ワークマンの寝袋がおすすめ!1500円の激安シュラフの口コミは?

1,500円から販売されているワークマンの寝袋は、コスパ最強だとキャンパーの間でも注目されています。今回は、ワークマンで販売されている3種類の寝袋と関連商品を紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。激安寝袋の口コミや話題の人型寝袋なども紹介します。

2022/08/06 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

キャンプなどのアウトドアで快適な睡眠を得るために欠かせない寝袋ですが、ワークマンでは1,500円からの激安寝袋がWEB限定で販売されています。形状も封筒型から本格的なマミー型まで展開していて、ワークマン独自の防寒機能などが施されたコスパ最強の寝袋はキャンパーの間でも話題です。

 

しかし、ワークマンの寝袋は実際のキャンプで使用できるのか不安ですよね。実は、ワークマンは独自開発の素材や工夫でコスパの高い商品を開発しているため、値段は激安でも機能性の高い商品ばかりです。また、撥水加工やファスナー展開など、ユーザーの使いやすさにもこだわっています

 

そこで今回は、ワークマンで販売されている3種類の寝袋と関連商品を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。寝袋の気になる口コミや最強防寒着と噂される人型寝袋も紹介します。

ワークマンで人気の寝袋(シュラフ)3選を紹介します。ワークマンの寝袋は、リーズナブルな価格帯とキャンプシーンで活躍する性能を兼ね備えているので、ぜひチェックしてみてください。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

BASICスリーピングバッグは、ワークマンで販売されている寝袋の中でも最安(1,500円)の商品です。スタンダードな封筒型シュラフには中綿がしっかりと入っています。ファミリーキャンプでは、BASICスリーピングバッグを繋げて大きい掛布団として使用するのもおすすめです。

 

快適使用温度は13℃に設定されているため、テント内なら春から秋まで使用できます。足元のファスナーで温度調節も可能で、撥水加工も施されている優れものです。

 

商品はこちら

TCフランネルシュラフは、裏地にフランネル生地を採用しているため肌触りのよさが魅力の封筒型シュラフです。中綿は内部に空洞のあるポリエステル素材で、高い保温性を実現しています。また、冷えやすい足元には保温性を高めるブラックアルミ加工がされているのも嬉しいポイントです。

 

ファスナーを開放すれば、大きなブランケット・掛布団・敷布団として使用できます。また、シュラフを圧縮するのに便利な紐付きで、コンパクトに収納できるので持ち運びもしやすいです。

 

商品はこちら

フュージョンダウンシュラフは、高い保温力が魅力の全身を覆うマミー型シュラフです。中綿にはワークマン独自開発のフュージョンダウンを採用しています。快適使用温度は4℃に設定されているので、真冬のキャンプにもおすすめです。

 

体の形に合わせた形状やフードに付いている紐など、保温性を高めて熱を逃がさない工夫がされています。高撥水加工やダブルファスナーなど、機能性も高いこだわりの寝袋です。パススルーベルトを搭載しているため、収納時はコンパクトにまとめられます。

 

商品はこちら

ワークマンで販売されている寝袋はWEB限定とされていますが、一部店舗でも購入できます。キャンプギアを取り扱う『#ワークマン女子』や『WORKMAN Plus』などの新業態の店舗はスペースに余裕があるため、WEB限定の寝袋を取り扱っている場合があるのでチェックしてみてください。

 

また、口コミでは「1,500円の寝袋もキャンプで十分に使用できる」など高評価です。キャンプギアを揃えるにはお金がかかるので、キャンプ初心者の方にはコスパの高いワークマン製品をおすすめします。

ワークマンの『AERO STRETCH ULTIMATE(エアロストレッチアルティメット) フーデッドパーカー&パンツ』は、最強のダウンとしてキャンパーの間でも話題になりました。コスパ・機能性・シルエットのすべてが優れたリーズナブルな最強防寒着です。

 

フーデットパーカーが3,900円、パンツが3,500円と低価格ながら寝袋のような温かさと着心地で、人型寝袋とも呼ばれています。現在は販売されていないので、お探しの方は中古商品をチェックしてみてください。

寝袋と一緒にBASICアルミローコットを使うと、さらに快適に過ごせます。地面に体温を奪われる底冷えやゴツゴツした砂利など、テント内の床は寝心地のいいものではありません。しかし、こちらのBASICアルミローコットを使用すれば寝心地問題は解決します。

 

サイズは約190×65cmで、高身長の男性にも十分な大きさです。また、高撥水加工が施された生地は張りがあり、体重をしっかり支えてくれます。収納袋付きでコンパクトにまとまるので、持ち運びしやすいのもポイントです。

 

商品はこちら

この記事では、ワークマンで販売されている3種類の寝袋や関連商品を紹介しました。暖かく寝心地のいい寝袋は、アウトドア時間をより快適に過ごすのに欠かせないキャンプギアです。ワークマンのコスパ最強な寝袋を手に入れて、キャンプ中も心地いい睡眠を手に入れてください。