【屋根だけ!】タープテントのおすすめ10選!使い勝手は?1人でも設営可能?

タープテントは、キャンプはもちろんアウトドア以外の場面でも運動会やイベントで利用されることもあります。アウトドア用品なので、紫外線や雨に耐えられることが重要な点を踏まえて、また大きさや組み立て易さまでを考慮して厳選した10選を参考にしてください!

2021/10/21 更新

タープテントはどちらかと言えば、イベントや運動会などで使用されるイメージのあるテントです。キャンプやアウトドアにはあまり使用されないイメージですが、利用の仕方によってはとてもおしゃれで便利なアイテムです。

 

というのもタープテントはポールで立てるものだけでなく、ワンタッチ式など手軽に設営できる製品も多くリリースされているからです。賢く利用することで、ワンランク上のアウトドアライフが手に入ります

 

そのための賢いタープテントの選び方を解説、おすすめのメーカーやタープテントまで紹介します。

タープテントは、屋根だけがあるテントです。キャンプの場面では昼間のリビングの様な空間、バーベキューパーティの日よけとして利用することができます。アウトドア以外だと運動会の来賓席などにも利用することができ、使い勝手が良く人気があります。

 

そんなタープテントを大きさから組み立てやすさ、仕様などを踏まえて、お得で使いやすい製品を紹介いたします。

タープテントは設営が簡単

タープテントはポールに布を乗せたもので、設営も簡単です。ポールも2本から4本で設営します。2本のポールの場合は、ロープを何ヵ所か引っ張りペグダウンします。4本のポールの場合は基本的には4本のポールで自立します。強風が心配な場合はペグダウンします。

 

以上の様にポールと布(4角形から6角形)で設営しますので、設営と撤収は簡単です。ワンタッチで設営できるターポテントもあり、一人でも設営ができる製品もあります

タープは日差し、雨を防ぐ為の広い布のことを言います。布の形状によってポールの数も違いますし、種類が違います。これからそれぞれの特徴を説明していきます!

ヘキサタープ

ターブテントの中では主流で6角形(ヘキサゴン)の布で雨や日差しを避ける様になっています。基本的には2本のポールとロープで支えて設営します。1本のポールに2本のロープでペグダウンして、他の個所をロープで張ります。

 

ポールの本数や位置などを変える事でいろんな種類の張り方ができます。最初はポールを立てるに苦労をしますが、慣れてくるといろんなロケーションに合わせた貼り方もできるようになります。

スクエアタープ

正方形のタープです。長方形の場合はレクタタープと呼ばれますが、布の形が違うだけで構造は同じです。クロメットにポールを抜き差しできるので、ポールの数を増やすことで、アレンジできます。ヘキサタープに比べて形が単純なので、ビギナーや女性でも畳みやすいタープです。

自立式タープ

自立式タープは、4本のポールで自立して、ワンタッチで簡単に組むことが出来ます。女性でも設営が出来る手軽さで、キャンプ以外にもレジャーなどにも利用されています。

 

設営は頑張れば一人でできますが。2人以上いれば楽に出来ます。

スクリーンタープ

タープはアウトドアで使うものですが、風とか虫の侵入を防ぐための壁があるのがスクリーンタープです。暑い夏にはUVカット加工した生地で紫外線を防げて、雨の日は耐水性の生地で雨も防ぐことが出来ます。

 

プライベート空間が確保できるので、野ざらしのアウトドアでも安心感があります。

使用人数やサイズで選ぶ

タープテントを選ぶ時は、サイズも気になりますよね。小さすぎると利用する人数が限られます。大きすぎると持ち運びや設営に苦労します。人数と大きさについての目安を把握しておきましょう!

 

日差しを遮って日陰を作り、雨風から防ぐためには、それなりの大きさが必要となります。またテーブルや椅子を並べて座るためにもスペースが必要です。下記にタープテントの大きさと使用人数になりますので参考にしてください。

 

ベースサイズ 使用人数 用途
200×200cm 3~4人 運動会など小規模
250×250cm 4~5人 一般的サイズ
300×300cm 5~6人 BBQなど野外

 

上記ベースサイズより物を置いたりする必要なスペースを考量してタープテントを選びましょう。

使用するシーンで選ぶ

タープテントは主にキャンプで使われます。夜はテントを使いますが、日中は明るい日差しの中でタープテントを利用される方も多いです。日帰りでバーベキューを楽しんだり、デイキャンプにも使えます。キャンプには欠かせないアイテムとなっています。

 

その他には運動会で来賓等の場所を確保したり、サッカーや野球の観戦する時にも、日差しを遮ってくれて助かります。その他バザーなどの売り場にも簡単に設置できるので便利です。

オプションパーツも要確認

タープテントはポールと上部を覆うシートで構成しています。横からの日差しを防いだり、虫の侵入を防いだりしたい時はサイドシートがあれば便利です。サイドシートは着脱式なので必要な時につかえて便利です。

 

オプションでサイドシートがついている製品や、中にはメッシュになっているの物もあります。選ぶ時にチェックしておくことをおすすめします。

ワンタッチ式なら設営が簡単

ワンタッチタープは簡単に組み立てできるタープです。基本的な組み立て方は

1.フレームの支柱を広げる

2.フライシートを被せる

3.支柱の脚を伸ばす

の3ステップで簡単です。慣れれば一人でも設営ができる手軽さが最大のメリットです。

 

弱点は風に弱い事です。構造的に上部が重いので突風で倒れる事もあります。対策としてロープや重り等をつかったアンカリングを付けておくことです。フレーム等は金属製ですので、倒れるとかなり危険です。風がある場合はアンカリングを付けておきましょう。

価格が安いものを選ぶ

タープの種類と大きさを確認して、仕様が同じなら価格の安い物を選びましょう。仕様で重要なのは、雨に耐える耐水圧と天気が良い時のUVカット対応の有無です。ポールの材質として、スチールとアルミニウムがあります。

 

仕様を十分に満たしていない場合は、不具合が途中で発生するので注意して選びましょう。

タープテントの性能で選ぶ

タープテントの仕様は、組み立て以外にテントとしての仕様があります。ポールの強度と耐水圧、UVカット対応などは確認しておきましょう。

ポールの材質

メインポールは強度が必要です。主な素材は「スチール」と「アルミニウム」があります。スチール製ポールの方が強度や耐久性に優れていますが、さびやすく重いというデメリットがあります。

 

「アルミニウム」に他の金属を混ぜた「アルミニウム合金」であればアルミニウムより強度があり、スチールより軽いため、メインポールに使われています。

UVカット対応

タープテントは日差しを避ける為、UVカット対応は必須となります。製品によってUVカット率やUPF50+と表記されています。UPFは生地がどのくらいUVカットできるかを表しています。UPF50+は最高値です。製品により異なりますので確認しておきましょう。

耐水性

アウトドアで急な雨に合うこともあります。そんな時には生地が雨をはじいてくれれば助かります。それは生地の耐水性で表します。

 

普通の傘の耐水圧は200mmから500mmですが、テントの場合は耐水圧は500mmで小雨、1000mmで普通の雨、1500mmで強い雨に耐えられるとされています。

 

タープテントの耐水圧は1000mmから1500mmあれば十分とされています。タープテントを傘と考えると200mmから500mmでも大丈夫と思われます。耐水圧が高すぎると逆に通気性が悪くなり、テント内が蒸し暑くなりがちですが、タープテントなら通気性が良いのでシートで囲まない限りは気にならないでしょう。

コールマン

アメリカのキャンプ用品の製造販売の会社です。1900年に設立されて当初はランプなどを販売していましたが、現在はキャンプ用品全般を取り扱っています。日本へはコールマンジャパンが取り扱っています。アウトドアシーンでは最も知名度が高く有名です。

 

コールマンの製品はオーソドックスというのが大きな特徴です。コールマンの製品にして良かった、特に大きな問題は無かったというのが多くの人の評価です。

 

多くの種類のテントを販売されていますが、タープテントについては、ヘキサタープからスクリーンタープまであります。

ロゴス

ロゴスは日本のアウトドアブランドです。本社は大阪にあり、設立は1928年と古く、1983年からキャンプ用品を販売、ロゴスブランドとして販売を始めています。1997年に会社名を株式会社ロゴスコーポレーションに変更して、アウトドアブランドで初めて経団連に参加したり活躍しています。

 

タープは初心者でも扱いやすい価格帯で、使い勝手の良いモデルが多くあります。ヘキサタープからスクリーンタープ、ワンタッチタープ、車に取り付けるカーサイドオーニングタープまで使い勝手のよいユニークなタープがたくさん揃っています。

フィールドア

東京にある株式会社クローバーが売り出しているブランドです。コスパが最強で人気の製品が多くあり、リーズナブルで高品質な製品開発しています。

 

タープテントはヘキサタープからスクエアタープ、自立型タープまであります。コストパフォーマンスが良く通販サイトでも人気があるのが特徴です

スノーピーク

新潟の三条市に本社を置くアウトドアメーカーです。ハイクォリティの品質と高いデザイン性で人気があります。美しい曲線を描くヘキサタープで、高い耐水性とシールド加工で高い遮光性のタープが人気です。

 

製品単価は少し高いですが、製造上の欠陥があった場合無償で修理または交換をしてくれます。アフターサービスが万全で安心して利用できます。

DOD

大阪に本社を置く1997年設立のビーズ株式会社のブランドです。多彩なデザインで人気があります。DODの製品をチョイスすると人目を引くキャンプサイトを作ることができます。

 

タープに関してはワンタッチタープ、ヘキサタープなど人気商品が多くあります。UVカットはUPF50+と98%の高い遮光率の生地をつかったタープです。

スノーピーク(snow peak)

ヘキサタープ TP-250R

価格:43,780円 (税込)

大型で美しい曲線美のヘクサタープ

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4から6人用大型タープテントです。日本のアウトドアでランドのスノーピークの商品。曲線のカープが美しいヘクサタープです。

 

シールド加工をした幕内は生地を通る光を減らし体感温度を下げ、快適なリビング環境を作ります。大型ターフで設営には広いサイトが必要ですが、リビング空間を広くとれ余裕を持った使い方ができます。

サイズ 640×565cm 収納サイズ 80×20×20(h)cm
重量 4.5kg メインポール
耐水性 3,000mm UVカット加工 有り
FIELDOOR

ワンタッチタープテント G03

価格:10,100円 (税込)

組みたて簡単、高い耐水圧とUVカット率、ベンチレーション付きで快適空間

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単に組み立てができるワンタッチタイプのタープテントです。フレームを広げて生地を被せるだけです。生地は耐水圧2000mmと高く、縫い目にはシーム加工を施し雨漏れがなく安心です。またUVカットコーティングされており、UV遮蔽率は98%以上とターフテントとして十分な仕様となっています。

 

生地のシルバーコーティングはテストでは温度を4度程抑えています。またテントの上部にはベンチレーションを装備、空気の通り抜けを良くして快適な空間を作れます。

サイズ 200×2.00×1.57cm 収納サイズ 22×22×114cm
重量 11kg メインポール スチール
耐水性 2000mm UVカット加工 有り
コールマン

自立式タープ2000031578

価格:7,291円 (税込)

簡単組み立て自立式タープ、運動会やイベントに活躍

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

運動会や家外イベントに利用できる自立式テントです。組み立ては伸縮式フレームを広げて、シェードスキンを被せるだけで一人でも設営ができます。

 

骨組みが多く風に強くなっていますが、その代わり少し重いとの評価です。

サイズ 270×270cm 収納サイズ 18×118cm
重量 13kg メインポール スチール
耐水性 800mm UVカット加工 有り(UVPRO)
コールマン

スクリーンタープ 400 2000031577

価格:32,195円 (税込)

一人でも設営、メッシュパネルで快適空間のスクリーンタープ

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一人でも設営が可能なアシスト機能付のスクリーンタープです。ジョイントフラップ付きでドームテントとの連結も簡単。メインポールはアルミ合金なので強度があり、強風にもびくともしません。

 

大型のメッシュパネルを備えていて、通気性は良好です。サークルベンチレーションシステムで室内の空気を循環して快適です。耐水圧は2000mmあり突然の雨にも安心です。

サイズ 400×360×210(h)cm 収納サイズ 26×74cm
重量 12.5kg メインポール アルミ合金
耐水性 2000mm UVカット加工 降り(UVPRO)
DOD

ヘキサタープ TT5-631-KH

価格:17,500円 (税込)

タープと必要部材がある遮光性の高いヘキサタープ

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャンプ場で使える様に必要部材を取り揃えたオールインワンのヘキサタープです。初心者でも買い忘れの心配がなく設営が出来ます。

 

テントとタープを近づけて設営したい場合は、ポールの位置をずらせるように延長ベルトが使えます。また内側にベルトを通すとハンギングチェーンとして利用でき、ランタンなどをかけれて便利です。

 

生地は厚みがある150D生地を採用、高い遮光性で快適に過ごせます。耐水性も2000mmでUVカット値は最高値のUPF50+です。

サイズ 420×410×230cm 収納サイズ 67×14×14cm
重量 5.4kg メインポール スチール
耐水性 2000mm UVカット加工 有り(UPF50+)
FIELDOOR

ヘキサ タープ Mサイズ 440×470cm

価格:8,040円 (税込)

UVカット対応と高い耐水圧の4~6人用ヘキサタープ

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強いひざしや急な雨にも対応できるUVカットと1500mm以上の耐水性加工のヘキサタープです。長さ25cmのスチール製ペグが付属、しっかりとタープを支えます。ロープは錆に強く軽量なアルミを採用しています。

 

使用している生地はシルバーコーティングで、暑さを抑えています。またポールを追加すする事でレイアウトが自由に設計でき、より開放感を味わえます。

サイズ 440×470×240cm 収納サイズ 75×15×15cm
重量 5.4kg メインポール スチール
耐水性 1,500mm UVカット加工 有り
ロゴス(LOGOS)

自立型タープ270 71661021

価格:24,000円 (税込)

高いUVカット率と遮光率で快適空間、切妻屋根のタープ

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソーラーブロックコーティングを施した生地でUV-CUT率99.9%、遮光率100%を実現したタープテントです。日向と日陰で15℃の差があります。

 

屋根は切妻構造で雨水を左右に導き、前後への雨だれを軽減しています。組み立てはわずか3分、フレームを広げて、生地を被せるだけでき、ネジや金具はありません。高さは2段階に調整できて好みの高さで使用できます。

サイズ 270×270×241/206cm 収納サイズ 20×18.5×159cm
重量 13.4kg メインポール スチール
耐水性 1000mm UVカット加工 有り
DOD(ディーオーディー)

ワンタッチタープ TT8-677-KH

価格:23,376円 (税込)

遮光率が98%で強い日差しでも快適、簡単組み立て自立タープテント

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポリコットン素材の生地で遮光性が98%と高く、快適な空間を作り出します。一般的なポリエステル素材と比べ濃い影を作り出します。設置はフレームを広げて、生地を被せるだけで簡単にできます。

 

高さは3段階に調整もできます。ペグが付属しているのでかぜの強い日にはペグダウンで固定できます。耐水性は350mmとやや低く、雨の日は避けるほうがよいかも。

サイズ 300×300×170/245/255cm 収納サイズ 25×25×124cm
重量 7.6kg メインポール スチール
耐水性 350mm UVカット加工 有り(UPF50+)
FIELDOOR

スクリーンテント

価格:11,000円 (税込)

メッシュスクリーン付きで虫よけ、キャノピー付きで車と連結できるスクリーンタープ

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メッシュシートが4面のスクリーンタープです。、前面にはキャノピーがあり、車に横づけしたり、テントを利用してリビングルームとしても利用できます。

 

組み立てはポールの組み合わせで比較的簡単にできます。価格的にも安価で使い勝手が良いとの評価です。

サイズ 285×285×208cm 収納サイズ 67×16×16cm
重量 7kg メインポール スチーム
耐水性 - UVカット加工 -
ロゴス(LOGOS)

クイックどこでもターププラス220-L

価格:31,900円 (税込)

組み立て簡単、いろんな用途に使えるマルチタープ

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

設営が簡単なマルチタープです。インナーを付ける事でプライベート空間を作れます。簡易トレイや着替え、シャワーなどにも利用できるタープです。

 

クイックジョイントを伸ばすだけで設営が出来るスクリーンタープです。メーカーのサイトでは組み立て2分とあります。撤収はクィックジョイントを折り曲げるだけで簡単です。出.入口は広く車いすの利用でも大丈夫です。

サイズ 220×220×200cm 収納サイズ 98×19×19cm
重量 6kg メインポール グラスファイバー
耐水性 800mm UVカット加工 有り

コンクリートや硬い石のある川原などではペグダウンできません。そんな時は袋に水、砂を詰めて重しにして、ロープに固定するのが良いでしょう。また河原には石がたくさんあります。程よい重量とサイズの石を選んでロープに縛りつける事です。

 

また回りに木々のあるサイトであれば、木に縛りつけるのも手です。しかし風の強さにもよりますので、強く吹くと予想される場所では、ペグダウンできる場所を設置場所にするのがベターです。

庭に設置して、日よけにするならサンシェードもおすすめです。サンシェードはセンターポールがなく、ベランダなどにひっかけてひっぱるものです。単に日よけをするだけなら、生地をひっぱり固定するだけの簡単に設置できます。

タープテントは初めての人でも簡単に設営ができます。キャンプに出掛けた時テントの傍にタープテントがあれば、日差しを防げて快適な空間を楽しめます。またイベントにも利用が出来て便利です。目的に合わせて持参して、アウトドアやイベントをより快適に楽しんでください!