機能性が最強!タジマのヘッドライトおすすめ5選!評判やジェントスとの比較も紹介

夜のキャンプにタジマのヘッドライトがおすすめです。建築現場で愛用されるタジマのヘッドライトは高性能で使いやすく、充電式などさまざまな種類があります。今回はタジマのヘッドライトの特徴や評判、おすすめ商品を紹介します。ジェントスとの比較も参考にしてください。

2022/07/30 更新

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

夜のキャンプに明かりは必要不可欠ですよね。ランタンは周囲を明るくしますが、手元や足元などピンポイントで照らすのには向きません。その点、額に装着して使うヘッドライトは手元から足元、遠方まで照らせて大変便利です。

 

中でもタジマは、さまざまな建築現場で愛用される機能性重視のヘッドライトが豊富にあります。登山・釣り・ランニングなどアウトドアのシチュエーションに合わせて選べます。悪路でも荷物を運ぶにも両手がフリーで使いやすいです。

 

そこで今回はタジマのヘッドライトの特徴から選び方・気になる口コミ評判やおすすめ商品まで徹底調査。ヘッドライトは一度使ったら手放せなくなるほど便利なアイテムなので、あなたのアウトドアライフに取り入れてみてください。

ヘッドライトを使うメリットは、両手が自由になるところです。頭部に装着するため、片手がふさがる懐中電灯より使い勝手がいいです。手を使わずに手元・足元・遠方を照らせるので、キャンプや登山・釣りなどアウトドアシーンでよく使われます。

 

夜間に関わらず、早朝や日が暮れたあとの屋外は薄暗く視界が悪くなりますが、ヘッドライトを着けていれば安全が確保できて大変便利です。明るさや電源のタイプがさまざまなので用途に合わせて選べます。

タジマは建設現場で威力を発揮する品揃えで、信頼のある日本のメーカーです。タジマのヘッドライトの特徴を紹介していきます。

 

 

タジマのヘッドライトは、照射基準が3段階に分かれていて見えやすい構造です。その構造は人の視野に合わせた「手元照射」「大径照射」「周辺照射」の3段階で、タジマの独自照射方法によるものです。

 

通常は広く照射すると中心部分が強く眩しすぎるのですが、タジマのヘッドライトは中心の光が抑えられるため、大変視界がいいです。その他超広角レンズを採用するなど、タジマの技術が詰まったヘッドライトです。

アウトドアでライトを使うシチュエーションはさまざまです。タジマのヘッドライトはシーンに合わせて柔軟に対応できる商品があり大変重宝されます。それは建築系のあらゆる用途で使うためバリエーションが豊富だからです。

 

ライトの背面にマグネットが付いているタイプは、ヘッドライトから外せるので懐中電灯のように、至近距離で手元を照らせます。光を照らす方向に首を回さなくても、超広角レンズで手元足元を昼間の光のように照らします

建築現場で人気のタジマのヘッドライトは、耐久性にすぐれているため多くの職人さんが愛用しています。ただし長持ちするとはいえ、故障しないとは限りません。タジマのヘッドライトにはメーカー保証がないので、不具合が生じたら外部での修理が必要です。

 

心配であればメーカー保証のついたGENTOSやアフターフォローのある他メーカーを選ぶ方法もあります。タジマはメーカー保証はありませんが価格はリーズナブルなので、ぜひ検討してください。

明るさ・電源方式・重量などさまざまな商品があります。使いやすさや用途に合うヘッドライトの選び方をご紹介します。

 

ヘッドライトは用途に合わせた明るさや照射範囲が合っていないと、いざという時に役に立ちません。用途に合わせた明るさや照射範囲を確認して購入しましょう。

 

アウトドアで利用するヘッドライトは100ルーメン以上の明るさがおすすめです。ヘッドライトの明るさの単位はルーメン(lm)で表示します。ルーメンの単位は全方向に発せられる光量を指し、値が大きいほど暗い場所を明るく見やすくします。

 

50ルーメンでは手元を軽く照らす程度、足元の安全を確保するには100ルーメンは必要です。幅広いアウトドアでの利用には100ルーメン以上をおすすめします。大きいタイプは電力の消費が高くなります。

アウトドアで利用するなら、広く遠くまで照らせるものが使いやすいです。希望する範囲を照らせるか照射範囲・照射距離をチェックします。ルーメンの数値は光量なので数値が高ければ明るいと期待しますが、照射範囲が狭いと暗さを感じます。

 

ワイドライト機能をそなえた光を拡散するタイプなら広い範囲を照らせて安全です。スポットライト機能は悪天候などで視界が悪い時に遠距離まで照らしますので、用途によって選ぶ必要があります。

ヘッドライトの電源方式には、乾電池式・充電式・乾電池と充電併用できるハイブリッド式があります。使用環境・使用頻度に合わせて選ぶのがおすすめです。

 

 

充電式のヘッドライトはUSBなどに繋いで充電できるため、ランニングコストが安く経済的に使えます。充電式のタイプは充電池が付属されているため、本体に充電池をセットして充電します。

 

乾電池を買う手間が省け残量を気にしなくてもいいので大変便利です。環境にもやさしい利点もあります。別売りですが純正の充電池をストックして、定期的に充電していればいざという時にいつでも安心して利用できます。

乾電池式のヘッドライトは充電する必要がなく、乾電池さえあれば利用できるメリットがあります。災害時や停電したときにも役立ちます。コンビニでも購入しやすい単3や単4のアルカリ乾電池を使用するタイプが多いです。

 

寒冷地で使うケースがあれば低温環境に適した電池を用意するなど対応が必要です。夜間の活動が多くヘッドライトの使用頻度が高い場合には、長く電池が持つヘッドライトを選ぶのもおすすめです。

ハイブリッド式のヘッドライトは2つの電源方式、充電式・乾電池式どちらも使えるタイプです。2つの電源方式を備えていると、環境に合わせて使い分けられとても便利です。

 

電気の供給がない場所では電池を利用します。充電できる環境であれば軽量で携帯しやすくなり、長時間の装着でも楽に使えます。通常は充電式、突発的に使うなら電池にするなどランニングコストをおさえる使い方をおすすめします。

頭部に装着するヘッドライトは重さにも気をつけて選びましょう。手軽に使える軽量タイプ・機能が備わった重いタイプがあります。

 

 

充電式のヘッドライトには一体型タイプと別ボックスタイプがあります。一体型のヘッドライトは、本体にバッテリーが内蔵されているため軽量です。ケーブルなどがないためシンプルで使いやすさがあります。

 

夜間のキャンプ・早朝のランニングなど装着したままの作業や移動には、長時間着けていても負担が少ない軽量の一体型がおすすめです。一体型には、軽さと明るさ・機能性を備えたさまざまな商品があるので、用途に合わせて選んでください。

バッテリーが別ボックスになっているタイプは、バッテリーを冷やさず使えるため寒冷地でも使えます。一体型の場合には極寒の冷気や高照度で、動作しなくなる場合がありますが、別ボックスの場合にはバッテリーを冷やさず使用できるため安心です。

 

雪山登山や冬のキャンプを楽しむ方にピッタリです。ただしヘッドライト本体とバッテリーボックスをケーブルで接続するため扱いにくさがあり、重さ・大きさともに負担となってしまいます。

 

 

 

 
3段階に明るさ調整ができますが一番暗い明るさで充分に事足りてますので輝度はそんなに要らなかったですね。 ビジュアル重視でシルバー選んで正解でした。 バッテリーもusb-bで充電できるので、専用コードなどゴチャつかず便利です。 バッテリー1つだと取り替えが効かないので、2つ欲しいが、バッテリーがえらい高いのでセットの本体を予備としてもう一つ買うか迷ってます。

出典: https://www.amazon.co.jp

3段階で調整できるタイプですが、1段階で十分な明るさがあります。アウトドアギアは見た目のデザインも重要ですね。USB充電できるため、ケーブルなど不要で便利に使えるとの評価です。別途購入する予備のバッテリーが高いとのこと、ヘッドライトをもう一つ揃えて備えにするのはいいアイデアです。
同程度の明るさの他社製品と比べてバッテリーの持ちが良いです。 光のフォーカス操作(スポット~ワイド)は出来ませんが、明るさ自体が必要十分なレベルなので、フォーカス操作(スポット~ワイド)ができない事で決定的なマイナスポイントにもなりませんので、その分他社製品のへたすると倍は持つ使用時間は嬉しい限りでした。

出典: https://www.amazon.co.jp

光のフォーカス操作(スポット~ワイド)がないタイプを使用していますが、明るさは十分とのことです。同程度の明るさの他製品と比べるバッテリーの持ちがいい大変いいと高評価です。バッテリーが長くもつのは使っていて安心できますね。
明るいしバッテリーの持ち具合もまずまず。しかしバッテリーの残量が無くなる際点滅した後にすぐ消灯するのはなんか残念。せめて徐々に暗くなるほうが助かるのだが。

出典: https://www.amazon.co.jp

明るさ・バッテリー共に高評価です。徐々に暗くなっていくとバッテリーが減っているのがわかるのですが、こちらは点滅してすぐに消灯してしまうので、困りますね。このような声はメーカーさんに届けて改良していけるといいいです。
1位
TAJIMA(タジマ)

ペタLEDマルチライト W-151

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2位
TAJIMA(タジマ)

LEDヘッドライト E421D セット

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3位
TAJIMA(タジマ)

LEDヘッドライト ゴールド 明るさ最大350lm LE-F351D-G

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1位
TAJIMA(タジマ)

ペタLEDマルチライト W-151

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タジマのヘッドライトの中でも比較的リーズナブルで利用しやすい商品をピックアップし、ジェントス社と比較してみました。商品により性能は異なりますが、選ぶ際の参考にしてください。

メーカー名/モデル

明るさ(lm) 電源 機能 スイッチ 本体質量 照射距離

タジマ/ペタLEDマルチライトW151

最大150

乾電池単3二本使用

耐水性 3段階ダイヤル方式

約62g(電池含まず)

73m(フルモード時)

ジェントス/デルタ・ピークDPX433H

200 アルカリ乾電池単3三本使用 防滴 非接触センサースイッチモード 約202g(電池含む) 約134m(最大)

ヘッドライトは両手をあけて手元や遠方が照らせる便利なアイテムです。建築現場では必須アイテムですが、アウトドアでも一度使うと手放せなくなります。夜間のキャンプに備えタジマのヘッドライトで、安心してアウトドアを楽しみましょう

ヘッドライト タジマの全商品一覧