コットンテントはオールシーズン?おすすめ12選と注意点を解説!

コットンテントはテント生地にコットンを採用しているので、独特の風合いがあります。通気性・断熱性に優れるのでオールシーズン活躍するおすすめ品です。少量なら、火の粉を浴びても穴が開きません。コットンテントの特徴、購入する際の選び方、おすすめ商品を紹介します。

2021/10/21 更新

コットンテントとは、布部分に綿素材を取り入れて作られたテントです。適度な厚みによって外部の熱を程良く遮断し、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができ、オールシーズン使うことができます。また、テント生地が湿気を吸うため結露を発生させにくく、耐久性にも優れます。

 

他にもコットンテントが人気の理由として、素材として使用されている綿の特徴が挙げられます。綿は火に強く、キャンプの焚き火等の火の粉でテントに穴が開くなどの被害が少なく済みます。また、綿独特の素朴な風合いは自然環境に馴染み、コットンテントならではの良さです。

 

ここまではコットンテントのメリットを挙げてきましたが、デメリットについても気になります。実際に買う際にはどんなポイントに注意すると良いのでしょうか。コットンテントの購入を考えている方はこの記事を参考にしてみてください!

コットンテントには、化学繊維でできた一般的なテントにはないメリットがたくさんあります。その中でも代表的なものを3点、解説します。

コットンテントは丈夫なので長い間使える!

コットンテント最大のメリットは、長い間使える点です。生地の厚さや使用頻度にもよりますが、正しい使い方・適切なメンテナンスを行えば最大で15年~20年間使い続けることができます。

 

一般的なテントの生地には、ナイロンやポリエステルが使用されています。これらの化学繊維は火に当たると簡単に溶け、紫外線で変色するのが特徴です。そのため一般的なテントの寿命はかなり短く、3~5年程度となります。

 

上の写真は1970年代~80年代に作られた「ビンテージテント」と呼ばれるテントで、これらは全てコットンテントです。

オールシーズンに対応できる!

コットンテントはオールシーズン使えるのが大きな特徴です。断熱性に優れているので、冬は暖かく、夏は涼しく過ごせます通気性も良く、テントの内部を快適な環境に保ってくれます。季節の変わり目である春秋のキャンプにコットンテントはぴったりです。

 

また湿気を吸う生地であるコットンテントは、結露が発生しにくいのもメリットです。特に冬場のキャンプではテント内が快適であるだけでなく、壁面の結露を拭き取る作業からも解放されます。

耐火性もバッチリ!

コットンテントは耐火性に優れています。そのため、テント内で火を燃やすことも可能です。中には、薪ストーブを設置できるように設計されているテントや、ソロ用焚火台を使って焚き火をすることが可能な大きさ・高さが充分で通気口があるテントもあります。

 

また外で焚き火をしていても、小さい火の粉ならテントに付いても穴が開く心配がないのもコットンテントの良い点です。もちろんテント内での焚き火は基本的にはおすすめしません。あくまでも自己責任で細心の注意を払いながら行ってください。

ここまで紹介したようにコットンテントにはメリットがたくさんありますが、当然デメリットもあります。主なデメリットを3点採り上げて、それぞれ解説します。

普通のテントに比べて比較的重い

コットンテントの素材である綿は素材としてはとても重いです。中には40kgを越える商品もあり、運搬、収納に手間を取られてしまうのがコットンテントのデメリットです。折りたたんでもコンパクトにできず、運搬・収納時にスペースを取られてしまいます。

 

また、設営・撤収についても、化学繊維のテントに比べて大きな力が必要で。力の少ない女性のみでのキャンプやソロキャンプにはあまり向いていません。

カビが発生しやすいので手入れが大変

コットンテントは、カビが発生しやすいのも難点です。テント生地が水を弾かず、吸収し過ぎてまうことが原因です。雨で濡れた状態で保管すると、確実にカビが生えてしまいます。

 

そのためコットンテントを使用した後は、しっかり乾燥させてから収納することが大切です。乾燥は設営した状態で行ってください。また、防水防カビ加工は経年劣化します。数年に一度はメンテナンスをプロに依頼することをおすすめします。

普通のテントに比べて高価格

コットンテントは普通のテントと比べ、非常に高価格です。ポリエステルやナイロンといった人工的な化学繊維に比べ、コットンテントの素材である綿は天然素材で材料費も上がってしまいます。

 

しかし比較的低価格のコットンテントもたくさん出回っています。低価格商品の多くは、綿と化学繊維の混紡素材です。コットンテントの特徴を生かしながら、更に快適で扱いやすくされているので、初心者にもおすすめです。

コットンテントは、TC素材の商品が人気です。TC素材はテトロン(東レと帝人が製造するポリエステル繊維)と綿の混紡繊維です。綿の通気性・吸収性・耐火性と、化学繊維の速乾性を兼ね備えています。綿100%より低価格なので、初心者にもおすすめです。

 

しかしTC素材テントの重量は、化学繊維100%のテントの約2倍あります。混紡繊維はそれぞれの素材の短所も、そのまま兼ね備えています。2倍の重さでありながら、綿100%テントと同等のメンテナンスが必要なので手軽にキャンプを楽しみたい方には不向きです。

コットンテントを購入する際には、必ず確認したいポイントがあります。それぞれのポイント別に解説します。

耐水性・防水性で選ぶ

コットンテントを購入する際は、耐水性・防水性・耐水圧がどのぐらいあるかチェックしてください。耐水性については「mm」で表記されています。小雨程度に耐えれば良いなら300〜400mmで充分ですが、中雨以上なら2000mm以上あるものが必要です。

 

コットンテントの耐水圧は、300mm〜400mmが一般的です。一見低すぎるように感じますが、テント生地が水を吸収することで生地の隙間が埋まります。なので、この数値でも雨漏りする心配はありません。

 

更に、生地が防水加工されている商品だと、雨の日のキャンプでも安心です。

テント設営のしやすさをチェック

コットンテントは特に、設営しやすさを重視しましょう。コットンテントは重量なので、初心者や女性が設営するのは大変です。設営しやすいテントを選ぶ際に注目したい項目の1つは、「標準設営時間」です。この時間が短いほど早く設営できます。

 

テントの構造・形状も大切です。構造がシンプルなほど、設営は簡単です。形状については円錐形のテント(ワンポールテント)をおすすめします。円錐型のテントはポールを1本立てるだけで設営できるので、設営に時間や余計な労力がかかりません。

サイズ・重さは要確認

コットンテントも、サイズや重さが重要です。サイズについては、一緒に使う人の数に合ったものを選んでください。ソロキャンプならコンパクトサイズ、ファミリーなら「家族の人数+1~2人」のサイズが適しています。

 

一緒にテントを使う人の数は、サイズだけでなくテントの形状にも関わります。人数が多い場合は窮屈になるので、円錐形のテントはおすすめできません。

 

コットンテントは、基本的に重いと考えて大丈夫です。車で持ち運ぶ場合は、実際車に搭載できるか確認しましょう。車以外の手段で持ち運ぶ場合は綿100%より、混紡素材のテントで化学繊維の割合が高いものがおすすめです。

コットンテントは多くのメーカーが製造しています。中でも有名なメーカーと、そのコットンテントの特徴について解説します。

ノルディクス

ノルディクスはデンマークの老舗アウトドア用品ブランドです。テントのサイズが一般のテントより少し広いのが特徴です。特に有名なのは、「アスガルド」シリーズです。どれもコットンテントですが、綿とポリエステルの混紡「テクニカルコットン」を採用しています。

 

そのため夏も冬も快適で、悪天候にも強いのが特徴です。また設営もペグダウン(ペグと言う金具を地面に打ち込む)の後、テントの中央にポールを立てるだけと簡単なのもおすすめ点です。

オガワ

オガワは家庭用テントから工業用テントまで幅広く製造販売する、1914年創業の老舗ブランドです。生地の防水性とポールの耐久性が高いのが特徴で、多くの人から愛されています。

 

またオガワのテントは非常に種類が豊富であると同時に、居住性にもこだわっています。天井が高く、壁は地面に垂直な形状なのでオールシーズン快適に過ごせます。また、寝室だけでなくリビングスペースもあるのもポイントです。

DOD

DODは2008年に創業したアウトドア用品の会社で、商品のネーミングがユニークなことで有名なブランドです。高品質でコスパの良いテントを多く製造販売し、初心者から熟練者まで幅広く人気があります。

 

初心者が使うことを意識してシンプルな構造にしているため、軽量で設営が簡単なのが特徴です。どの商品もしっかりした生地を採用し、耐水性が高いのも良いところです。ポール等の金具の丈夫さも優れる優秀なテントです。

ワンポール(ティピー)型

NORDISK(ノルディスク)

テント アルヘイム12.6 [6人用] 142013

価格:77,517円 (税込)

素朴な風合いが魅力

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノルディクス社が製造する、非常に人気のあるコットンテントです。生地は「テクニカルコットン」でポリエステル65%・綿35%の混紡素材ですが、見た目は綿100%のような雰囲気です。センターポールの高さは自由に調節できます。天井の生地を開けると、テント内で小さい焚き火程度なら可能です。別売りの個室を付けると、さらに2~3人収容人数を増やせます

サイズ 400x400x高さ275cm 重さ 18kg
収容人数 2~5人 布地の素材 テクニカルコットン
耐水圧 350mm 防水加工の有無 -
ogawa(オガワ)

テント ピルツ15T/C [8人用] 2790

価格:122,375円 (税込)

ツートンカラーがおしゃれ

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テントの頂上部と裾の色を変え、ツートンカラーに仕上げられたおしゃれなテントです。生地はTC素材で、快適です。設営は比較的簡単で、慣れると1人でも15分で設営できます。頂上部・下部両側面・出入口にはメッシュパネルがあり、風通しの調節も自由自在です。また頂上部にはストーブ用の煙突ホールがあり、冬場でも暖かく過ごせます。充分な広さがあるので、複数人での宿泊も快適です。

サイズ :幅430×高さ310×床面対角線470cm(設営時最大サイズ) 重さ 幕体/約13.4kg、ポール/約4.2kg
収容人数 8人まで 布地の素材 TC素材
耐水圧 350mm 防水加工の有無 -
BUNDOK(バンドック)

ソロ ティピー 1 TC BDK-75TC

価格:24,800円 (税込)

ソロキャンプにおすすめ

Amazonで詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1人用のコットンテントです。設営が簡単で重さも約4.8kgと軽量で持ち運びやすく、ソロキャンプにおすすめです。テントの布地はコットン混紡生地ですが、UVカット加工と簡単な防水加工が施されています。テントの裾にあるスカートでテント内に流れ込む風量を調節できるので、オールシーズン快適に過ごせます。テントは全面ファスナーで閉められるので、人目を気にせず過ごせます。

サイズ フライ/約2400x2400x1500mm インナー/約2200x1000x1350mm 重さ 約4.8kg
収容人数 1人 布地の素材 コットン混紡生地(ポリエステル65%・コットン35%)
耐水圧 - 防水加工の有無 あり

ベル型

Cozy House

キャンプ場のホテルのテントBell Tent

価格:35,999円 (税込)

キャンバス地を採用したコットンテント

Amazonで詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

綿100%のキャンバス生地を採用したテントです。生地には防水加工されている上、縫い目も密閉されていますので雨水が侵入する心配がありません。また強風にも強く、48km/h(樹木全体が揺れ、傘がさせない程度)の風にも耐えてくれます。テントの上部には通気口が4つあり、風通しを調節できます。このテントはこちらの4mの他に、3m、5m、6mでサイズ展開されています。

サイズ 94 x 30 x 28 cm(梱包時) 重さ 26 Kg(梱包時)
収容人数 4人まで 布地の素材 綿100%
耐水圧 - 防水加工の有無 あり
NORDISK(ノルディスク)

テント レガシーシリーズアスガルド12.6  242023

価格:129,800円 (税込)

ノルディクスのベル型テント

Amazonで詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノルディクス社のベル型テントです。テントの全面・背面で壁の高さが違うのが特徴です。センターポール採用で、テント内の空間を無駄なく使えます。テントサイドのクロスは巻き上げ可能で、風通しが良いだけでなく太陽光も適度に取り入れられます。この商品は単体では使えません。別途テントフロアと、必要に応じてインナーキャビンを購入する必要があります。

サイズ 400x375x250cm 重さ 16kg
収容人数 6人まで 布地の素材 テクニカルコットン(ポリエステル65%、コットン35%)
耐水圧 350mm 防水加工の有無 -
ogawa(オガワ)

テント グロッケ8  2786

価格:79,800円 (税込)

コンパクトで扱いやすい

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで少人数の家族におすすめのコットンテントです。テント生地は、軽量で丈夫な「リップストップ生地」(綿・ナイロン・ポリエステルの混紡生地にナイロン繊維を格子状に縫い込んだもの)を採用しています。耐水圧が高い上に防水・撥水・UVカット加工もされているので、雨の日も晴れの日も快適です。ポール1本だけなので、設営が簡単なのも良いところです。

サイズ 約76×28×28cm(梱包サイズ) 重さ フライ/約5.4kg、グランドシート/約1.2kg、ポール/約2.0kg
収容人数 4人まで 布地の素材 リップストップ生地
耐水圧 1800mm 防水加工の有無 あり

Aフレーム型

Hilander(ハイランダー)

テント アルネス

価格:40,520円 (税込)

A型だけど珍しい形のテント

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

A型テントに分類されますが実際に設営してサイドから見ると、台形の形をしている珍しい形のコットンテントです。テント内部には、大人3人が並んで横になれます。インナーテントには収納ポケットがあり、整理整頓がしやすいのも良いところです。別売りのタープを使うと、テントの先端を引っ張って屋根を作ることもできます。キャンプ場での生活を更に快適にする、おすすめ商品です。

サイズ 470×210×150cm 重さ 14kg
収容人数 3人まで 布地の素材 TC素材
耐水圧 - 防水加工の有無 -
テンマクデザイン

PEPO

価格:87,780円 (税込)

クラシックな雰囲気が魅力

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目はクラシカルですが、最新技術採用で使い勝手は現代のコットンテントです。テント生地はTC素材、フレームはアルミ素材で軽量になっています。そのため設営が簡単で、初心者が1人でも15分あれば十分です。このテントは雨の日に過ごしやすいよう工夫されているのが特徴です。サイドメッシュパネルには庇があり、グランドシートはバスタブのように縁が立ち上がっています。

サイズ 約270×290×205(H)cm 重さ 約15.9kg
収容人数 - 布地の素材 コットン35%、ポリエステル65%
耐水圧 1,500mm 防水加工の有無 あり
DOD(ディーオーディー)

ワラビーテント T2-657-BR

価格:11,517円 (税込)

ポールに吊り下げるだけで設営できる

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

地面に設置したポールに吊り下げるだけで設営できる、便利なコットンテントです。床部分以外の布地は綿100%で、結露を最大限防いでくれます。テントの広い両サイドはメッシュ生地を採用しているので、通気性に優れています。このテントは、オープンタープの下に設営することも可能です。しかしスペースは、大人1人が横になれる程度しかありません。本格的なキャンプには不向きです。

サイズ 約W200×D120×H115cm 重さ 約2.3kg
収容人数 2人まで 布地の素材 本体/綿100%、床部分/ポリエステル
耐水圧 - 防水加工の有無 床部分のみあり

ロッジ型

ogawa(オガワ)

テント ロッジシェルター T/C [5人用] 3375

価格:173,800円 (税込)

デザイン性が高いコットンテント

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザインも機能もこだわったコットンテントです。布地の種類を、屋根部分(ポリエステル)とサイド部分(TC素材)で分けられています。通気性が良く、雨にも強いのが特徴です。テントのサイド部分は全面、ファスナーで解放できるように設計されています。解放してもメッシュシートがあるので、虫が侵入することはありません。背が高すぎないので風に強いのもおすすめ点です

サイズ 460cm×350cm×高さ210cm 重さ 約28.2kg
収容人数 3~5人 布地の素材 屋根部分/ポリエステル、サイド部分/TC素材
耐水性 屋根部分/1800mm、サイド部分/350mm 防水加工の有無 あり
テンマクデザイン

ペポ ライト

価格:43,780円 (税込)

コンパクトなロッジ型テント

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目はコンパクトですが、中は広いコットンテントです。テント内は大人2人と子供2人が並んで寝られるだけの広さがあります。最新技術でパーツが軽量化されていて、設営・撤収ともに簡単です。テントの布地はTC素材ですが、屋根と床にはPUコーティングされたポリエステルを採用しています。しかしこの商品はテント内部に間仕切りなどがなく、前室などのスペースはありません

サイズ 約240×240×(H)140cm 重さ 約8.02kg
収容人数 - 布地の素材 本体部分/TC素材、床、屋根部分/ポリエステル
耐水圧 床部分/1500mm、屋根部分/1200mm 防水加工の有無 床、屋根部分はあり
MLIMA

コットン ロッジテント バハリ4

価格:154,000円 (税込)

リビングスペースが広い

Amazonで詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リビングスペースとキッチンスペースがある、本物のロッジのようなコットンテントです。最大8人人集えるリビングスペースを挟んで両側に寝室があります。寝室はそれぞれ大人2人まで横になれる広さです。テントの高さは2mで、大人が立っても充分に余裕があります。テントの布地はポリコットン素材、フレームはスチールフレームです。設営が簡単で、耐久性にも優れています。

サイズ 480×260×200(cm) 重さ 約33kg
収容人数 4人まで 布地の素材 ポリコットン
耐水圧 800mm 防水加工の有無 -

コットンテントはオールシーズン使える、優秀なテントです。サイズ・形状もバリエーション豊富で、低価格な商品もあります。ぜひともコットンテントを取り入れて、快適なキャンプを実現しましょう。