ダッチオーブンおすすめ5選!豊富な使い方や選び方も徹底解説

ダッチオーブンはアウトドアで定番化してきていますが、まだダッチオーブンを持っていないという方や、ダッチオーブンの選び方や使い方がわからないという方も多いのではないでしょうか。今回は、おすすめのダッチオーブンや、おすすめメーカーをご紹介します。

「ダッチオーブン」といえばキャンプを始めとするアウトドアでの調理器具の一つですよね。名前は聞いたことある、何となく鍋のような物だということは分かるけどイマイチよく分からないという方も多いのではないでしょうか。ダッチオーブンは、皆さんが想像するよりもきっと遥かに万能な調理道具です!商品によっては、アウトドアのみならず普段の調理にも使えるものもあります。
 
この記事では、ダッチオーブンの初歩的な情報から選び方や使い方まで、ダッチオーブン初心者にも分かりやすく徹底解説します!最後まで読んで、自分に最適なダッチオーブンを見つけて下さい!
ダッチオーブンとは、厚みのある金属製の鍋で食材にじっくりと熱して旨味を引き出すことのできる調理器具です。蓋の部分は平になっていて縁取りされているデザインですが、蓋に炭火を乗せて調理することもあるのでこのような造りになっています。ダッチオーブンの上下を熱することで、オーブンのように食材をじっくり加熱することができます。
 
ダッチオーブン一つで、焼く・炒める・煮る・蒸す・揚げるなど、多彩な料理を作ることができます。また、ダッチオーブンは無水調理ができるので、パンやピザ、肉や魚のローストなど手間がかかりがちなオーブン料理を気軽に楽しむことができます。蓋と鍋がしっかり密閉するので、圧力鍋のような機能もあり、煮込み料理など時間がかかる料理も短時間で完成させられます。

ダッチオーブン一つ選ぶとしても、どの商品がいいのかわからないと悩む人も多と思います!ここでは、ダッチオーブンの選び方のポイントを見ていきましょう。

①素材

ダッチオーブンには「鋳鉄製」「黒皮鉄板製」「ステンレス製」「アルミ製」があります。それぞれ素材によって、見た目などのデザインや重量、お手入れのしやすさや調理にかかる時間などが異なります。ダッチオーブンの素材次第で「使いやすい」「使いにくい」の感じ方は違ってくるので、メリット・デメリットを確認して自分に合ったダッチオーブンを選びましょう

鋳鉄製は本格派に

鋳鉄製のダッチオーブンは、重圧感がありまさにダッチオーブンの王道とも言えるもので、本格的な調理をしたい方におすすめです。鋳鉄製のダッチオーブンは、蓄熱性や保温性にも優れており、使い込むほど鋳鉄に油が染み込みコーティングされていくので、調理の際に食材が付きにくく焦げにくくなります。
 
新品の鋳鉄製のダッチオーブンには、錆止め防止のワックスや油が塗ってあり、、そのまま使ってしまうと料理にニオイや味ががついてしまうため、ワックスを落とし・錆止めとして油膜をつくる「シーズニング」という作業が必要です。シーズニングは、鋳鉄製ダッチオーブンをはじめて使うときに限らず、定期的に行うことで長年使用することができます。
また、手入れを繰り返した結果できる黒色の鋳鉄製のダッチオーブンは、「ブラックポット」とも呼ばれ、見た目も機能も最高な仕上がりになります。
 
また、鋳鉄製のダッチオーブンは急激な温度の低下にも弱く、場合によっては割れてしまう恐れもありますが、ダクタイル鋳鉄製のダッチオーブンは、ヒートショックや衝撃に強く、素材自体が軽量なので持ち運びもラクです。鋳鉄製のダッチオーブンを使いけれどあまり自身がないという方には、タグタイル鋳鉄製のダッチオーブンがおすすめです。

黒皮鉄板製は初心者にもおすすめ

黒皮鉄板製のダッチオーブンは、鉄の表面に皮膜をつけることでサビにくくしているので、メンテナンスが比較的簡単です。鋳鉄製のダッチオーブンのような本格的なシーズニングは不要で、使用後は食器用の洗剤で洗うことも可能なのでお手入れも簡単です。
 
黒皮鉄板製のダッチオーブンは、急な温度の低下であるヒートショックにも強く、衝撃にも強いのでダッチオーブン初心者の方におすすめです。また、黒皮鉄板製のダッチオーブンは、カーボンが発する遠赤外線効果により、熱伝導率が高く、熱の広がりにムラがないので食材の旨味を最大限に引き出してくれますよ。

ステンレス製は手軽に扱いたい人に

ステンレス製のダッチオーブンは、鋳鉄製ダッチオーブンには欠かせないシーズニングも不要で、使用後は洗うだけで済むのでお手入れも簡単です。すすが付きやすいですが、気兼ねなくゴシゴシ丸洗いができるので面倒な作業が苦手な人に向いています。
 
また、ステンレス製なので軽量で、持ち運びや移動の際もラクです。また、アウトドアだけではなく自宅利用もできるので、アウトドアはあまりしないけどダッチオーブンが欲しいという人におすすめです。ステンレス製のダッチオーブンは錆びにくい特徴があるので、料理を入れたまま保管できるうえに再加熱も可能です。

軽さが魅力のアルミ製

アルミ製のダッチオーブンは、使用後は洗うだけで定期的なメンテナンスやシーズニングは不要です。アルミなので全体的な重量がとても軽く、鍋よりも軽い蓋は軽すぎて密閉度が下がるので圧力効果は少なく、熱伝導がいいので火加減が多少難しく、すすが付きやすいです。
 
少し耐久性に弱いので扱い方には注意が必要ですが、持ち運びも便利なうえ、家庭用コンロやHIクッキングヒーターでの使用もでき、自宅利用もできるメリットもあります。アルミは保温効果は低いですが、サビに強いので、料理を入れたまま保管ができ、再加熱可能です。

②サイズ

人数や作る料理の量、用途によって、使うダッチオーブンの大きさも変わってきますが、一般的に使われているサイズが10インチと12インチです。10インチだと、大人3人程度の量を作れます。人数が多かったり、作る料理の量が多い、パンやピザなど面積があるものを作ったり焼いたりする場合は、12インチがおすすめです。
 
また、アウトドアだけではなく、自宅のキッチンコンロやIHでも使用したいという場合は、10インチのサイズのダッチオーブンがちょうど良いサイズです。

③フタに炭を載せてOKか

鋳鉄製のダッチオーブンのほとんどの商品は、蓋に炭を乗せて上下からの加熱可能です。上下から加熱することで全体にしっかり熱を通し、じっくり火を通すので、自宅のオーブン代わりのような働きをします。また、上下からの過熱により旨味がアップすること間違い無いでしょう。
 
蓋に炭が乗せれる鋳鉄製のダッチオーブンを選ぶ際には、蓋のふちの高さに注目しましょう。蓋のふちによって、蓋に炭をのせたときに炭の落下を防げるので、ふちの高さが十分にあるものを選びましょう。

④脚の有無

ダッチオーブンには脚がついているものとついていないものがあります。脚がついているダッチオーブンは、芝や地面などに置くときに、脚があることで直に触れないため、芝が丸く焼けたり地面が熱によって黒くなることもありません。また、地面の凹凸にも対応し、脚の下にも炭や薪を入れておけます。 
 
一方、脚がついていないダッチオーブンは、そのまま炭や薪の上に置くと傾いてしまう危険性があります。一旦炭から下ろす場合も、鍋敷きなどのような板を敷かなければなりませんが、自宅で使う場合は脚なしが使いやすいです。

⑤デザイン性

ダッチオーブンは、メーカーやものによってはカラフルでデザイン性にも優れているものもあり、インテリアとして使う方もいます。キッチン棚にダッチオーブンが並んでいるだけで、空間が一気に引き締まったり温かい気持ちになれますよね。
 
使用することはもちろんですが、そのデザイン性からもダッチオーブンは人気を得ています。ダッチオーブンを選ぶ際には使いやすさだけではなく、デザイン性にも注目したほうがますます料理を楽しめますよ。
ダッチオーブンの種類もメーカーも沢山あって何がいいのかわからないと悩む人も多いでしょう。まずは、ダッチオーブンのおすすめメーカーをご紹介します。ダッチオーブン初心者の方は、以下のメーカーから選んでみるのも良いでしょう。

黒皮鉄板製がアツい!ユニフレーム

日本のアウトブランドのユニフレームのダッチオーブンは、黒皮鉄板を使用しており、余熱なしで調理ができ、熱伝導率が高いので料理が美味しく仕上がります。また、衝撃に強く丈夫で扱いやすく、海外製品に比べてとても精巧な技術で作られているため、海外からも人気のあるメーカーです。
 
丁寧につくられたダッチオーブンは本体と蓋に歪みがなく、しっかりと蓋ができるので、密閉性が高く無水料理も可能で、ユニフレームの黒皮鉄板は、温度変化に強く割れにくい丈夫な作りになっています。また、黒皮鉄板は調理後は洗剤を使って洗うことができてメンテナンスも簡単なのでキャンプ初心者の方にもおすすめなメーカーです。

角型ダッチオーブンが珍しいキャプテンスタッグ

キャプテンスタッグのダッチオーブンは、他社メーカーと比較すると圧倒的な安さが魅力です。また、アウトドアで定番化してきているダッチオーブンですが、円筒状の一般的なフォルムのイメージを覆す角型ダッチオーブンがキャプテンスタッグから販売されています。
 
角形ダッチオーブンは、調理の際に食材を入れるときもデッドスペースができにくく、四隅まで効率的に食材を詰めることができます。四角ダッチオーブンのフタの裏面は、グリルとしても使えるのもポイントです。また、四角いフォルムなので、収納するときもすっきり収まり、無駄なスペースができにくいのも嬉しいですね。

シーズニング不要で手軽なロゴス

機能性とデザイン性の高さが魅力のロゴスのダッチオーブンは、鋳鉄と呼ばれる金属で作られ、使っていくごとに油が馴染み、焦げにくくなるのが特徴です。使い勝手が良く性能に優れ、蓋の密封性が良く、カーボンが発する遠赤外線効果により、熱のムラがりをなくし料理のうま味をさらに引き出してくれます。
 
またロゴスのダッチオーブンは、IHクッキングヒーターにも対応しているので、アウトドア以外の自宅利用もでき、家族向きのダッチオーブンと言えます。
 
ロゴスのダッチオーブンは、鋳鉄なのにシ―ズニング不要で、購入後丸洗いすればすぐに使うことができるので、面倒な作業が苦手な方や初心者の方におすすめですよ。値段はダッチオーブンの平均価格よりも高いですが、料理にこだわる人にはおすすめできるダッチオーブンです。

鶏の丸焼き

【材料(4人分)】
  • 丸鶏……1.5kg
  • たまねぎ……2玉
  • じゃがいも……2個
  • パプリカ……2個
  • セロリ……2本
  • にんじん……2本
  • 塩……適量
  • こしょう……適量

【作り方】

  1. 最初に丸鶏を流水で洗い、水気を拭き取ってから塩をすり込み、こしょうも加えて下味をつけます。表面だけでなく、お腹の中にも忘れずに。涼しい場所に置いて最低でも1時間、余裕があればひと晩寝かせます。
  2. 冷蔵庫などに入れていた場合は、丸鶏を常温に戻します。分量半分の野菜をひと口サイズに切り、丸鶏のお腹に詰めましょう。詰めたあとはタコ糸や竹串でお腹を閉じておきます。タコ糸で脚を束ねておくと、仕上がりがキレイですよ。ダッチオーブンに網を入れ、アルミホイルを敷きます。残りの野菜を皮つきのまま丸ごと入れましょう。丸鶏の表面にオリーブオイルを塗ってから、野菜の上にのせるように入れ、フタをします。
  3. 野菜が上になると、鶏の表面にきれいな焼き色がつかないので、注意してくださいね。大きいダッチオーブンの場合はまわりに置くのもOKですよ。
  4. ダッチオーブンを焚き火に入れ加熱し始めます。シューという音が聞こえたら、フタの上にも炭や薪をのせて、上からも加熱するようにします。
  5. バーナーの場合は、強火で15分ほど加熱したあと、フタに炭や薪をのせて中~弱火に変えましょう。1時間ほどじっくり焼けば完成です。フタを開けて中の様子を見るときは、灰や炭が鍋の中に入らないよう注意してくださいね。
  6. 焼け具合は、竹串を刺してみて確認します。透き通った汁が出てきて、刺した竹串が温かければ火が通った目安です。

旨味たっぷり無水カレー

【材料】 

  • 鶏もも肉2枚
  • 玉ねぎ3個(大きめのやつ)
  • 人参1本
  • ジャガイモ4個(中くらいのやつ)
  • ホールトマト2缶
  • 飴色になった炒め玉ねぎ一袋
  • カレーに入れるフォンドボー一袋
  • バター1個
  • 塩コショウ(少々)
  • チューブにんにく3cm
  • オリーブオイル大さじ3杯
  • ローリエ3枚
  • 市販のカレールー1箱

【作り方】

  1. 鶏肉と玉葱を適当に切って、オリーブオイル大さじ3杯ダッチオーブンに入れ、塩コショウ振って強火で炒めます。
  2. だいたい鶏肉の色が軽く火が通ったような色になったら
  3. 切ったじゃがいもと人参を投入して蓋をします。
  4. 約30分位、弱火で煮込みます。
  5. ホールトマトをキッチンバサミでざく切りにします。
  6. 30分煮込んだ具材に切ったトマトとローリエとニンニクも入ます。
  7. 蓋をして更に30分弱火で煮込みます。
  8. 蒸気が勢いよく蓋の隙間から発射されたら蓋を開けカレールーを入れてかき混ぜたら完成。
 

ソーセージとポテトの蒸し煮

【材料(4人分)】
  • じゃがいも(中) 3個
  • ソーセージ 150g
  • 玉ねぎ 1/2個
  • にんにく(皮付き) 3かけ
  • タイム 2枝
  • 水 大さじ2
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 塩 少々
  • こしょう 少々
【作り方】
  1. じゃがいもは洗って大きめの一口大に切る、玉ねぎは大きめのくし形、ソーセージは一口大に切る。にんにくは皮付きのまま使用。
  2. ダッチオーブンに水とオリーブオイルを入れ、じゃがいも、玉ねぎ、ソーセージ、にんにくを入れる。最後にタイムを乗せたら、蓋をして30分ほど蒸す。
  3. 塩こしょうで味を調え、箸や竹串などでじゃがいもの火の通りを確認する。中まで火が通っていたら蓋を開けて水分をとばす。

レシピURL https://www.honda.co.jp/outdoor/recipe/2018-02/02/

ユニフレーム(UNIFLAME)

ユニフレーム UFダッチオーブン

価格:12,900円 (税込)

黒皮鉄板製のダッチオーブンで錆びにくくお手入れ簡単!精密加工で素材の味引き立たせるダッチオーブン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性・耐錆性・耐衝撃性・耐温度変化に優れ、家庭用洗剤で洗えるお手入れ簡単なユニフレームのダッチオーブンです。鍋とフタに隙間ができないようにフラットに仕上げられており、熱伝導率が高いので、食材にムラなく熱を通し、素材の味を最大限に引き立たせます。付属のレシピブックは、ダッチオーブンをフル活用できる内容になっています。

素材 本体・フタ/黒皮鉄板4.5mm厚(クリアラッカー焼付塗装) ツル・底網/ステンレス鋼 容量 約8.2L
重量 約8.8kg サイズ 鍋径(内寸)30.5cm×深さ13cm
シーズニング 適度に必要 炭載せられるか 載せられる
なし 付属品 レシピブック
ロゴス(LOGOS)

ロゴス ダッチオーブン SLダッチオーブン10inch・ディープ

価格:7,202円 (税込)

シーズニング不要ですぐに使える!料理の幅が広がる深型ダッチオーブン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

面倒なシーズニングが不要なダッチオーブンです。鍋の深さがあるので、肉の塊を焼いたり、煮込み料理やスープ作りに最適なダッチオーブンです。脚無しタイプでIHに対応しているので、アウトドア以外でも自宅で使うことも可能です。付属の専用キャリーバックは、ポリエステル素材で丈夫なうえ油が染み込みにくく、簡単に持ち運びができます。

素材 鋳鉄・ポリエステル 容量 4.0L
重量 5.5kg サイズ 鍋径(内寸)23.7×23.7×10.5cm
シーズニング 不要 炭載せられるか 載せられる
なし 付属品 キャリーバッグ付き
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブン 鉄鋳物 角型 ダッチオーブン

価格:3,459円 (税込)

ダッチオーブンのイメージを覆した角形の形状で、機能抜群のダッチオーブン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

四隅までしっかりと食材を詰め込める角形ダッチオーブンです。フタを裏返すと約肉グリルとして使えるので、煮込み料理や蒸し料理だけではなく、焼き肉や焼き魚も楽しめます。鍋自体に厚みがあるので、食材の温度が下がりにくく旨味をしっかり閉じ込めるダッチオーブンです。

素材 ふた/鉄鋳物・つる/ステンレス鋼 容量 750ml
重量 2㎏ サイズ (内寸)205×130×90mm
シーズニング 必要 炭載せられるか 載せられる
なし 付属品 なし
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブン ビギナーセット

価格:9,867円 (税込)

必要なモノがそろっているので気軽にアウトドアを始められるセット

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダッチオーブンを使いたいけれど、何を揃えればいいのかわからないというダッチオーブン初心者の方におすすめなセットです。ダッチオーブンを使用する際に必要な道具がすべて揃っています。また、ダッチオーブンを使用する際に必要なモノを揃えると、費用がかさんでしまいますが、こちらのセットはお財布に優しい価格設定になっているのも嬉しいポイントです。価格は安くでも、ダッチオーブンはしっかりした作りになっており、食材の旨味を引き出しながら様々な料理に対応します。

素材 鋳鉄(シリコン樹脂塗装) 容量 4L
重量 5.2kg サイズ 外径26×12.8cm
シーズニング 必要 炭載せられるか 載せられる
なし 付属品 リッドリフター1個、ダッチオーブン用収納バッグ1個、スリーウェイダッチオーブンスタンド1個、アウトドアレザーグローブ1個、ダッチオーブンクックブック(A5版 36ページカラー4色印刷)1冊
ソト(SOTO)

ソト(SOTO) ステンレスダッチオーブン(8インチ) ST-908

価格:19,800円 (税込)

錆びに強くお手入れ簡単!ダッチオーブン初心者におすすめ!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ステンレス製なので使用後は食器用洗剤で丸洗いが可能で、軽量なので気軽に使えるダッチオーブンです。また、ステンレスのダッチオーブンは、錆びにくいので、料理を入れたままの保管も可能で再加熱する際もすぐに温まります。IHクッキングヒーターでの使用も可能なので、アウトドアだけではなく、自宅でもダッチオーブンを使いたいという方にもおすすめです。

素材 ステンレス 容量 2.6リットル
重量 3.5kg サイズ (内寸)直径206×深さ90mm
シーズニング 不要 炭載せられるか 載せられる
なし 付属品 底網
シーズニングの手入れ方法を順を追って見ていきましょう。
 
【必要な道具】
  • ヘラ
  • 油性もしくは中性洗剤
  • たわし(金属たわしはNG)
  • キッチンペーパー
  • 野菜くず(何でも)
  • リフター(あれば)
  • 耐熱性の皮の手袋グローブ

 

【やり方】

 

1.ワックスを洗い流す

 

ダッチオーブンにたっぷりの水を張ったら、火にかけてお湯を沸かします。お湯が沸いたら火を止め、手で触れる程度まで冷めたら、たわしでやさしく内側をこすります。こうすることでダッチオーブンに付着しているワックスがはがれ、浮いてきます。洗浄は基本お湯だけで大丈夫ですが、汚れが落ちにくいときは、中性洗剤を少量使用しましょう。また、金属たわしを使用してしまうと、ダッチオーブンに傷がついてしまうので金属以外のたわしを使いましょう。

 

2.熱して乾燥させオイルを塗る

 
ワックスが浮いているお湯を捨てたら、次はダッチオーブンとフタを空焚きしていきます。弱火で約20~30分程熱し、火傷に注意しながらダッチオーブンを完全に乾燥させます。
 
3.オイルを塗り焼きつける
 
ダッチオーブンが乾燥し、触れるくらいになったら柔らかい布などでオイルを塗っていきます。ダッチオーブンの内側と外側、フタも忘れずに全体的にまんべんなく塗ります。
オイルを塗り終えたら再び強火で熱します。この作業を4〜5回繰り返しましょう。
 
4.野菜くずをいためる
 
鉄くささを取り除くために、野菜くずをダッチオーブンとフタで炒めます。炒めた野菜は取り除きます。
 
5.再度オリーブオイルを塗る
 
ダッチオーブンが完全に冷めたら再度オイルを全体に塗り染み込ませます。煙が発生するので、喚起をしながら行いましょう。
ニトダッチとは、ニトリがオリジナル商品で販売しているダッチオーブンのことですニトダッチは超破格値な上にガスやIHにも対応します。本格的なダッチオーブンを使いこなす自信がないという方でも、気軽にチャレンジしやすいニトダッチは、アウトドアでも自宅でも大活躍です。

ダッチオーブンの素材の種類によってメンテナンスの方法や手軽さが違います。ダッチオーブンはアウトドアの憧れでもありますが、自分にあったものを選ぶことが大切です。ダッチオーブンがあれば料理がますます楽しくなりますよね!ダッチオーブンでアウトドアをさらに楽しみましょう。