ホームベーカリーのランニングコストは?おすすめパンミックスも紹介

好みの材料を使って美味しい食パンが作れるホームベーカリー。保存料やアレルゲンなど避けたい食品がある場合など特に便利に使えます。ホームベーカリーのランニングコストは実際どうなんでしょうか?またコスパの良いパン作りの秘訣とは?この記事で疑問を解消していきます。

自宅で美味しいパンを焼くことができるホームベーカリー。とても便利ですが、ランニングコストが気になっている方も多いのではないでしょうか。ホームベーカリーでパンを焼くのと市販のパンを買うのはどちらのほうがいいか気になりますよね。

 

ホームベーカリーのランニングコストは、市販と比べて決して安いわけではありませんが、それ以上の価値を持っており、また工夫次第でランニングコストをかなり安くすることができます


この記事では、ホームベーカリーのランニングコストがどこにかかっているのか、どれくらいかかるのか、価値、また材料の一つであるパンミックスについても詳しく解説していきます。ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

今すぐコスパ最強!おすすめのパンミックスを見る!

早速ですが、ホームベーカリーでパンを焼く際のランニングコストを具体例をあげながら計算してみましょう。まずはホームベーカリーの電気代です。パナソニックのSD-MDX102で計算します。この型番の消費電力は430W。1Kwh=25円と仮定します。

 

430W÷1000×使用時間(h)×25円=電気代とし、1時間の電気代が10.75円となります。焼き上げまで自動のオートメニュー「パン・ド・ミ」を使用した場合、所要時間は約5時間。1回パンを焼くための電気代は53.75円となります。

 

そして忘れてはならないのが材料費です。手軽にパンミックスを使うか、材料を自分で配合するかによってもコストは大きく変わります。電気代+材料費をざっと計算して1斤平均250円〜300円でパンが焼けます。

1回約54円の電気代でパンを焼けるのは安い!と思った方もいるのではないでしょうか?お気づきの通り、ホームベーカリーのランニングコストは材料費で大きく左右されます。

 

最近はグルテンフリーの小麦粉や米粉を使用したパン作りが人気。また発酵菌は天然酵母菌か、インスタントのドライイーストを使うかでコストは大幅に変わってきます。パンミックスのコスパも商品によります。材料へのこだわりが強いほど1斤あたりの平均が高額になります。

今すぐコスパ最強!おすすめのパンミックスを見る!

ホームベーカリーと市販の食パン、メリット・デメリットがそれぞれにあるので一概にコスパだけで比べることはできません。しかし、毎日パンを食べる方にとってコスパは重要なポイントです。結局どちらのコスパが良いの?という疑問にお答えします。

コスパで選ぶなら市販の食パンがお得

ずばりコスパだけを考えて選ぶなら、市販の食パンです。最近の市販の食パンは安いもので、100〜150円程度で購入できます。ホームベーカリーでもコスパの良い材料を選んで1斤150円程度で作れますが、そこに電気代を足すとやはり割高に。安さ重視という方には市販の食パンがおすすめです!

美味しさと自由度で選ぶならホームベーカリー

市販の食パンに比べて割高ではあっても、それを上回るメリットを感じる方はホームベーカリーの使用に満足するはずです。ホームベーカリーの魅力を2つ取りあげます。

 

まず一つ目は出来立てのパンを自宅で楽しめること。焼き立てのパンは香りや食感の点で市販の食パンを上回ります。少しお金と手間をかけてでも、毎日おいしいパンを食べたい方にホームベーカリーをおすすめします。

 

そして2つ目の魅力は、材料や具材を自由にカスタマイズできること!美容や健康のため、積極的に取り入れたい栄養素を加えたり、避けたい成分を加えないなど自由にアレンジ可能です。食物アレルギーがある方も、材料が明確な自作品なら安心して食べられます。

どの材料を購入するかでパン作りのコストが変わります。自分が選ぼうとしている材料は安いのかを見極めるため、パン作りにかかる費用の目安を把握しておきましょう

 

パンミックスを使用した場合、1斤あたり約250円。インスタントドライイーストを使うと、1斤あたり約150円。天然酵母を使用すると、1斤あたり約200円。この平均的な数字を目安に割高かを判断できます。

 

1gあたり1円で購入できる天然酵母もあれば1gあたり10円の商品もあります。一見安く見えても内容量が少ない場合もありますので、内容量あたりの値段がどうかを見るようにしましょう。中にはまとめ買いでお得に購入できる商品もあるので要チェックです。

昭和産業

昭和産業 ホームベーカリー用パンミックス

価格:2,540円 (税込)

1回使い切り包装で計量が楽!

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パン作りに欠かせない材料をちょうど良く配合したホームベーカリー用パンミックスです。1回の使い切り容量で包装されているので、計量の手間が省けます。焼き上げた次の日に食べても、ふんわり食感の食パンを味わえるので人気です。もちろん、お好みの具材を加えてアレンジも可能。シンプルな食パンから、リッチな食パンまで自由自在です。ドライイーストは入っていませんので別途用意が必要です。

内容量 290g×15個 原材料 小麦粉、砂糖、ショートニング、食塩、ホエイパウダー、増粘剤、酵素、ビタミンC
1斤あたりの材料費 169円(アマゾンでの価格)別途送料がかかる場合があります。
siroca(シロカ)

毎日おいしいパンミックス SHB-MIX1260[ドライイースト付]

価格:1,980円 (税込)

日本製粉とsirocaが一緒に作ったプロの味

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホームベーカリーを販売しているsiroca(シロカ)と、小麦粉を製造販売している日本製粉が一緒に作ったこだわりのパンミックスです。手軽さと美味しさを求める方におすすめです。ドライイーストもセットに入っているので、水だけあれば、すぐにパンが作れます。1セットに10袋入って、1斤あたりの価格がお得に。簡単・お得に本格的な食パンを作りたい方におすすめのセットです。

内容量 パンミックス260g×10袋、ドライイースト2.5g×10袋 原材料 パンミックス:小麦粉、砂糖、植物油脂、食塩、脱脂粉乳、ホエイパウダー、全卵粉、加工でん粉、グリシン、(原材料の一部に大豆を含む)/ドライイースト:イースト、乳化剤、ビタミンC
1斤あたりの材料費 198円(アマゾンでの価格)別途送料がかかる場合があります。
ママパン

ママパン 食パンミックス 270g×20

価格:3,540円 (税込)

1斤用が20袋入った大容量でお得!

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルな食パンから、アレンジパンまで、簡単に美味しく焼ける食パンミックスです。気になる添加物は使っていないので、安心して毎日食パンを食べたい方におすすめです。1回使い切りタイプで、計量の手間なく簡単にパンが作れます。1斤用の個包装が20袋入った、大容量でお得なセット。お得にまとめ買いしたい方におすすめです。ドライイーストは付属されていませんのでご注意ください。

内容量 270g×20袋 原材料 小麦粉、砂糖、植物油脂、食塩、脱脂粉乳(一部に小麦、乳成分、大豆を含む)
1斤あたりの材料費 177円(アマゾンでの価格)別途送料がかかる場合があります。

材料の選び方によってランニングコストが変わるパン作り。低コストな材料でお得なパンを楽しんだり、時には高級食材やお好みの具材を加えてリッチなパンを楽しんだり。好みや状況に合わせて自由にパン作りを楽しみましょう。