケット。サイドストレッチポケット、縦型サイドジッパーポケット 重量 公表なし
防水性 雨蓋、レインカバー付 透湿性 公表なし
ウエストベルト 公表なし ヒップベルト あり

最後にザックの洗濯方法やカビ防止方法などを紹介しましょう。登山を終えた後のザックには泥・砂・汗が付着しています。登山用ザックにおいて型崩れは禁物なので、手洗いが一般的です。

 

泥や砂などの汚れの落とし方としては、タオルや柔らかいブラシを使うのが正解。あらかじめ目立った汚れを落としたら、桶や浴槽にぬるま湯を張って手洗いします。汚れが残っている場合は中性洗剤を使いましょう。

 

水気を十分に切ったら、風通りのいい日陰を選んで干します。生地が劣化しないよう直射日光を避け、カビの繁殖を防ぐために通風を確保するのがポイント。なお素材によっては水洗い不可の場合もあるので、その場合はクリーニング店を頼るといいでしょう。

登山をする女性が増えてきたこともあり、登山ザックにも男女兼用や女性向けのモデルが多くなってきました。機能的で背負いやすいザック登山をより快適にします。当記事を参考の上、ぜひ最高の女性向け登山ザックを手に入れてください。