FAX付き電話機おすすめ10選【シンプルコスパモデルから高機能まで】

FAX付き電話機は一般家庭用としてもビジネスシーンでも役立つ機能がたくさん付いた優れもの。スキャンやコピー機能がそろった複合タイプや迷惑電話防止機能付きで操作も簡単なシンプルな機種までさまざまです。失敗しないFAX付き電話機の選び方、おすすめ商品も紹介します。

2020/06/16 更新

文書の送信やビジネスのシーンで利用することの多いFAX。今回は、そんなFAX機能付きの電話機について紹介していきます。FAX機能付きの電話機とひと口に言っても、その種類は様々。

 

メーカーごとに特徴はあるのでしょうか?選ぶ際のポイントは?自宅や会社。設置する場所や使用するシーンによって、留意すべき内容に違いはあるのでしょうか?分からないことばかりだと、購入を躊躇してしまいますよね。

 

そんな人は、この記事を読んでみてください。この記事では、FAX付き電話機でおすすめのメーカー実際に購入した人の声選び方やおすすめの商品を紹介しています。ぜひ、最後まで読んで自分の生活に合ったFAX付き電話機を購入してくださいね。

今すぐおすすめのFAX付き電話機を見る

さまざまなメーカーがFAX付き電話機を発売していますが、メーカーによってどんな特徴があるのでしょうか?家庭での利用やビジネスシーンで使えるおすすめのメーカー2社をご紹介します。

多機能で幅広い世代が使用可能!パナソニックのFAX付き電話機

パナソニック(Panasonic)のFAX付き電話機は一般家庭用として使いやすく、便利な機能がたくさん搭載されています。例えばパナソニック最上位モデルではスマホ連携機能が付いており受信したFAXの内容をスマホで確認したり、スマホを自宅の子機として使用することもできます。

 

また迷惑電話防止機能が搭載されているため、詐欺やセールスの撃退が誰でも簡単に可能です。「あんしん応答」でかけてきた相手が誰かを確認してから応答したり、「ボイスチェンジ」機能で女性の声を男性のような低い声に変換したりと、安心機能が備わっています。

 

機能が増えるとそれだけ操作が複雑で難しくなると思われがちですが、液晶画面がシニア世代も読みやすい設計になっており操作も快適です。

ビジネスシーンで役立つ!ブラザーのFAX付き電話機

ブラザー(Brother)のFAX付き電話機は複合機としての機能を備えており、一台でスキャン、コピー、プリンターそして電話とFAXができる多機能商品です。オフィス用として必要な機能満載ですが、設置スペースもすっきりしていて置き場所に困りません。

 

またA4用紙は一気に80枚までセット可能で、FAXやプリントをたくさん使用するビジネスシーンに役立ちます。自動両面プリント機能を設定すると、自動で両面印刷になり簡単に用紙コストを削減できます。

 

さらにブラザーのFAX付き電話機は複合機としてだけでなく、子機付き電話としても機能が充実しています。出たくない着信を断る「おことわり機能」や「迷惑電話番号指定」また自動留守電対応してくれる「おやすみモード」など電話としても嬉しい安心機能搭載です。

実際にFAX付き電話機を購入した人はどんな感想を持っているのでしょうか?まずは満足している人の良い例から、続いて失敗した悪い例も合わせて口コミを見ていきましょう。

10年以上使用していたFAX電話機が故障して交換しました。大きさが半分になって本体電話機がコードレスで大変すっきりしています。用紙も必要なとき設置するので助かります。ネットで連絡していますがFAXもまだまだ必要です。SDカードも使用できるのでデーターのやりとりに便利です。

出典:https://review.rakuten.co.jp

確かに以前のFAX付き電話機に比べて最近はサイズがコンパクトになって置く場所に困りません。インターネットが普及しFAXは必要ないという意見もありますが、場合によってはFAXがあって助かったということも多いようですね。SDカードを使ってデータをやり取りできる機能も使用する人にとってはかなり重宝します。

迷惑電話撃退!! FAX付き電話機のお陰で、今まで毎週土日にかかってきていた、迷惑電話が来なくなりました。非通知拒否は前の電話でも設定していましたが、0800等の電話がしょっちゅうかかって来ました。本当にありがたいです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

FAX付き電話機に搭載されている迷惑電話防止機能で、固定電話にかかってくる迷惑電話から開放されるのは大きなメリットです。忙しい時間に迷惑電話がかかってきて対応に困っている方などは購入する商品にどんな迷惑電話防止機能が備わっているか要チェックです。

操作も簡単で、設定もすぐ出来たし、大きく見やすい表示なので使いやすいです。子機2台付きの電話と値段もそんなに変わらないのでとりあえずFAX付きにしたのですが、あると便利ですし買って良かったです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

意外に操作や設定が簡単で使いやすいのは嬉しいですね。価格も通常の電話機と大きく変わらないので、頻繁にFAXを利用する予定がなくてもいつか「FAXがあって良かった」という日のためにFAX付きを選ぶのも良いかもしれません。

FAX内容を見てから印刷機能が無いものを買ってしまい失敗しました。 広告宣伝FAXを見極め出来ず、インクと紙の無駄使いです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

受信したFAXを全て印刷する商品を購入したため、必要のない広告なども印刷してしまうようですね。必要な書類だけ印刷できる商品は、確かにインクと紙のコスト削減になります。上位機種になればほとんどの機能は付いているだろうと考えがちですが、同じメーカーでも機種によって搭載機能は微妙に変わってくるので、購入前に搭載されている機能を確認することが大切です。

以前使っていたFAX付き電話機では読み上げ着信ができたのに、今回購入したものはできなくて、残念です。

出典:https://review.rakuten.co.jp

こちらの方も購入前の機能確認不足で失敗したようです。例えば迷惑電話防止機能と表示された商品でも、機能の内容はそれぞれの商品で変わってきます。どんな迷惑電話防止機能搭載か、詳細な点まで確認することをおすすめします。特に以前から使っているお気に入りの機能が付いているかは要チェックですね。

FAXを印刷しないで見られるのは星5つ。インクもペーパーも、無駄にならないのが良い。ただ、見たり削除したりするのに手順が多い。何回もボタンを押さないといけない。

出典:https://www.amazon.co.jp

必要な書類のみ印刷できる機能は便利ですが、その分確認するための操作量が多いことをマイナスにとらえているようですね。初めは手順通りに操作することを面倒に思うかもしれませんが、操作に慣れてきたら意外と気にならなくなるかもしれませんよ。FAX付き電話機のメリットとデメリットを購入前にチェックしておきましょう。

今すぐおすすめのFAX付き電話機を見る

FAX付き電話機を購入した人の口コミから分かるようにどの商品を選ぶかによって満足度が変わってきます。FAX付き電話機を賢く選んで失敗しないためのポイントをご紹介します。

使用する紙の種類で選ぶ

FAX付き電話機で使用する紙として主流になっているのは感熱紙と普通紙の2種類です。それぞれにどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?用紙タイプ別に解説します。

費用を抑えたいなら感熱紙タイプ

感熱紙タイプはプリンタヘッドの熱によって印字する仕組みのためインク不使用でFAXの印刷が可能となり、ランニングコストを大幅に削減することができます。購入後の費用を抑えたい方におすすめです。インクを使わないためインク交換の手間も省けます。

 

しかし感熱紙の弱点は経年劣化で文字が読めなくなることです。熱で発色する仕組みのため、ちょっとした摩擦熱で発色してしまうというデメリットもあります。長期間保存しなければならない重要書類を印刷する場合は、コピーしておくなどの対策が必要になります。

 

経年劣化で長期間保存が難しいというデメリットはありますが、大量でコンスタントな印刷が必要な場面ではコスト削減ができる感熱紙タイプがおすすめです。

受信した文書を長期間保存するなら普通紙タイプ

普通紙タイプは、通常のインクやレーザープリンターで使うトナーでも印刷可能です。保存性に優れることが普通紙タイプの特徴で、大事な書類を印刷するのに最適です。文書の保存性を重視する方には感熱紙タイプより普通紙タイプがおすすめです。

 

用紙代に加え、インクカートリッジもしくはトナーカートリッジの交換が必要になるため、ランニングコストという面では感熱紙タイプよりも割高になります。コスト削減よりも文書保管に気を使いたくないという方は普通紙タイプの方がむいているでしょう。

 

また普通紙はコピーやプリンター使用時にも主流となっているため、取り扱っている店が多く必要な時に手に入りやすいのもメリットです。

子機の台数で選ぶ

広い家でFAX付き電話機を使用するなら、子機が2台以上付属された商品が便利でおすすめです。親機から離れた場所でも楽に電話に出ることができ、わざわざ電話するために特定の部屋に行く必要がなくなります。

 

家族や部屋数が多い場合、子機が3台、4台と複数付属モデルの購入を検討することもできます。内線を使って子機を呼び出すことも可能なので、家の中での呼び出しや通話という面でも子機が複数あると便利です。中には子機同士の通話可能なモデルもあります。

受信内容が液晶パネルで確認可能なものを選ぶ

FAX用紙やインクの消費量を削減するために有用なのが、液晶パネルで受信内容を確認する機能です。不要な書類や広告のチラシなど印刷の必要がないものはパネルで確認し、削除することができます。インクと紙を節約したい方におすすめです。

 

受信内容を確認できるモデルを購入する際には、液晶パネルの大きさや見やすさをチェックしましょう。機種によってはズームやスクロール機能で見やすく調整できるものもあります。せっかくの確認機能も見づらいと利用しにくくなります。

 

また受信内容確認後、FAXをSDカードに保存できる機種もあります。すぐに印刷の必要はないが、データとしては残しておきたいという時に便利です。無駄な印刷を減らしたい方は受信内容確認機能搭載品を選びましょう。

その他の機能で選ぶ

その他にFAX付き電話機を選ぶ際におすすめの機能は?おさえておきたいポイントやあると役立つ機能を紹介します。

スマホ連携機能

スマホ連携機能搭載のFAX付き電話機では、スマホで専用アプリをダウンロードするだけでFAXの子機として使用可能になります。自宅で子機として通話可能なだけでなく、外出先でも固定電話の着信をスマホへ転送することが可能です。

 

また受信したFAXの内容を外出時でもスマホの画面で確認できるので、ビジネスに関係する重要な書類のやり取りも安心です。通常FAXは外に持ち出せませんが、スマホ連携機能によってFAXを携帯できるというのがこの機能のメリットです。

 

いつでもすぐにFAXの内容を確認したい方、また電話に応答したい方におすすめの機能です。

迷惑電話防止機能

迷惑電話防止機能が搭載されているかも重要なチェックポイントです。迷惑電話対策にもいくつかの種類があります。

 

例えば会話内容録音機能付きであることを通話相手に自動音声で警告するもの、また着信音と共に詐欺やセールスへの注意喚起を促すアナウンスが流れるものがあります。通話前に警告することで、電話がつながる前に切電する人も多く、迷惑電話が大幅に減ります。

 

他にも困った電話に対して通話中に通話拒否メッセージを流して切電できるものなど、迷惑電話の抑止効果となる機能がついていると安心です。

FAX対応!スキャン・コピー機能も備えた複合機

スキャンやコピー機能を搭載した複合機にFAX機能までついた一体型もFAX付き電話機の選択肢として欠かせません。一台あれば簡単に書類のデータ化が可能になり便利です。給紙は数十枚の普通紙を手軽にまとめてセットすることができ取り扱いも簡単です。

 

写真やデータのプリントの仕上がりも綺麗なので、オフィスなど上質な印刷を求められる場面でも十分使えます。「みてから送信」という機能が搭載されている機種もあり、大事な取引先に誤った内容のFAXを送信してしまうのを防いでくれます。

 

全ての機能が充実していますが、最近の複合型FAXはコンパクトですっきりしたデザインが多く、一般家庭用としてリビングに置いても気になりません。

パナソニック

パナソニック FAX付き電話機 KX-PD215DL-W

価格:14,980円 (税込)

多機能性よりシンプルで簡単操作が嬉しい一台

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

FAXとしての基本的な機能が付いていれば良いという方におすすめのシンプルなFAX付き電話機です。迷惑電話防止はしっかりしてくれるので、詐欺などの心配がある方も安心して使えます。シンプルさが最大の特徴のため操作や設定も簡単です。

 

ただFAX付き電話機に多機能を求めている方には不向きです。FAXの受信内容を確認してから印刷する機能やSDカードでデータ保存など付加的な機能は付いていません。

外形寸法(高さ×幅×奥行) 親機:約86×296×191mm(受話器、突起部除く)/約256×296×240mm(記録紙トレーオープン時、受話器、突起部除く) 子機:約173×49×25mm 充電台:約47×73×90mm 質量 親機:約2.4kg(お試し用インクフィルム5m装着時) 子機:約140g(電池パック含む) 充電台:約155g
電源 コンセント/子機バッテリー 消費電力 親機:約120W/約0.5W 充電台:約0.7W/約0.2W
パナソニック

パナソニック FAX付き電話機 KX-PD315DL-S

価格:18,786円 (税込)

「着信お知らせLED」で着信を光で教えてくれる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

着信中にLEDが点滅するので、耳が聞こえづらい方や常に騒音があるような場所で使用する際も電話に気が付きやすくなります。

 

「つながってあんしんホームセーフティー」機能搭載で、別売りの開閉センサーやドアセンサーをプラスで接続すると、ドアや窓の開閉に応じてお知らせが入りセキュリティー強化できます。対応のドアホンを接続すれば、親機や子機でドアホンの応答可能で、玄関から離れているところにいる時にも便利です。

外形寸法(高さ×幅×奥行) 親機:約86×296×191mm(受話器、突起部除く)/約256×296×240mm(記録紙トレーオープン時、受話器、突起部除く) 子機:約175×49×25mm 充電台:約47×73×90mm 質量 親機:約2.4kg(お試し用インクフィルム5m装着時) 子機:約140g(電池パック含む) 充電台:約155g
電源 コンセント/子機バッテリー 消費電力 親機:約120W/約0.5W 充電台:約0.7W/約0.2W
パナソニック

パナソニック おたっくす FAX付き電話機 KX-PD205DL-W

価格:18,998円 (税込)

安心の迷惑電話防止対策が搭載されたおたっくす

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニックのおたっくすシリーズのシンプルな機種は2万円以下で購入できます。迷惑電話防止対策が充実しており、着信拒否機能、通話録音、安心応答、ボイスチェンジなど複数の機能で迷惑電話を撃退してくれます。

 

着信拒否機能では300件の電話番号を登録可能です。また親機、子機共に白い液晶に黒文字表示で見やすくなっています。

外形寸法(高さ×幅×奥行) 親機:約86×296×191mm(受話器、突起部除く)/約256×296×240mm(記録紙トレーオープン時、受話器、突起部除く) 子機:約173×49×25mm 充電台:約47×73×90mm 質量 親機:約2.4kg(お試し用インクフィルム5m装着時) 子機:約140g(電池パック含む) 充電台:約155g
電源 コンセント/子機バッテリー 消費電力 親機約:120W/約0.5W充電台:約0.7W/約0.2W
シャープ

シャープ FAX付き電話機 UX-650CL

価格:17,800円 (税込)

機械が苦手な人でも取り扱いが簡単で安心

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

相手の声が聞きづらい時に「音量大ボタン」を押すだけですぐに音量調整可能。他にも操作が分からない時に音声で操作方法を教えてくれる「音声案内」ボタン付きで、機械が苦手な方におすすめのFAX付き電話機です。

 

「お名前確認ボタン」を押すだけで相手に名乗るよう促す音声が流れたり、着信のあった電話を登録済み番号、通知番号、非通知番号の3つに区別し、警戒するよう色違いのライトで教えてくれます。

外形寸法(高さ×幅×奥行) 親機:319×190×88 (記録紙トレイ伸長時は319×256×279) 質量 親機:約2.4kg
電源 コンセント/子機バッテリー 消費電力 親機:約90W/約2.5W*1
パナソニック

パナソニック FAX付き電話機 KX-PD515DW-N

価格:25,791円 (税込)

機能性の充実とピンクゴールドがおしゃれな一台

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

親機もコードレスでどこでも通話可能なのが嬉しい機種です。ナンバー・ディスプレイ契約をしていなくても日付と時刻のみ不在着信履歴を残してくれます。迷惑電話防止機能も搭載です。

 

ドアホン接続や開閉センサー・ドアセンサーとの連携機能は付いていますが、FAX内容を確認してから印刷できる「見てから印刷」や停電時通話対応の「簡易停電通話」は搭載されていませんので、それらの機能を重視する方にはおすすめできません。

外形寸法(高さ×幅×奥行) 親機:約86×315×191mm(受話子機、突起部除く)/約256×315×240mm(記録紙トレーオープン時、受話子機、突起部除く) 受話子機:約173×49×27mm 子機:約175×49×25mm 充電台:約47×73×90mm 質量 親機:約2.5kg(お試し用インクフィルム5m装着時) 受話子機:約145g(電池パック含む) 子機:約140g(電池パック含む) 充電台:約155g
電源 コンセント/子機バッテリー 消費電力 親機:約120W/約0.8W 充電台:0.7W/約0.2W
パナソニック

パナソニック FAX付き電話機 KX-PD625DL-W

価格:28,600円 (税込)

大画面液晶搭載でFAXの内容が確認しやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4.7型の大きな液晶画面で、受信したFAXの内容を快適に確認できます。必要のないFAXは削除できるので紙とインクの無駄使いを減らせます。

 

「簡易停電通話」機能搭載、迷惑電話ブロックサービスも別途契約が必要ですが使用可能。迷惑電話防止を徹底したい方におすすめです。スマホ連携やドアホン接続などの機能は搭載されていないのでそれらの機能が必要な方は要注意です。

外形寸法(高さ×幅×奥行) 約86×296×210mm(受話器、突起部除く)/約256×296×240mm(記録紙トレーオープン時、受話器、突起部除く) 子機:約175×49×25mm 充電台:約47×73×90mm 質量 約2.4kg(お試し用インクフィルム5m装着時) 子機:約140g 子機充電台:約155g
電源 コンセント/子機バッテリー 消費電力 親機:約120W/約0.7W 充電台:約0.7W/約0.2W(子機を充電台から外しているとき)
パナソニック

パナソニック おたっくす FAX付き電話機 KX-PD725DL-N

価格:26,800円 (税込)

プラスで使える便利機能がたくさん

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

別売りの電池パックを親機にあらかじめ入れておけば、急な停電時にも連続約1時間通話可能な「簡易停電通話」機能付きで安心です。子機と子機の内線通話も可能で家族間の呼び出しにも使えます。

 

一つ一つの操作ボタンが大きめ設計で見やすく、操作もしやすいのが特徴です。別売りのSDカードを差し込めば、受信したFAXのデータや通話内容の録音も保存できます。プラスで使える便利機能が嬉しい一台です。

外形寸法(高さ×幅×奥行) 約88×318×213mm(受話子機、突起部除く)/約256×318×244mm(記録紙トレーオープン時、受話器、突起部除く) 受話子機:約173×49×27mm コードレス子機:約175×49×25mm 充電台:約47×73×90mm 質量 約2.5kg(お試し用インクフィルム5m装着時) 受話子機:約145g(電池パック含む) 子機:約140g(電池パック含む) 子機充電台:約155g
電源 コンセント/子機バッテリー 消費電力 親機:約120W/約1.5W 充電台:約0.7W/約0.2W(子機を充電台から外しているとき)
パナソニック

パナソニック FAX付き電話機 KX-PD915DL-W

価格:31,554円 (税込)

多機能なパナソニックの最上位モデル

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

受信したFAXをスマホやタブレットで確認できる連携機能付きで、いつでも資料を確認したい人におすすめです。外出先でも固定電話にかかってきた電話に出られるのも嬉しいポイントです。

 

ただ普段からスマホは使用しない人にとっては、設定や操作が難しいと感じる可能性も。スマホ連携機能を使用したいという目的で購入する人にとっては便利な一台です。

外形寸法(高さ×幅×奥行) 親機:約88×318×195mm(突起部除く)/約256×318×244mm(記録紙トレーオープン時、突起部除く 受話子機:約173×49×27mm 子機:約173×49×25mm 充電台:約47×73×90mm 質量 親機:約2.5kg(お試し用インクフィルム5m装着時) 受話子機:約145g(電池パック含む) 子機:約140g(電池パック含む) 充電台:約155g
電源 コンセント/子機バッテリー 消費電力 親機:約120W/約2.4W(ネットワークに接続していないとき)、約3.0W(ネットワークに接続しているとき)
ブラザー

MFC-J738DN

価格:22,000円 (税込)

手軽に複合機型FAXを使いたい方向けのモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プリント、コピー、スキャンなど複合機としての機能はもちろん、FAXと電話としても使えますが、複合型の中ではシンプルな機能性で手軽に使えます。

 

FAX内容を確認して印刷できる「みるだけ受信」機能搭載、また誤送信を防いでくれる「みてから送信」機能では送信前の内容を一度液晶画面で確認できるようになっています。自動両面機能などは搭載されていませんが、シンプルな複合型FAXを探している方におすすめです。

外形寸法(高さ×幅×奥行) 400×341×151mm(突起部を除く) 質量 約7.2kg
電源 コンセント/子機バッテリー 消費電力 スリープモード時:約2W 待機時(電源OFF時):約0.2W、コピー時*4:約20W
ブラザー

MFC-J998DN

価格:15,480円 (税込)

オフィスでも使用可能な充実モデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量のインクカートリッジを備えた複合機型FAX。毎日たくさんの印刷を必要とするオフィスでの使用におすすめです。A4普通紙であれば最大80枚まで一気に給紙可能、はがきや封筒もスムーズに給紙できます。

 

「自動原稿送り装置」(ADF)搭載でA4用紙の書類20枚まで連続スキャンが可能です。多機能で優秀な商品ですが、すっきりコンパクトなデザインも魅力的です。

外形寸法(高さ×幅×奥行) 400×402×172mm(突起部を除く) 質量 約9.3kg
電源 コンセント/子機バッテリー 消費電力 スリープモード時:約2.1W 待機時(電源OFF時):約0.2W、コピー時*4:約20W

FAX付き電話機を初めて購入する方は、中古を安価で購入することもできます。実際に使ってみて、「この機能は必要だが、これはいらない」など使い勝手が分かってくるものです。後で納得できる商品を見つけたら新品に買い換えることもできます。

 

使用頻度や使い方によってFAX付き電話機の寿命は変わってきます。部品保有期間は5年なので、5年経過した後の修理は不可能な場合が多いですが、中には10年もつものも存在します。保証なしでも気にならない、使えれば良いという方には十分である場合もあります。

ビジネスシーンや一般家庭で選ばれるFAX付き電話機。その機能性も最近多様化しています。インターネットやスマホが普及してきた現代だからこそ実現する嬉しい便利機能がたくさんありました。購入前に必要な機能をチェックして、納得のいく一台を見つけましょう。

電話機の全商品一覧

商品一覧を見る