【登山やトレッキングに】最強リュックおすすめ10選!選び方や機能も紹介

登山やトレッキングにトレッキングリュックは欠かせません。日数や持っていくものに合わせた大きさはもちろん、フィット感やハイドレーションも選ぶ際に重要です。男女別やおしゃれなトレッキングリュックを10選紹介していきます。ぜひ自分好みのリュックを見つけてください。

登山やキャンプ、海などのアウトドアにお出かけの際に荷物を入れるリュックは荷物が十分に入る量で高機能だと便利ですよね。中でも登山やハイキングなどのトレッキングでは、長時間背負い続けるので背負いやすく、大容量で荷物が取り出しやすいリュックが必須です。

 

トレッキングの際のリュックはトレッキングリュックや登山リュックと呼ばれ、トレッキングを快適にしてくれる様々な機能がある商品も多数あります。この記事ではトレッキングリュックのおすすめ商品や選び方、気になる機能まで詳しくご紹介します。最後まで読んで自分に最適のトレッキングリュックを見つけて下さい!

今すぐ男性におすすめトレッキングリュック3選を見る

トレッキングリュックは普段よりもハードな場所での使用が多いため、自分の体に合ったものを選びましょう。体にしっかりフィットするかどうかで背負いやすさや疲れやすさも変わります。

 

トレッキングリュックを選ぶ際には荷物がきちんと納まるか、取り出しやすいか、その他にも防水性や収納性もきちんとあるか確認しましょう。実際にどのようなポイントで選ぶべきか解説していきます。

①容量 

トレッキングリュックを選ぶ際にはまず容量を確認しましょう。登山日数やトレッキングリュックを使用する目的に合わせて容量を選びます。ハイキングや日帰りの登山の場合20Lが適切な大きさです。20Lであれば水分や軽食、予備の着替えなどが納まるでしょう。

 

持っていきたい物が多い場合は少し大きめサイズの25Lがおすすめです。5L増えるだけでもリュックに入る量は変わり余裕ができます。荷物が多くなる人は25Lを選ぶといいでしょう。

 

登山での山小屋泊を考えているなら30Lのトレッキングリュックを選びましょう。1泊する場合、防寒着や自炊をしたい人は食材や調理器具など日帰りよりも荷物が増えるため30Lがおすすめです

②フィット感 

体格に合ったリュックを背負うことで快適な登山を楽しむことができます。自分に合ったリュックを見つけるには背面長がポイントです。背面長は背骨の長さのことで、リュックを選ぶときの一つの基準です。自分の背骨の長さを測り、その長さに合ったリュックを選びましょう。

 

ヒップベルトやチェストベルトも重要です。ヒップベルトはリュックを腰で支え、チェストベルトは左右のショルダーがずり落ちないように支えます。2つのベルトがあることで安定感も変わるためヒップベルトやチェストベルトが備え付けられているものがおすすめです。

 

トレッキングリュックは男女兼用のものも多く、小柄な女性には背負いにくいものがほとんどです。メーカーによっては女性の体に合わせた女性向けのトレッキングリュックが発売されています。体格に合う物が見つからないという方は、女性用のリュックを選ぶのもおすすめです。

③防水性 

天気の変わりやすい山では防水性のあるリュックを選ぶことが大切です。急に雨が降ってきた場合、防水力のないリュックだとレインカバーを被せる前に中の荷物まで濡れてしまいます。最近では防水性の高いトレッキングリュックがたくさん発売されています。

 

雨を防ぐためには防水性だけでなく撥水性も重要です。撥水とは水が表面についたときに染み込まず弾くことです。多くのトレッキングリュックは素材に撥水加工がされており雨が降っても染みない工夫がされています。防水性や撥水性がきちんとあるものを選びましょう。

 

また、一般的なトレッキングリュックには雨蓋というものが付属しています。雨蓋はリュックの開口部についておりリュックの中に雨が入るのを防いでくれます。雨蓋があれば多少の雨は防ぐことができるため、リュックを選ぶ際には雨蓋がついているか確認しましょう

④荷物の取り出しやすさ

荷物の取り出しやすさもトレッキングリュックを選ぶ際のポイントです。特に、大きなサイズだとどこに何が入っているか分かりにくく、下の方に入れてしまったものは取り出しにくくくなります。

 

そのため、大きなリュックをお探しの方はフロントアクセスやフロントポケットがあるかどうかもチェックしましょう。フロントアクセスは開口部ではなくリュックの正面部分から直接荷物を取り出せるジッパーのことです。雨蓋を取り外す手間がないためスムーズに取り出せます。フロントポケットは正面についているポケットなので背負ったまま荷物が取り出せます。

 

荷物を入れる場所を決めておくことでも荷物が取り出しやすくなります。寝袋や着替えなど歩いているときに使わないものをボトムコンパートメントに入れておくことで、必要なものが上の方に入れられるため取り出しやすくなります

⑤中身の収納性

中身の収納性がしっかりしているかどうかも購入する前に確認しておきましょう。ポケットや仕切りが多くついているものもありますが、1番は自分が荷物を入れる際に収納しやすいかどうかです。

 

日帰りやハイキング用なら、小物が多くなるためポケットが多いものがおすすめです。反対に、長期の登山を計画しているなら、荷物が多くなるため仕切りが十分にあるか確かめてみましょう。フロントやサイド部分などポケットがついている場所も様々なため自分が使いやすいものを選ぶことが大切です

⑥ハイドレーションシステム

ハイドレーションシステムはリュックに備え付けられる給水システムです。パックにチューブが取り付けられているため、口元までチューブを持ってきておけばリュックを下ろさず歩きながらでも水分補給ができる便利アイテムです。

 

ハイキングや登山でのこまめな水分補給はとても大切です。ボトルなどを取り出す手間がないため飲み忘れ防止にもなります。飲み終わった後は丸めて小さく収納できるため場所を取らないところもおすすめです。

今すぐ女性におすすめトレッキングリュック3選を見る

トレッキングリュックを販売しているアウトドアメーカーは数多く、それぞれのメーカーによってリュックのデザインや機能の特徴は様々です。今回はおすすめのモンベル・ノースフェイス・サロモンの3メーカーを紹介していきます。

モンベル

モンベルは日本のメーカーで1975年に創業されました。機能美と軽量・迅速がコンセプトでアウトドア商品の先駆けとなっています。登山やアウトドアの装備やリュック以外にもダウンや小物まで幅広く展開しています

 

モンベルのトレッキングリュックは防水性が高いことが魅力です。本体とインナーバックの二重構造になっておりレインカバーだけでは防ぐことができない背中側に伝ってくる雨まで防ぐことができます。また、大容量サイズも多数取り揃えているため長期の登山にもおすすめです

ノースフェイス

ノースフェイスはアウトドアから普段使いできるものまで展開しているアメリカのアウトドアメーカーです。機能性とデザイン性に優れ、初心者や登山家からも人気を集めています

 

ノースフェイスのトレッキングリュックはスタイリッシュなデザインが多いため、登山はもちろんデイリーからビジネスシーンまで使える汎用性の高さが魅力です。レインカバーもカラーが豊富で人気です。固定のストラップがついているためずれにくく使いやすいです。

サロモン

サロモンはフランスのスポーツ用品メーカーでスキーやスノーボードが有名ですが、現在はトレッキングに力を入れています。マニアックな用品も取り揃えファンが多いメーカーです。

 

サロモンのトレッキングリュックは軽量で通気性のいい商品が多いことが魅力です。撥水性に優れた素材により雨や泥まで防いでくれます。長時間背負っていると背中が蒸れてくることがありますが、サロモンのリュックは穴の大きなメッシュ素材を使用しているため通気性は抜群です

THE NORTH FACE

[ザ・ノース・フェイス] リュック テルス35

価格:16,545円 (税込)

日帰りから2泊まで対応できるトレッキングリュック

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テルスシリーズの最新モデルで、背面パッドや可動式のチェストベルトのフィット感を向上させたことが特徴です。35Lのため日帰りから荷物の多くなる2泊まで対応できます。

 

フロントやサイドに大きなポケットがあるため収納性が高いこともポイントです。軽量でありながら防水性が高く、ポケットのジッパーにも撥水加工が施されているためポケットにも安心して小物を入れることができます。初心者から経験豊富な人にもおすすめのリュックです。

容量 35L 重量 1230g
サイズ タテ66cmxヨコ27cmxマチ22cm 背面長 43-51cm
フロントアクセス/フロントポケット あり ボトムコンパートメント
ハイドレーションシステム 対応 防水性 あり
ポケット数 8(外側6/内側2) ヒップベルト あり
チェストベルト あり
SALOMON

[サロモン] バックパック・リュックサック TRAILBLAZER 30

価格:6,958円 (税込)

通気性抜群で快適なトレッキングリュック

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サロモンのトレッキングリュックは非常に軽量ですが、ヒップベルトやチェストベルトがしっかり付いているため背負いやすく快適です。ベルト部分にもポケットが備えられているのが嬉しいですね。

 

フロントアクセスもあり正面部分が大きく開くため荷物の出し入れが簡単です。ジッパー式のフロントポケットもあるためカメラや雨具などよく使用するものを入れるときに便利です。

容量 30L 重量 560g
サイズ タテ54cmxヨコ33cmxマチ17cm 背面長 47cm
フロントアクセス/フロントポケット あり ボトムコンパートメント なし
ハイドレーションシステム 対応 防水性 あり
ポケット数 7(外側6/内側1) ヒップベルト あり
チェストベルト あり
Millet

[ミレー] リュック サース フェー 40+5(SAAS FEE)

価格:16,167円 (税込)

本格的な縦走に対応できる大容量

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミレーのトレッキングリュックは耐久性があり、ショルダーとヒップ部分にクッション性抜群のフォームが採用されているため長時間の登山でも腰や肩が痛くなりにくいです。

 

立ったままボトルを取り出すことができるメッシュストレッチポケットやハイドレーションシステムにも対応しているため、荷物を下ろすことなく水分補給ができます。防水性も高くオールラウンドに対応できるトレッキングリュックです

容量 40+5L 重量 1,570g
サイズ ヨコ29×タテ62×マチ20cm 背面長 48cm
フロントアクセス/フロントポケット なし ボトムコンパートメント あり
ハイドレーションシステム 対応 防水性 あり
ポケット数 6 ヒップベルト あり
チェストベルト あり
SALOMON

[サロモン] バックパック・リュックサック TRAILBLAZER 20

価格:6,170円 (税込)

ハイキングや普段使いにもできるトレッキングリュック

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

20Lの容量のため小柄の女性でも背負いやすいリュックです。シンプルなデザインのためハイキングや街での使用も可能です。

 

サイドポケットが多いため使いやすく通勤での使用もおすすめです。背中やショルダー部分にパッドが入れられており長時間背負っていても疲れにくい構造になっています

容量 20L 重量 430g
サイズ タテ48cmxヨコ27cmxマチ14cm 背面長
フロントアクセス/フロントポケット あり ボトムコンパートメント なし
ハイドレーションシステム 対応 防水性 あり
ポケット数 3(外側2/内側1) ヒップベルト あり
チェストベルト あり
GREGORY

[グレゴリー] バックパック リュック 公式 ミウォック24 現行モデル REFLEX BLUE

価格:15,916円 (税込)

体にフィットする快適な背負い心地

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ショルダーハーネスが体の動きに合わせて動き、フィットするためハードなトレッキングに最適です。自分のサイズに合わせて背面長を調節できる点もフィット感を向上させています。

 

サングラスを収納するストラップや電子機器を守るためのパッドが入ったポケットなど用途別に使えるポケットが多いため便利です。男性用と女性用でリュックの構造が異なるため小柄な女性も自分にあったリュックを選ぶことができるでしょう

容量 24L 重量 839g
サイズ タテ52.1×ヨコ26.5×マチ22.9cm 背面長
フロントアクセス/フロントポケット あり ボトムコンパートメント なし
ハイドレーションシステム 対応 防水性 あり
ポケット数 6 ヒップベルト あり
チェストベルト あり
Karrimor

[カリマー] デイパック tatra20 Navy/Pink(ネイビー/ピンク)

価格:8,900円 (税込)

可愛らしいデザインやカラーが人気

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イギリス発の上品なデザインが特徴のカリマーのトレッキングリュックです。丸みを帯びた可愛らしいデザインで女性からの人気が高いブランドです。小型のリュックですが雨蓋もしっかり付いており防水性も十分です。

 

ヒップベルトにはポケットも配置され小物や行動食など細かなものが入れられて便利です。20Lのためハイキングや日帰り登山にも最適でしょう。

容量 20L 重量 600g
サイズ タテ46cmxヨコ29cmxマチ21cm 背面長 40cm
フロントアクセス/フロントポケット フロントポケットあり ボトムコンパートメント なし
ハイドレーションシステム なし 防水性 あり
ポケット数 8(外側6/内側2) ヒップベルト あり
チェストベルト あり
THE NORTH FACE

(ザノースフェイス)THE NORTH FACE NM72005 ビッグショット クラシック

価格:18,700円 (税込)

おしゃれなデザインが豊富で普段使いも

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノースフェイスはデザインの種類が豊富でおしゃれなリュックが多く若者から人気を集めています。「ビッグショット クラシック」も8種類のデザインの中から自分好みのリュックを選べます。

 

負荷がかかるボトム部分には強度のある素材を使用し、蒸れやすいショルダーハーネスや背中には通気性のいいエアメッシュを採用するなどデザインだけではなく使い心地も抜群です。

容量 32L 重量 1270g
サイズ タテ55×ヨコ35×マチ25.5cm 背面長
フロントアクセス/フロントポケット あり ボトムコンパートメント なし
ハイドレーションシステム 対応 防水性
ポケット数 5 ヒップベルト あり
チェストベルト あり
MYSTERY RANCH ミステリーランチ

MYSTERY RANCH(ミステリーランチ) GALLAGATOR

価格:11,386円 (税込)

スタイリッシュなデザインが魅力

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能性や使い心地にこだわっているミステリーランチのトレッキングリュックです。耐久性が高くプロの登山家や軍隊にも使用されるほど高性能です

 

シンプルですがこだわりのあるデザインは男女問わず人気を集めています。また、カラーも豊富なため自分好みのリュックを見つけることができます。

容量 19L 重量 600g
サイズ タテ44×ヨコ28×マチ23cm 背面長
フロントアクセス/フロントポケット あり ボトムコンパートメント なし
ハイドレーションシステム 対応 防水性 あり
ポケット数 4 ヒップベルト あり
チェストベルト あり
Columbia

(コロンビア) Columbia ピットマウンテン25L

価格:4,928円 (税込)

独自素材でリーズナブルに

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカの人気メーカーであるコロンビアから販売されているトレッキングリュックです。デザイン性やカラーの豊富さでも人気を集めています

 

コロンビアの魅力はコスパの良さで他メーカーのリュックと比べても半額以下です。コロンビア独自の素材を使用することにより、吸湿性や耐久性といった機能性とリーズナブルな価格を両立しています

容量 25L 重量
サイズ タテ46×ヨコ30.5×マチ19cm 背面長
フロントアクセス/フロントポケット あり ボトムコンパートメント なし
ハイドレーションシステム なし 防水性
ポケット数 4 ヒップベルト なし
チェストベルト あり
Coleman

[コールマン] WALKER ウォーカー33

価格:4,768円 (税込)

防水性と収納性が抜群

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コールマンのトレッキングリュックは日帰りから山小屋泊、旅行まで幅広く使用できます。軽量で耐久性のある素材が使用され、撥水加工やジッパーフラッグによって雨の侵入を防ぐため急な雨にも安心です

 

ポケットが7個ついており内部には仕切りもついているため収納しやすくなっています。リーズナブルな価格のため、初心者におすすめのリュックです。

容量 33L 重量 680g
サイズ タテ51cmxヨコ33cmxマチ22cm 背面長
フロントアクセス/フロントポケット フロントポケットあり ボトムコンパートメント なし
ハイドレーションシステム なし 防水性 あり
ポケット数 7(外側4/内側3) ヒップベルト あり
チェストベルト あり

トレッキングリュックだけではなくアウトドア商品には専門用語が多いため、初心者には分かりづらいものも多く使い方が分からないという人も多いでしょう。

 

トレッキングリュックを上手に使いこなす上で用語や使い方などを知っておくことは大切です。トップギアリングやバンジーコードなどそれぞれの使い方を解説していきます

トップギアリング

トップギアリングは雨蓋の上部に2つ備えられているストラップで、シュラフやマットをリュックの上部に固定するときに使います。マットなどの大きなサイズのものはリュックに入りきらないため、リュックの上部に固定することで持ち運びやすくなります。

 

重いものや高さのあるものをトップギアリングに固定すると背負ったときにバランスが悪くなります。転倒や疲れやすくなる原因となるため軽いものを乗せるといいでしょう

バンジーコード

バンジーコードはトレッキングリュックのフロント部分にある伸縮性のあるコードで、上着やヘルメットを挟んで収納することができます。ハイキングや登山中に着脱することの多い上着をリュックの中にしまうことなく、挟んで収納できるためリュックを下ろす手間もありません。

 

しかし、コードに挟むだけという簡易的なもののため知らない間に挟んだものが落ちてしまっていることもあります。重いものや小物はコードに挟まないほうがいいでしょう。上着を挟む際も固定具であるカラビナなどでしっかり固定しておくことをおすすめします

デイジーチェーン

デイジーチェーンは輪っかのような形をしたベルトでフロントやショルダーハーネスの部分に付けられていることが多いです。本格的な登山をする人が主に使用します。デイジーチェーンにカラビナや紐を通すことによって登山に必要なギアや道具などをぶら下げることができます

 

便利だからといってギアを掛けすぎるとリュックのバランスが悪くなり危険です。必要なものだけを厳選しデイジーチェーンに掛けるようにしましょう

ハンドレストループ

ハンドレストループはショルダーハーネスの部分に取り付けられている手を休めるためのストラップです。登山中などにハンドレストループに指を通して掴むように持つと肘が曲がり腕を振りやすくなるため楽に歩くことができるようになります

 

手のむくみを解消する効果もあるため積極的に使用するといいでしょう。しかし、手首までハンドレストループに通してしまうと転倒した際に手をつくことができなくなるため、すぐに手を離せるようにしておくことが大切です

ここからはトレッキングリュックの洗濯方法や汚れの落とし方、カビ防止方法について紹介していきます。ハイキングや登山では土や泥がついて汚れることが多いため、しっかり汚れを落として綺麗にすることで長く使い続けることができます

 

土や泥がついている部分は歯ブラシで擦ると綺麗になります。リュックを洗濯したい場合はパーツを全て取りジッパーなどは開けておきます。大きめの洗い桶やバケツに中性洗剤と水を入れリュックを押し洗いしていきます。しっかりすすいだあとは水気を切って日陰に干しましょう。

 

カビを防止するには洗濯をして汚れや汗などの皮脂を落とすことが大切です。洗濯をしたあとも生乾きのまま片付けるとカビの原因となるためしっかり乾かしましょう

トレッキングリュックの選び方やおすすめのリュック、お手入れ方法まで紹介してきました。背面長やチェストベルトなど自分に合ったものを選ぶことで体にフィットし快適な登山を楽しむことができます。お気に入りのトレッキングリュックを見つけてハイキングや登山に出かけましょう。