登山や普段使いに最適!ウルトラライトバックパックおすすめ5選!

登山やハイキングではバックパックは必需品!軽量で耐久性も兼ね備えているウルトラライトバックパックを紹介します。初心者や選び方がわからない人のために、選び方のポイントも解説しています。自分に最適なウルトラライトバックパックで思い切り楽しみましょう!

ウルトラライトバックパックは超軽量の「ウルトラライト」、通称ULという素材の登山専用リュックとして登山家から広く愛されています。

 

身体の疲労を最小限に抑えたい登山にもってこいのウルトラライトバックパックですが、実は普段使いのリュックとしてもおすすめです!超軽量で丈夫な分、ウルトラライトバックパックの使い勝手は抜群です!

 

この記事ではウルトラライトバックパックのおすすめや選び方、おすすめメーカーなど紹介します!最後まで読めば最適なウルトラライトバックパックに出会えること間違いなしです!

今すぐおしゃれなウルトラライトバックパックおすすめ2選を見る

登山家から愛されているウルトラライトバックパックは様々なメーカーから発売されています。コンパクトさが魅力ですが、軽量であるだけではなく防水性や耐久性に優れているものなど特徴も様々です

 

登山日数によって装備や荷物の量が変わってくるため、容量も荷物量に合わせて選ぶ必要があります。容量にも多くの種類があるため、初心者ならどれを買えばいいのか迷ってしまうことでしょう。

 

コンパクトさや容量などに注目して最適なウルトラライトバックパックの選び方を解説します。自分に合ったウルトラライトバックパックで登山を満喫してくださいね。

①収納のコンパクトさ

ウルトラライトバックパックは登山日数に応じて手軽に持ち運べる収納性があることが大切です。登山では装備が必要な場合もあるため内部のポケットや両サイドとフロントのポケットなど収納スペースが多く備えられているバックパックを選びましょう

 

バックパックを折りたたんで持ち運ぶことができるものもあります。折りたたみのバックパックを選ぶときは収納時のサイズを確認しておきましょう。折りたたんでも厚さがあると、持ち運びに不便になってしまいます。収納するときに厚みがなく小さく折りたためるか、しっかり確認しておきましょう。

 

折りたたむと手のひらサイズまで小さくなるものもあり、かさばらず軽量のためおすすめです使わないときはポケットに畳んで収納でき、小さく軽いため場所をとりません。ウルトラライトバックパックは収納が多いものや持ち運びやすさを重視して選びましょう

②防水性

山の天気は変わりやすいためウルトラライトバックパックは防水性があるものを持っていると安心です。多くのバックパックは生地に撥水加工がされており、ウルトラライトバックパックも例外なく加工されています。

 

撥水加工されていると多少の雨は防ぐことができますが、本格的な雨や雪となると撥水加工だけでは足りません。雨や雪が降ったり雪山での登山ではバックパックの生地が雨に濡れて重くなってしまう場合もあります。しかし、本格的な防水機能を求めると重量が増えてしまいます。

 

そこで必要になってくるのがレインカバーです。レインカバーはバックパックの上から被せるだけで簡単に雨を防ぐことができます。そのため急な雨や雪にもすぐに対応できるためおすすめです。バックパックによっては最初からレインカバーが付属しているものもあるため、レインカバー付きで防水性のあるウルトラライトバックパックを選ぶのが良いでしょう

③耐久性

ウルトラライトバックパックは軽さを追求して作られているため耐久性をきちんと確認して購入することが大切です。登山ではバックパックが木に引っかかって破れてしまうこともあるため生地の耐久性や強度が十分にあるかを確認しましょう

 

強度の目安は通常の登山へ行く場合は70~100デニール、ハードな登山や縦走の場合は200デニールの強度があれば良いでしょう。しかし、バックパックは荷物を入れることで底面に多くの負荷がかかってしまうため底面にも強度があるものがおすすめです

 

また肩や背中にパッドが付いているバックパックを選ぶことも重要です。パッドがないとショルダーが肩に食い込み、肩への負担になってしまいます。自分の身体に合ったバックパックを背負うことで歩きやすさや体への負担が変わってきます。重い荷物を背負う場合は、背中と腰で支えるのが効果的なためチェストベルトやウエストベルトで調整できると尚良いでしょう。

④容量

容量は15Lや50Lなど様々ありますが軽ければ軽いほど良い、大きければ良いというものではありません。バックパックが軽いといっても持っていく物が多すぎたり、バックパックが身体に合っていない場合は負担になってしまいます。ウルトラライトバックパックは用途や登山日数、荷物の量に合わせて容量を選びましょう

 

バックパックの中身は必要最低限の物を心がけてできるだけ容量が少なく済むように意識します。荷物が軽いと快適に歩くことができます。登山日数が多くどうしても容量が大きくなってしまう場合は荷物の量に合った容量のバックパックを探しましょう。

 

初めてバックパックを買うという方や初心者はどれを買えばいいのか迷ってしまうでしょう。そこで女性や子供向け、日帰りや泊まりがけなど用途別にどれくらいの容量が向いているかを紹介します

女性や子供の日帰り登山には20Lでok

女性や子供の日帰り登山の場合は20Lのウルトラライトバックパックがおすすめです。メーカーやバックパックの種類によりますが、190g〜240gと非常に軽いことが特徴です。日帰り登山やハイキングの場合は、タオルや飲み物など最小限の荷物で出かけることができるため20Lがちょうどよいサイズです。

 

20Lのバックパックは非常に軽いため女性や子供でも背負いやすく疲れません。20Lのバックパックは他のバックパックと比べて小さめのサイズですが、フロントや両サイドのポケットの収納も多くあり、折りたたみ式でポケットサイズになるバックパックもあるため持ち運びしやすいです。そのため子供のいる主婦の方にもおすすめのサイズです。

泊りがけでも安心!普段使いにもおすすめ40L

泊まりがけの登山をする場合におすすめなのが40Lのウルトラライトバックパックです。山小屋で1泊したりテント泊をする場合は荷物も増え、テント用の装備も持っていく必要があります。テント泊をするときはテントはもちろん寝袋や食料など必須な物が多いですが、40Lのバックパックであれば問題なく収めることができます。

 

40Lのウルトラライトバックパックは普段使いにもおすすめです。通常の40Lのバックパックの場合は重量が1.5㎏程度の物が多いですが、ウルトラライトバックパックは半分の700g程度のものがほとんどです。シンプルなデザインでパッドが入っており使い勝手も良いため日常生活で使うのも良いでしょう。

いいとこ取りなら50L

軽量かつ大容量で男性向きなのは50Lのウルトラライトバックパックです。寸法は平均で縦50〜70cm、横約30cmと大型のバックパックのため男性向けの商品が多いです。通常のバックパックの重量は約2kg程度ですが、ウルトラライトバックパックは1kg〜1.5kgと軽量化されています。大型のため肩や背中のパッドやフィット感など使い勝手の良さが重視されています

 

また50Lのウルトラライトバックパックは連泊登山者向きでもあります。連泊登山の場合、テントの通常装備に加え数日分の衣類や食料など荷物や装備が増えますが、50Lのバックパックには内部にも収納スペースが十分にあるためしっかり収納ができます。

ここまでは収納や防水性などの機能性に注目してウルトラライトバックパックの選び方を紹介しましたが、ここからはおすすめのアウトドアメーカーを3選紹介していきます

 

アウトドア商品のメーカーは多くありますが、それぞれのメーカーによってデザインや値段、機能も様々です。デザインや値段もアウトドア用品を選ぶ際には重要なポイントですが、登山やハイキングに行くときには自分に合った商品を選ぶことが大切です。

 

今回おすすめするメーカーは

  • デザイン性が抜群の山と道
  • シンプルで低価格なミレスト
  • 老舗で安心な高品質のモンベル

の3メーカーの紹介とそれぞれのウルトラライトバックパックへのこだわりをお伝えします。

今すぐ買うべき!ウルトラライトバックパックおすすめ3選を見る

デザイン性抜群!山と道

山と道は2011年に夫婦2人で創業した国産のガレージブランドのアウトドアメーカーです。ガレージブランドとは大手企業とは違い、小規模ながらオリジナル感溢れるアウトドアの装備を制作しているブランドのことです。山と道では登山やハイキングで使用する装備と、山で着用するウェアの2つを中心に展開しています

 

山と道のウルトラライトバックパックへのこだわりは日帰り登山からオーバーナイトハイクまで様々な場面に対応できることです。オーバーナイトハイクは夕方から深夜にかけて歩くハイキングのことです。またデザイン性に優れておりカラーバリエーションも豊富でおしゃれなバックパックを見つけることができます

 

山を快適に歩けるよう設計された荷重バランスも特徴の一つです。海外の山と違い日本の山には岩場や急な登り坂があり、身体全体を使って歩かなければならない場所が数多くあります。そのような状況下で腰が自由に動き、下半身もしっかり動かせるようにと作られたのが山と道のウルトラライトバックパックです

シンプルで低価格!ミレスト

ミレストは機能とデザインにこだわったトラベルブランドで、普段使いのできるバッグや旅を快適にする旅行グッズを中心に豊富な商品のラインナップを展開しています。シンプルなデザインでありながら、それでいてオシャレなデザインが特徴のブランドです。

 

ミレストのウルトラライトバックパックへのこだわりは普段使いや旅行でも、どのシチュエーションでも使えるシンプルなバックパックを提供すること。十分な収納力とサイドポケットがあり、折りたたみ傘やペットボトルなどが収納できます。キャリーケースの持ち手にバックパックを固定できる背面仕様など、機能性にこだわった商品が魅力です。

 

ミレストのバックパックは小ぶりなサイズが多いため女性も持ちやすいです。非常に軽量で耐久性や強度にも優れているリップストップ生地を使うことによってコスパの良い商品を生み出しています。低価格な商品が多く1万円以下の安いバックパックも多数取り揃えているため、普段使いに購入し使い心地を確かめてみるのも良いでしょう。

老舗の安心高品質!モンベル

モンベルは1975年に設立され45周年を迎えました。Function is Beauty(機能美)とLight & Fast(軽量と迅速)をコンセプトに掲げて、商品開発を行っています。日本発のアウトドア総合ブランドであるモンベルの魅力は、高品質で高強度であることです。さらに海外のアウトドアブランドより低価格な商品が多いため、初心者でも安心して購入できます。

 

モンベルのウルトラライトバックパックへのこだわりは快適な背負い心地や機能性を追求しながらも、軽量化を行ったことです。フィット感に優れているパッド入りのショルダーハーネスや、フロントポケットを装備することで快適な使い心地を提供しています。15Lのバックパックでは重量がたったの99gと超軽量を実現しました

 

女性用モデルではハーネスやウエストベルトの形状を女性の体にフィットするように設計し、女性の体格に合わせたモンベル独自の設計を行っています。フロントのポケットや、登山中にも取り出しやすいサイドポケットなど、多彩なポケットを備えているバックパックも人気です。

TRAIL BUM トレイルバム

ステディ

< >
アイテムID:5254026の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5254026の画像1枚目
  • アイテムID:5254026の画像2枚目
  • アイテムID:5254026の画像3枚目

価格:20,900円 (税込)

アメリカの伝統的なデザインのウルトラライトバックパック

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TRAIL BUMのウルトラライトバックパック「ステディ」を紹介します。ロングディスタンストレイルなどの長期旅行を目的とした登山者向けのブランドです。シンプルな構造ですが長期旅行に対応できる容量と機能性があります。肩のショルダー部分は幅が広めにとってあるため荷重を分散し、長期間背負っても疲れにくい設計になっています。ウルトラライトの発祥であるアメリカのバックパックを参考にしてデザインされているため、トラディショナルとスタイリッシュの両方のデザイン性を併せ持っているおしゃれなバックパックです

重量 485g 容量 40L-50L
防水性の有無 有り メーカー TRAIL BUM トレイルバム
価格 20,900(税込み)
ロウロウ・マウンテン・ワークス

Antelope アンテロープ

価格:31,900円 (税込)

レトロなデザインのウルトラライトバックパック

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロウロウ・マウンテン・ワークスのバックパック「Antelope アンテロープ」を紹介します。ロウロウ・マウンテン・ワークスは2015年に設立されたアウトドアメーカーです。Antelopeは80年代のレトロなデザイン性と独特の色合いが特徴のおしゃれなウルトラライトバックパックです。ピッケルやアイゼン、スキーなどをウルトラライトバックパックの横部分に取り付けることができるため雪山に最適なバックパックとなっています。強度があり岩場などに擦れてしまっても破れないような耐久性のある素材が使用されているため登山でも安心して使用できます。

重量 S/Mサイズ 650g ・ M/Lサイズ 660g 容量 S/Mサイズ 36-40L ・ M/Lサイズ 38-42L
防水性の有無 有り メーカー ロウロウ・マウンテン・ワークス
価格 31900円(税込み)
mont-bell(モンベル)

バーサライトパック30

価格:17,800円 (税込)

超軽量で背負いやすいウルトラライトバックパック

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モンベルのバーサライトパックを紹介します。バーサライトパックはロングトレイルと呼ばれる「歩く旅」やスピードハイクでの使用に適した軽量なバックパックです。ブルーブラック、カーディナルレッド、ガンメタルの3色を展開しています。機能性や背面パッド、3Dメッシュバックパネルなど背負い心地に配慮しながらも、大幅な軽量化で使いやすいバックパックに仕上げています。生地には強度と軽量を両立したモンベル独自の素材を使用しています

重量 620g 容量 30L
防水性の有無 有り メーカー mont-bell(モンベル)
価格 17800円(税込み) 特別な機能 トレールウォーターパック対応
UTOBEST

登山リュック 60L

< >
アイテムID:5254060の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5254060の画像1枚目
  • アイテムID:5254060の画像2枚目
  • アイテムID:5254060の画像3枚目
  • アイテムID:5254060の画像4枚目

価格:4,899円 (税込)

収納スペースが多く備えられた大容量ウルトラライトバックパック

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

UTOBESTのウルトラライトバックパックである登山リュックを紹介します。60Lの大容量で長期旅行や登山に最適なバックパックです。ポケットが多いためテントや寝袋などの装備を大量に収納できます。内部は上下2段構造になっており、食料や衣類を入れる際に分けて入れることができるためとても便利ですリュックの背中部分は人間工学に基づき、長期間背負っても疲れない快適さや通気性、安定性が考えられた構造になっています。ポリエステル素材を使用しているため摩擦に耐え、防水性にもしっかり対応しています

重量 1.35kg 容量 60L
防水性の有無 有り メーカー UTOBEST
価格 4899円(税込み) 特別な機能 独立靴用コンパートメントあり
ミレスト

TROT ウルトラライト2

価格:4,675円 (税込)

普段使いにもハイキングにも使えるウルトラライトバックパック

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライトグレー、ライトブルー、カーキ、ネイビーの4色展開です。コンパクトで小さめのサイズですが荷物はしっかり入る設計になっています。普段使いや日帰り登山にも最適です。コーデュラナイロンという登山やキャンプ用品に使われる格子状に編まれた生地を使用しているため、超軽量と強度を持ち合わせ撥水性にも優れています。生地が裂けてしまった場合は格子状に縫われたナイロン繊維が歯止めになるため、耐久性が高く長く使い続けることができます。さらに折りたたんで持ち運びができるメッシュポーチが付いています。

重量 340g 容量 W300mm×H400mm×D130mm
防水性の有無 有り メーカー ミレスト
価格 4675円(税込み) 特別な機能 折りたたんで持ち運びができるメッシュポーチ付き

自分の身体に合った、自分好みのデザインのバックパックが欲しいと思っている方はいませんか?そんな方にオススメしたいのがウルトラライトバックパックを自分で作成することです。バックパックは思っているよりも簡単に作ることができます。

 

バックパックを自作することを「MYOG(ミョグ)」と呼びます。「Make Your Own Gear」の頭文字を取って作られた言葉で、アウトドアなどのバックパックやアルコールストーブなどの装備を自作することを指します。

 

バックパックを自作するためにはバックパックの型紙と生地やパーツが必要です。型紙などを用意するのが難しい方は自作するためのMYOGキットが発売されています。購入するとあとは縫うだけなので簡単にバックパックを作ることができます。MYOGキットを販売しているサイトは海外のサイトだけではなく日本のサイトもありますよ!

ウルトラライトバックパックは超軽量で強度や耐久性にも優れたバックパックです。登山やハイキングには欠かせない必需品なので、用途や自分の身体に合わせたバックパックを選ぶことが重要です。お気に入りのウルトラライトバックパックで快適な登山アクティビティを楽しみましょう。