折りたたみリュックのおすすめ製品10選! 【モンベル・パタゴニア】

本記事では折りたたみリュックのおすすめ製品を、モンベルやノースフェイスなど様々なメーカーから10点紹介します。最小クラスの製品であれば買い物などにも気軽に使えるので、アウトドアの習慣がない方もぜひこの機会に折りたたみリュックの購入を検討してみてください。

折りたたみリュックはその名の通り、折りたたんだらコンパクトに、広げたら容量のあるリュックとして使用できる携帯できる便利なバッグです。

 

登山やキャンプの際のサブバッグやハイキングなどのアウトドアで使われることが多いと思われがちですが、折りたたみリュックは普段使いにも最適!1人1つは持っておいても損はありません!

 

この記事では折りたたみリュックの選び方とおすすめメーカーなど紹介します!あなたに最適の折りたたみリュックを探してみてください!

携帯性を重視したリュックには、他にも「超軽量バックパック」「ウルトラライトバックパック」など様々な種類があります。これらの製品が軽量さを意識しているのに対し、折りたたみリュックはとにかく収納サイズの小ささにこだわっているのが一番の特徴です。

 

ほとんどの折りたたみリュックは手のひらサイズに収まるため、必要でない時はポケットに入れるなど、この上なくコンパクトに収納できます。それでいて展開時の容量は大きいので、買い物や近場のハイキングなどでは特に活躍することでしょう。

 

なお「リュック」はドイツ語で「バックパック」は英語ですが、どちらも指している製品は変わりません。

今すぐ折りたたみリュックのおすすめ商品を見る

折りたたみリュックは持ち運びやすさが何よりの強みなので、基本的にはなるべく重量や容量の少ない製品を選ぶのがベターです。なおアウトドアなど用途次第では防水性や耐久性もチェックポイントになりますが、いずれも通常のリュックよりは劣る傾向にあります。

①防水性

リュックを雨に濡らすのが心配な方は、撥水加工など防水性の備わった製品を選ぶといいでしょう。カメラを持ってのハイキングなど、リュックに電化製品を入れるユーザーにとっては特に役立つ機能なので、ぜひ用途に応じて最適の防水モデルを探してみてください。

 

ただし折りたたみリュックの防水機能は、基本的に小雨などで軽く水がかかる程度の状況にしか対応していません。そのため雪山登山や水上レジャーなど、濡れる頻度の高いアウトドアには向かない点に要注意です。

②耐久性

折りたたみリュックをハイキングなど運動のお供に使う場合は、少しでも耐久性の高い製品を選ぶのがおすすめです。しかし高耐久なモデルはそれなりに肩への負荷がかかるので、携帯性とのバランスを考えながら丁度いいスペックの製品を探してみてください。

 

なお「折りたためなければならない」という製品の特性上、強度面はどうしても通常のリュックに劣ってしまいます。

③重量

折りたたみリュックは携帯性が何より大事なので、なるべく軽量モデルを選ぶことが望ましいでしょう。また肩への負荷を低減する工夫を施した製品であれば、ほとんど重さを感じることなく快適に背負い続けられます。

 

ただ持ち運びやすさ・背負いやすさにはサイズも大きく関わるので、使用感を重量だけで判断してしまわないよう注意してください。

④容量

折りたたみリュックの推奨サイズは、使いみちによって大きく異なります。近所での散歩や買い物にのみ使うのか、あるいはアウトドアへの運用も考えるのか、といった具合に使用シーンを想像した上で最適のサイズを探してみてください。

買い物用なら15Lでok

折りたたみリュックを買い物などに時々使う程度であれば、15L前後のモデルが大いに活躍します。容量が控えめな製品はそれだけ折りたたんだ時のサイズも小さいので、サブバッグとして運用したい方には特におすすめです。

 

また大容量タイプに比べて重さもかなり控えめなので、主婦の方はもちろん、子供でも手軽に背負えることでしょう。またリュックが背中にピッタリ付く格好になるため、自転車に乗る方でも非常に使いやすくなっています。

 

ただし15Lタイプはどうしても入れられる荷物の量に限りがあるため、通勤通学やアウトドアなどにはあまり向きません。

普段使いなら20Lがちょうどいい

折りたたみリュックを通勤通学などに普段使いする場合は、20L程度の容量を備えた製品がおすすめです。ある程度まとまった量の荷物が入るうえ、重量も15Lタイプとほとんど変わらないため、20Lは折りたたみリュックとして最も理想的な容量といえるでしょう。

 

また折りたたみリュックは20Lタイプが特に品数豊富であり、デザインなどの選択肢が多い点も見逃せません。好みのリュックを見つけやすいことに加え、どの製品も性能と重量のバランスが非常にいいので、迷った時は20Lタイプを優先的に検討してみてください。

小旅行やハイキングに!40L〜

折りたたみリュックを小旅行やアウトドアに運用する場合は、40L以上の大容量タイプを選ぶといいでしょう。折りたたんだ時も含めてサイズは大きくなりがちですが、そのぶん大荷物もしっかり収納できるので、家族で出かける際には特に活躍が見込まれます。

 

また大容量タイプの多くは耐久性にも優れているので、ハイキングはもちろん軽い登山にもおすすめです。

 

ただし雪山など過酷な環境に適うほどの性能はないので、丈夫さを第一に考える方は普通のリュックの購入もあわせて検討してください。

折りたたみリュックの主要メーカーとしては、『モンベル』『ノースフェイス』『パタゴニア』などが有名です。いずれも製品の特色が大きく異なるので、ぜひご自身のニーズに最も合うメーカーを探してみてください。

ポケッタブルパックのモンベル

モンベルではポケッタブルパックを主に扱っており、軽量コンパクトを突き詰めたシンプルな製品がラインナップの多くを占めています。折りたたんでいる時は収納ポーチのようになり非常に持ち運びやすいため、サブバッグとして運用したい方には特におすすめです。

 

またモンベルの折りたたみリュックには、軽量でありながら強度にも優れた素材が用いられているので、登山時のアタックザックとしても十分に活躍することでしょう。

 

ただいずれの製品も容量が10~20Lとそれほど大きくないので、荷物量によってはメインバッグとしての運用が難しくなる点に注意してください。

シンプルおしゃれ!ノースフェイス

ノースフェイスの折りたたみリュックは体にフィットしやすく、かつ通気性にもすぐれているため、背負った時の快適性は他社の追随を許しません。小物連結用チェーンなど収納性を高める工夫も多く施されており、総じて「使いやすさ」に力を入れたメーカーといえます。

 

ノースフェイスには黒を基調としたシンプルかつスタイリッシュなデザインの製品が多く、万人受けしやすいのでプレゼントにもおすすめです。また品数自体も非常に豊富なので、リュック初心者の方でも理想の製品を比較的すぐに見つけられることでしょう。

 

ただ3メーカーの中では強度を疑問視するレビューが最も目立っていたことから、アウトドアへの運用はあまりおすすめできません。

トートとしても使える!2Wayで便利なパタゴニア

パタゴニアの折りたたみリュックは耐久性と通気性を兼ね備えていることに加え、荷物の出し入れや固定具の着脱といった様々な手間が軽減された高品質モデルです。とりわけ水耐性が非常に強いので、アウトドアに多用してもそれほどすぐには劣化しません。

 

またパタゴニアでは、トートバッグのように手提げでも使える2Wayタイプの製品が多く売られています。このタイプは近所の買い物などにも手軽に運用できるので、主婦の方であれば特に利便性を実感できることでしょう。

 

ただパタゴニア製品は全体的に価格が高めなので、予算オーバーにならない範囲で購入を検討してください。

mont-bell(モンベル)

[モンベル] mont-bell ポケッタブルデイパック 15 1123648 BK (BK)

価格:6,980円 (税込)

収納しやすさが魅力の折りたたみリュック

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モンベル 1123648はリュック本体の内ポケットがそのまま収納袋になっており、使わないときはあっという間に折りたたむことができます。収納袋が別になっているタイプと異なり袋を紛失する心配がないため、子どもやご高齢の方にもおすすめです。

重量 220g 容量 15L
折りたたみ時サイズ 16×19×4cm 防水性 不明
mont-bell(モンベル)

モンベル 1123649

価格:7,480円 (税込)

アウトドアに最適な折りたたみリュック

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モンベル 1123649は普段使いに適した20Lタイプの製品でありながら、折りたたみ時のサイズは15Lタイプとほぼ変わらない点が魅力です。フロントポケットなどの収納力上がっていることに加え、防水性を評価するレビューも多く見られたことから、旅行やキャンプで活躍してくれることは間違いないでしょう。

重量 240g 容量 20L
折りたたみ時サイズ 17×17×4.5cm 防水性 あり
THE NORTH FACE

ノースフェイス NM81950

価格:6,590円 (税込)

軽量性と収納力を両立した折りたたみリュック

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノースフェイス NM81950は素材に軽量ナイロン、および通気性に優れたメッシュを採用しており、非常に軽く快適な背負い心地を実現しています。またサイドポケットやデイジーチェーンなど、小物をサッと収納・固定できる箇所も複数備わっているため、出し入れの度にリュックを下ろす手間がほとんどありません。

重量 180g 容量 22L
折りたたみ時サイズ 12×18cm 防水性 不明
THE NORTH FACE

ノースフェイス NM81751

価格:9,240円 (税込)

耐久性に優れた折りたたみリュック

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノースフェイス NM81751は耐候性や撥水性にすぐれたシリコン素材を採用しており、頻繁に使っても品質を長く保てるのが魅力です。また裏面のポリウレタンがリュックの形状を強力に保っているため、荷物が少ない時でも型くずれする心配はほとんどありません。

重量 300g 容量 20L
折りたたみ時サイズ 9.5×26×10cm 防水性 不明
パタゴニア

パタゴニア 48021

価格:18,900円 (税込)

学生におすすめの折りたたみリュック

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パタゴニア 48021はスタイリッシュな長方形の構造をしており、A4サイズのノートや書類などをキレイに収納できるため、学生用リュックとしては特におすすめです。また展開時サイズが比較的小さめで背中のスペースを取らないため、自転車に乗りながらでも難なく背負うことができます。

重量 420g 容量 15L
折りたたみ時サイズ 防水性 あり
パタゴニア

パタゴニア 48809

価格:11,690円 (税込)

トートバッグとしても使える折りたたみリュック

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パタゴニア 48809はリュック上部のハンドルが長く、トートバッグのように手提げでも使えるのが最大の特徴です。容量も27Lと非常に多いため、まとまった買い物からアウトドアまで、あらゆる場面で活躍が見込まれます。また耐水性に優れた特殊なナイロンが素材となっているので、荒天時に使っても品質を損ねる心配はほとんどありません。

重量 370g 容量 27L
折りたたみ時サイズ 防水性 あり
ZOMAKE

ZOMAKE 折りたたみリュック

価格:1,999円 (税込)

コスパ最強の折りたたみリュック

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ZOMAKE 折りたたみリュックは35Lという莫大な容量を備えていながら、価格が2000円弱というかなりお得な製品です。大容量なだけでなくポケットの種類も多いので、リュックの中がゴチャゴチャしがちな方でも手軽かつスマートに収納できることでしょう。また撥水加工や二重底部など、防水対策にも抜かりはありません。

重量 360g 容量 35L
折りたたみ時サイズ 23×51×5.8cm 防水性 あり
Gonex

Gonex 折りたたみリュック

価格:1,999円 (税込)

海外旅行におすすめの折りたたみリュック

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Gonex 折りたたみリュックはフロントポケットを排除した構造なため、背後からスリなどに遭う心配がほとんどありません。また容量が32Lとかなり大きいうえ、長時間背負っても負担にならないよう様々な工夫がなされており、海外旅行にはまさにピッタリな製品といえるでしょう。

重量 260g 容量 32L
折りたたみ時サイズ 37×9×8cm 防水性 あり

4Monster アウトドアバックパック

価格:2,199円 (税込)

コンパクトなのに超頑丈な折りたたみリュック

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4Monster アウトドアバックパックは収納サイズが業界トップクラスに小さく、服のポケットに入れるなどしてこの上なく手軽に持ち運べるのが魅力です。また表面にキズのつきにくい素材を採用しているうえ、ショルダー部分に両面縫製も施されているため、コンパクトモデルとは思えないほど高い耐久性を実現しています。

重量 115g 容量 16L
折りたたみ時サイズ 13×7cm 防水性 あり

WATERFLY リュックサック

価格:1,699円 (税込)

使いやすさに特化した折りたたみリュック

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

WATERFLY リュックサックは本記事内で最も軽く、かつ収納サイズも最小の折りたたみリュックです。価格もあらゆるリュック製品の中でトップクラスに安いので、どれもイマイチ購入に踏み切れないという方は、まず本製品で折りたたみリュックそのものの利便性を味わってみてはいかがでしょうか。

重量 74g 容量 20L
折りたたみ時サイズ 8×4cm 防水性 あり

折りたたみリュックの使いやすさは、ポケットの数に大きく左右されます。多くのリュックがサイドポケットなど、よく使う小物をすぐ出し入れできるスペースを搭載しているので、同じ容量の製品同士を比較する場合はぜひポケットの数にも着目してみましょう。

 

また折りたたみリュックを海外旅行に用いる場合は、盗難防止対策の施された製品がおすすめです。施錠対応ジッパーや背面隠しポケットなど、リュックの防犯機能は多岐にわたるので、気づかないうちにスリ被害に遭う心配はほとんどありません。

折りたたみリュックはユニクロやニトリなど、大手量販店でも販売されています。通販に比べると品揃えは劣りますが、それでも装着感を実際に確かめられるのは大きなメリットなので、製品選びに困った時は販売店舗にも適宜足を運んでみてください。

 

また大手百均では折りたたみリュックが300円ほどで売られており、コスパを第一に考えるのであればこうした廉価品を買うのも一手です。

折りたたみリュックはコンパクトサイズにこだわった製品であり、普段使いに非常に便利であることがお分かりいただけたと思います。折りたたみリュックに興味を持たれた方は、ぜひ本記事で挙げた選び方を参考に最適の製品を探してみてください。