スティック美容液のおすすめ10選|メリット・デメリット紹介!メイク直しに人気

スティック美容液は、持ち歩きに便利な美容液でおすすめです。メイク前の保湿にもメイク直しにも使用でき、使い勝手に優れています。デパコスからプチプラまで幅広いラインナップが魅力です。ここでは、スティック美容液のメリット・デメリットに触れながらおすすめ商品もいくつか紹介します。

2022/08/05 更新

昨今、持ち歩きに便利なスティック美容液が年代問わず非常に人気があります。スティック美容液はメイク前の保湿にもメイク直しにも使用でき、使い勝手に優れた美容アイテムです。

 

スティック美容液は、イプサ・RMKなどのデパコスからドラッグストアやドンキなどで販売されているプチプラのものまで幅広いラインナップが魅力です。そういったなか「どういったポイントをみて商品を選べばいいのかわからない」といった方も少なからずいます。

 

この記事では、スティック美容液のメリット・デメリットに触れながら商品の選び方について詳しく解説します。厳選したおすすめ商品もいくつか紹介するので、あわせてチェックしてみてください。

スティック美容液とは、その名のとおりスティック型のデザインをした美容液を指します。スティック状なので美容液が簡単に持ち運びしやすく、外出先や旅行先にも持っていけるのが特徴です。

 

美容液なので美容成分がたっぷり含まれており、乾燥やシミなど気になる箇所をピンポイントでケアできます。メイク直しや就寝前の集中ケアなど使い勝手の良さも魅力です。次項でスティック美容液のメリット・デメリットについて詳しく触れていきましょう。

スティック美容液のメリット・デメリットについてご紹介します。以下の表に簡単にまとめたので参考にしてください。デメリットは使用方法に気をつければ解決できる問題なので、後述のスティック美容液の使い方もあわせて目を通しておきましょう。

 

メリット
  • 乾燥している箇所をピンポイントで保湿できる
  • 乾燥によるメイクのヨレ防止できる
  • 軽量コンパクトサイズなので持ち運びに便利
デメリット
  • 使い方によってはベタついてしまうケースがある
  • 塗る量が多すぎるとメイクがヨレる原因になる

スティック美容液の商品の選び方について詳しく解説します。以下の項目に分けて解説するのでぜひ参考にしてください。

 

一概にスティック美容液といっても、配合されている成分は商品によって異なります。自分の肌悩みにあった、スキンケア機能を選択しましょう。

 

乾燥が気になる方には、保湿成分配合のスティック美容液がおすすめです。特に乾燥する季節には、顔のカサカサ感や粉ふき具合が気になる方は多いです。以下のような保湿成分が含まれる商品は、乾燥をケアしてくれる効果が期待できます。

 

  • グリセリン
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • シアバター
  • アロエ など

お肌のシミや肌色のくすみが気になる方には、美白成分が含まれている商品がおすすめです。スティック美容液の美白※成分で主なものは以下の通りなので、ぜひ商品購入の際に参考にしてください。

※メラニンの生成を抑える有効成分配合の医薬部外品のみ該当します

 

  • ビタミンC
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • アルブチン  など

スティック美容液はおもに、「パール入りやカラー付きタイプ」と「ひんやりタイプ」の2種類に分類されます。それぞれ特徴が異なるので、ぜひ目を通しておいてください。

 

1つ目は、パール入りやカラー付きタイプです。パール入りやカラー付きタイプのスティック美容液は、肌をより明るく見せたい方や肌にツヤを与えたい方に適しています。くすんで見える肌に潤いを与えて明るい印象にする、コンシーラーのような役割を果たしてくれるのでおすすめです。顔色がいつも暗く見えがちな方は、ぜひ試してみてください。

2つ目は、ひんやりタイプです。ひんやりタイプはその名のとおり触れるとひんやりと感じられるので、暑い夏での使用やリフレッシュしたいシーンでの使用に適しています。水分量が多い傾向のひんやりタイプは、毛穴の開きで悩んでいる方にもおすすめです。肌をより明るく見せたいと思っている方は、前述のパール入りやカラー付きタイプを選びましょう。

スティックの太さは商品によって異なるので、事前にチェックしておきましょう。スリムなタイプは、目の下にあるシワ・小鼻など、比較的塗りにくい細かい箇所への使用に適しています。一方太めのタイプは、頬・おでこ・クマなど広範囲に塗るのに最適です。自分の肌で乾燥しやすい箇所と照らし合わせながら、太さの検討をしましょう。

メイクアイテムは基本的に毎日使用するので、選ぶときには継続して使い続けられる値段のものを選択しましょう。スティック美容液はドラッグストア・ドンキなどで1,000円~2,000円程度のプチプラ商品が多数販売されています。一方デパコス商品は、3,000円~4,000円程度のものが多い傾向です。値段だけでなくコスパも踏まえたうえで、予算の範囲内の商品をみつけましょう。

スティック美容液の評判が気になる方も多いですよね。ここでは口コミを3つ紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

素晴らしい! レビューを見て購入したのですが、本当に優秀です。 基本下地として目の周りに使っていますが、ほぼ一日中乾くことなくしっとりしたまま過ごせます。 メイクの上から塗っても問題ありません。 こらからの季節大活躍してくれそうです。(後略)

出典: https://www.amazon.co.jp

小さくて持ち歩きに便利。 乾燥が気になったときや、ツヤ感が欲しい時にサッと塗れるのがイイ。 メイク直しの時や夕方顔がくすんできたなって時に使っています。 特にCゾーンやほうれい線に仕込むと違う!

出典: https://www.amazon.co.jp

スティックタイプの固形美容液で、リップなどを塗る感覚でピンポイントで使用できます。 サイズもリップなどと変わらないので持ち運びがしやすく、出先でもカサつきの気になる所を手軽にケアできるのが良いです。 塗ってから指で広げても伸びが良く長持ちしそうです。(後略)

出典: https://www.amazon.co.jp

「サッと塗れる」「リップなどを塗る感覚でピンポイントで使用できる」といった使い勝手の良さに関する口コミが多くみられます。またあわせて「日中乾燥から守れる」といった長持ちの良さをあげた口コミもあり、季節問わず非常におすすめのアイテムです。

イプサ

イプサ(IPSA) ザ・タイムR デイエッセンススティック

価格:3,168円 (税込)
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クラブコスメチックス

クラブコスメチックス エアリータッチデイエッセンス 5.6g 【リニューアル】 美容液 グラム (x 1)

価格:900円 (税込)
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

RMK

RMK/アールエムケー インスタント トリートメントスティック [ アイケア ] [並行輸入品]

価格:3,500円 (税込)
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MiMC(エムアイエムシー)

MiMC(エムアイエムシー) ビオモイスチュアスティック クリーム 2.2グラム (x 1)

価格:3,630円 (税込)
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カネボウ

ルナソル(LUNASOL) グロウイングデイスティック 01 Lucent ハイライト 8.2g

価格:2,629円 (税込)
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

株式会社コーセー

コスメデコルテ ホワイトロジスト スティックセラム [医薬部外品](4g)

価格:9,239円 (税込)
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

花王

ホワイトP 集中美白スティックET

価格:3,080円 (税込)
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トゥルーミー (TRUME)

TRUME(トゥルーミー)エッセンススティック 4.2g

価格:1,780円 (税込)
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーセー

ルシェリ グロウ エッセンススティック 9.5g

価格:2,195円 (税込)
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レイ・ビューティ・ヘルス研究所

レイアースリング プレススティック

価格:2,469円 (税込)
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最後にスティック美容液の使い方について、チェックしておきましょう。以下3パターン別に使い方を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください

 

メイク前に使用するのであれば、ファンデーション前に乾燥しやすい目元や口回りを中心に塗りましょう。乾燥から肌を守るだけでなく、乾燥によるメイクのヨレを予防する効果があります。また、塗ったあとには必ずタッピングをしてください。そうすることで、美容液をしっかりと肌になじませられます。

スティック美容液は、メイク直しのアイテムとしても優秀です。保湿しながらメイク直しができるので、ぜひ参考にしてください。肌とスティック美容液をしっかりと密着させるのが重要なので、以下の手順に従って使用しましょう。

 

  1. メイクヨレした箇所や直したい箇所を、ティッシュで軽く抑える
  2. 美容液スティックを直接当てて、ハントプレスorタッピングをし肌にしっかりと密着させる
  3. その上からファンデーションやコンシーラーでメイクする
  4. 最後にパウダーを叩く

上記以外のシーンで、その他日中いつでも保湿として使用できます。スティック美容液は手を汚さずに使用できるのが特徴なので、いつでもサッとメイクの上から使用可能です。持ち運びできるので、外出先や旅行先での使用にも適しています。すぐに乾燥しがちな目元・口元などの保湿を、こまめにおこないましょう。

ここでは、スティック美容液のメリット・デメリットに触れながら商品選びのポイントについて詳しく解説しました。スティック美容液は多くのブランドから販売されており、商品のラインナップが豊富です。この記事を参考にしながら、お気に入りのスティック美容液を見つけましょう。こちらもあわせてご覧ください。