【おすすめホームルーター5選】人気のWiMAXとSoftBank Airも徹底比較

インターネットの専用回線を使いたいけど、工事まではしたくないという人におすすめなのがホームルーターです。賃貸や引越しが多いという人も、気軽に安定した高速通信が可能。こちらではホームルーターの2大通信会社、WiMAXとソフトバンクの比較や選び方とおすすめ商品を紹介していきます。

通常、インターネットに接続するにはプロバイダと契約をするだけではなく、家まで回線を引く工事が必要だったり、インターネットに関する知識がないとなかなか難易度が高いものがあります。

 

多少回線速度が遅くても、家でWi-Fiを使いたいという場合はホームルーターを使うのがおすすめです。コンセントに挿すだけで簡単にWi-Fiを利用することができ、利用のための回線工事も不要のため、工事が難しい賃貸マンションなどにもおすすめです。

 

通常のインターネット回線とは扱いが異なるため、毎月のデータ容量に制限があったり、帯域が狭かったりと用途によっては使いにくいという声が多いですが、使い方次第では非常に便利なサービスだと言えます。この記事で詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐおすすめホームルーター5選を見る

コンセントに挿すだけで、インターネットを利用できるネットワークデバイスがホームルーターです。モバイル通信回線を利用しているので、光回線のような工事が不要。無線LANだけでなく有線LANも使用できるので、ケーブル接続したいパソコンやゲーム機などとつなげられます。

 

また、電波の強度も高くモバイルルーターより広範囲での使用が可能です。給電はAC電源でされるので充電する必要もなく、家庭内で使うなら大変便利です。

光回線とWiMAX、LTE回線の違いを紹介します。ホームルーターを導入する前に、それぞれの回線について特徴をチェックしておきましょう。

WiMAXとの違い

光回線は光ファイバーからなる有線接続、WiMAXはWiMAX回線を使用した無線接続のインターネット回線です。光回線を使用するにはまず光ケーブルを自宅に引く工事が必要ですが、WiMAXは工事不要。小さなルーターを持つだけで即インターネットを使うことができます。

 

WiMAXはデータ通信に特化した通信規格。スマホなどで使われているモバイル回線は音声通話の安定が重視されていますが、WiMAXはインターネットの高速通信を目指したものです。

LTE回線との違い

LTE回線は、スマートフォンや携帯電話の通話を目的とした無線の通信規格です。NTTドコモやau、ソフトバンクが所有する、全国各地の基地局をアクセスポイントとして広い範囲で電波を飛ばします。

 

LTE回線でインターネット接続することは出来ますが、有線接続の光ケーブルに比べると接続は不安定です。無線接続は天候不順にも左右されやすく、アクセスが多い昼休憩や夜になると途端に接続スピードが落ちるという特徴があります。

今すぐおすすめホームルーター5選を見る

ホームルーターの2大通信会社は、UQWiMAXとSoftBank。どちらも良質な回線サービスを提供していますが、それぞれの特徴があります。

UQ WiMAX

WiMAXはau回線とUQ回線、2通りの接続サービスがあり、どちらもルーターを使ってインターネットへ接続します。WiMAXは高速ですが、使用容量に3日間の制限があります。規定のギガを使いきったら低速へと変わるため、ストレスとなることもあるでしょう。

 

対応エリアは日本全国で、WiMAX回線が提供しているエリアになります。WiMAX回線は、UQコミュニケーションズによる1社独占の回線サービス。このため独自の割引や特典を打ち出しやすく、プロバイダーによって料金サービスはさまざまです。

SoftBank

ソフトバンクのSoftbank Airは、工事不要でインターネットができる無線通信サービスです。Softbank Airの専用ルーターを自宅へ設置して使うので、UQWiMAXのように小型ルーターで外出時に使用することができません。

 

使用回線はソフトバンクの4G/4G LTEモバイル回線。通信速度はWiMAXに比べると遅くなりますが、普通のページ閲覧や動画視聴であればストレスなく快適です。対応エリアはソフトバンク独自で、音声通話と同じエリアになります。

WiMAXとSoftBank Air

WiMAXとSoftbank Airにはそれぞれに特徴あるサービスがあります。月額料金や通信速度などの基本サービスを表にしたのでご覧ください。

 

       UQWiMAX   Softbank Airターミナル3
月額基本料金   2,170円(1~2ヶ月)    3,800円
通信速度   最大867Mbps    最大350Mbps
データ量制限   3日で10GB以上    制限なし
更新期間   3年    2年
端末料金   0円  0円(3年以上の利用で)
スマホとのセット割り UQ mobileとの同時契約で月額基本料金から最大500円を割引 スマホとのセットで500円×24ヵ月割引 

 

月額料金が安いのはUQWiMAXですが、2ヶ月目以降から少しずつ上がっていくので注意が必要です。

回線速度、価格、キャンペーン、プロバイダなど、ホームルーターを選ぶ際にチェックしておくべき項目について解説しています。

通信速度で選ぶ

LTEが遅いと感じている人は、データ通信専用のWiMAXがおすすめです。しかし、対応エリアに限りがあり、ほぼ全国をカバーしているLTEと比べると狭くなっているので購入に当たっては注意が必要です。

 

LTEは安定した通話を目的とした電波なので、高速通信が必要なゲームには不向きかもしれません。しかし、高速なWiMAXとLTEの組み合わせでホームルーターを利用する方法もあるので考慮してみましょう。

価格で選ぶ

ホームルーターの価格で選ぶ方法もおすすめです。料金プランや端末代金、違約金や割引など、各サービスによって異なるのでチェックしましょう。特に解約に当たっての違約金については注意が必要。解約できる時期が決められていることもあるので、これを外れると高額になることもあります。

キャンペーンで選ぶ

価格が割り引かれるキャンペーンで選ぶ方法もあります。新生活が始まる4月は多くのキャンペーンが登場するので、この時期にホームルーターを購入するのも良いでしょう。また、ホームルーターと連携しているサービスを選ぶとさらにお得となることもあるため、スマホと回線を一つにまとめるのもおすすめです。

プロバイダで選ぶ

インターネット接続業者であるプロバイダで選ぶのもおすすめです。WiMAXは全プロバイダで同じ回線を利用しているので、どのサービスを選んでも速度は同じ。解約時にかかる違約金は2万円となっているので、価格を検討する際の参考にしましょう。

ホームルーターはSIMフリー回線でも使うことができます。格安SIMは、会社によって速度が異なるので比較してみることが大切。ドコモ系、ソフトバンク系、au系と3種類の格安SIMがあるので、出来るだけ速いサービスを選びましょう。

 

また、ホームルーターを使う人は遅いSIMで良いという人もいるでしょう。格安SIMはプランの選択肢が豊富なので、使用目的に合わせ選ぶこともできます。

WiMAXには多くのプロバイダがあり、どれを選んでよいか迷ってしまいます。以下に価格やサービスの基本情報をまとめたのでご覧ください。

 

  月額料金 サービスの特徴 特典・キャンペーン
DTI 2,590円  支払いに口座振替を選択できる 2ヶ月無料
GMO 3,609円  月額割引 高額キャッシュバック
カシモ 1,380円  料金が業界最安値 動画サービスが初月無料
UQ縛りなし 4,050円  高速通信、解約自由  UQWiMAXギガ放題契約で商品券10,000円プレゼント

 

最近の人気はカシモ。キャッシュバックはないものの、シンプルな料金体系で3年間の総額が一番安くなります。

ホームルーターはレンタルすることも出来ます。オフィスの引越し後に、インターネット回線の工事待ちをしている最中利用することも可能。工事不要で即日開通、一日からレンタル可で、同時接続台数も40台以上と、短期間でのイベントなどにもおすすめです。

URoad-Home2+

シンセイコーポレーションの「URoad-Home2+」、プロバイダはUQWiMAXです。WiMAXは屋内で通信が途切れることもありますが、本体にアンテナを取り付けているため、しっかり電波をキャッチします。また、通信制限がかからないWiMAXを使用できるのもこの商品だけ。同時接続台数も18台と多く、ホームオフィスでもおすすめです。

キャリア UQ WiMAX
通信方式 WiMAX2+・WiMAX
最大通信速度 下り最大110Mbps/上り最大10Mbps(WiMAX2+)・下り最大40Mbps/上り最大15.4Mbps(WiMAX)
同時接続台数 18台

Airターミナル3

ソフトバンクのホームルーター「Airターミナル3」です。WiMAXより通信速度は遅くなりますが、容量制限もなく接続も安定しています。遅いといっても下り最大350Mbps/上り最大15Mbpsなので、インターネット閲覧と動画視聴などの基本的な動作は問題ありません。WiMAXの電波がキャッチしづらいところにもおすすめです。

キャリア SoftBank
通信方式 LTE
最大通信速度 下り最大350Mbps/上り最大15Mbps
同時接続台数 64台

Speed Wi-Fi HOME L01s

HUAWEIの「Speed Wi-Fi HOME L01s」、電波の感度が高く安定したWiFi環境を作ることが出来ます。オンラインゲームなど、速度の速い通信が必要な場合でも問題なく対応可能。これまでWiMAXのルーターで電波が途切れがちだったという人にもおすすめで、こちらのホームルーターに変えるだけで電波状況が良くなることもあります。

キャリア UQ WiMAX・au
通信方式 WiMAX2+・LTE
最大通信速度 下り最大440Mbps/上り最大30Mbps(WiMAX2+)・下り最大370Mbps/上り最大37.5Mbps(LTE)
同時接続台数 42台

Aterm

NECプラットホームズの「Aterm PA-HT100LN-SW」、SIMフリーに対応している数少ないホームルーターです。現在使っているMVNOのSIMがあれば、そのまま使うことも可能。必要に応じてSIMを変えたい、フリーSIMを何枚も持っているなど、場面に応じてSIMを使い分けたい人におすすめです。

キャリア SIMフリー
通信方式 LTE
最大通信速度 受信最大150Mbps/送信最大50Mbps
同時接続台数 10台

novas Home+CA

シンセイコーポレーションの「novas Home+CA」、2.4GHzと5GHz両方の周波数帯を同時に使うことができます。電波干渉を受けやすい場所で使うならおすすめで、電化製品が多い、壁が多いなどの屋内では快適な接続がおこなえます。

キャリア UQ WiMAX
通信方式 WiMAX2+
最大通信速度 下り最大220Mbps/上り最大10Mbps
同時接続台数 16台

面倒な工事不要で、即インターネットが利用できるホームルーターについて紹介しました。速度について心配される人も多いですが、高速通信可能なものも見つかります。また、SIMフリー対応モデルもあるので、旅行などにSIMを持ち出すこともできて便利。引越しが多い、賃貸で回線工事が出来ない、年間のインターネット代を抑えたいなどの人はおすすめのサービスです。

家の中で活躍するホームルーターの紹介を見た後はモバイルルーターについても覗いてみませんか?外出先でも快適なネットワーク環境を手に入れられるモバイルルーターも要チェックです!