毎日暑くて限界!そんな時に使える扇風機ヘルメットおすすめ5選!

ヘルメットに取り付けられる扇風機は、夏場の作業に適したグッズです。こちらの記事では、ヘルメットに付けるおすすめなファンの効果や安全性についてだけでなく、おすすめな扇風機付きのヘルメットについてもご紹介しています。ぜひご覧になってみてください。

ヘルメットをして作業しなければならない時、どうしても頭は熱で蒸れてしまいますよね。熱がこもると熱中症の危険性が高くなり命に関わる可能性もあります。ファンが付いている作業着があるように、ファンが付いているヘルメットを使ってみてはどうでしょうか。

 

前提としてヘルメットは作業中の頭部を衝撃から守るものです。そのため生半可な耐久性では頭部を保護できません。ファンが付くとその部分だけ特に耐衝撃性が悪くなるのではないかと考えてしまいますよね。また電装部品があるため、粉塵の舞う環境では故障リスクも心配です。壊れて動かなくなるだけならまだしも、発火してしまったら大変です。


ヘルメットの扇風機は主に二種類あります。ヘルメットにファンが内蔵されたものと、ファンを後から取り付けるものです。この記事でその違いやおすすめヘルメット、扇風機を紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

熱中症が危険な理由には、脱水症状などが出て危険なこと以外に、判断力が低下することが挙げられます。ヘルメットを使う作業は道具の使い方や行動を誤ると危険なこともあるため、熱中症により正しい判断やとっさの行動ができないと二次被害が起こりやすくなります。

 

重度の熱中症による死亡の危険もありますが、軽度の熱中症の症状であっても状況によっては誤って怪我をしてしまうでしょう。特に頭を守る用品としてヘルメットを着用していると顔周りに熱が集まりやすくなり、判断をする頭の働きが弱まりやすいです。

 

ヘルメットに取り付けられる扇風機を活用すれば、頭や顔を涼しくすることができ、熱中症の対策を行うことができます。

今すぐおすすめなヘルメットファンを見る

ファンが付いたヘルメットについて、作業中は安全なのか不安に感じる方もいるでしょう。例えば、作業中に使う用品としてはファンの耐久性が重要になります。また、耐衝撃性があり、バッテリーの持ちが良いファンでないと長時間の使用は行いづらいでしょう。

 

電池の容量などは購入前にチェックできますが、使用感などは装着しないと実感しにくいです。こちらでは、実際に商品を使った方の口コミもご紹介しているので、ぜひ商品と合わせてチェックしてみてください。

ヘルメットファンは風を送る機能が付いているので、取り入れれば熱を効率よく逃がしやすくなります。特に、ヘルメットに後付けするタイプのファンは、好きな位置に装着できるため、より風が顔に当たりやすい場所に調整できておすすめです。

 

後付けするファンは風の強弱が変えられるか・しっかり固定して止まるかどうかチェックすれば、より好きな場所に好きな強さの風を当てられるようになります。

作業で使う場合は指定ヘルメットがもともと決められていることもあります。自由にヘルメットを選択できない場合、外付けするファンを取り入れれば風を送る機能を追加しやすいです。自身で位置を決めて装着して、実際に使用感を体験すれば細かな調整も行えます。

 

ヘルメットの形が決まっている場合、ファンを買う前に装着した時の隙間の広さがわかるので、より適した大きさ・能力のファンを探しやすくなるのが利点です。

今すぐおすすめな外付けファンを見る

ヘルメット扇風機を見つける場合、3つのコツに着目するのがおすすめです。こちらでは、それぞれのコツについて具体的にご説明していきます。

動作方法で選ぶ

動作方法には、電池を使うタイプと充電式の2種類があり、それぞれ利点が異なります。電池を用いる場合は、電池のみ取り換えればすぐに使えて、周囲に電源コードがない時にも取り入れられるのが利点です。

 

また、充電式の場合はUSBなどで繋げて稼働させられます。そのため、途中で電池が切れた場合はモバイルバッテリーなどを活用すると出先でも長時間使えるようになるのが利点です。

設置方法・設置場所で選ぶ

設置方法には、クリップ式・マジックテープ式・マグネット式などがあり、設置場所ではヘルメット・首などが候補となります。クリップで取り付ける場合、ヘルメットの縁に装着したり洋服の襟に装着が可能です。設置場所の候補が多ければ便利に扱えるでしょう。

 

マジックテープの場合はヘルメットを固定する場所に密着させて装着できます。設置場所はヘルメット以外では首にかけて風を吹かせる機器もあり、首回りに風を当てると汗を飛ばして涼しさを取り入れやすいです。

動きやすさで選ぶ

動きやすさで選ぶ場合、ヘルメットに風を吹かせる機能を付加できる、動いても作業できるような、ヘルメットファンがおすすめです。ですが、ファン付きのヘルメットは種類が少なめです。

 

また、後付けする場合は、しっかりと固定できるタイプだと動きやすさが阻害されにくいでしょう。そして、通常のベルトループなどに取り付けるファンよりも、ヘルメット専用のファンを取り入れた方がしっかりと固定しやすいのがポイントです。

TJMデザイン(TJM Design)

タジマ 風雅ヘッド2 FH-BA18SEGW

価格:12,509円 (税込)

後ろから風が吹き視界の邪魔にならない

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヘルメットの後ろ側に取り付けるため、後ろから首のあたりに風が吹き、前面を邪魔しないため開けた視界を確保できます。風量は3段階まで調節できるので、状況に合わせて調節がしやすいです。充電コードだけでなくアダプターも付いてくるため便利でしょう。

サイズ 15.3 x 17.6 x 9.4 cm 重量 295 g
羽の枚数 3枚 羽直径 -
風量切替 3段階 連続使用時間 弱12時間 中 8時間 強 5時間
充電時間の目安 約6時間

起動させるとヘルメット内が涼しくなる。 ただ、室内のエアコンと同じで、慣れてくると涼しさが感じにくくなるが、 確実に熱でこもってた環境とは異なるので、熱で頭がボーっとする事はなくなった。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミでは熱のこもりが解消されたと評価されています。熱によって頭の回りが遅くなるような状況を改善できると評判です。

空調服

空調服 空調ヘルメット HMAC02

価格:6,980円 (税込)

首への日除けも可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヘルメットの後ろ側に取り付けるタイプで、布地のように垂れさがるため首に差し込んでくる日差しを避けられます。風以外に日除け効果もあるので、熱中症の対策もできます。クリップやバンドなども付属するため便利です。強弱の切り替えができるため使い分けもできます。

サイズ 横 最大約32cm、縦 約25cm 重要 約137g
羽の枚数 - 羽直径 -
風量切替 2段階 連続使用時間 強 約8.5時間・弱 約44時間
充電時間 -

仕事現場で使うヘルメット、炎天下や屋内、ヘルメット内に熱がこもって、いくら空調服を着ていても、 頭は汗だく、頭がぼーっとしてしまう。そんな状況が無くなる。 付属の電池バックでは長時間使えないけど、どこでも手に入り易い単三乾電池。 ランニングコストを考えるなら同社、他社製でも構わない。空調服用のリチウムイオンバッテリーを使えば使用時間も長く使え、風量調節も良くなる。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミではヘルメット内での熱による汗が緩和され、バッテリーを変えると稼働時間・風量の調節ができると評価されています。

ブレイン

ブレイン BR-852爽快くんファンセット

価格:10,483円 (税込)

シリコンゴムでの装着が可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヘルメットのへりにシリコンゴムを使い設置するので、直感的に固定ができます。また、ファンの周囲は長めの布地で、首元の後ろからの日差し対策も可能です。ケーブルや充電器も付属するため、届いたらすぐ充電してから使えます。風量は4段階まで変更ができ、風が来ている時は風量を弱めれば長時間使いやすいです。

サイズ ウェア:(約)長さ215×幅310mm 重量 ファン:(約)110g
羽の枚数 - 羽直径 -
風量切替 なし 連続使用時間 -
充電時間 6~10時間

類似品と比べて こちらの方が涼しさを体感出来るかも!

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミではやや重いという意見もありますが、類似品と比較して涼しく感じやすいと評判です。

東京ファン株式会社

えりかけ扇風機

価格:3,500円 (税込)

服と首どちらにも送風可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

服の襟にかけて使うタイプで、服の内側や首の後ろ側に風を吹かせられます。また、服に取り付ける以外には手持ちで使ったり卓上に置いて使えるので、用途が広いのも利点です。風の強さは3段階まで調節でき、USBで給電する分モバイルバッテリーの活用もできます。

サイズ 15.4 x 14.2 x 6.2 cm 重量 138g
羽の枚数 6枚 羽直径 8.9cm
風量切替 3段階 連続使用時間 弱風で8時間,中風4時間,強風で2時間程度
充電時間の目安 -

ほんのちょっと重みはありますが、かなり便利です。 弱でも、うちわで手早く扇ぐ程度のパワーがあります。 気化熱を利用して冷却するタイプのタオルを濡らして、それにこの扇風機を固定して使った際の涼しさは最高でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミでは、弱でもうちわほどの風が届くと評価されています。またひんやりするタオルと一緒に使うとより涼しいと評判なのもポイントです。

昭和商会

昭和商会 スーパーヘルクール 16-26

価格:9,630円 (税込)

軽く改良された作り

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッテリーに充電して使うので重量が軽く91gとなっています。また、バッテリーは容量が大きく小型のタイプを取り入れていて、風速や連続して使える時間が改良されているのが魅力です。マジックテープを取り付けるので外れにくく便利でしょう。ヘルメットの重さは肩こりや首への負担につながるため、軽いファンを取り入れたい方におすすめです。

サイズ 縦×横×厚さ 70×90×20mm 重量 305g
羽の枚数 - 羽直径 -
風量切替 3段階 連続使用時間 5.5~10.5時間
充電時間の目安 約5.5時間

さすがに、ヘルクールとは、風量が段違いです、只、決して冷たい風が出る訳ではないので、無いよりはいい程度です、しかしながら、私は、これ無しでは、夏場の作業は御断りですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミでは、冷たい風が吹くわけではないものの、夏場の作業には必要と感じる、という評価があります。

DUOHAI SHOP

DUOHAI建設用ヘルメット

価格:6,739円 (税込)

耐衝撃性のある材質

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐衝撃性のあるABSという素材を用いた設計で、ベルトも付いているため固定しやすいです。また、バッテリーへの充電方法では、USBケーブルからの給電以外に、太陽光での給電に対応しています。そのため、日が当たる外での作業にも適しているのが魅力です。

サイズ - 重量 4.54 g
羽の枚数 3枚 羽直径 -
風量切替 2段階 連続使用時間 -
充電時間 -

商品到着後、しっかり充電し早速仕事場で使用しました。 強風モードで休憩時間は送風オフにして、かろうじて8時間は稼働しました。 ファンは他製品に比べて大きめで送風能力は高めですが、 静かな場所だとウルサク感じると思います。 個人的には周囲に重機の往来がある仕事場での使用でしたので、 ファンの風切り音は気になりませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミでは、送風能力がある分やや音が大きめだが、もともと大きな音が響く作業場では問題と感じなかったと評価されています。

AORUNZHI

AORUNZHI ファン付 ヘルメット ソーラー

価格:6,666円 (税込)

多機能で丈夫

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Bluetoothスピーカーとして音楽を鳴らす機能・LEDライト・太陽光からの給電・モバイルバッテリーとしての機能など、多機能なのが魅力的です。また、ヘッド裏部分には温度などが表示でき、周辺のボタンで手軽に操作できます。丈夫な工業製品でもあり、Bluetooth機能を使う場合音量調整が行えるのも利点です。

サイズ - 重量 300g
羽の枚数 7枚 羽直径 80mm
風量切替 5段階 連続使用時間 12時間
充電時間 -

LEDライトは明るくて実際に使えます ファンは五段階に強さが選べるのは助かります Bluetoothはスピーカーの音がオモチャと思っていましたが綺麗に音楽が聞こえるのは驚きました ヘルメットの中で鳴るのでちゃんと反響していると思います 携帯の急速充電では充電停止でしたので、安全確保機能もあるようですから、かなり真面目な商品だと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミではファンの強さが変えられるのが便利とされています。また、LEDライトも照明として活用できる点なども評判です。

トーヨーセフティー(TOYO SAFETY)

TOYO 送風機内蔵ヘルメット NO.395F-S

価格:7,668円 (税込)

ひさし付きで給気も可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ひさしが付いた設計で、前からの日差しも避けやすく、排気以外に給気ができるのが特徴的です。涼しい環境では涼しい空気をヘルメット内に取り込み、暑い場所では熱気を外に排出する、という使い分けができます。ひさしは紫外線カット機能付きで、交換も可能です。

サイズ 53cm~62cm 重量 560g
羽の枚数 - 羽直径 -
風量切替 なし 連続使用時間 約8時間
充電時間 -

他の製品は渦巻型のファンを使っているため排気しかできませんが、このヘルメットのファンは薄型軸流ファンなので給排気の切り替えができます。屋内の多少空調がなされた場所では給気、屋外などひたすら暑い場所では排気に切り替えて使っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

レビューでは、ファンの給気・排気が切り替えられる点が便利と評価されています。屋内でもヘルメットを付けたまま作業する方により適しているでしょう。

ヘルメット扇風機を用いて、夏場の現場での作業を乗り切りましょう。炎天下での作業もある夏場では、扇風機を取り入れると涼しい状態にできます設置方法や動作方法・動きやすさや口コミをチェックして、ぜひ自身に合った扇風機を取り入れてみましょう。